フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月29日 (土曜日)

美味しいおそばを、食べたぁ、、、!

アールグレイもアイリッシュモルツも、きらしてしまった。
前回、ロンネフェルトを買ったのは九日。三週間で飲みきったことになる。
で、、、あやしい雲行きのなか、元町に出かけた、、、。
ラ.ティエールに行く前に、昼飯を食べる事にした。
元町には、フレンチ、イタ飯、和食に中華、、、洒落た食事の店がたくさんある。
中でも、ぼくが気になっているのが、蕎麦の店、、、二店舗。
一軒はビルの二階にあって、きれいな店。
もう一軒は、、、、?と、入る前に身構えてしまいそうな店です。
その店は「手打ちそば 汐汲坂まつむら」。店構えは写真の通り、、、。
Dvc00004_6
のれんのむこう、引き戸を開けて入ると、目に飛び込んでくるのは、
真っ赤な漆塗り?のようなテーブルが三卓、椅子が十四脚、、。奥の厨房の方が、広いんじゃないかと思う程、こじんまりした店内です。
初めてのそば屋さんで、ぼくが先ず食べてみるのは、ざるそばです。
店の蕎麦へのおもいをいちばん理解しやすいと思うからです!
ここでは、せいろ、を一枚。薄味でも凛としたそばつゆ。わさび、ねぎ、大根おろしの薬味。小ぶりのそば猪口。
そして、蕎麦は、、いろ、つや、香り、こし、歯ごたえ、、、
うれしく、気分よくなるほどに美味しいお蕎麦です、、!
Dvc00005_3
せいろ、更科、生粉そば、、三枚を御代わりして、美味しく完食、、しました!
ちょっと遠いけど、、、ぼく好みの蕎麦やさんが、一軒、ふ、え、ました、、、!
「手打ちそば 汐汲坂まつむら」☎045−662−4613さん、ご馳走さまでした、、!

2006年4月16日 (日曜日)

モンサンクレールの焼菓子です、、、!

いつもの駅前で、待ち合わせ、、、。
5分前に着いた、、。
ウキウキ気分で待つときのながれは、
そよ風が、ほほを撫でるつかのまのこと、、、。
あなたが階段を上ってくる。
笑顔がぼくをみている、、、。
はい、きのうのお土産、、、!
渡された白い手提げ袋に入っていました。
Dvc00004_5
自由が丘のモンサンクレール。パティシエ 辻口氏の焼き菓子。
どんな菓子がはいっているのだろう、、、。
あなたの心遣いに、、、お返しは、、、!
ぼくからもお菓子にしようかな、、、!
そう、ぼくのお気に入りのひとつ!
パパダニエルのカヌレ!それがいい、、、!
今度、逢う時に買って行こう。

2006年4月15日 (土曜日)

遅咲きのさくら満開、、、!

我が家の前、小川沿いの桜のなかで、今が満開の遅咲きのさくら、、。
若葉の新緑と美しい色合いです、、!
Dvc00004_4

2006年4月 9日 (日曜日)

横浜元町.ラ.ティェールで紅茶を買って来た、、!

晴れて暖かな日曜日。
散歩日和に誘われて、横浜元町まで足をのばしました。
目的は、、、そう!紅茶ロンネフェルトを買わないと、、手持ちを切らしてしまったのです。
さて、みなとみらい線の元町中華街で降りて、メインストリートの中程にある、ラ.ティェールさんへ!
ここは紅茶専門店で、、、
国内でロンネフェルトを正規に扱っているのは、、
新宿のヒルトンホテルのショップとここだけ、なのだそうです。
今回、ぼくが、買ったのは、、もちろん、切らしてしまったアールグレイのロングサイズのティーバッグ!、、と、、
アイリッシュ モルトの缶入り茶葉と茶こし.です。
Dvc00008
ラ.ティェール(045−651−9029)の店先、、、、。


ロンネフェルトのアイリッシュ モルツ。

Dvc00004_1
店のご主人お薦めの茶こし。

そうそう、、夕飯を食べたくて、メインストリートから離れた場所でみつけた、家庭料理の店、「菜彩 」、、。今回は写真を撮る許可を得られなかったので、、、
箸袋です!
Dvc00004_1_1
さてオーダーは、、冷やしトマトと豆腐のサラダ。カリカリごぼうのグリーンサラダ。和風ロールキャベツゆず風味。子持ちヤリイカのバター醤油炒め。ブリ大根。もずく雑炊。
よくぞ食べきりました、、、満腹.満足、、おいしかったぁ〜!!

2006年4月 8日 (土曜日)

LEONARD FOUJITA展、観てきましたぁ〜!

今年になって、僕にとっての、三つ目の美術展です!
三月二十八日から開催というのが、
ちよっとミーハーなぼくの気持ちを、
それとなくくすぐってくれたりしたこともあって、、、
もちろん、
藤田という画家と代表作品を、、、
すこしは知っていたし、興味もありました。
ただそれは、ごく一般常識的な範囲で、
決して詳しい訳ではありませんでしたので、
今回の開催が、東京国立近代美術館と知って、
なにか新しい発見があるのではないかと、
少なからず期待をしつつ、、、
なるべくはやく、観に行きたいと、思っていました。

写真は、図録.ちらし.出品リスト.入場券.です。

そして今月一日に行った、東京都庭園美術館.旧朝香宮邸。
忘れないうちに、載せておきます。

 
アールデコの装飾を施したこの建物に興味があったのです!
偶然開催されていた、宇治山哲平展。
彼の作品は、ぼくの理解能力の範囲を越えた所にある作品でした、、、。
難解ですぅ〜!好き嫌いで言っていいのでしょうか、、、?!

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »