フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月22日 (木曜日)

ジャズらしく、サックスを吹きたい! #1

愛用のマウスピース、リガチャー、リード。
Dvc00004_14
音楽って、やっぱり才能、、。感性のもんだい、、。
とくに、演奏しようとするとき、
中年を過ぎて、はじめて楽器を手にしたぼくには、
どうがんばっても、越えられない壁がある、、、?!
認めたくはないんだけど、、、
音楽的素養というか、基礎テクニックの貧弱さは、かなしいほどです、、、。

以前、あるテレビ番組で、脳のはたらきを解説して、こんなことをいっていました、、、成長過程のこどもが訓練して身につけたことを、大人が同じように習得するには、何十倍もの時間と努力を重ねて、身体に覚え込ませるしかない、、、。
しかも、出来るようになるとは限らないらしい、、、。
演奏家の音楽的素養とは、そういうものであるようです。

ジャズ.サックスを習いはじめて9年、もう何年も前から、ぼくはこの壁に突き当たっています。しかも、一つを乗り越える前に,新しい壁が現れて、ぼくのやる気を削ごうとするのです、、、!

でも、負けませんよ!!
なんとか方法を探し出します!
解決する方法。乗り越える方法。....別の方法?。うまくかわす方法、、?。

何かいい方法はないかなあ、、、。

#2へつづく、、

2006年6月15日 (木曜日)

出逢いと別れ。恋、想いの丈、、、! その2−4。

ある日、店を訪ねてくれたそのひとを、お茶に誘って、二軒隣りのスタバに入った。
ちょっと甘めのキャラメルマキアートを、ふたり同じソイでたのんで、、、
ベンチシートに並んでこしかけた。

テーブルをはさんで、向かい合って座るのも、悪くはないです、、
まず初対面の女性とは、そうして座るのが礼儀でしょうが、、、
少しでも気心の知れた相手とは、
並んだり、テーブルの角を利用して、隣り合わせに座るのが好きです。

その日は、お互いの仕事、暮らしぶり、好みなど、
一時間ほどでしたが、はじめてとは思えない程、深い話しができました。
そのとき、知った事。実家は北国で、小さいけれど老舗の造り酒屋だという事。大学を卒業して十年、銀行から外資系企業に移って、着実にキャリアを重ねている事。結婚よりも、四十才前に独立し起業する事が目標で、恋人に恵まれないのが悩みだという。
ぼくは、笑いながら、、、冗談まじりに言いました、、、ぼくなら最適ですね。結婚願望はないし、、何て言ったって、やたら束縛しないもの、、、!
そのひとも負けずに言いました、、、歳の離れているのが、みそかしら、、!
笑顔の瞳がキラキラと、、、印象的でした。
つぎに店にきたときには、美味しいランチをごちそうする約束をして、
スタバの前でわかれました、、、。
ただし、そのときは、十一時半に来る事、、!
そんなぼくの言葉に、やさしく笑って、去っていきました。

つづく、、、

2006年6月 8日 (木曜日)

紫陽花の蕾って、、?!

アジサイの花の色って、、、緑色の蕾がひらくほどに、
ブルーになったり、ピンクになったり、色づくのだと、おもっていたのですが、、、
こんなにカラフルな蕾もあるのですね、、、!
Dvc00004_12
花屋さんの店先では、はじめて観るような紫陽花も飾られていたり、、、
さいきんは、種類の多さにおどろきです。
Dvc00005_7

小川沿いでは、見慣れない、可憐な花が咲いていたりもします。
Dvc00007_3
Dvc00006_4
今年はとくに、自分の知らない花をみつけるのが、たのしみです!

出逢いと別れ。恋、想いの丈、、、! その2−3。

そのころ、ぼくは神田小川町にあった老舗の古本店に勤めていた。
雑誌を中心に扱っていて、とくにファッションやデザイン関係の古い洋雑誌が豊富な事で、都内でも知られた店でした。
店から2〜3分、駿河台下の交差点を渡った所に、三省堂という大きな書店があります。
ある日、その1Fで、雑誌を立ち読みしていたとき、左隣りに、ほのかな香水のかおりと、視線を感じて、、、顔をむけると、、あのときの、道案内をした女性が、ぼくに、視線を向けたまま、会釈をしている、、、。
あっ! 言葉にならない声を発して、ぼくは、会釈をかえすと、なぜか照れくさくて、その場を離れました。
本屋が本屋で立ち読み!をみつけられた、、、。そんな気分でした。
それから、二週間ほどした、ある午後、店のレジに座って、'40年代のvogue誌の手入れをしていたとき、覚えのある香りと人の気配に、顔をあげると、一人の女性が古い写真集を、、「おねがいします、、、」と、差し出した。
あのひと、だった。
ぼくが、代金を受け取って、品物を渡すと、、、
そのひとは、笑顔を残して、帰って行った。
その日から、月に2〜3度、店に訪れてくれるようになったのです、、、。

つづく、、、

2006年6月 7日 (水曜日)

発表会にむけて、、レッスン再開!

真史教室のみなさん、、ご心配かけました、、。
今週から、レッスンに復帰しました!
先生のやさしい笑顔と励ましに後押しされて、、
今年の発表会にむけて再スタートです!
去年よりすこしでも上達して、ジャズらしく、
ぼくらしい音色で、演奏出来るように、、、
がんばります、、、!
今回の曲目、、?? おたのしみです、、!
Img001_3
前回の思い出のスナップです。

2006年6月 5日 (月曜日)

紫陽花、咲き、、梅雨入りまじか、、。

今年の梅雨入りよそくも、例年並み、だとか、、、。
我が家の玄関のわきに植えたアジサイも、
毎年、たくさんの花を咲かせて、
しめりがちな気持ちを、和ませてくれます。
Dvc00004_11
あなたが好きだと言った紫陽花。ぼくの庭でも
咲き始めましたよ、、、。

2006年6月 1日 (木曜日)

かつての憧れ、、BANANA REPUBLIC

六月一日、晴れ、暑いくらい、、良い天気!
衣類の陰干しをしていると、懐かしいシャツが目についた。
最近では、ほとんど着る機会もないが、、、
15年以上も前、気に入っていたブランドのシャツだ、、。
Img005_1


気に入ったデザイン、気に入った色、そして気に入った素材、、。
そう言えば,,20年ほど前、気になるブランドがあった。
それが、BANANA  REPUBLICです。
Img022
ぼくは、カタログというか、この本に出会って、
BANANA REPUBLIC、というブランドを知ったのです。
なんとか、品物を手に入れたいと思ったのですが、、
結局、入手できませんでした。
手元にあるのは、’88版の春物のカタログです。
Img002_2
Img003_2
現在では、GAPの傘下にはいって、国内でも店舗展開をしているとか、、、。
Img004_1
当時は、こんなジャケットが欲しかったものです、、、。
秋には一着ほしいな、、、!

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »