フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木曜日)

出逢いと別れ。恋、想いの丈、、、! その2−6。

時が過ぎ、、、季節がめぐって、、、
クリスマス、そして、年の瀬へ、、、
なにかと慌ただしいふたりには、
十二月は、ゆっくり過ごすひまは限られていましたが、、
それでも、
彼女が帰郷する前日は、
無事に過ごせた一年の感謝と、新しい年への夢を期待して、
いつものように、ふたりだけで過ごしました。

年明けの五日には、郷土土産を持ってもどってくると約束をして、
翌日、彼女は、新幹線で故郷へむかいました。

三が日が過ぎ、ぼくは、四日に店を開けて、新年の始まりです。

五日が過ぎても、彼女はもどりませんでした、、、。
七日を過ぎ、松が明けて、一枚の賀状が届きました,,,。
新年のあいさつのほかに、
「帰れなくなった、、」と、一言そえてありました。

家族に、なにか不幸が起きたのかもしれない、、、
ぼくは、詳しい連絡を待つことにしました。

二日後、封書が届きました。
彼女らしい文体と言葉には、
考えぬいたに違いない、かたい決意が込められているようでした。

「、、、見合いをして、、、結婚します、、、そして、家を継ぎます、、、」

二月の末、婚約の報告と、結婚披露宴への招待状が届きました。

「お幸せに,,,」と言葉をそえて、ことわりの返事を返した。


四十までに独立して、
世界経済を相手に起業したいと、
理想にもえて頑張ってきた彼女、、。

今は,世界中のマーケットに向けて、
自慢の日本酒を送り出していることでしょう。

そのための、キャリアも人脈も、
この十数年、彼女は培ってきたのだから,,!


ぼく? どんな気持ちだったかって、、、?

寂しくて、恋しくて、つらい、、、、!

もちろんです。

ただ、結末は、ふたりとも覚悟していたし、、、
二人の時間、二人の思い出は、、
過去へ、時の流れに沈んでいくのではなくて、
こころのなかに、ひとつずつ積み重ねていこうね、、!
って話し合っていた。

披露宴の招待状も、、、
あれは、最後の思い出。

一番上にのせて、重い重しにしてください。
という彼女の想いだと、受け取りました。


つづく、、、

つぎからは、また別の出逢いを、お話しましょう、、、。

2006年8月30日 (水曜日)

出逢いと別れ。恋、想いの丈、、、! その2−5。

そして、五年、、。
そのひとが、店の近くにきた時には、
はやめにランチを食べに出たり、、、。
ときには、
評判の店に予約を入れて、夜の街で待ち合わせたり、、、。
いつしか、
週に一度は、彼女の部屋で一緒に料理を楽しむようになりました。

彼女の部屋では、
決まって、メイン料理を作るのが、ぼくの役目、、、。

彼女は、スープやお吸い物、サラダや付け合わせなど、
食卓を華やかに、、いろどりを添えてくれた、、、。

ぼくは、少しだけれど、、、
ビールやワインの楽しさをおぼえました、、、。

食事のあと、ぼくが片付けている間に、
彼女は、お茶を入れる、、、。
その日の食事のしめくくりに合わせるように、
日本茶だったり、紅茶だったり、コーヒーだったり、、、。

茶葉や豆の種類、、、名前、香り、味、、、

ぼくの知識を豊かにしてくれました。

ひとの話しは、きちっと聞き、、、
といって、かならずしも、従順ではなく、
自分の意見はしっかりと主張する、、、
そんな彼女とは、よく喧嘩をした。

でも、つぎに逢った時には、おたがい素直に納得できてしまった。

ふたりの将来には、結婚は無いし、、、
一緒に暮らすことも無い、、、。
そんな暗黙の了解が、
たがいのこころを、ゆるやかな緊張感で、包み込んでいたのかもしれません。

つづく、、

メガネ、、、。

子供の頃、ぼくは目が良かった、、。
とくに小学生の頃は、視力検査のときなど、
得意げに一番下まで、やすやすと読んだものです。
ですからメガネにはまったく縁がなく、、、
学生になって、レイバンのサングラスを買ったのがはじめてでした。
そして、今、愛用のサングラスは、、、、
七代目。

以前よりもうすい色にしています。

ところが、ある年齢を境に、、、
メガネが必要になりました。
遠視のメガネです。
今では、読んだり書いたりはもちろん、、、
観て味わうには、、食事にもメガネがかかせません、、!

今使っているのは、三代目。
Dvc00001_2_1
これまでで、一番気に入ったデザインです。
この一年、ホームページの作成で、
パソコンを使うようになったせいか、、
このメガネでは、新聞や本を読むのが、辛くなってきました。

レンズの厚いリーディンググラスが必要のようです、、、
老眼!!!
まさに、非情な現実です、、、!

でも、、しかし、、
デザインを楽しむ、、これも、、
メガネのたのしみですね、、、!!

2006年8月 9日 (水曜日)

カスピ海ヨーグルト、、、!

今月になって、偶然、カスピ海ヨーグルトのホームページ(www.caspia.jp)で、
銀座三越の地下一階に、売り場ができたことを知りました。
さっそく新しい種菌と、ついでに、ガラス製のSTOCKERを三つ、、買ってきました。
なぜ、STOCKERが三つかというと、、、

ぼくは、一日に三回は、自分で作ったヨーグルトを食べています。
STOCKERにそれぞれ植え継ぎ用を残して、マグカップに移すと、
ちょうど一度に食べる量を一つのSTOCKERで作れるからです、、。

今までは、1ℓ入りの牛乳パックをそのまま使って、毎日二本ずつ作っていたのですが、このSTOCKERの扱いやすさは、とても気に入っています、、!

手作りのカスピ海ヨーグルトを教えてくれたのは、
四年ほど前、上の娘でした。
それをきっかけに、すっかりはまってしまったぼくは、
通販で種菌を取り寄せては、植え継いできましたが、、、
一年ぶりに新しい種菌になって、、、
プルプルの!!あの食感とまろやかな味がもどってきました。

蒸し暑いこれからの季節、
冷たくヒヤしたカスピ海ヨーグルトはぴったりです、、!
蜂蜜や、好みのジャムを加えたり、、、
ぼくは、まだ試していませんが、
野菜ジュースにタスのも、美味しいそうです、、、。

はい!牛乳パックでも作っています、、、
こちらは、料理の隠し味用です、、、!
でも、1ℓで作るよりも、500mlで小分けして作る方が、
出来上がりにむらがなくて、良いようです、、、!

2006年8月 3日 (木曜日)

RONNEHELDTの続き、、、

今日は、八月も三日。
ここ東京の郊外にも、やっと夏の陽射しがやってきて、気温は30度を越えたようです。
暑い季節の飲み物、、、といえば、キーンと冷えたビール、、なのでしょうが、
無調法なぼくとしては、この暑さの最中でも、好んで飲むのは、ホットなのです!
去年までは、緑茶か紅茶が主でしたが、今年は、ロンネフェルトにはまっている、というか、、
はじめて出逢う茶葉に、興味津々、、ドキドキワクワクなのです、、、!
説明書きにあるレシピ通りにいれるのもいいのですが、
ロンネフェルトの個性の濃い、香り、味、コクを、
自分なりのバランスでどう組み合わせるか、ちょっとスリリングです。
そんなぼくが今回、興味をひかれたのが、アイスティーです。
茶葉は、ホルスタイナーグルッツェ。   
ラズベリー、種無しブドウ、ハイビスカスなどのフルーツハーブティーだそうで、
もちろん、ふだんはホットで飲んでいますが、
赤ワインのような深い色合いをみているうちに、、、これを冷やして、、と考えたのです。

200ccのお湯を沸かし、10gの茶葉をいれて、強火で5分ほど煮だした後、火を止めて、
6〜8時間かけて、ゆっくり蒸らしながら、さまします。、、、と、レシピにはありますが、
ぼくは、すこし多め、500ccに40gで煮だして、夕べから今朝まで、ゆっくりさましました。
茶こしして、冷蔵庫で冷やしたホルスタイナーグルッツェがこれです。

フルーティーな香りと味に、ほんのり酸味が利いた、さわやかな飲み心地です!

茶こししたホルスタイナーグルッツェは、あらためて少量の水に蜂蜜を加えて、
煮詰めてジャムにしました。
手製のカスピ海ヨーグルトにのせて食べるつもり、、、です!

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »