フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくの、、写真日記、、#24 雨 とその記憶 1。 | トップページ | ぼくの、、写真日記、、#24、雨 とその記憶 3。 »

2007年6月25日 (月曜日)

ぼくの、、写真日記、、#24 雨 とその記憶 2。

今朝は、、しとしと小雨です、、。
Dvc762501
お隣の生け垣、、、
Dvc762502
こんな日でなければ、気づかない、クモの巣です、、、
Dvc762505

さて、、ぼくの記憶にある一番古い雨の思い出は、、、遠いむかし、、

軒先から落ちる雨だれ、、軒下に出来る雨跡の列んだくぼみ、、

池にひろがる波紋、、雨に濡れたクチナシの白い花、、。

小学校に入学するはずだった年、、。

入学式がとっくに過ぎても、登校出来ず、、窓から眺めた庭先の光景です、、。

それは、、入学前の事前の健康診断、、校医の診察の結果、、当分の間、、

自宅療養という事になったらしいのです、、。もちろん、登校も、外出もなし。

毎日のように、校医が往診に来て、太い注射をお尻にされていました、、。

それが、二分も三分もかかっているように長く感じたのです、、。

お尻は肉が厚くて鈍感だから、というのでしょう、、。それでも、太い針は、

痛くて怖くて、お尻をだして腹這いになり、母の膝にしがみついていました、、。

そんな繰り返しが、、梅雨の時期もつづいていたのです、、。

なぜ、自分だけ、、なぜ、外に出られないのか、、そんな想いではなく、、

雨をながめているうちに、、雨だれが作る情景に興味を持ったようです、、。

今でも、雨は、嫌いではないし、、雲の動き、雨の情景は好きですから、、。

おかげで、一人遊びも覚えました、、。母のまねをして、ミシンを使ったり、

編み物をして、編んではほどきを繰り返したり、、空の糸巻きでタンクを作ったり

割り箸でゴム鉄砲をつくたり、、家にある物で、何かを作っていました、、。

いっこうにはっきりしない校医には内緒で、大学病院で精密検査を受けました。

結果は、まったく何も異常なし、、! 部屋から解放された、、そんな気分、、!

『おい! おまえの机、まだあるぞ、、!』 近所の悪ガキに声をかけられ、、

夏休み前、、晴れて登校したかって、、?!!

いいえ、、父の決断で、、ぼくは、来年度まで、幼稚園に通う事になりました。

小学校に入学出来なかったその一年間、、今想えば、大きな影響を受けていた、、

そう思います、、。それは、、またべつの機会にお話ししましょう、、。

« ぼくの、、写真日記、、#24 雨 とその記憶 1。 | トップページ | ぼくの、、写真日記、、#24、雨 とその記憶 3。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133489/15552178

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくの、、写真日記、、#24 雨 とその記憶 2。:

« ぼくの、、写真日記、、#24 雨 とその記憶 1。 | トップページ | ぼくの、、写真日記、、#24、雨 とその記憶 3。 »