フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月26日 (火曜日)

ぼくの、、写真日記、、#24、雨 とその記憶 3。

目覚めると、外は、どんよりと曇り。ひんやりと気温も低め、、。

ウォーキングにはちょうどいい、、。家事を済ませて、いつものウエアに着替え、

外に出ると、、霧雨。 すぐにしっとりと濡れてくる。ウォーキングは中止、、

しかたなく、霧雨の風景を撮って、家に戻った、、。歩道わきの紫陽花。
Dvc762604
霧雨にぬれて、、           
Dvc762603 Dvc762602 Dvc762601

さて、、昨日のつづきをはなしましょう、、。

小学校への代わりに、通うことになったのは、、家から2km程離れた私立幼稚園。

当時は通園バスなどありません。ひとりで歩いて通いました、、。共働きで、

両親が忙しかった訳ではなく、確固とした教育方針でもなかったようです、、。

ただ、静岡の田舎で暮らしていたころには、ごく当然のことだったのです、、。

途中に、飛鳥山という桜の名所があり、そこを越えなければなりません、、。

通りに沿って行くと、大きな坂を登りながら、ぐるりと迂回して行きます、、。

そこで、ぼくが、みつけたのは、、飛鳥山を横切ってしまうルート。距離にして

300mは、短縮できる計算です、、。ただし、そこには、JRの線路を越える長い

陸橋と山の斜面を登る、これも長〜い石段を克服しなければなりませんでしたが、

好奇心が人一倍強いぼくとしては、坂道をだらだらと登るよりも、、

変化に富んだ裏道の方が、、興味をそそられたのだとおもいます、、。

なにしろ、帰り道には、、木登り、斜面すべり、など、男子の冒険心をくすぐる

楽しみの種が、ごろごろところがっていたのですから、、。

今、おもえば、、ぼくの足腰は、この頃からきたえられていたのでしょう、、。

新学年が始まるとき、、ぼくは、文京区の小学校へ越境入学しました。

やはり、より良い教育環境をと、、親は考えていたようです、、。

そして、同じ文京区の中学へ進学、、。小学生の間は、電車通学でしたが、

中学二年になって、自転車で通いました。ただ、校則では、禁止だったようなの

ですが、、なぜか、ぼくはとがめられた憶えがないのです、、。

家から中学まで、およそ8km、往きに上り3、下り1、の大きな坂を越えて、

本郷通りを行きます。 自分用の自転車に、変速ギアを取り付け、ハンドルを

フラットに換え、その上、荷台を後ろから、前輪の上、ハンドルの前に移して、

通学用に改造しました。今ほど、車も多くなかったし、今日は、何分で走ったと

か、坂を登りきるのが楽だったとか、、痛快な通学でした、、。

ただ、時には、雨の日もあります。

とくに下校時に、雨が降りだすと、濡れるのを覚悟で走ります、、。 

学帽を、ひさしが目線ぎりぎりになるくらい深くかぶり、、

上目づかいで、雨をよけながら、走ります、、。 

ほほ、口元がぬれ、、肩、脚の学生服が雨を含んできます、、。

とくに、スリップには注意しなければ危険です。

前、後輪のブレーキの加減には気をつかいます、、。

学帽のひさしから、雨粒がぼたりぽたりと落ちるころには、

学生服全体に雨がしみ込んでいます、、。

家までは、残り三分の一ほどの距離、、後は、雨を楽しむしかありません、、。

上体を起こして、上気した顔いっぱいに雨を受けて走ります、、。

身体中の筋肉が発熱して、、時には、学生服から湯気がのぼります、、

雨も、、意外に、気持ちの良いものです、、。

2007年6月25日 (月曜日)

ぼくの、、写真日記、、#24 雨 とその記憶 2。

今朝は、、しとしと小雨です、、。
Dvc762501
お隣の生け垣、、、
Dvc762502
こんな日でなければ、気づかない、クモの巣です、、、
Dvc762505

さて、、ぼくの記憶にある一番古い雨の思い出は、、、遠いむかし、、

軒先から落ちる雨だれ、、軒下に出来る雨跡の列んだくぼみ、、

池にひろがる波紋、、雨に濡れたクチナシの白い花、、。

小学校に入学するはずだった年、、。

入学式がとっくに過ぎても、登校出来ず、、窓から眺めた庭先の光景です、、。

それは、、入学前の事前の健康診断、、校医の診察の結果、、当分の間、、

自宅療養という事になったらしいのです、、。もちろん、登校も、外出もなし。

毎日のように、校医が往診に来て、太い注射をお尻にされていました、、。

それが、二分も三分もかかっているように長く感じたのです、、。

お尻は肉が厚くて鈍感だから、というのでしょう、、。それでも、太い針は、

痛くて怖くて、お尻をだして腹這いになり、母の膝にしがみついていました、、。

そんな繰り返しが、、梅雨の時期もつづいていたのです、、。

なぜ、自分だけ、、なぜ、外に出られないのか、、そんな想いではなく、、

雨をながめているうちに、、雨だれが作る情景に興味を持ったようです、、。

今でも、雨は、嫌いではないし、、雲の動き、雨の情景は好きですから、、。

おかげで、一人遊びも覚えました、、。母のまねをして、ミシンを使ったり、

編み物をして、編んではほどきを繰り返したり、、空の糸巻きでタンクを作ったり

割り箸でゴム鉄砲をつくたり、、家にある物で、何かを作っていました、、。

いっこうにはっきりしない校医には内緒で、大学病院で精密検査を受けました。

結果は、まったく何も異常なし、、! 部屋から解放された、、そんな気分、、!

『おい! おまえの机、まだあるぞ、、!』 近所の悪ガキに声をかけられ、、

夏休み前、、晴れて登校したかって、、?!!

いいえ、、父の決断で、、ぼくは、来年度まで、幼稚園に通う事になりました。

小学校に入学出来なかったその一年間、、今想えば、大きな影響を受けていた、、

そう思います、、。それは、、またべつの機会にお話ししましょう、、。

2007年6月22日 (金曜日)

ぼくの、、写真日記、、#24 雨 とその記憶 1。

わぁ〜〜ぁ、、、! 寝坊しました。

目を覚ましたら、、はなまるマーケットに、元フジテレビ中山秀樹アナが

映ってる、、、。えっ!、、はなまるカフェ、、?!

もう、九時を過ぎてます、、。 こんな朝寝坊は、何年ぶりだろう、、、。

いいえ、、ぼくは、夜遊びは、しません、よ、。 ただ、心身共に充実して、

就寝できたので、、いつになく深く熟睡出来た実感があります、、。

外は曇り、、ウォーキングにはいい朝なのに、、と、ちょっと悔やみながら、、

顔を洗い、歯みがきして、、特製ヨーグルトとトーストで朝食をすませました。

すると、、おぉっ、雨です、それも大粒の、、。すぐに道が濡れていきます、、。

玄関わきに咲いている紫陽花も雨を待ち望んでいたようです、、。
Dvc762201

でも、、わっ、、朝のゴミ出し、、あぁ、、ぁっ、回収終わってます、、。

今日はプラスチックの日だから、、まっいいか、、。と、道路をみると、、

クラシックタイプの車が、雨に濡れています、、。これは、パチリ、です、、。
Dvc762210
『むき出しのヘッドライトと僕』、こんなタイトル、どうでしょう、、。

もともと、ぼくは、雨降りは嫌いではありません、、。

雨にも、様々な表情があって、心地よく感じる事もあるくらいです、、。

雨の日に自転車で走った記憶があります、、。心地よい記憶がふたつ、、。

ひとつは、、、今のぼくの愛輪、パナソニックのR.R. を買ってすぐのころ、、

かれこれ二十年も前の事です、、、

ぼくには、週に何度か、恋人とランチを一緒にする習慣になっていて、、

その日は、行きつけのイタ飯屋さんの前で待ち合わせていました、、。

ぼくは、R.R. を買ったばかり、、彼女にどうしても観てほしかったのです、、。

はい、、自転車で出かけました、、。

それも、トレーニングで走るそのままのスタイルで、、。そのいでたちは、、

上下さわやかブルーのタオル地、、半袖のTシャツに短パン、、。

約束の店まで、およそ三十分の予定、、ウキウキ気分でスタートしました、、。

半分ほど走った頃、、大粒の雨が、、すぐに全身ビショ濡れ、、。

ただ、真夏ではなかったように覚えてますが、、生暖かい雨でした、、。

傘をさして待っている彼女の前へ、、

くりくりの目をいっそう大きくして驚き、、呆れたような顔、、。 

さて、どうするの? 濡れた身体、服、、! そう言っているようでした、、。

ぼくは、トイレで身体を拭き、タオル地の上下をよく絞ってから、、

椅子にビニールを敷いてもらって、席に付く了解をもらいました、、。

何を、食べたかは、覚えていないのですが、、

あの呆れ顔と、あの不思議に心地よかった雨粒の感触は、

記憶とほほに、残っているのです、、。

もうひとつは、、いつか、次回に、お話しします、、。

2007年6月18日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記、、、#183。

昨日とは、うってかわって、どんよりとした曇り空、、。

東.西.南.北. どちらを見ても、灰色と黒い雲のまだらもよう、、。
Dvc761862
Dvc761844
Dvc761864
Dvc761863

こんな天気は、暑くもなく、適当に風があり、、ウォーキングには最適です、、。

そして、また、ハイライトからダークネスまでゆるやかなカーブの明度で、、

写真をとるにも、最適なのです、、。

今朝も、いつものコースを、速歩で、歩きます、、。

家の前から、遊歩道を東へ、、調節池の北側を、をおおきくまわって、公園へ、、

公園の北側を、小川に沿って東の端まで往き、橋を渡って南区域へ、、

メインの周遊路をぐるりとまわってから、小径を一筆書きのように歩きます、、。

西の端で、陸橋を北へ渡って、隣の自然公園へ移ります、、。

ここでも、周遊路をまわった後、、区画整理された小径を一筆書きを描くように

歩き回って、西の端から調節池へ、、小川の南の土手下を流れに沿って、

家の前まで、約15kmのコースです、、。

今日は、自然公園で休憩、、まだ、撮っていない紫陽花の株の花を、

写真に収めて帰ります、、、。
Dvc761806
Dvc761805 Dvc761807

Dvc761809 Dvc761808

Dvc761813
Dvc761814 Dvc761812

Dvc761822
Dvc761821 Dvc761819

Dvc761847
Dvc761846 Dvc761856

Dvc761853
Dvc761855 Dvc761854

Dvc761850
Dvc761851 Dvc761848

帰りの、土手下は、、こんな道、、2mもありそうな草の壁です、、。
Dvc761865

元は、小川の流れだった場所も、水位が下がるにしたがって、水溜まりとなり、、

つい先日までは、めだかが群れて泳いでいたのですが、、

今は、この通り、、、
Dvc761866
一滴の水も無く、、めだかのかげもありません、、。

干上がる前に、どこかに逃げたか、あるいは、子供達に捕獲されただろうか、、。

自然の成り行きとはいえ、、気になります、、、。

2007年6月17日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記、、、#182。

梅雨入り、撤回、? そんなことは、ないですよね。 でも、、今日で三日、。

そんな気にさせられそうな青空と、さわやかな、乾いた風の朝です、、。
Dvc761704

今日は、父の日、、 「父の墓参りにいきます、、」という知らせがあったり、、

それはいい、、などと、自分は棚に上げて、、いつものように、ウォーキングを

スタート、、。50mほど歩いて、足が、止まりました、、。

いつも、見る姿が無いのです、、。

遊歩道沿いの木の根元に、茎を伸ばしていた、一株の小さな紫陽花、、。

十日程前から蕾みをつけ、一輪だけ花を咲かせていた、、

先日、この写真を載せて紹介した紫陽花です、、。
Dvc761702

ところが、、今朝、気がつくと、花がありません、、。
Dvc761706
茎が、引きちぎられたように傷んでいます、、。

こころも、痛んできます、、。

そう、、このブログを始めた頃、、あの時は、ひまわりの花でした、、。

花を摘み、生けるために育て咲かせたり、、沢山の中から慎んでいただくなら、

まだ、べつとして、、、

他に蕾みの無い株から、一輪だけ咲いた花をちぎり取るのは、悲しい事です。

今朝は、他の写真を撮る気も失せてしまいました、、。

ただただ歩いて、、歩いて、、汗をかくことにしました、、。

2007年6月16日 (土曜日)

今日の、、夕焼け、、#19。

梅雨の晴れ間の、、夕焼け、、、。

18時半過ぎから、、、    
Dvc7616b02 Dvc7616b07

Dvc7616b09 Dvc7616b13

Dvc7616b15_1

Dvc7616b17 Dvc7616b23

Dvc7616b24 Dvc7616b16
夕焼けの名残りと、この時のぼく、、。

ぼくのウォーキング日記、、、#181。

一昨日、関東に梅雨入り宣言、、昨日今日と梅雨の足踏み、、

今朝も、さわやかに晴れ、、乾いた風が吹き抜けて行きます、、。

我が家の前から見た、南の空、、
Dvc761609
今朝も、愛輪 R.R. で走ります、、。

小川沿い、北側の遊歩道を、ゆっくりと東へ、、

ペダルを一漕ぎして、右下の小川の流れに、ハットして止まりました。

大きな飛び石に、鮮やかなブルーの鳥かげ、、。 カワセミ、、です、、!

石の上から、じっと流れをみつめています、、。

さては、、、案の定、、さっと飛び込んで、、

くちばしにキラキラひかるものをくわえ、飛び上がって来たかと思うと、、

川上へ飛び去って行きました、、。

この二ヶ月ほど、、下流の狩り場でも、ずっと見かけなかったのですが、、、

まさか、我が家の目の前まで来てくれるとは、、ちょっと感激です、、。

そういえば、、今年初めて、耳にした音があります、、。

最初は、夜、寝る前に、歯磨きをしている時、、グゥ〜ン.グゥ〜ンと、、

なにかモーターでも空回りしている、そんな低い音が響いてくるのでした、、。

その時は、音の正体も判らないままでしたが、、先日、公園の入り口付近の

小川縁で、同じ響きを聞いたのです、、。それは、ぼくが立っている真下、

葦の深い草むらの中と、少し離れた左手の対岸から、、二カ所同時にでした、、。

はて、、なんの音だろう、、?!と、聞き入っていると、、

一人の年配の方が近寄って来て、、

『聞こえますね、、この辺りには、三匹ほど、いるようですよ、、』

『ウシガエルです、、。』

へぇ〜〜?! これが、ウシガエルですかぁ、、と、ぼく、、。

すがたは見えませんでしたが、、素直に納得していました、、。

そして、夜、、また聞こえてくるのです、、。

グゥ〜ン.グゥ〜ン.グゥ〜ン、、三回ずつ、、くり返すように聞こえてきます、、。

窓辺に寄ってみます、。たしかに外、十メートルほど離れた、小川辺りから

聞こえてきます、、。確かめてみようと、窓を開けると、、

虫などの高い音に消されてしまうのか、、ぱたっと消えてしまいます、、。

窓を閉めると、、しばらくして、部屋の中で、かすかに響きます、、。

もしかすると、この部屋で共鳴しているのかもしれません、、。

そういえば、、川縁で聞いたときも、、

コンクリート製の橋の橋脚に響くように聞こえていました、、。

カワセミを見送って、、調節池までは、のんびり、並木の木陰を走ります、、。

第二調節池からみた、東と 西の 空、、。
Dvc761623
Dvc761613
白い雲が二層に浮かび流れていた、昨日の青空よりもひときわ濃い青さです、、。

ここから公園の北口まで、およそ1km強、のゆるやかな一本道、、

風をきり、、全速力で駆け抜けます、、。そして、ひんやりとした林の中へ、、

林の中で、クールダウンです、、。 ぼくの今日の一枚、、。
Dvc761621

林と広い芝生との境、、白い花を満開に咲かせている一本の樹があります、、。
Dvc761620
Dvc761616 Dvc761618

はずかしいのですが、、いつものごとく、、樹の名前を存じません、、。

そして、これも、気になっているのですが、名前を知らない花です、、。
Dvc761630
Dvc761629 Dvc761628

Dvc761625 Dvc761624

Dvc761627 Dvc761626

ご存知の方、お教えくださると、胸のつかえがとれて、助かります、、。

ちょびさん、、ありがとうございます、、。 

この花、、『ランタナ』と、いうそうです。

ちょびさん宅にも咲いているそうで、教えていただきました、、。

2007年6月15日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記、、、#180。

昨日、梅雨入りの発表があったばかりなのに、、この天気、この青空、、。
Dvc761503
空気も乾燥していて、、気持ちの良い風が吹いてきます、、。
Dvc761515 Dvc761505

我が家から見た、北と南の空。

時刻は十一時、、いえ、、朝寝坊ではありません、、。

昨夜は、良い気分で、久しぶりにぐっすり熟睡できました、、。

目覚めて、一度は起きたのですが、、

あまりの良い気分に、、二時間ほど、ニ度寝をしたのです、、。

そして、十一時少し前、今日は、R.R. に乗って、この青空と乾いた風の中、、

おもいっきり走りたくなったのです、、、。

ところが、愛輪R.R. は後輪がパンク、、、まず、修理に行く事に、、。
Dvc761514
前後輪ともに、タイヤもチューブも

交換時ですよ!と忠告を受けましたが、、

今日はパンクの修理だけにして、、

ここから、いつものコースへ、

出発することにします、、。

JR の踏切を渡り、、まっすぐ南へ、長い坂道を、車の列に入って、

一気にペダルをふんで、駆け下ります、、。

いつもの小川。橋を渡って左折、遊歩道を東。

まずは、今朝の目的地の調節池へ、、。

広々と見晴らしの良いこの野原からは、、青空を気分よく見渡せるからです、、。
Dvc761524 Dvc761517

Dvc761526 Dvc761523
東西南北それぞれのそら、、。

調節池に着いて、見慣れない光景に遭遇、、。
Dvc761516
何かのロケのようですが、

かなり大掛かりです、、。

ガードマンが何人も居るし、

スタッフテント?が、三つも、、。

機材も人数も半端じゃないです、、。

野原のむこう、林の方から、台車に乗せて機材が運ばれてきます、、。

CMの撮影で、すでに終了して、撤収の最中だそうです、、。

機材の中に、サーチライトのような大きな照明機器が運ばれています、、。

深夜から明け方にかけての撮影だったようです、、。

こんな大規模なCM撮影、、実際に現場を観てみたかったです、、。

ぼくは、調節池の北側の遊歩道を、大きく一周回って帰ります、、。

帰りがけの空模様、、、。
Dvc761527
Dvc761528
Dvc761530
本格的な梅雨の前、、つかの間の? 明るくさわやかな空、、。

途中で今日のぼくの一枚、、。
Dvc761532
第二調節池の東のはずれで、南の空をバックに、、。

そして、気になったこの花は、、
Dvc761537
Dvc761536 Dvc761539

紫陽花の株の間に、はさまれるように咲いていた、この花は、、、?

2007年6月14日 (木曜日)

ぼくの、、写真日記、、#23。

西から梅雨前線が近づいて、今日明日にも、梅雨入り宣言が出そうな様子、、

曇り空に黒い雲がしきりに流れて、、
Dvc761402
朝から、大粒の雨がポツリポツリと降ってきます、、。

我が家の玄関わき、、紫陽花が、やっと四輪の花を、つけました、、。
Dvc761408_1
Dvc761403 Dvc761404

Dvc761405 Dvc761406

左右1.5mほどに、葉を繁らせてはいるのですが、、株の左右では、

花の色が違っています、。Dvc761412

土壌の酸、アルカリ性によって色が決まると、聞くのですが、、

根元の土は同じだと思うのです、、何が影響しているのでしょう、、?!

2007年6月13日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記、、、#179。

九州北部、四国地方で、梅雨入り宣言があったそうです、、。ここ東京でも、

一両日には、同じように発表がなされそうなようす、、。

そんな中、今日は、、梅雨入り前の貴重な青空になりそうです、、。

強い直射日光を避けて、、土手上の遊歩道、桜並木の木伝いに、歩きます、、。

調節池に出ると、野原の南の林に逃げ込むほかに、陽射しを遮る事は出来ません。
Dvc761344
小川沿い、流れのほとりから見た、北と南の空、、、。
Dvc761346

遊歩道の植え込みに、木陰に一株だけ、小さな紫陽花が植わっていて、、
Dvc761302
一輪だけの花を咲かせています、、。

数日前から、ぼくは、

この花が気になっています、、。

今朝は、

色鮮やかになっているようです、、。

ひとつめの調節池を抜けた所で、、あまりの、陽射しの強さに、、

小川の浅瀬を渡って、自然公園の南の林に避難する事にしました、、。

林の中、大きく高い木陰に包まれて歩きます、、。心地よい風に、、

同じように吹かれながら、樹々の根元に咲く紫陽花の大きな株がありました、、。
Dvc761303 Dvc761305

Dvc761312 Dvc761313

Dvc761314 Dvc761315

Dvc761334 Dvc761335

Dvc761337 Dvc761341

紫陽花のむこう、、林の奥で、、今日もドラマのロケのようです、、。
Dvc761342
前にも公園の反対側で、撮影していた『セクシー&ロボ、、』とかいう。

テレビドラマだそうです、、。

今回は、、周遊路をまたいで撮影していたせいもあるのでしょう、、。

、、さあ、どうぞ、お通りください、、。と、、

若い係の人が誘導して、その間を通してくれます、、。

ぼくは、そこから離れて、林の中を迂回して抜ける事にしました、、。

自然公園から道路をへだてた隣の公園へ、、小川沿い、林、そして芝生、、

陽射しの中では、パーカーのフードを被って歩きます、、。
Dvc761306 Dvc761308

Dvc761320 Dvc761324

Dvc761327 Dvc761329

Dvc761331 Dvc761333

今日は、、このブログの更新に手間取ってしまって、、

この時間になってしまった、、、。

この歳になっても、自分の気持ちが整理出来ず、、思い悩んでしまったからです。

いつかこんな気持ちの揺れ動きを、書いてしまえるようになれたら、、

よいのですが、、。

そうそう、、帰り道、、

住宅の生け垣から、、こんな紫陽花が、道に顔を出していました、、。
          Dvc761348
紫陽花もいろいろな種類があるようです。例によって、ぼくは無知ですが、、。

2007年6月12日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記、、、#178。

ひさしぶりに、、、寝坊しました、、。目が覚めたのは、八時半。

TVのスイッチを入れると、、『はなまるマーケット』が始まっている、、。

慌てて、でも動作はのろのろです、。顔を洗って、歯磨き、、軽い朝食をとって、

食後の歯磨き、、トイレを済ませて、、ウォーキングウエアに着替えます、、。

九時半を過ぎて、家を出ると、、外は、、凄く良い天気、、陽射しも強烈、、。
Dvc761215
川縁では、小学校の校外授業のようです、、。賑やかな子供達、、。

遊歩道を木陰伝いに歩きます、、。ところが、気分は未だに夢心地、、。

調節池の手前でUターン、、無理をしないでもどります、、。

小川沿いの遊歩道、、緑濃い桜並木の間に、
Dvc761242
大きな紫陽花の株をみつけました、、。
Dvc761226
咲き始めたばかり、紫陽花の表情を写して帰ります、、。 Dvc761219
Dvc761217_1 Dvc761220

Dvc761221Dvc761223_1Dvc761224_1

Dvc761227 Dvc761228Dvc761230

Dvc761231 Dvc761232 Dvc761233

Dvc761235 Dvc761238 Dvc761236

戻って、シャワーを浴びても、、夢心地はおさまりません、、。

今日一日は、、この気分かなぁ、、、。

2007年6月11日 (月曜日)

ぼくの、、写真日記、、#22。 と、お知らせ。

日本海から南下してきた上空の寒気、、やっと太平洋に抜けて行くようです、、。

ただ、今朝もその名残り、、曇り空で、小雨が降ったり止んだり、、。
Dvc761101
で、、ウォーキングは休止です、、、怠け癖、では、ないですよ、、。

今日は、サックスのレッスン日。 午後2時に家を出る頃には、、
Dvc761103
この青空、、。  御茶の水駅を出て、教室に向かう坂道の途中で、、
Dvc761110 Dvc761111

並木のイチョウに寄り添うように咲く紫陽花に出会った、、。

サックスのレッスンでは、、新しい曲の譜面を渡された、、。

先生のピアノ伴奏に合わせて、テーマをなぞる、、。

初めての曲。音符を目で追って、よちよち歩きながら、テーマを吹けた、、。

ぼくとしては、初めての快挙。内心ビックリしながら、感激にひたってました。

がんばって、、練習しよう、、、!

そして、『お知らせ 』 

写真の量が増えてきましたので、、トップの表示を、七日分に短くしました。スムーズに表示出来るとおもいます。それ以前の内容は、カレンダーの日付で、開いてください。よろしくお願いします、、。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »