フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月22日 (土曜日)

やっと、月の呼び名が、わかりました。

十三夜、十五夜、十六夜の月、、など、これらに並ぶ月の呼び名、、特に、

個人的に好きな、十四夜の月を何と呼ぶのか、知りたかったのですが、、

今日、やっと、難題が解決しました、、。 事の糸口は、今朝のTV番組での事、

25日が「中秋の名月」であることから、前後の月の呼び名を紹介していたのです。

ぼくは、ウォーキングの着替えをしていて、見落としてしまったのですが、、

呼び名があることは、わかりました。改めて、検索してみる事にしたのです。

そして、手がかりが、ここ、と、ここ。そして、もうひとつは、なんと、自分が毎月、

月齢カレンダーをアウトプットさせてもらっているこのサイトのなかにありました。

まず知りたかった、十四夜の月は、、『待宵(まちよい)の月』と言うそうです。

他にも、旧暦による、さまざまな月の呼び名や、習わし、、ぼくにとっては、

興味深い内容がつまっています。 関心があるようでしたら、ぜひどうぞ、、。

2007年9月17日 (月曜日)

ぼくの、、写真日記、#51   古い写真 #3 高校時代。

今日は、関東だけが晴れて、蒸し暑くなるらしい、、。 朝7時にウォーキングには

出たのですが、、ただただ歩き回って、、日記に記する事が、なにも残っていません。

そこで、、今日は、古い写真の整理のつづきです、、。

三回目は、高校時代です、、。まず、学年がはっきりしない写真があります。

多分、二年か三年だと思うのですが、はっきりしません、、。
      07 箱根にて、
06 08
相模湖(左)と、夏の林間教室にて、

二年生の時とはっきりしているのが、演劇コンクールに出演したときのスナップ。
     09
10 11

そして、高三の運動会。 ぼくは、走るのが速かったですよ、、。 
     14
13 12

ただ、どうしても勝てない相手が一人、、級友でバスケ部の仲間、Y君です。

右の写真、真ん中にいる彼です。100m走、ラスト20mでどうしても抜かれてしまう。

お互いの速さを認め合える仲間でした、、。

さて、修学旅行。我が高校は、毎年、京都奈良と決まっている、とかで、、
16 17

中学と同じようなコースで感激は薄かったのですが、淡い恋心にめざめた頃、、
     15_2
別なところでワクワクときめいていたようにおもいます。(我がクラスメイト達)

我が校では、制服の規定がゆるやかで、、高校生らしく華美にならない事、、

男子は詰襟の学生服が好ましい、、この程度でした。 したがって、学帽を被る

男子は少なかったし(ぼくは被っています)、、女子はみな私服でした。

これでも当時は、他校の生徒が羨むほどの自由な校風だったのです、、。

気付きましたか? そうです、三対二の割合で、女生徒の方が多いのです、、。

これは、我が校の前身が有名女学校だったことによるためで、、その名残りが、

当時は、まだ残っていて、こんなクラス編制になっていたのです、、。

学力は、、ですか、、?  正直に話せば、、入学当時は、女子の方が学力レベルは

上だったようです。例えば、定期テストの結果、総合点の上位50人では、女子の

割合が多かったし、ベスト3は女子だったように覚えています。(百位までは、点数と

氏名が掲示板に張出されたのです。) ただ、男子の名誉のために言わせてもらえば、

三年生になるまでには、その比率はしっかり逆転していました、、(ホッ、、)。 

その上、女子はやさしく協力的で、クラスは三年間よくまとまり、、楽しい思い出が

ぎっしり詰った高校生活を過ごせました、、。 実は、クラスに数組のカップルが

生まれ、そのうちの二組が、そのまま結婚にゴールインしているのです、、。

高三というと、他にも、懐かしい写真があります。中学の同期生が集まって、、夏、

一泊で、山にキャンプに行った時のスナップです。卒業して二年半、少しは大人びて、
     01_2
懐かしい人もいるし、、そういえば、と思い出す人もいます、、じつは、、

ひそかに、好きだった人も、いたりするのです、、(ドキドキ)、。     02
03

04 05

何十年も昔の懐かしい思い出、、ここに載せても、ゆるしてくださるでしょう。

2007年9月12日 (水曜日)

ぼくの、、写真日記、#49  古い写真、#2。

夜からの雨がつづいて、今朝ははげしく降っています。 これで、四日連続

ウォーキングを休んでいる。 ちょっと、身体がうずうずしだした、、。

今朝は、まじめにストレッチしよう、、。

さて、、古い写真のつづき、、。今日は、中学時代です。

まず、この写真、、中学に入学してすぐに小学六年のクラス会を開いた時のもの。
     01
担任は大高先生。 中一の女子が、今見ても、とても大人びてみえます、、。

中一のぼくは、とくに、まだまだ、子供っぽかった、、。

夏休みに、海辺の親戚をたずねて、、おばさんと従姉と、、 03_2
02
そして、すぐ下の弟と、従弟と、。

思春期が訪れた頃、、ぼくも、すこしは変わったかな、、、。

級友のT.B.君、   陸上部選手たちと、、

05_4 04_2  

               


                                                              中三の運動会、、、二人で写っているのは、親友のU.M君と、、。
   08_4                   
09_4 10_5
11_3

  そして、修学旅行でのスナップ、、カメラを持っているのに、、、
13 12
写真はなにも残っていません、、。

中学時代、思春期の淡い思い出はいくつかあるのですが、写真はなにもありません。

とくに、女子の写真は、仲の良かった子も、好きだった子もいたはずなのに、、

一枚もないのです、、。

せめて思い出だけでも、いつか書き留めておこうと、思っています、、。        

2007年9月11日 (火曜日)

ぼくの、、写真日記、、#48  古い写真、#1。

朝から小雨が降ったり止んだり、、今日の散歩はおやすみ、、

かわりに、、母と二人で、贈っていただいた豊水をいただきます、、。
        Dvc791002
母は日本茶、ぼくは、ロンネフェルトのアールグレイ、と、甘くみずみずしい豊水。

贅沢な午前のお茶になりました。たまに、こんな日も良いですね、、。

そして、古い写真を整理する事にします、、。そして、あらためて、判った事、、

手元にある子供の頃の写真がとても少なくて、、小学生までのものは、、
     Img791101
     生後一ヶ月、母に抱かれて、、、

Img791102_2 Img791112_2
生後五ヶ月頃、母と、、、

そして、ぼくが小学二年の頃の弟二人と母、(三人目の弟が生まれる前)。

Img791107_2Img791106_2

父が撮ったと思うのですが、、なぜか、ぼくの写真は、ありません、、。

もしかしたら、ぼくが写したのかなぁ、、、記憶はまったくありません。

手元に有るぼくの写真は、いっぺんに小学六年にとびます。
Img791113 Img791115

Img791116 Img791114 卒業記念に、

校舎の屋上で撮ってもらったもの、、。屋上は、五六年生用の遊び場だった。

何十年も前の写真です、、ここに載せるのも、許してもらえるでしょう、、。

     古い写真で、とっておきたいもののひとつ、、、
     Img791108
     婚礼の日の、、父と母、、。33才と18才、、。

母の話しによると、、父は,母の姉と見合いをして、破談になったのに、

月に何度となく、家に遊びにくるようになったそうです、、。そして、

姉が嫁ぎ、女学校を卒業すると同時に、なかば強制的に結婚させられた、と、

笑いながら話してくれます。

父は、見合いの折りに、きっと、妹の母の方をみそめたのでしょう。 

そして、母の父親は、昔気質で親分肌の人だったそうだから、、

父をゆるして、姉の嫁入りと母の卒業を条件に、待たせていたようです。

その証拠に、母は、卒業と同時に、

この男と結婚しろ!、と言われたそうですから、、。

ところで、、在学中の母はというと、、、

『結婚なんてとんでもない、私は芸術に生きる、、』と言って、、

独身主義グループのリーダーだったというから、こっけいです、、。

で、、その先、どうなったのかは、、機会を見て話することにします。

そして、もう一枚、、

この写真も、ぼくが小学一年の頃のもの。

我が家に下宿していた、栄養大学の学生さん、、卒業祝いのようです。
      Img791110_3
ぼくの憧れの女性だったようにおもいます、、。ぼくが恋する女性は、

どこかこの方のイメージと重なるようにおもえるのです、、。

あれから数十年、お会いする事も無く、消息も届きませんが、、きっと、

老いても美しく幸せでいらっしゃるに違いありません、、。

この方についても、、また、いつか機会を見てお話しましょう、、。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »