フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火曜日)

独り言、、、後悔と焦り、と。

二日前から、右肩の三角筋の後ろ部分が痛い。腕をあげたり、物を持ち上げる時、かなりの痛みがはしる。とくに右肩を酷使したわけではない。これまで、四十肩や五十肩の経験も無い。20年続けて来たトレーニングのおかげだと思ってはいるのだが、三年前からPCで仕事をするようになって、しっかりとしたトレーニングをしなくなった。そのツケがじわじわと現れて来ているのかなぁ、と後悔と危機感に似た焦りを覚える。 肩だけでなく腰も、、。腹筋は脂肪に被われ、大胸筋も広背筋も頼りない、頼りにして来た下半身は大腿四頭筋が細くなった、、年齢とともに加速する筋肉の衰えは、ウォーキングだけでは防ぎきれないようだ。 なにかメニューを考えよう、、。 

2008年4月27日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記、#340。サクラめぐり#7  八重桜散る。

昨夜、逗子を出たのが20時、冷たい雨が降っていた。22時に家に帰り着いて、24時に床につくまで、ときおり激しい雨音が聞こえた。八重桜も、これで散ってしまうだろうなぁ、、そんな寂しさを感じて眠った。
ひやり、冷たく湿った空気の朝になった。
やはり、フゲンゾウもカンザンも、散っている、、。
8042712
散るというより、花柄のつけねから、ぽとりと落ちると言った方が当たっている。
児童公園のフゲンゾウ、、
8042703
遊歩道に一本だけのウコンの樹の下、、
8042705
自然公園のフゲンゾウ、、。
8042708
8042711
フゲンゾウの並木から、、、                
8042716 8042726
カンザンのトンネルでも、、、
8042721
花の七割方は落ちてしまっている、、、
8042725
この光景、昨年はからりと晴れた青空の下で、華やかな絨毯のようにみえたのですが、今年は、なぜかさびし気です。やはり、灰色の雲に被われた空と冷たく湿った気温のせいでしょう。林の中に咲くカンザンも、、、
8042728

今年のサクラめぐりも、、今日でひとまず、しめくくり。

2008年4月20日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記、#338。サクラめぐり#5。

今にも降り出しそうな、どんよりとした曇り空、、
8042009
新緑に囲まれて咲くサクラを求めてスタートです。
小川沿いの遊歩道では、枝垂れ桜もすっかり葉桜に変わってしまった中で、
第一調節池とその手前二箇所で、カンザン(関山)が満開に咲いています。
8042023 8042025

8042033 8042035
共に樹齢40年程の立派な桜です、、。
8042038
8042041

自然公園の西のはずれに、一本の『ショウゲツ松月』をみつけた。
8042010
8042080 8042081
まだ沢山ピンクのつぼみを付けている。
8042095 8042098
次の週末まで楽しめるだろうか、、、
8042096 8042099
幹の太さが、40㌢程の若い桜です。

トウカエデの若葉の緑をバックに、

鮮やかに咲いています。

自然公園のずっと奥、、初めて見る桜の名札をみつけた。
8042055
『カスミザクラ』という、、ほとんど散って残っていないが、小さく可憐な花だ。
次の花の季節には、しっかり観に来よう、、。

そして、そのまた奥、白とピンクの花の色に誘われて、初めて足を踏み入れた
一画で、見事な『ハナミズキ』に出会った。
8042074
第一調節池の遊歩道には、きちんと手入れされたハナミズキの並木があるのだが、
8042064 8042071
ここの樹の優雅さには到底およばない。

さて、ハナミズキの手前で、、楽しいワンちゃんに出会った。
8042050 8042052
ディズニィーアニメには、よく登場する、
8042051バゼットハウンドです。
アンズさん、9才、、。
ミニチュアダックスや、
コーギーで見慣れている
短足体型なのですが、
バゼットは愛嬌たっぷり。
アンズさんは、
元気でお茶目な
お婆さんでした。

2008年4月19日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記、#337。サクラめぐり#4。見頃の普賢像、関山。

激しかった風雨がうそのよう、、雨上がりのさわやかな朝の空、、
8041906_2
第二調節池から西の空を眺めると、奥多摩秩父の山並みの上に雲が湧き立って、
8041985
一時間もすると、厚い雲が押し寄せた。今夜にかけて天気はまた下り坂、、
十四夜月は雲に隠れてしまいそうだ、、。
ただ、昨日の雨と風にもまけず、、八重桜の普賢像(フゲンゾウ)が見頃を迎えた。
8041911
新緑に囲まれて、ひときわ鮮やかに映えて見える、、。
8041912 8041927

8041921

8041922_2
8041940
8041932 8041935

8041937 8041942

新緑とのコントラストが美しいのは、関山(カンザン)も同じですが、、
        8041948
こちらは、いっそうあでやかです、、、。
8041949
8041951
8041952
8041956

オモイガワ、タオヤメもコマツナギ、タイハクも、ウスズミも、、、
雨と風で散りました、、。いくつかの八重桜が、華やかに咲き残っています。
明日は、そんな八重桜を探しに行きます、、。

2008年4月17日 (木曜日)

独り言。この期におよんで、悪あがき、、。

熱めのシャワーを浴びて、ふぅ〜っ、と、ため息に似た息を吐いた、、。

冷たい! 
湯気で曇った鏡を拭いた手のひらがピリッと冷えて、一瞬目を閉じた。

鏡の中に、顔を歪めた年寄りがいる。
見慣れない顔だが、みつめるうちに、我に還った。

口を突き出す、、鏡の年寄りも同じ表情をする。

思い込みや、カモフラージュが流れ落ちた素の自分だ。
生気が薄れ、目の輝きに精彩も無い。

最近、ひんぱんにやってくる、もう一人の自分。
本当の顔はこっちだと、迫って来る。

そろそろ、、折り合いをつける頃合いなのか、、。 

2008年4月16日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記、#336。サクラめぐり#3。見頃の八重桜、、。

空は薄曇り。 ソメイヨシノはすっかり葉桜になって、新緑が鮮やかな朝です。
80416001
と言っても、桜の季節はこれから後半、、八重桜が見頃をむかえています。
まずは、満開のカンザン(セキヤマ)
80416034
豪華絢爛な花のトンネルです。  
80416037 80416040

80416042 80416049

80416051

満開のヨウキヒがひかえめに見えます、、。
80416023
80416025 80416030

80416032
八重桜でも、一足先に咲いたシロタエは、花がしおれ、、イチヨウは葉が目立ち始めています。そんななか、『ショウゲツ、松月』は五分咲き、これからが見頃です。
80416058 80416070
80416062
80416071 80416065

桜のつぼみは、ほとんどが濃いピンク色。花が開くにつれていろが淡くなっていきます。やっと咲き始めた『フゲンゾウ、普賢像』も薄いピンクにかわります、、。
80416085
まだ見頃には間があるフゲンゾウです、、。
80416089
色の濃いカンザンに比べて、淡い色のフゲンゾウ、、好みの別れるところです。
80416094

見頃は、八重だけではありません。 五弁の桜では、『スルガダイニオイ』
80416006
清楚な白い花です、、、。    
80416079 80416007

名の通り、桜の中では、香りがつよいと言われるのですが、、
80416078 80416077
あまり香りませんでした、、。

もうひとつ、五弁の愛らしい花をみつけました。『オモイガワ』です。
80416101
ピンクの小さめの花びら、、、
80416102
樹齢が十年を過ぎたばかりの若くて、まだ細い樹でした。

2008年4月11日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記、#336。サクラめぐり#2  イチヨウとタオヤメ。

雨あがりの朝。ひんやりとした湿った空気。土手下を歩いて、調節池に着く頃にはすっかり晴れて、青空がまぶしい、、。今日は暑くなりそうだ、、。
8041101
小川沿いの枝垂れ桜は若葉が芽吹き、散り始めた。小川には流れがもどり、、
8041116 8041102
中州で鴨がのんびり休んでいる、、。
第二調節池で右折して橋を渡る。南の野原を横切って、自然公園の林に入る。
今日は、どんな桜に出会えるだろう。林の中で、一本だけ満開の八重桜を見つけた。
8041130
『イチヨウ』だ、、。
8041127
林の反対側にある同じ桜よりもずっとはやい、、。今日、ここを、通らな
8041131 8041132
かったら、見落としていたかもしれない。
8041128
見事な満開です、、。       
8041139 8041142
普段はあまり通らない道、、、
8041137
雨上がりの湿った空気にいきいきとしている、、、
8041145 8041144

今日は、良い事がありそうな予感、、ワクワクしながら林を抜けると、、
2ブロック先で、これも見事な見頃に咲いている五本の桜、、、
8041178
一本に標識がついています。『タオヤメ』です、、。
8041166 8041169
他にくらべて、色の濃い花びらです。
8041192
五弁の花ですが、八重に負けない華やかさです、、。
80411908041187

8041162 8041167
まだつぼみが、いっぱいです、、。
8041186
これからが満開の『タオヤメ』です、、。
8041182
<図鑑によると、タオヤメの花弁は半八重〜八重だという。ここでは公園の標識のままに表記しておきます。>

他にも、白く大きな五弁の花を咲かせている『コマツナギ』が満開なのですが、
背が高い樹で、花の写真は撮れません、、。
8041156

ここまでで、携帯のバッテリー切れ。まっすぐ帰る事に、、。
良い汗をしっかりかけそうです、、。

2008年4月 9日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記、#335。サクラめぐり#1。

雨はすっかりやんで、澄んだ空に白い雲がゆっくり流れていきます。
8040902
はげしい雨と風にまけず、枝垂れ桜は見頃です。小川の流れも戻りました。
小川沿いに公園の北門を入ってしばらくすると、
南側の土手に白い花を咲かせている一本の桜があります。
8040939
今が満開、、青々した若葉と一緒に咲いている五弁の花、、もしかして〜かな?
8040911 8040913
確かな名前はわかりません。
8040929_2
枝振りといい、樹の立ち姿といい、気に入っている桜の一本です。
8040917 8040925   
この桜も今年はひかえめに咲いています。
8040928
昨年は、若葉が大きくなる前に、花が咲いたようにおもうのです、、。
ソメイヨシノはすっかり花が散ってしまい、花びらの絨毯も、激しい雨と風に、
吹き流されてしまったようです。それでも、これから満開という桜もあります。
8040944
自然公園の シラユキと、、、
8040945
スミゾメ、、です。 そして、、100mほど離れて、、
四本のタイハク、、と、、
8040991
8040979 8040982

コケシミズが満開です、、、。
8040987
ピンクに縁取られた花びら、、小さく可憐な花です、、。
8040988 8040989

そして、これから見頃を迎えようとする桜は、、、
8040949
ヨウキヒ、、、 そして、これも八重桜の、、、         
8040966 8040968


ことしは、おもいのほか早く咲いた、ウコン、です、、。
8040999
8040993 8040996

すでに満開の シロタエ につづいて、来週には、カンザン その後は フゲンゾウと
華やかな八重桜の開花がひかえています。今月、まだまだ桜が楽しめます。

2008年4月 6日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記、#334。シロタエが満開です。

今年のサクラは、見頃が長くつづいているようにおもえる。 昨年は、短い期間にいっせいに咲いて、いっきに散った印象が強く、、あちこちで絨毯のように敷きつめられたピンクの花びらが風に舞っていたのに、、 今年は、散り方がおだやかで、花びらの絨毯を見る事は無い。ソメイヨシノもまだ見応えがあるし、これから咲きそろおうとするヤマザクラもある。
8040614
おだやかな風に、はらはらと花びらを散らすソメイヨシノ、、、

8040605
これからが見頃のヤマザクラ、、、。
8040607 8040609

ヤツブサが、そろそろ見頃をむかえ、、、
8040633 8040636

アラシヤマが咲き始め、、    
8040631_2 8040628

スミゾメが開花した、、。    
8040626 8040624

そして、未だ固いつぼみのままなのカンザンやフゲンゾウより先に、
ヨウキヒが濃いピンクの花びらを開き始めた、、。
8040639

そして、今最も見頃なのは、、満開の シロタエ です、、。
8040673
もっとも美しい白いサクラ、だと自慢したくなるほどの花です、、。
8040650 8040652

8040643
8040644 8040658

8040661

そして、ミナカミも、みごとな満開です、、。
8040674 8040686


8040677
8040675 8040687

 

2008年4月 4日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記、#333。満開のソメイヨシノ#5 と枝垂れ桜。

今朝も、暖かくてさわやかだ、、。
8040403
公園のソメイヨシノよりも、三日遅れて開花した第一調節池の桜は今が盛り。
花吹雪が舞い始めた公園では、、幹の周りがうっすらと花化粧、、。
8040419 8040425
昨年同様に、花びらの絨毯をみたいです。

小川沿いでは、両岸の枝垂れ桜がいっきに開花して、すぐに満開のようすです。
8040435
ただ、寂しいのは、今年、小川は水枯れです。流れが途切れて、ありません。
8040437
それでも、枝垂れ桜は、華やかに咲いています、、。
8040438 8040439

枝垂れ桜の並木の先に、、30本程の白い花の桜が植えられています。
花の開花と同時に、若葉も芽吹いています。
8040455
この桜の名前は、確認出来ません、、。
8040452 8040451

小川の土手下で、、立派なシェルティーに出会いました。
8040445
アベル君、3さい。一年半ぶりの再会です。すっかり成長して美しい毛並みです。

ぼくのウォーキング日記、#332。昨日のこと。満開のソメイヨシノ#4 と白い桜。

朝、早めに家を出て、第一調節池のソメイヨシノを観に行く、、。
いつもは、小川沿いに南側を通るのだが、北側にまわって、桜並木を遠回りする。
8040301
ここも、すっかり満開です、、。 
8040306 8040308

8040303 8040315

樹齢50年程の登りやすい樹をみつけて、、、。
8040320

白い桜の花が気になって、桜の種類が多い、自然公園にむかった、、。
8040349 8040357
まず見つけたのは、シラユキ。
8040350 8040358
三分咲きの開花です、、、。

そして、シロタエ。八重桜では早い開花ですが、これも三分咲きていど、、
8040379 8040387
暖かい陽射しをあびて、、

昨日観たときよりも、

花をおおきく開いています。

やはりシロタエがいちばん美しい、、。

8040384 8040386

ほかにも、ミナカミ、、、    
8040390 8040392

ウスズミも開花しました。
8040396

この桜めぐりの途中で、上の娘から呼び出し電話。急ぎもどって、逗子へ、、。

夕暮れの海辺へ、、娘の長男と散歩、、、。
8040309
彼は、ここ逗子で新しい生活が始まる。来週には新しい学校へ通う。
新居は、ゆったりと広くなって暮らしやすそうだ、、。
新しい友達をたくさんつくってほしい。

2008年4月 2日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記、#331。満開のソメイヨシノ#3。

満開の桜が、昨日の強い北風に耐えて、しっかり花をつけています。
週末まで、見頃がつづきそうです。
8040203
第一調節池、、、
8040205
公園の橋のたもとに一本のソメイヨシノ、、。
8040223
ゴルフコースの名残り、、芝生を分けている桜、、。
8040208 8040212

8040215 8040217

8040234
周遊路のさくらのトンネル、、。
8040242_2

8040251_2 8040254_2

高さ10㍍もありそうな大きなソメイヨシノ、、。
8040268

満開のソメイヨシノにくらべて、
普賢像や関山などの八重桜は、まだつぼみを固く閉じています。
そんななか、『シロタエ』が花を開きはじめました、、。
8040283 8040281
この週末が待ち遠しいです、、。
枝垂れ桜も咲き始めました、、。 
8040287 8040286

これからは、ソメイヨシノ以外の桜が、つぎつぎに開花して、
今月の末まで、桜の競演がつづきます。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »