フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #364、紫陽花めぐり #19 とキャバリア。 | トップページ | ぼくの写真日記 #122、 逗子でランチ、、。 »

2008年6月28日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #121、初デート、、?!

午前10時、玄関のインターホンを押すと、『ハーイ!』と声、、
ドアが開いて、ニコニコ笑顔の彼女が迎え入れてくれた、、。
今日は初めて二人で出かける。ボーリングがしたいとのリクエストだ。
両親は、彼女の妹を連れて出かける用があるので、その間4時間程のデートになった。
彼女は、小学一年になった孫。
家の前で、記念写真を撮ろう、と言うと、、ジャンプしたところがいいとの返事、、
        8062802
        、、で、これがその写真、、。

ボーリング場は、大きなショッピングモールの2階にある、だが二人とも初めての場所。入口が見当たらない。階の案内図にも載っていない。すると、「聞いてくる、」と言って彼女は走って行った。いそいで後を追いかける、、。1階にもどって、ショッピング街のレジを見つけると、列に並んでいる。自分の番が来ると、係員と話している。しばらくして、きちんと会釈をすると、小走りにもどってきた。「入口は3階だって、、」ニコニコ笑顔だ、、。この間、後について行くだけの僕は、ちょっと彼女を見直していた、、。
ボーリングは何年ぶりだろう、、僕がボーリングを始めたのは青山ボーリング場、当時は、レーンの奥に人が居て、ピンを人の手で立てていた。スコアーは係の女性が付けてくれた。で今は、フロントで申し込むと、スコア用紙を渡されるのかとおもったら、レーン番号の札だけ、、。???と周りを見渡しながら、レーンにつく。なんとか要領が呑み込めてきた、、システムがすっかり様変わりしている。天井から吊るされたモニターで、全て用が足りているのだ。
シューズを履き替え、ボールを選ぶ。かつては12ポンドを使ったのだが、10ポンドに。彼女には、一番軽いボールを、、。
さて、まずは僕から、すこし振り上げをセーブして第一投、、!!!ストライク!!!
二投目は、調子づいて昔のように大きく振って強い球を、、ところが10ポンドのボールがコントロールできない、、結果はガーター。スペアーも取れずに8ピン。以後は、ピンを豪快にはじく爽快感は無いけれど、、小さく振ってコントロールすることに。
彼女は、ボールを両手で抱えて、ドスン、と投げます。それでもスペアーを2回、トータル68ピン。初めてのボーリングとしては上出来でした。
僕は、8ピンと9ピンのオープンフレームが2回、ストライクが4回、あとはスペアーで168ピン。長いブランクの後では、まあまあのゲームでした。
のんびりと、一時間かけて、ワンゲームづつ。その後は、隣接したセガのゲームセンターへ。ここは、ほとんどが子供向けのゲームのようだ。小学生らしい子供達で大賑わい、、勿論、大人と一緒。多分、彼女はここも初めてなのだろう。なんとかいう、女の子向けのゲームに夢中になっている。まあ、僕が一緒ならと、親も今日は大目にみてくれたのだろう、、。
ゲームの後は、フードコートで遅めの昼食、、
クリームパンとバナナクレープ、フライドポテト、そして飲み物、、
しつけにきびしい親と別行動で、食べながら歩くのも楽しいらしい。
        8062803
最後は、ショッピングモールの奥にある、ペットショップへ犬を見に、、。
一戸建ての自宅なら、問題なくペットが飼えるのでしょうが、、
「抱いてみたいなぁ、、」と言いながら、カギのかかったショーウインドウの子犬をながめている彼女でした、、。

« ぼくのウォーキング日記 #364、紫陽花めぐり #19 とキャバリア。 | トップページ | ぼくの写真日記 #122、 逗子でランチ、、。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #364、紫陽花めぐり #19 とキャバリア。 | トップページ | ぼくの写真日記 #122、 逗子でランチ、、。 »