フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水曜日)

小悪魔*天使?、、ブリタニー:アン♡ #5 やっぱりお転婆娘?

アン♡が母との二人暮らしに加わって、五日目、、環境に慣れて来たようだ。よく昼寝をするし、トイレの粗相はずっと少なくなった。今日午前中には一度も無い。
ただ、暮らしぶりはあくまでマイペース。朝が早過ぎて、起こされる方は、連日の寝不足気味です。その上、徐々に興味の範囲がひろがったようで、頭がやっと入りそうな狭い隙間にごそごそ入り込んでは、まさに頭隠して尻隠さず、小さな尻尾を振りながら、なにやら夢中に嗅ぎ回っている。お転婆ぶりが徐々に顔をだしてきたようだ、、用心、用心、、。

2008年7月29日 (火曜日)

小悪魔*天使?、、ブリタニー:アン♡ #4 ちょっと大胆に。

朝焼け。 今朝も寝不足、、。
    8072901
それにひきかえ、元気なアン♡。顔を舐められて目を覚ました、、。
昨夜、ちょっと大胆な試み、、ハウスの扉をopenにして寝てみた。
勿論、外の遊び場へのガラス戸を開けたまま、外に水を置いておく、、。
起こされて、ひと遊びしてから、外のトイレを確かめた。ウンチとオシッコを
してある。まだ温かい。しかもケージで用を足した形跡はない。室内で粗相した様子もない。これは満点の結果?! でも安心は禁物、、気を抜かずに注意深く観察しながらすすめよう。
新しい水を与える、、トイレでオシッコをした。大袈裟に褒めて遊ぶ。
今日からブリーダーさんの指示にしたがって、食事は一日二回、ドックフードをそのまま与える。               
8072904 8072905

専用ソファでくつろぐアン♡。そのまなざし、、いやに大人びてない、、?

2008年7月28日 (月曜日)

小悪魔*天使?、、ブリタニー:アン♡ #3 トイレは二ヶ所?。

またも5時前に起こされた。寝たのは1時近く、、すっかり寝不足、、。
朝のウォーキングに行く、なんてもんじゃない、、頭がボーっとしてる、、。
アン♡はというと、ハウスから出ると、すぐに遊ぼう〜と戯れてくる、まるで元気だ。
トイレを順調におぼえてくれている。ウンチが固く良い形になっきた。新しい環境に慣れつつるということかな、、。
今、トイレの場所をどこにするか、思案している。 当初は室内のケージにブリーダーさんが送ってくれたトイレ用のタオルを敷いてそこで用を足させるつもりだったのだが、部屋の外に確保した遊びスペース、1x3㍍のタタキの隅で自らするようになった。その場所にもタオルを敷くと、室内にいてもタタキに降りて、ウンチもオシッコもする。トイレとして落ち着く場所なのかもしれない。ただ、ガラス戸が閉まっていると、ケージにもどって用を足す。そんな訳で、トイレは二ヶ所でも良いのか、それとも一ヶ所に決めて徹底させた方がいいのか、迷っているのです。

2008年7月27日 (日曜日)

小悪魔*天使?、、ブリタニー:アン♡ #2 我が家での初日。

朝、5時半に起こされた。昨夜から2時間毎に起こされている、、寝不足です、、。
先ずは、ケージから出して、トイレ.タイム、、素直におしっこをした。いいこいいこ、と大袈裟に褒める、、。遊んでほしいのか、アイコンタクトをとって、戯れついてくる。こんなときは、大いに一緒に戯れ合って遊ぶ、、。6時に餌を作る。ぬるま湯を使って半生程にふやかしてみる。
ドッグフードを軽く一握りで50g、これを一日4回与える予定。ウンチの状態をみて量を加減する。餌の後、新しい水を飲むと、しばらくおとなしくしている。まだ環境が変わって、戸惑っているのだろう、、。それでも、自分からトイレにいってウンチをした。少し柔らかめだがつまんで処理出来る固さだ。まずまずといったところかなぁ? 問題はおしっこだ。様子を観ながら、付いている時には、見事なくらいトイレでするのだけれど、、油断して目を放したすきに、思いもよらない所でしているのだ。家中をあちこち探検して、チェック終了の印をつけているみたい、、そんな気がしてくる。以前はきつく怒ったのだが、、今回からは、ケージにとじこめて、まるで無視を決める事にした。そして、何か褒めてやれる事をしたら、褒めながら出す。それまでは、完全無視を通す、、。ただ、これが難しい、、なぜ出してくれないの、と訴えるような目で見つめてくるからだ、、。結局、今日は4勝4敗、、まだまだ、こちらが試されているようだ。
8072702
しかも、甘え上手、、足首に頭を乗せて寝そべってくる。未だにウブで純情なぼくは、こんな風に甘えられると、デレデレなのだ、、。

2008年7月26日 (土曜日)

小悪魔*天使?、、ブリタニー:アン♡ #1 一人空の旅。

朝、目覚めて、びっくり、、5時前だよぉ、、。 どうした、bura-san?!
ハイ、、やっぱり、興奮してるみたい。いつもより1時間も早く起床です。
ウォーッキングも、サックスの練習をするわけでもなく、、
ただソワソワと、家の中を歩き回って、午前中が過ぎました。
受け入れ態勢は整ったのか?って、、、。 
正直に申せば、、アン♡が着いてから、詰めはそれから、ということにして、
まだ中途半端のまま、、。 

今日も暑くて、洗濯物は良く乾いた、、。

今、やっと13時半、つづきは、またあとで、、。

18時55分着 JALカーゴ1112便、定時に到着して、受渡しは30分後になると聞き、受付カウンターの前、ベンチに座って待つ事にした。 とりあえず、到着時刻には間に合ったのだが、、首都高の空港中央出口を出て空港に入ってから、うろうろ迷ってしまった。ネットに掲載されていた貨物地区への案内表示が見つからないのだ。見落としていないかと、結局、周回路をぐるぐる3回廻ってしまった。そしてやっと「貨物地区へはここを右折」という小さな立て看板を見つけた。国内線出発とか到着等の案内のように、車線の上に大きく掲げられている青い表示板ではなく、4車線の右側、街灯の支柱に貼付けられた、一行の縦長い表示だった。その時は、右から3車線目を走行していたので、通り過ぎ、周回路を廻り直して右車線に移った。右折してしばらくすると、探していた貨物地区への案内をみつけることができた。そこからは順調、、ゲートの係員の方は親切だったし、JALカーゴの職員もにこやかで、つい、「ここへのわかりやすい順路は?」と訊いてしまった。すると、初めての人は、あの縦長の表示を見落とさない事です。と教えてくれた。     
8072602 8072603

8072604 そんな話しをしている間に、ブルーの輸送用ケージが運ばれて来た。書類にサインをして受け取ると、車内に乗せ、ケージから出して、水を飲ませた。緊張しているのだろう、2,3口舐めるだけだった。「はじめまして、今日から君はアン♡です」と声をかけて、車を出した。帰りは、首都高で渋滞に二度も遭遇して、予定より1時間も遅れて家に着いた。ブリーダーさんへは、JALで受け取った時と家に無事着いた事を連絡した。小さくてもやんちゃな子だと聞いていたが、、ねこを??被っているのか、とても従順だ。
ケージを納めてハウス.スペースを完成させ、コミニュケーションの最初に餌を与えた。目安より少し大目。家を出る前にお湯でふやかして準備しておいたドックフードだ。あっという間に平らげて、もっと、とお代わりを催促する。元気そうだ。トイレの様子を観察しながら、一緒に遊ぶ、、。用意しておいた玩具少しは関心もってくれた?
8072609
トイレで、おしっことウンチに成功、、幸先が良い、、。ところが、覚悟はしていたのだが、夜泣きには閉口、、眠ったのは1時過ぎ、、その上、3時過ぎには起こされた。
ここまでを、我が家にアン♡がやってきた初日、ということにしておきます。

2008年7月25日 (金曜日)

独り言、、ブログのタイトル変更しようかなぁ、、、!?!

15年ぶり、、?! いや、、20年ぶり、、?! 犬を飼う事に決めた、、!
以前飼っていたキャバリアのチャミーを不注意で事故死させてしまって以来
二度、犬を飼う機会はあったのだが、最後の決断ができずにあきらめていた。
ウォーキングを始めたこの二年間、沢山の犬、色々な犬種、様々な飼い主さんに出会い、犬を飼いたいと思いを募らせて来た。そして、ブリタニーという犬種を知った。
鳥猟犬としては小型な犬種で、キャバリアをひと回り大きくしたサイズのようだ。
ネットで調べるうちに、北海道のブリーダーさんの子犬にひと目惚れした。
それでも飼うと決断するには何日もかかったが、
とうとう縁が訪れたと思った。やっとチャミーも許してくれたのだと思う、、。

散歩に連れて出られるようになったら、、娘達の家を訪ねてまわろう、、。
孫達が大喜びする、、?!!

24日に購入の意思を伝え、、25日の今日、契約、、明日の夕方には、羽田着JALカーゴで空輸されてくる。
羽田に迎えに行かなければならないのだが、全く初めての経験、、しかも、子犬を貨物として送れるなんて、、そんな不安を解消してくれた心強いHPがあった。『http://www.ne.jp/asahi/kikki/style/index.html』『FLIGHT No.0024 *SASUKE*』というタイトルのブリタニー.スパニエルのサスケ君の成長記録と飼育奮闘記だ。しかも、JALもANAも「愛犬の輸送」について詳しく説明していた。おかげで、なんとか安心して一人で迎えに行けそうだ。
今日は、子犬のハウスの設置場所と自由に遊べるスペースを確保するので、ちょっとした大?掃除になった。母と二人で汗ビッショリ、、。冷たいシャワーを浴びて、さっぱりすると、母が言う、、『ねぇ、、これ何なの?、、』あれあれ、さっきからもう4回も同じ質問だ。80才を過ぎ、仕方ないと言ってしまえばそれまでなのだが、少し覚悟している。ただ、子犬が家族の一員になることが、母の刺激になってくれたらと、、そんな想いが片方にある、、。
これからここの内容も、一緒にウォーキングに出られるようになるまでは特に、子犬との生活記が大部分になりそうだ。
さて、新しい家族の一員は、、『アンジェラ』、天使、『アン♡』と呼びます、、。
    Angela
ブリタニー.スパニエル、仏原産の鳥猟犬ブルトンです。ブリーダーさんのHPから拝借した画像、これを観て、ひと目惚れ。誕生日は五月三日、生後84日でやってきます。
はやく新しいすみかに慣れて、楽しく遊べるようになりたいね、、アン♡!

2008年7月24日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #378、、ちょっと良い話しと、ブリタニーの事と、、。

今朝も薄曇り、、所々に黒い雲のかたまりが浮かんで、大気が不安定な空模様だ、、。
今朝のウォーキングでは、気分の良い出会いがあったので、まずそれから紹介することにします。小川の土手下、汗だくになっての帰り道、三人の少年に出会った。各々の手にビニール袋を、、「ボランティア清掃袋」と書かれている。
8072413 8072414
この土手下のゴミ拾いをしているのだ。近所の学校の生徒かとたずねると、八王子にある私立校の生徒だという。へぇ〜そんな遠くから?!  夏休みの校外活動として自主的に考えたことなのだそうだ。 ここでは、草刈りと同時に清掃作業が行われたり、定期的に地元の子供会が主体になって清掃活動したりするのだが、、橋のたもとや、ある決まった場所で、ゴミをつめたレジ袋が捨てられている事がある。 少年達は、流れ着いたペットボトルや空き缶など、こまめに広いあつめていた。 おかげで、普段よりいっそう気持ち良く利用させてもらえます。ありがとう、よろしくお願いします。と頭を下げてその場を離れた、、。

さて、こちらは公園に向かう途中、第一調節池を通り過ぎる時、一人の男性をみかけた。まだ草刈りが済んでいない草むらを、おおきな虫取り網を左右に振りながら、ゆっくりと進んでいる。何か獲物を追いかけている様でもないし、、はて?とおもいつつたずねてみた。
    8072401
8072402 8072403

直径50㌢もある網の中には、沢山の虫が入っている。都の委託を受けて、昆虫の調査をしている最中なのだそうだ。この辺りには、何種類の虫がいるのてすか?とたずねると、、。去年は250種程の昆虫が確認されたのだとか、、ただ、実際には400種以上はいるでしょう。という話しでした。根気のいる作業、ご苦労様です。    
小学生の頃、同じような虫取り網を持ち、三角のパラピンケースや保虫ビンを腰にぶらさげて、昆虫採集に走り回っていたのを思い出します。

北海道のブリーダーさんへ、メールを送る。ブリタニーの購入の意思を伝えた。

2008年7月23日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #377、、ブリタニーが、気になってます。

梅雨明け宣言があったものの、まだスカッとした夏空にはなりません。
今朝も、もやもやとした薄曇りです。
きびしい照りつけが無いので、歩くのには良いのですが、なにか物足りないのです。
で、、公園の北門を入って気がつきました。 セミです、、。
家を出て、小川沿いの桜並木や枝垂れ桜の並木、調節池を通る間も、
今年はまだ鳴いていなかったセミ声が、
北側の金網で仕切られ立ち入り禁止になっている林の奥から聞こえて来ます。
夏の盛りには、遊歩道の桜並木でもうるさい程、セミが集団で鳴き、、
幹や皐月の根元には、びっくりする程沢山の抜け殻がはりついていたのだが、
今年はまだそれも見ていない。 セミはまだ土の中なのだろう、と思いつつ、、
帰りの遊歩道では、抜け殻をさがしながら歩いた。そして一つだけ、見つけた。
8072309 ただ、依然と鳴き声は聞こえて来ません。
今朝は、見つけた物が他にも、、それは、1㍍半もありそうな太くて長いヘビ。
土手下を歩いていた時、横切って水辺に向かおうとしているところに出くわした。
一瞬立ち止まって、ヘビだと確認した後、ゆっくり近寄って確かめた。
けっこう太いシマヘビでした。もう少しと一歩近付くと、ゆっくり頭を持ち上げこちらを向いた後、するすると水辺の草むらにきえてしまった。
ここへ越して来て、ヘビに出合ったのは、これが四回目、年に一度の割合になる。見かけるのは、やはり今頃、梅雨の後、これから真夏になろうかという頃、、。最初は土手上の遊歩道を横切って住宅の垣根の中へ入り込んでいった。もう一度は、小川の流れを泳いで下って行く様子、、そして一番びっくりしたのは、自宅の勝手口に向かおうとしたとき、頭を持ち上げたヘビと目が合ってしまった。しばらくにらみ合った後、するするっと物置の下に姿をけした。あの時の不意の衝撃は、、あぁ、こんなにびっくりすることもあるんだ、と改めて思った程だった。
そして、もう一つの見つけた物は、、
8072302 これ、甲羅の長さが20㌢程のカメです。
この小川では、よくカメに出合います。といっても、人の気配を感じると、水中に逃げてしまうので、ポチャンという水音だけで、、姿を見ることはありませんでした。ところが今朝は、水から1㍍程あがった草むらで、首を長く伸ばしてあたりをうかがっている様子、、。気配を感じたのか、首、シッポを引っ込めてじっとしています。それならちょっと我慢比べとばかり、カメラを構え息をころして待ちました。しばらくして、ぬぅ〜っと首をのばし、そろそろと動きだしたところをパチリ。
この小川に棲むカメは、ペットが放された物なのだろうか、、。

さて今朝も、ウォーキングしながら考えていたのは、ブリタニーを飼うかどうか、、。
やっと飼いたいと想える犬種に出会えた気がするのだが、、。前の犬、キャバリアのチャミーが事故で逝ってしまって20年になろうとしている。その間、娘達三人の子育てに手一杯で、犬を飼う気持ちの余裕が無かった。今、あらためて犬を飼ってみよう、と考えると、なぜかすっきりと決まらない。不安かなぁ、、ためらいがある、、。
ネットで、北海道のブリーダーさんをみつけた。HPなどを拝見すると信頼出来そうな方だ。親犬も、子犬も良さそうだ。気に入った可愛い子犬もいる。
メールで問い合せ、いくつか質問してみた、、。 よい縁があるだろうか、、。

ときおり、薄い雲が晴れ、夏空がのぞく、、
    8072305
そしてまた、うす雲におおわれる、、、。

大芝生の草刈りがはじまった。秋の枯れ草の時期まで、何度もおこなわれて
8072306 8072307
遊びやすい芝生がたもたれます。

さて、帰って、汗だらけのウェアーを洗って、冷たいシャワーを浴びよう!

2008年7月21日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #375、、ブリタニー。

今朝は曇り、午後には晴れて蒸し暑くなるという予報、、
陽射しが無い間に、思いきり歩いて来よう、と、、
木陰に隠れる事無く、草の感触をたのしみながら、広い芝生を歩き回った。
8072112
夏休みが始まって連休の今日、バーベキュー広場では、何組もの家族連れが準備を始めているし、親子で散歩する姿が多い、、。といっても、すれ違うことはまれで、遠くに見かけるだけ。
今日出会ったワンちゃんも、50㍍程向こうに、見慣れない犬をみつけ、追いかけて話しを聞かせてもらったのだ。さてそのワンちゃん、、初めて知った犬種です。
8072105 8072107

ブリタニーという中型犬、レアちゃん、1才のお転婆盛り、、、
8072103 8072104

こんな広々した場所で、じっとしているなんて耐えられないとでも言いたそうな活発な女の子です。それもそのはず、ブリタニーという犬は、フランスの北部、ブルターニュ地方を原産地とする鳥猟犬なのだそうです。機敏な運動能力はアジリティーやフリスビー等の野外競技にも最適なのだとか、、日本ではまだめずらしい犬種で、ネットで探してやっと巡り会えたのだと、嬉しそうな飼い主さんでした。 大きさといい、明るく快活な気質といい、楽しく飼える犬のようです、、。 ブリタニー、、ちょっと興味、有り、です、、。

2008年7月16日 (水曜日)

独り言、、ジャズ.サックス発表会にむけて、、#2。

ソロ演奏曲に『My Romance』を選んだ。ビル.エバンスの「ワルツ.フォー.デビー」に納められている、好きになれそうな優しいメロディーの曲だ。自分の演奏のイメージ作りの参考が欲しくて、、他に歌、ピアノ、サックスでの演奏をそれぞれiTunesからダウンロードした。
テーマはシンプルでキレイだが、アドリブ.ソロをはさんで、前後で2コーラス演奏すると、何度も何度も同じメロディーを繰り返し吹く事になる。それだけに、どう自分らしく歌い吹けるかが大きな課題になるのだが、、、この月曜日のレッスンで、初めてこの曲にトライした時、吹き方が偏っていると指摘された。一つのメロディーでも何通りもの歌い方ができる、それを、歌い分けられるようになりなさい。意識して吹き分けられれば、その時々の気分で、より豊かな演奏が出来るようになる、というアドバイスなのだ。 これまでも、そう出来るように努めているつもりなのだが、ついついイメージしやすい指使いに偏ってしまうのだ。 アドリブ.ソロについては当然だが、今回はテーマの演奏にも自分らしさを生かせるように練習したい。それが、演奏を楽しむ事につながるかもしれないから、、。さて、14時から2時間、練習します、、。

2008年7月12日 (土曜日)

独り言、、ジャズ.サックス発表会にむけて、、#1。

何か楽器を演奏してみたいと思いたって、アルトサックスという楽器を手にしたのが11年前の四月。ある方がピアノを習っていたのにあわせて、一緒に演奏できたらと考えたのがきっかけだった。すぐに投げ出したりしないように40万もするヤマハの高級器を買って自らプレッシャーをかけた。以来、ジャズ.サックス奏者、山口真文氏に師事して12年目になる、、。8年前には楽器をSELMER MARKⅥ に買い換え、すっかり生活の一部になっている、、。と、こんな書き方をすると、さぞ上達してジャムセッションでも楽しんでいるかのように誤った印象を与えてしまうかもしれないが、実際は、十年かかってやっと音が出せるようになった、という程度、、ジャズ演奏としては、いまだ初心者なのです、、。それを実感するイベントが十一月一日に行われます。年に一度の『山口真文ジャズ.サックス教室発表会』です。今回のぼくのソロ演奏曲の候補にあがっているのは、『My Romance』と『Triste』、、次の月曜日にはどちらかを選ぼうと思っている。
今年は九回目の発表会出演、、十回目の記念出演に向けて、ステップになる演奏にしたいのです。最近とくに感じる事、、才能もセンスにもめぐまれず技術が貧弱でも、演奏を楽しみたい、、。 演奏を楽しむ、って、、どうしたらいい?!?! その糸口を見つけられる演奏ができるように、今年の発表会をしたいのです、、。

2008年7月 4日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #123、ハレケにて、、。

暑い!、、まるで梅雨明けをおもわせるまぶしい空です、、。
    8070414
ハレケへ向かうJRの車窓からの景色。
夏の間は、月に一度、髪を切ります、、。今回は、afterのみ、、、
        8070413
        担当のスタイリスト氏と、、。

駅からの帰り道、鉄製の門扉に観葉植物を飾ったお宅をみかけた、、。
        8070415
玄関わきや庭には、いろいろな花が飾られている中、ここは落ち着いてみえる。
素敵なセンスだと感心しました、、。

2008年7月 2日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #122、 逗子でランチ、、。

今日は、月初めの墓参り、そして逗子へ足を伸ばして、長女宅を訪れる、、。
朝8時に家を出る。JRで8070201_2 東京駅へ、、
東海道線に乗り換え、  8070204 あの方の墓参り。
駅前の花屋さんで、花束を8070205 用意してお墓に向かう。
墓地への坂を登って行くと、先客がいらっしゃる。花を供え掃除をされている。
ここに伺うようになって初めての事、気付かれないように横道に入り、しばらく待つ。
お寺の裏山が墓地になっている。太く大きな大木があちこちにそびえ、枝を張り巡らし、墓地は深い緑におおわれて、いっそう静かで、しめった空気が漂っている。ひと回りして戻ると、墓前はきれいに掃き清められている。
花を添え、線香を焚いて手をあわせた、『、、、。 、、、、。』

さて、大船で横須賀線に乗り換え、逗子へ向かう。
駅で長女と待ち合わせ、久しぶりにふたりで外食をする、、。
長女家族が逗子に越して四ヶ月目、訪れてみたいレストランが二軒あるという。
ともに住宅街の一軒家を改装して営業している店だそうだ。
まずは、単純に、近い店に往く事にした。バス通りを曲がって住宅街へ30㍍ほど入った所で、さらに右折。細い路地を大きく回り込むように50㍍程進んだ右側に、その店はあった。
、、と、今日は、ここまで、、長女とふたり、話しが弾んだせいもあってか、ちょっと舞い上がっていたようだ。ここに載せる事、、先方の了解を得る事をすっかり忘れていたのです。あらためて紹介すると、、します、、。
前菜、パスタ、肉料理、魚料理、どれも、満足の味だった事を、前もってお話しておきます。ただ、、タラモサラダの味は、僕の懐かしさを満たしてはくれませんでした。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »