フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #380、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #2。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #381、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #3 大収穫。 »

2008年8月15日 (金曜日)

独り言、、カスピ海ヨーグルトと温度管理。

ずっと以前から、ヨーグルトが好きだった。シンプルな味が好きで、明治のブルガリア.ヨーグルトを食べていた。何年か前、五年以上前だとおもうのだが、長女から種を分けてもらって、カスピ海ヨーグルトなるものを知った。以来自分で育てながら、すっかりはまってしまった。今では、娘達に種分けしている。といっても、その育て方のコツのようなものを会得出来たかな?!と思えるようになったのは、つい最近なのだ。これまでは、醗酵条件をキープするために、それこそ試行錯誤の連続だった。春や秋の暮らしやすい気候の季節には、種菌の活動も活発で問題ないのだが、、冬の寒さ、夏の暑さ、には神経を使う。特に今日のような35度を越す猛暑日には温度の上がり過ぎも、菌の働きを弱めてしまう、、。過ぎたるは及ばざるがごとし、、カスピ海ヨーグルトの菌は、高くても低くても、限界温度にデリケートなのだとやっと理解した。
毎日、1ℓの牛乳をつかって、3つの容器にカスピ海ヨーグルトを作っている。
      8081551
2つ分は朝昼晩と三回に分けて食べ、残りを翌日用の3つの容器分の種にしている。
今の時期は、風通しの良いキッチンの冷蔵庫の上で作っているのだが、固まり具合が日によって微妙に違っているのが気になった。注意してみると、固まり始める時間が色々なのだ。3時間程で固まり始める日もあれば、1時間半で同じ状態になる事も、、。その状態で冷蔵庫に収納して冷やしながら熟成すると、しっかり固まる場合と、旨く行かない場合と、、これまた温まり具合によって出来あがりが、味が、違ってくる。固さも酸味も、好みは人それぞれだろうから、自分好みに仕上げれば良いのだから、作り方も千差万別、、。その中から自分の方法を見つけ出すのも、カスピ海ヨーグルト作りのたのしさ、なのかもしれない、、。
ちなみに、プリンプリンに弾力のある固さで、酸味のない味が、僕の好みです。
蜂蜜やジャムを少し加え、果物と一緒に食べるのが、今のベスト、、。
ちなみに、ロンネフェルトのハーブティー.PFIRSICH-GARTENを入れた残りの茶葉で作るジャムは、とても良く合います、、。

« ぼくのウォーキング日記 #380、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #2。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #381、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #3 大収穫。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #380、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #2。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #381、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #3 大収穫。 »