フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくの写真日記 #141、、、、、孫の音楽会、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #444、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #66、      晩秋の色、、。 »

2008年11月 9日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #443、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #65、      ワイマラナー、、、。

家の前を上流へ、土手下をさかのぼっての帰り、対岸をやってくるワイマラナーに
出会った。8才になるイブさん。クリスマスイブに家に来たので、その名をつけた
そうです。もしかして、X'masプレゼントだったのだろうか、、、。
8110915 8110917

アン♡を気に入ってくれたようだ。 アン♡おいで、、。と声をかけられると、
流れを渡って、イブさんを遊びに誘った。 そんなおおらかなアン♡がますます気に入った様子、、。アン♡は、僕をこっちに残したまま、しばらく愛嬌をふりまいている、、。ご婦人の服が泥で汚れる、、気が気ではない、、。イブさんはもう走り回るのは苦手のよう、、それに引き換えアン♡の快活さを懐かしんでいるようだった。 しばらくして呼び戻すと、素直に流れを渡って来た。賢くて良く言うことを聞きますね。と誉められ、良い気分、、。また遇えるといいな。
ウォーキングをはじめて、4匹目のワイマラナーに出会ったことになる。
ゆったりとした早足の姿は、ヴォルゾイやアフガンと同じように優雅で美しい、、。
やはり、憧れの犬種だ、、。

今朝も、寝坊、、スタートしたのは、8時を過ぎてしまっていた。
調節池に着くと、少年野球の練習が始まっているし、南の原っぱでは、みかけたことのない犬達が散歩に来ている。自由に走らせられるのは、やはり南側の土手下。すぐに戻ることにした。 アン♡を追いかけてジョギング、、家の前を通り過ぎて上流へ、
    8110912
いくつかの湧き水が合流して、800m程さかのぼると、河川管理の境界だ。
8110913 8110908

自然豊かな小川の風景は終わり、ここからはコンクリで固められたU字溝になる。

我が家を中間にして東西1300mほど、南北の土手下を往復して2600m。このルートも
アン♡を走らせ、同時にジョギングするには、ちょうど良いコースになりそうです。

« ぼくの写真日記 #141、、、、、孫の音楽会、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #444、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #66、      晩秋の色、、。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくの写真日記 #141、、、、、孫の音楽会、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #444、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #66、      晩秋の色、、。 »