フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #444、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #66、      晩秋の色、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #446、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #68、      何日ぶりの青空、、。 »

2008年11月12日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #445、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #67、      鴨とかけひき、、?

家から100mほど下った土手下、、流れの中に大きな飛び石がいくつも置かれていて、
暖かな日には、子供達の遊び場になっている場所で、今朝は鴨達が岸に上がっていた。
8111202
ずっと手前で気付いたアン♡は、ゆっくりと忍び足で距離を縮めていきます。飛び石の上や流れに浮かんでいる鴨にも注意をむけながら、一歩一歩近付いていきます。そして、3m程に近寄ったとき、アン♡の興味が薄れてしまったのか、なぜか石段をおりて水を飲みだしたのです。小川の鴨達は流れに乗って下っていきますが、岸辺の鴨はいぜんのんびり群れています。 この流域の鴨達は、もともと危害を受けることが無いからでしょう、警戒心が薄くて、2,3m横を人が通っても飛び立ったりしません。 群れの中にオスのマガモがいるときには、けたたましく警戒音を発するのですが、今朝はそんなこともなく、やけにのんびりとしています。アン♡の緊張感も途切れてしまったのかもしれません。 しばらく流れに乗って下っていく鴨を見つめていたアン♡が身体中の筋肉を引き締めて身構えました。岸に上がっていた鴨がよちよちと流れに向かって歩き出したのです。とたんにアン♡が突進します。慌てた鴨は奇声を発して飛び立ちます。追いかけて走るアン♡、、。50m程追いかけて、あきらめたようです。鴨はそれより少し先に着水したようです。 今朝は、興味深い行動を見る事が出来ました。 ただ、走り足りないのでしょう、その後は、急に流れを横切っては両岸を走り回ります、、興奮がおさまるまで、こちらの制止の声はまったく無視です。 姿が見えなくなるまで走って行ったかとおもうと、反対岸を全速で駆けてきます。 最後は、僕の前で、ズズ〜ッと急ブレーキをかけて止まると、オスワリをして見上げます。 ハイ、ちゃんと戻りました! とご褒美の催促です。 ヨシヨシ!と身体をさすってからドックフードを3,4粒与えます。 さあ、帰って、泥だらけの足を洗って、身体中の草の種を取ってやろう、、。

« ぼくのウォーキング日記 #444、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #66、      晩秋の色、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #446、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #68、      何日ぶりの青空、、。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #444、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #66、      晩秋の色、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #446、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #68、      何日ぶりの青空、、。 »