フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #458、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #80、      もみじの見頃、、。

スタジオ.トレーニングに代え、ウォーキングを始めて、今年で三度目の紅葉の季節を迎えた。家の前を流れる清流とそこに集う野鳥達、春の桜、新緑と花々、そして紅葉、その後の枯れ葉を敷きつめた林の静けさと雪景色等々、、流れが誘ってくれる四季折々に表情を変える豊かな自然のおかげで、これまでにない感動に恵まれて、続けて来ることが出来た。とくに、サクラと紅葉の美しさは、ここに住む喜びをいっそう大きくしてくれた、、。 ただ、今年の紅葉に限っては、モミジの見頃が無く終わってしまいそうだ。 それは、自然公園の北側、小川沿いの遊歩道を被うように枝を張り出している楓の樹々、、 枝先から色付き始め全体が燃えるように鮮やかに染まった樹々が連なった景色は、忘れられない感激となって記憶に残っているのですが、、その200mにも及ぶ紅葉のトンネルが、今回は鮮やかに燃えるようなモミジではなく、歯の抜けたクシのように無惨にさびしい姿を露呈している。         
8113018 8113023

画像にすると、赤い色が強調されて写っているのですが、実際は、濁って枯れ落ちてしまっている枝が目立つ、、。それでも、鮮やかに染まった枝を探して撮ってはみたが、その隣りの樹はさびしく散ってしまっている。
8113026
ただ、徒歩で20分程離れた林の一画には、まだ緑濃くこれから色付き始めるのだろうと期待させてくれる楓が十数本まとまっている。さて、今週はそのモミジがどんな風に紅葉してくれるのだろう、、。
さて、今日は新宿に出かける用があって、9時半に家を出る。 アン♡には申し訳ないが、自然公園で折り返して、コースを短縮した。

欠かさず読ませていただいているブログがある。
ブリタニーを飼う気にさせてくれたきっかけのひとつになったブログだ。
その昨日の記事の最後にこんな文章があった、、『             それにしても、xxxといると頭を使う。叱ったり怒鳴ったり、強引に力で従わせる方法じゃなくて、xxxをどう動かすか(=どうすればxxxが喜んで動くか)を常に考えるようになるからね。ホント、知恵比べだよ。負けないように日々精進なのだ!
この方は、実に心豊かな女性だと憧れる、、。 なにしろ、すぐに怒って怒鳴ったり、、なぜなんだぁ、と腹を立ててばかりの自分と比べてしまって、、だからこそ、xxx君はこんなにおおらかに賢さをのばすことが出来たんだろうな、と羨ましくおもう、、。 とはいえ、我がアンジェラ嬢はやっと七ヶ月になる。二才になったxxx君にくらべれば、ようやく思春期に届いたばかり、、愚犬になるか、賢い成犬になれるかの分かれ道にさしかかる所かもしれない。 あぁ〜あ、、三人の娘達の時とかわらぬくらい、頭を悩ませられそうだ、、。

2008年11月29日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #457、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #79、      幻想的、、?

夜明け、、今朝の日の出は、6時半、、土手下におりて、ちょっと感激!
8112903
川面から水蒸気が立ちのぼっている、、。  調節池では、林の向こうから
    8112910
    射込んでくる陽光に、白いカーテンのように輝き揺れて、、
8112922
    公園の北門を過ぎ、、
    8112926
    鴨の群れをも包み込んでいます、、。
    8112928
広い芝生でも、水蒸気が立ち込めて、この秋はじめての幻想的な風景です。
8112931
ワンちゃん達が集まっています。30分もすると温かな陽光に包まれ、15匹程に増えています。今日の遊び相手は、ラブやゴールデンなどの大型犬、、みんな6才以上の紳士や淑女で、アン♡のしつこい程のワガママに辛抱強く上手に付き合ってくれます、、。ただ、ヤンチャ盛りの幼犬から脱皮して、ワンちゃんの集まりの中で自分の居場所を理解するためには、いつかガツン!と一発、大きな雷を落とされなければならない時がくるだろうなと考えていました。 アン♡はそろそろ七ヶ月、体重が13kgです。外見だけなら、見劣りしないくらいにしっかりした体格です。吠える声も太く大人びて来ています。 子どもだからと、おおめにみてもらえるのはここまでかな、と思っていた矢先、落ちました、ドデカイ一発! 相手はレッドボーンクーンハウンドのブリヲ君、5才。彼がくわえているボールを貸して〜とやかましく吠え立てたのです。じっと我慢していたブリヲ君ですが、堪忍袋の緒が切れたのでしょう。とたんにするどい悲鳴が響き渡りました。ブリヲ君の飼主さんがびっくりしてアン♡に駆け寄り抱き上げます。身体をしらべて、大丈夫!の合図、、。アン♡は一,二歩だけは腰をふらつかせましたが、すぐにしっかりした足取りで僕の足元に駆けてきました。 驚いたか?と声をかけて身体をさすってやります、、。すると、さっきのショックなどなんのその、、快活ノー天気なブリの本領発揮、、今度はゴールデンが追いかけるボールを横取りしようと猛然ダッシュ、です、、。 ただ、良い経験になったのでしょう、、身体ごと突進して無理矢理奪い取ろうとはしなくなりました。       
8112941 8112947

少し離れて、やっぱり気になるブリヲ君。このボールで遊びたかったんだぁ。

昨日の雨で、、イチョウの絨毯、、ちょっと豪華に、、、
8112967

帰り道、、朝日を背にして、、、
8112973

思い出深い晩秋の朝になりました、、。 

2008年11月27日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #456、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #78、      夜明け前、、。

どんよりと曇り空、天気は下り坂、、6時半前、これから日の出を迎える。
    8112701
街灯がともる薄明かりの中をスタート。 家の前から土手下におりる、、アン♡はすぐにでも走り出したそうな様子でソワソワ、、携帯のカメラで撮ってみたが、、全部がブレブレボケボケ、、光量不足だ。 このカメラではシャッタースピードが遅過ぎて撮りたい画像にならない。
土手下から調節池の原っぱへ、そして自然公園へ、、。土手下伝いに、隣りの公園へ、東の端まで往って、Uターン、、。ずっと、アン♡を走らせることが出来た。

去年も一昨年も、不思議に思ったのだが、、自然公園と、隣接したもうひとつの公園では、隣りどうしだというのに、紅葉の進み具合がまるで違う。
たとえば、イチョウ、、自然公園では、今、落葉が進んで、、
8112708
落ち葉が敷きつめられている、、。
一方の公園では、色付き散り始めたばかりで、まだ緑が濃い樹々が多い。
8112713 8112718
(四ヶ所の見所の紅葉始めたひとつ、、)
自然公園のイチョウよりも三倍以上も樹齢を重ねた古木が多くて、樹々の下に広がる落ち葉の量が格段に豊、、散り積もると、まさにふかふかの黄金色の絨毯になる、、。それは、もう少し先のたのしみ、、。 

2008年11月26日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #455、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #77、      やっぱり、寝坊、、。

夜明け前に起床し、日の出とともに家を出る、、しかも、それを習慣にしようなど、、夏の温かな季節ならいらしらず、、僕には無理のようです。 今朝も目が覚めたのは、窓が明るくなってから、、6時半を過ぎていた。 朝の家事を済ませて、スタートしたのは7時半、、これが僕に合ったペースのようだ。とはいっても、この時間帯では、アン♡を自由に走らせてやれる場所が限られてしまう、、そこが問題なのだが、、唯一の安心して放してやれる場所、南側の土手下でも、散歩の犬に遭遇してしまった。 今朝は、原っぱの隅と、南側の土手下の一部で、やっと走らせることが出来た。
8112608
だれかの忘れ物、空気の抜けたサッカーボールで遊ぶアン♡、、。

週末には、いつもの芝生で、ワンちゃん達と遊べるけど、、やはり平日は、時間を再考しなければいけないかなぁ、、、。

さて、公園のお気に入りのベンチで、おきまりの写真、秋バージョンです。
8112632 8112637
今回はアン♡が一緒、、。

2008年11月25日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #144、、、、、カスピ海ヨーグルトの温度管理、、。

これは、ほんとに、歳のせい、、?! 昨夜の就寝は23時、目が覚めたのが8時少し前、ごそごそと起き出て来たのは8時15分を過ぎてしまっていた。もうウォーキングに出る気は消えてしまって、言い訳ばかりを考えている、、。 半日外出して帰った翌日は、こんな朝が増えた気がする、、。 あぁ、、あ、 もがくよりも、やっぱり歳には勝てないと、あっさり認めてしまった方が楽かなあ、、。
とはいえ、昨日の雨はあがり、雲も切れて、良い天気になりそう、、。
    8112504
    (窓から臨む南の空、、)

良い話で気分を変えよう、、、。昨年まで、寒い時期の温度管理で失敗を繰り返していた、カスピ海ヨーグルト作り。 今年は、うまくいきそうだ。
その方法は、、風呂の残り湯の余熱を利用する、、。
8112502 8112503

湯船のフタの上に容器を並べて、バスタオルをかぶせて保温する。
昨夜寝る前にセットして、今朝想い通りに出来上がっていた。 このところ、最低気温が10度を下回るようになって、この方法が功を奏している。 ただしこの時ポイントがひとつ、温め過ぎないこと。 温度が20度以下になると菌の活動は急激に鈍くなるが、反対に温か過ぎると菌自体が弱ってしまうようだ。 そうなると菌は回復せず、種菌を替えなければならなくなる。 今年は去年の失敗をいかせそうです、、。

2008年11月24日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #144、、、、、小川のせせらぎ、、。

ウォーキングのメインルートになっている我が家の南側を西から東へ流れている小川。春先に施された大掛かりな川底整備工事の効果と、夏の間の例年を上回る雨量のおかげで豊かな水量を保ち、たくさんの野草の群生を育んでいます。
    8112401_2
流れには、いくつもの段差があり、ハケからの湧き水が流れ込んで、せせらぎが心地よく、、耳ざわりの良い響きをたどりながら、のんびり散策するのも、こころが落ち着きます。今日は、家から一番近いせせらぎ、二ヶ所をご紹介します、、。
8112403 8112402

岩を流れすべる音と、10m程離れた場所で、そそぎ込むハケの湧き水です。


今日は、ジャズサックスのレッスンを受けるために、午後から外出します、、で、、ウォーキングの代わりに、アン♡と一緒に小川沿いをのんびり散策してきました。アン♡には物足りなかったかもしれません、が、僕には骨休めといったところです、、歳ですねぇ〜〜。

2008年11月23日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #454、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #76、      虹、です、、。

夜明け前には灰色の雲におおわれていた空に、西から晴れ間が広がって、、
8112310
公園の芝生で、ワンちゃん達と走り回っている時に、頭上に虹をみつけた。
8112342_2
高い空に、薄く白い雲が乱れ流れている中で、朝日をうけて輝いている、、。

その下、いつもの芝生には、15匹程のワンちゃんが集まっています。
    8112339
今朝もアン♡は遊び相手を探して、駆け回ります、、。
8112330
ねぇ、あたしにも貸してぇ〜、一緒に遊ぼぅ〜、、。大きなワンちゃん達を相手に、
一時間近くも走り回ったアン♡、、今朝は満足出来たかな、、?
8112332 8112334

帰り道、土手下で出会ったワンちゃん、、二匹のテリア君、、。
8112306 8112302
ジャックラッセルのリョウ(涼)君、1才。
良い遊び相手になりそうな元気君です。
もう一匹は、ワイヤーフォックステリアのショウ君、なんと9才。それは、さすがに気丈なテリア紳士、アン♡の挑発を毅然と受けて、さらりとかわしてしまいました。

2008年11月22日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #453、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #75、      相手が見つかりません、、、。

今朝は、頑張って6時15分にスタートした。東の空に細い月が白く輝いている。
冷え込みは、昨日ほどではなく、霜はまったくおりていない。
日の出前の薄明かりの中、ラジオ体操の会が始まっていた。
参加するには、6時には家を出る必要がありそうだ。
寒い間の早起きの口実、いや意識付けに役立つかな、、。

調節池に着くころ、、林の向こうに、朝日がのぼってきた。
原っぱには、予想外の数、五匹もの犬が散歩に連れられて来ている。
そうかぁ、今日は土曜日です。ここは走り抜けて、公園の芝生を目指そう、、。
公園の北門を入ると、アン♡はすぐに判ったようで、興奮気味に引っ張ります。
    8112235
いつもの芝生に10匹程が集まっています。1時間後には18匹に増えていました。
    8112237
ジャックラッセルのタク君の出迎えを受けて、戯れ合いが始まりました。
81122408112225_2

相変わらず、アン♡はみんなにちょっかいを出します。4,5匹が群れていると、真ん中に突っ込んでいっては、 誰か遊ぼうよぉ〜、と追いかけ回る相手を探します。なかなか見つからなくて、それなら、とばかり玩具を横取りしては、ひんしゅくを買って吠え立てられるのですが、、今朝は、はじめて会った若い柴犬君が相手をしてくれました。喜び勇んで走り回るアン♡です。ただ、そろそろ、すこしは、遊び上手になってくれたら、とおもうのですが、、やはり、若い柴犬君も、アン♡のスタミナには音を上げてしまった様子、、逃げられました、、。 まぁ、二才過ぎるまでは仕方ないよ、、。 と他の飼主サン達になぐさめられるばかり、、。 とはいえ、天真爛漫、快活なお調子者、これがブリタニーの愛らしさのひとつだし、、チャンスがあったら、もう一頭、ブリを飼おうかなぁ、、なんて考えはじめるこの頃です。

2008年11月21日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #452、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #74、      今年の紅葉は、、、。

連日、快晴の朝です。 
今朝の月は真南の高い空にひとりぽつんと残っています。
あと数日で朝日に追いつかれて消されてしまう細く流れるような月です。
明け方の冷え込みが日毎にきびしくなって、今朝は、頰がヒリヒリします。
8112130
調節池の原っぱ一面が、霜です、、。
8112137
アン♡には初めての経験、、公園の芝生では、気にならない様子で走り回っていましたが、、撮影のためなかば無理に座らせて、冷たかったかな、、。
8112147

このウォーキングのコースには、紅葉の見所が沢山あります。燃えるように赤いモミジ、黄金色の絨毯を敷きつめるイチョウ、、お気に入りのビュー.スポットがそれぞれ四ヶ所ずつあります。見頃は一,二週間先という状況なのですが、、去年一昨年にくらべて、今年のモミジは、少し様子が違っている気がします、、。
8112157
ここは、お気に入りスポットのひとつ。紅葉は始まったばかり、まだ緑の葉が半分近く残っているのに、赤く色付いた枝先からは葉が枯れ落ちています。紅葉も鮮やかなというより、どす黒く濁った赤です。以前の画像と見比べると、樹全体が鮮烈に燃え立つような勢いを感じられないのです。自然公園のモミジのトンネルでも同じような状況です、、。
8112143
そういえば、トウカエデのカラフルで美しい紅葉をとくに意識したのは今回はじめて、去年までは気付かなかった。 紅葉の華やかなラストステージ、、今年も期待したいのですが、、。

2008年11月20日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #451、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #73、      鎖が切れた、、?。

晩秋の彩り、、紅葉の盛りを過ぎようとしているトウカエデと記念撮影。
8112039
このあとは、赤いモミジとイチョウの黄色、、こちらは、まだ色付き始めたばかり、
どちらが先に見頃をむかえるか、、たのしみです。
8112036 8112043

明け方の冷え込みを、ぬくぬくの温かさに変えてくれた陽射しを背に、はいポーズ、、なんて2ショットを撮っていた小春日和の気分は、家に着いたとたんに吹き飛びました。 家に着くと、 足を拭きリードと首輪を外してから家にあげます。 アン♡は首輪の他に、畜犬鑑札と狂犬病予防注射済証を付けた鎖を首に付けていますが、、首輪を外したところで、その鎖が無くなっているのに気付いたのです。 先月、僕の外出中に、アン♡が脱走したことがあります。その時には交番で保護され、畜犬鑑札が戻る助けになりました。 いつどこで外れたのか、今日のコースを戻りながら探すことに、、焦る僕をよそに、アン♡は、また外に出られるのが嬉しそう、、道はわかっているよ、と引いて行きます。 遊歩道で顔なじみの近所のワンちゃん達に出会いましたが、事情を話し、名残惜しそうなアン♡を引き離して捜索に、、。
自然公園での画像、、ここではまだ付いています。
8112033
すると、外れた可能性のある所は、、帰路の途中、土手下から上に登った時? でも、結局見つからず、再交付の手続きをすることに、、。そして、新しい鎖も購入、、。 今、あらためて首に付けています。 油断大敵、、今日の出来事は良い教訓になりました。 それにしてもとんだ慌ただしい一日になりました。

2008年11月19日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #450、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #72、      霜がおりていた、、。

西の空、40度程の高さに、今朝も下弦の月が残っている。
ぬけるような快晴の青空に、白くおだやかな月です。
明け方は一段と冷え、、霜がおりた、、吐く息も白い、、、。
8111914
往き帰りともに南側の土手下を通る、、。
8111924
公園の東の端でそのままUターン。 鴨の群れに向かって流れに飛び込んだり、
飛び立った鴨を追って駆けたり、、 アン♡は楽しそうに走る、、。
草むらにもぐり込んで、ザブザブと流れへ、と小鳥が飛び立った。青く輝く!
カワセミだ〜。アン♡が追いかける、、。速い、、まっすぐ上流へ飛び去った。
この先、草が枯れて見通しが良くなると、水面をじっと見つめて獲物を狙うカワセミを見つけやすくなる。 小川沿いを歩く愉しみがふえます、、。

自然公園の林に入って一休み、、バーベキュー広場があります。
8111905
週末には家族連れでにぎわう場所です。
8111910
今は、落ち葉の絨毯が敷きつめられています。
8111908
人気の無い林の中、、サクッサクッ、歩く度に乾いた足音が心地よいです。

林をぬけて土手下に戻ったら、また走るよ、、アン♡、、。

2008年11月18日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #449、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #71、      無視されると、、。

冷え込みが10度を下回るようになって、ハケの保護林、彩りが増えました。
8111821
今、最も紅葉が綺麗なのは、、自然公園のトウカエデです、、。
8111841
       樹の立ち姿はもちろん、、
      8111854
緑、赤、黄色の三色と、そのグラデーションもたのしむことが出来ます。
8111856 8111853 8111852

三日ぶりのウォーキング、、
嬉々として駆け回るアン♡、、ぼくも後を追いかけて走ります。
8111809
帰り道の土手下で、一羽の野バトに遭遇、、
もちろん、アン♡は興味津々、、忍び寄ります。 餌をついばんでいる様子のハトは、アン♡に気付いているのかいないのか、、まるで眼中に無いようで、1mに近付いても夢中でついばんでいます。 距離を保ったり逃げる素振りを感じれば、アン♡の緊張や興奮が高まったのでしょうが、、けげんな表情でこちらを見ます、、 ねぇ、ぜんぜん無視されちゃったぁ〜〜、 と拍子抜けした様子、、
8111832 8111833

いっぺんにだらしな〜い雰囲気、、
逃げない相手は追いようがないよぉ〜〜と言いたそうです、、。

2008年11月17日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #448?、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #70?、      せっかくの小春日和、、、

真っ青、一色の大空、、隠れそびれた月齢十九の月が西の空に残っています。
8111703
(画像中央の少し上、白い点が月。 弦を右下に傾けています。)

やわらかく暖かな陽射しがふりそそぎ、、ウォーキングには最適の小春日和、
8111701
ただし、今朝は、中止。朝からキッチンのカーペットを洗うはめになりました。

いつもなら、ウォーキングの支度をしていると、ウエアの裾を引っ張っては、 早く行こうよ! と催促するアン♡なのですが、、今朝にかぎって、コソコソソワソワ、こちらに尻を向けて振り向きながら申し訳なさそうな視線を向けてきます。 あぁ、、さては、、嫌な予感が的中です。 キッチンのカーペットに大きなシミ、今まさにしちゃいました、という印。すぐにティシュウを重ねてすい取りますが、間に合いません、、結局、カーペットを風呂場に運んで洗うことにしました。 ウォーキングウエアを脱ぎ、下着になって汗だくの1時間、、予定外の洗濯です。 その間、アン♡は、トイレスペースの外へ閉め出しの罰、、今も罰の最中。 今日はジャズサックスのレッスンを受けるため、昼過ぎに出かけます。夕方帰るまで罰をつづけるつもりでいますが、たぶん、母が途中で許してしまうでしょう。 それまで、ぼくが居る間は、吠えようが、泣こうが、きびしく罰です。汗だくの洗濯とウォーキング中止の償いはきびしいのです。

僕にも気のゆるみ、ここへきて、まさかというおもいがありました。 毎朝、寝起き一番にトイレに出てオシッコをする、のがアン♡の習慣ですが、、これを見落としていたのは、僕のミス、、我慢できずにもらしてしまったのでしょう。 毎朝の習慣、ちゃんと見届けるよう、注意します、、。 

2008年11月16日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #143、、、、、秋の雨、、。

朝から冷たい小雨が降っている、、 9時を過ぎ、雨あしが途切れたのを見計らって、スーパーへ、、。この二,三日で、家の周りも秋の気配が一段と増して、、
    8111601
     バス通りの桜並木がいっぺんに紅葉した、、。
8111602 8111605

雨つゆに濡れた木の葉を撮ろうとして、ジョロウクモ?をみつけた。この大きさはメスかな、、樹と樹の間に大きな巣を張っている。産卵を前に最後の活動期なのだろう。
        8111608

補足、、土曜日、芝生でムシに食われたらしいアン♡のお腹の赤い発疹は、
    夜、確認すると、きれいに治っていました。 よかった〜!

2008年11月15日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #448、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #70、      ダニ??、、、?

今朝は、昨日と打って変わって、どんよりと曇り空。
一面に鉛色の分厚い雲がはり付いている。
頑張って、6時半にスタート。公園の芝生へワンちゃん達に会いにいきます。
    8111521
います、います、たくさん、、20頭ほどがあちこちに集まってます、、。
その中で、十ヶ月になったばかりのスタンダードプードルのダフネさんと
二ヶ月ぶりに再会、、14kgと、すっかり大きくなっていました、、。
アン♡と良い遊び仲間になってもらえたら、と密かに期待したのですが、、
8111517 8111518
 
例によって、アン♡は一人特にハイテンション。 誰彼かまわず、遊ぼうよぉ〜と、ちょっかいをだしてまわります、が、、あまりのしつこさに誰も相手をしてくれません。月齢も体格も似通ったダフネさんにも、結局敬遠されてしまいました、、。 それじゃぁ、とばかり、投げられた他人の玩具を追いかけ横取りして逃げ回ります。牙を剥かれ吠え立てられても何のその、一向にこりません。 ハハハ、、まだまだ元気印だね〜! と呆れられるばかりです。20分程して、一通りみんなと戯れ合ったあと、やっと呼び戻して足元で、マテ! 徐々に興奮がさめ、落ち着いた目をしてくると、べったりと腹這いに伏せておとなしくしています、、。多少は大人になったのかな、、などと安心したのがいけませんでした。そろそろ帰ろうかと、アン♡を立たせようとして、座った時のお腹をみてビックリ、、ムシに食われたらしい発疹が沢山。 こんな経験ははじめて、、腹這いになっていた間に食われたようです。これがダニの痕かなぁ、、帰ったら、ぬるま湯でよく洗うことにしよう、、。

自然公園の林の北の縁、小川沿いの遊歩道に枝をはり出しているカエデの樹々、徐々に色付いて、300m程のもみじのトンネルになります、、。
    8111509
今年も、今月末から来月にかけてが、見頃になりそうです、、。

トウカエデの落ち葉に囲まれたアン♡、、撮りたいイメージを理解してくれ、
    8111525
と言っても無理だよね、、。じっとしていてくれただけでも、ありがとう。

2008年11月14日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #447、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #69、      本格的紅葉が、、。

気持ちの良い青空、だが、、
8111412
そのぶん明け方は冷え込む、、
8111422
そしてやっと、本格的な紅葉がはじまった、、。
8111444
鮮やかに染まった葉、、、    
8111437 8111415
カエデの樹も色付く枝が、、
8111418
もみじのトンネルを楽しめるのももうすぐです、、。

ただ、自然公園で紅葉を撮っていた間、リードにつながれたままのアン♡には、
今朝は走り足りなかったようで、、原っぱでも、帰路の土手下でも、、
8111445
アクセル全開で走りまわり、こちらの指示はまるで無視、、。やはり、充分な時間とスペースも確保するには、6時前に家を出なければならないようだ、、。これからの寒さ、ぐうたら飼主にはつらい季節です、、。

2008年11月13日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #142、、、、、満月の夜、、。

昼間、、真っ青な空、、夜も雲のない快晴がつづいて、、真ん丸な月が昇った。
20時を少し過ぎ、住宅の二階の屋根、桜並木の上に、月が輝いている。
僕の携帯のカメラでは、これが精一杯の画像だ、、。
8111201
画像をPCに取り込んで、UPしようとして気がついた。
月の真下、木立の陰の上に、小さな光、、何だろう、、
星にしても、飛行機のライトにしても明る過ぎるし、、
満月の明るさにも負けずに、このカメラに写り込んでいるところからすると、
よほどの光だったとおもうのだが、撮ったときには何も覚えの無い明かりだ。
すぐに外に出て、確かめてみたが、何も見当たらない。
ちょっと不可思議な光が写り込んだ、、。
じっと見つめていると、土星のリングのように見えてくる、、
そんなバカなこと、あるわけもないが、なんとなくたのしく、、
ちょっとしたミステリー、、まぁ、ふかく考えないことにしましょう、、。
ときに満月の夜には、不思議なことがおきるものですから、、。

ぼくのウォーキング日記 #446、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #68、      何日ぶりの青空、、。

明け方の冷え込みもゆるんで、気持ちの良い朝です、、。
この雲ひとつ無い青空、、六日ぶり、、。
8111304
自然公園のトウカエデ、昨日までの冷え込みで紅さが冴えます。
8111309
ひさしぶりの原っぱ、存分に走らせて、今朝はフルコースのウォーキングです。
8111307
ただ、ルートをちょっと変更。自然公園の林を抜けて東の公園の林へ、南側の周遊路を通って東の端へ、そこから小川沿いに南側の土手下を家までさかのぼります。

今朝の獲物は野バト、鴨よりもずっと警戒心がうすく、
すぐそば1mに近付いても平然と身体を温めています。
8111321
といって動きが鈍い訳ではなく、自然界では、アン♡よりも何枚も上手、
まるで手玉に取られているよう、、鼻先からするりと身をかわして、
逃げられてしまいました。 それでも7時前に家を出て9時半に帰るまで、
ほぼ2時間を駆け抜けたアン♡、、しっかり満足した様子。
今は、母のベットで昼寝中、、、    
8111302 8111306
おっ、気付かれた、、。

2008年11月12日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #445、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #67、      鴨とかけひき、、?

家から100mほど下った土手下、、流れの中に大きな飛び石がいくつも置かれていて、
暖かな日には、子供達の遊び場になっている場所で、今朝は鴨達が岸に上がっていた。
8111202
ずっと手前で気付いたアン♡は、ゆっくりと忍び足で距離を縮めていきます。飛び石の上や流れに浮かんでいる鴨にも注意をむけながら、一歩一歩近付いていきます。そして、3m程に近寄ったとき、アン♡の興味が薄れてしまったのか、なぜか石段をおりて水を飲みだしたのです。小川の鴨達は流れに乗って下っていきますが、岸辺の鴨はいぜんのんびり群れています。 この流域の鴨達は、もともと危害を受けることが無いからでしょう、警戒心が薄くて、2,3m横を人が通っても飛び立ったりしません。 群れの中にオスのマガモがいるときには、けたたましく警戒音を発するのですが、今朝はそんなこともなく、やけにのんびりとしています。アン♡の緊張感も途切れてしまったのかもしれません。 しばらく流れに乗って下っていく鴨を見つめていたアン♡が身体中の筋肉を引き締めて身構えました。岸に上がっていた鴨がよちよちと流れに向かって歩き出したのです。とたんにアン♡が突進します。慌てた鴨は奇声を発して飛び立ちます。追いかけて走るアン♡、、。50m程追いかけて、あきらめたようです。鴨はそれより少し先に着水したようです。 今朝は、興味深い行動を見る事が出来ました。 ただ、走り足りないのでしょう、その後は、急に流れを横切っては両岸を走り回ります、、興奮がおさまるまで、こちらの制止の声はまったく無視です。 姿が見えなくなるまで走って行ったかとおもうと、反対岸を全速で駆けてきます。 最後は、僕の前で、ズズ〜ッと急ブレーキをかけて止まると、オスワリをして見上げます。 ハイ、ちゃんと戻りました! とご褒美の催促です。 ヨシヨシ!と身体をさすってからドックフードを3,4粒与えます。 さあ、帰って、泥だらけの足を洗って、身体中の草の種を取ってやろう、、。

2008年11月10日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #444、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #66、      晩秋の色、、。

このところ、急に冷え込むようになった。日の出は6時半過ぎ、、寝床から起きられずに、ぐずぐずとしている、、。最低気温が10度を下回ると紅葉がすすむという。
    8111003
小川沿いの並木も晩秋の色が濃くなった、、、。
    8111008

8時過ぎに、土手下におりた、、。
んっ?、、なにかなぁ、、、?
8111004
ねぇ〜、来て〜、この上、何か居る。気になる匂いがするよ、、、。
8111005
もう、遅いんだもん、、いなくなっちゃったぁ〜、、、。
8111006
この冷え込みもなんのその、、
手袋をはめ、動きが鈍った僕は、アン♡に振り回されっぱなしです。

2008年11月 9日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #443、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #65、      ワイマラナー、、、。

家の前を上流へ、土手下をさかのぼっての帰り、対岸をやってくるワイマラナーに
出会った。8才になるイブさん。クリスマスイブに家に来たので、その名をつけた
そうです。もしかして、X'masプレゼントだったのだろうか、、、。
8110915 8110917

アン♡を気に入ってくれたようだ。 アン♡おいで、、。と声をかけられると、
流れを渡って、イブさんを遊びに誘った。 そんなおおらかなアン♡がますます気に入った様子、、。アン♡は、僕をこっちに残したまま、しばらく愛嬌をふりまいている、、。ご婦人の服が泥で汚れる、、気が気ではない、、。イブさんはもう走り回るのは苦手のよう、、それに引き換えアン♡の快活さを懐かしんでいるようだった。 しばらくして呼び戻すと、素直に流れを渡って来た。賢くて良く言うことを聞きますね。と誉められ、良い気分、、。また遇えるといいな。
ウォーキングをはじめて、4匹目のワイマラナーに出会ったことになる。
ゆったりとした早足の姿は、ヴォルゾイやアフガンと同じように優雅で美しい、、。
やはり、憧れの犬種だ、、。

今朝も、寝坊、、スタートしたのは、8時を過ぎてしまっていた。
調節池に着くと、少年野球の練習が始まっているし、南の原っぱでは、みかけたことのない犬達が散歩に来ている。自由に走らせられるのは、やはり南側の土手下。すぐに戻ることにした。 アン♡を追いかけてジョギング、、家の前を通り過ぎて上流へ、
    8110912
いくつかの湧き水が合流して、800m程さかのぼると、河川管理の境界だ。
8110913 8110908

自然豊かな小川の風景は終わり、ここからはコンクリで固められたU字溝になる。

我が家を中間にして東西1300mほど、南北の土手下を往復して2600m。このルートも
アン♡を走らせ、同時にジョギングするには、ちょうど良いコースになりそうです。

2008年11月 8日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #141、、、、、孫の音楽会、、。

小学一年生の孫娘から、学校の音楽祭に招待された、、。
9時に開演ということで、7時に家を出た。 その前に、30分間、アン♡を散歩させた。6時前に散歩するのは、久しぶりだ、、。夜明け前の薄明かりの中、、同じように犬を連れた人、連れ立って散歩するご夫婦、、夏の間とかわらぬ時間に遊歩道を行き来している。日の出が遅くなった分、時間割が遅くなったのは僕ぐらいなのかも、、。

予定の10分前には娘の家に着き、すぐに学校へ、、徒歩で3分、目と鼻の先だ。
会場の体育館には、全校生徒が整列して、家族達の来場を待っていた。
開演を前に校長先生の挨拶があり、心に残った言葉があった。普通のコンサートと同じようにマナーを守って聴いて欲しい、ということだった。なぜわざわざ念を押すのだろうと訝ったのだが、 全校生徒の開演の合唱があって、一年生の合唱と楽器の演奏からコンサートが始まり、直ぐに、挨拶の言葉の意味がわかった。実にはつらつとして、楽しい、、。三年に一度開催される音楽祭だと聞いた。じっくり企画して、構成、演出。そして生徒達の意気込み、、聴き手に音楽の楽しさを伝えたいという気持ちがあふれている素晴らしいコンサートです。観客は、大きな拍手で応えた。ひときわ感動したのは、全校生徒の大合唱です。正面の舞台とその下にも生徒が並ぶと同時に、観客席の両サイドや後ろにも、それに二階席にも、会場全体、観客を取り囲むように生徒達が並び、多重スピーカーのサラウンドシステム顔負けの迫力の歌声で包み込んだのです。感動の拍手が会場に響きました。9時から3時間の音楽祭、、 次にこの感激を味わえるのは三年後。 孫の成長がたのしみです、、。
8110814
会場に貼り出されていた手作りのプログラム。
8110817

ひとつだけ、、恥ずかしかったこと、、。
全校生徒の大合唱のとき、写真を撮るので、席を立って一番後ろへ移動した。
そこは観客を取り囲んだ生徒達の後ろ、カメラを構えた親達や席の無い親達が立って観賞していた。子供達が歌っているすぐ後ろで、二人の女性が会話をしている。たわいのない世間話が聞こえてくる。自分達の目の前で歌っていることなど関心がないようだ。かとおもえば、一曲目が終わると、顔を見合わせ会話をつづけたまま、手だけが拍手の仕草をしている。二曲の合唱が終わって生徒が退場しても会話は途切れなかった。その声は、二人の前で歌っている生徒達にも聞こえていただろう、、申し訳なく、恥ずかしさでいっぱいになった。注意するタイミングを逸していた自分が腹立たしく、後味の悪さを噛みしめたまま、そそくさと席に戻った。風貌から察すると、高学年の母親のようにみえた。もうこの感激は経験済みの音楽祭、いつもと同じよ、といった気分だったのかもしれない。が、せめて演奏している生徒達にまけないくらいの豊なこころを持っていてほしい、、。

2008年11月 7日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #442、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #64、     散歩、、、。

小雨の朝、8時過ぎ、雨あしが弱まったのを見計らって、アン♡を散歩に連れ出す。
土手下の草刈りが済んだおかげで、家の前から東へ500m、南と北の土手下を往復で1kmを走らせる事が出来る。今日のように、ウォーキングに出られない日には大助かり、、。ただ、悩まされるのは、身体中に付いた草の種を取り払う事。風呂場で、泥だらけの足を洗った後、一つずつ指で取り除く。ああしてこうしてと姿勢を変えながらのこの作業が、腰につらい、、。それでも、嬉々として駆け回っているアン♡をみると、草むらにもぐり込むのも、結局許してしまうのです。
草刈りが済んで、通りやすくなっていると、つい、あの先まで行ってみようという気になる。以前一度だけ通った、家から西の上流へ足を伸ばしてみた、、というのではなく、アン♡が勝手に走っていってしまったので、しかたなく追っていったのが真相なのですが、、。背丈以上に雑草が生い茂っていた場所が、きれいに草刈りされて、50x30mはありそうな、走り回るのにぴったりの広場になっていた。
はじめての場所とあって、アン♡も興味津々、そこら中を嗅ぎ回って興奮気味、
8110707 8110705
その後は、当然走り回ります、、。

そうそう、今朝は、もうひとつ、、アン♡にビックリ驚かされた事、、。
そこは1m20cm程の段差だったのですが、やすやすと飛び上がってきたのです。
8110702 8110703

その後、平然と飛び降りました。僕の後に付いて、ということもあるのでしょうが、50cmの段差にもうろうろ戸惑っていたのに、大変な進歩、感激でした。
というのも、、それは、調節池からの帰りのこと、、南の土手下に行き止まりの場所があります。段差は約2m、いつもアン♡を抱えて、足場を登るのですが、昨日は、アン♡が自ら駆け上がろうとチャレンジしたのです。何度もトライしましたが、あと少しのところで成功はしませんでした。結局、抱いて上がりました。 今日は、この高さなら、と再チャレンジさせました。失敗のままより、成功させて誉めてやりたかったのです、、。
8110701
これは、家の前にある4m程の足場。

2008年11月 6日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #441、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #63、     寝坊、、、。

この夏の間は、日の出時に起床して、一時間以内にウォーキングスタート、を実践して来たのに、、この二週間程は、すっかり寝坊ぐせがついてしまった。6時半頃に目が覚めて、起きるまでぐずぐずと時間がかかってしまう、、。ここ数日は明け方冷えるようになって、布団から出るのがおっくうになった。それに、アン♡が起こしに来なくなったのだ。というより、布団にもぐり込んだまま、こっちが起きるのを待っている節さえある。ブリタニーは寒さに強い犬種と聞いていたが、、もしかすると、アン♡は僕と同じ位寒がりなのかも、、。飼主に似るのか、、?
とうとう、今朝は、7時半を過ぎて、やっとスタート。 コースを半分に短縮。調節池の南の原っぱを目的地にして、往き帰りともに南の土手下を通り、アン♡はフリーにして走らせる。コースを短くした分、ジョギングする、、。
原っぱのはずれ、、自然公園の林の境にそびえている三本の枝垂れ柳、、
8110605
この立ち姿が気に入っている。 ここには、度々登場する景色です。
今朝は、高い空に薄い秋の雲、掃いたように流れている。

土手下におりると、走る前に、まず水辺をチェック、、
8110601_2
気が済むと一目散に駆出します。
原っぱでは、まず走り回って、、
8110608_2
気になるものをみつけると、ゆっくり近付きます、、。
今朝は、ススキの群生の中から気になる匂いを嗅ぎ出したようです。
一気に突っ込んでいきます。もう気が済むまで、制止の声は届きません。
ススキの林の中を走り回っています、、。あぁ〜、またキズだらけです、きっと。

帰り道では、、土手下を走るというより、、小川をザブザブとさかのぼります。
満6ヶ月、そろそろ思春期? ほんとうに、、タフな娘です、、。


追伸、、スーパーへの買物、、
    用が済むまで、こうしておとなしく待っていられるようになりました。
8110611
もちろん、品物をちゃんと運びます。今日はお茶の袋を運びました。

2008年11月 5日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #140、、、、、逗子へ、、。

月のはじめ、今日は、あの方の墓参り、、。 
そこから、逗子へ足を伸ばして、上の娘に会い、
一緒に小学四年の孫の授業参観に行く、、。
朝8時、XXXさんちの畑を通って駅へ向かう。一週間前も同じ風景を撮った、、。
    8110501

駅前の花屋さんで花束を買う、、寒くなりましたね、と店員さんに声をかけられた。
この店で、花束をしつらえてもらうようになって二年になる。月に一度の事だが、
合わせて線香とマッチを買うので、顔を覚えられたのかもしれない。
    8110502
墓の周囲の落ち葉を掃くだけで、あらたまった掃除はせずに、
花を供え、線香を一束焚いて、手を合わせる。
こころの中で挨拶をするのだけれど、ふと言葉がこぼれてしまう、、
誰も聞いては居ないし、いいよね、、と独り言をつぶやく。
このところ、こんなことがふえた、、。

逗子駅からメールをする、、
校庭で体育の授業中、と返事。直接学校に向かう。 
今週は、学校へ行こう週間、という行事で、
都合の良い日良い時間に授業参観をしようという企画だそうだ。
四チームに分かれてサッカーをしていた。
子供達が、元気に走り回っている姿は、ほのぼの観ていられて良いものです、が、
午後、教室での授業をみて、、話では聞いていたが、
実際の様子を目の当たりにすると、大きくため息をついてしまう、、。

まず、、机がきちんと並んでいない。
ばらばら、とまでは言わないが、とても整列している状態ではない、、。
椅子を大きく後ろに倒して、反り返って座っている男の子が居るかと思えば、
横座りをしている子も居れば、後ろを向いて座っている子も居る。
すくいは、そのままの態勢で、挙手をして、教師の問いに答えているところか!
だがどうみても、タガは緩みっぱなしだ、、。
他のクラスもみてみたが、それぞれ差があるようだ。
授業に工夫があってほしい、、そんな気もした、、。

授業の後、下駄箱の前で、、
〜君のオジイさんですか?と女の子数人に声をかけられ挨拶をした。
孫君は、多少は人気があるようだ、、ニコニコ。
だが、、世間一般では、やっぱりオジイさんなんだぁ、、。
まだ、多少抵抗のある呼ばれ方だ、、。

娘と孫に送られて駅に向かった。
多分、家では、アン♡がかんしゃくを起こしているに違いない。

さて、娘と一緒にランチ、、。地元で評判のグラタンの美味しい店だそうだ。
8110506 『ココット』
本日のランチメニュー、、
サーモンとほうれん草のグラタンとカレー味の鶏のリゾット。
8110503 8110504

チーズたっぷり、、やさしい味の家庭料理でした。
これに、珈琲、紅茶が選べて手頃な値段、満席で賑わっているのが、うなずけます。
シフォンケーキも、カリッとした皮のシュークリームも美味しかったです。

2008年11月 4日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #139、、、、、フラの発表会、、。

昨日、三日の夕方から、フラダンスの発表会を観に行った、、。
案内のチラシと パンフレット。
001 002

上と下の二人の娘が参加している。観客は、もう一人の娘と、二人の夫君そして子供達。1300人収容のホールが、ほぼ満員の盛況で、17時から3時間半におよぶ三部構成のステージをたっぷり愉しませてもらった。
娘達は、それぞれ二曲ずつ、グループで踊ってみせてくれた。
娘のフラを観るのは、これで三度目だが、今日のステージは、
とくに想い入れがあるようだ。
フラダンス特有のゆったりした動きは、手足の指先までも情感豊かで、
ステージ用のメイクは、いっそうあでやかに見せてくれる、、。
(まさに親バカです、、。) 

ぼくのウォーキング日記 #440、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #62、     ふしぎな、犬、、。

我が家の南を、西から東へ流れている小川は、、狭い所では飛び越える事が出来る程の川幅なので、あえて小川と記しているのですが、、じつは、れっきとした一級河川に指定されているのです。武蔵野台地のはずれ、ハケ(崖)に沿って、多くの湧き水があり、それらが集まった流れです。これまでは、年に何度か水枯れにあい、2kmにわたって川底が乾いてしまったりしたのだが、今は、豊かな清流を保っています、、。
8110431
鴨は年中姿を見せてくれるし、ウグイスが鳴き声をを愉しませてくれ、カワセミや鷺などいろいろな水鳥も飛来します。 アン♡もこの水辺が大いに気に入っているようで、
8110402
土手下に放すと、なんのためらいも無くザブザブと遊び回ります、、。
8110425
水草の茂みには強い好奇心をしめします。ここは鴨がヒナを育てる辺りなのです。

今朝は、青い空に、白く薄い雲がゆっくりと流れています、、。
8110413

土手下を走らせながら、、コイ!と呼び戻しのトレーニング、、20m程の近距離では、素直に反応するのですが、40m50mと離れ、興味の対象を見つけたりすると、関心が薄らぐまで、こちらを見ようともしません。その後、思い出したように駆け寄って来ます。 全速で駆け寄ってくる姿を撮ってみました。
    8110419
全力で駆け寄ってくる姿を見ると、、その必死さに、、
    8110424
反応が遅くてイラついた想いなどは消し飛んでしまいます。
    8110406
甘い飼主、、かなぁ、、??!

ウォーキングから帰って、動物病院へ月に一度の検診にいきました。
皮膚の状態を診てもらって、フロントラインプラスを処方してもらった。
満六ヶ月になって、皮膚が徐々に強くなって来ているとの診断。成育するにしたがって、痒がりも治まるでしょうとのこと、、ひと安心。 体重は12.2kgでした。

帰り道で、こんなワンちゃんに出会った、、。
8110435
2才になるという、クウ(空)君、、トイプードルと柴犬のミックスだとか。
買物の途中のようで、詳しい話は聞けなかったのが残念、、。
とても、ふしぎな容姿をした、シャイなワンちゃんでした。
でも、こういう犬が(って言ったら失礼だけど、、)
可愛がられ育てられているのって、ホッとした気分になります、、。

2008年11月 3日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #439、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #61、     琉球犬、、。

調節池の南の原っぱで、琉球犬のミックス、サンちゃん、2才に出会った。
8110304 8110305

はじめて見る犬種です。大きな耳、賢そうな目、頼もしい風貌、やさしくて、おだやかな性格だとか、、ミックスといっても、尾がまいている以外は、琉球犬の特長が濃く出ているそうだ。

小川の南の土手下をゆっくりジョギング、、公園に向かっていると、対岸の遊歩道から、、おぉ〜い、アンちゃん! という呼び声。ジャーマン.ポインターのララさんを先頭に昨日遊んだワンちゃん達、、いつもの芝生からの帰りのようです。
8110307
芝生にはもう誰も居ないらしい、、それなら、ふたりで走り抜けよう、、。

芝生のはずれ、ジュウガツザクラ(十月桜)が満開です、、。
8110309
今年は、咲きはじめから満開まで、日にちが長くかかっているようにおもえる。
8110310 8110311

帰りは、遊歩道を通らず、小川の土手下、流れに沿って、アン♡を走らせて戻ります。

2008年11月 2日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #438、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #60、     ひさしぶりに芝生で、、

公園の橋のたもとで、ちょっと素敵な景色をみつけた、、。
8110226
いつもは、向こう側を通るので、気ずかずにいた、、。

少し雲が多いけれど、ひんやりとさわやかな朝、きれいな空です、、。
    8110251
家の前から土手下におりて、ジョギングてアン♡を追いかける事にします。
    8110243
ほんとぉ〜、大丈夫?、って言いたそう。 マイペースで行くから大丈夫だよ。
3〜40m走ると、立ち止まっては、追いつくのを待っています、、。

調節池の原っぱに着くと、、ひさしぶりにグライダーを飛ばす方に出会った。
8110238_2 8110234
            
8110233 8110237 8110241

原っぱの奥、林の入口に、、、今日は原っぱ祭りだそうです、、。  
8110208 8110210
テント村が出来ていたり、、、
8110209 8110211
出店の準備が始まっていたり、、
アン♡を走らせ遊ばせる状況ではありません。日曜日です。ワンちゃん達が集まっているはずです。ここは通り過ぎて、隣りの公園のいつもの芝生へ行く事に、、。
    8110220
集まっていました。ひさしぶりの参加です。ジャーマン.ポインターのららさんに
    8110218
くらべると、、アン♡が大きくなった事が、実感出来ます。
    8110222
ジャックラッセルのユウさんや、 ララさんとも遊びました、、。
    8110216
20分程の間でしたが、ひさしぶりの再会でした。 ただ、誰彼かまわず、遊ぼうとしつこく誘いかけます。 まだまだ恐いもの知らずです。体験して覚えるまで、ご迷惑でしょうが大目に見てください、、と頼んでまわっています。 アン♡は物足りなさそうですが、こちらは気疲れする時間でした、、。

2008年11月 1日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #138、、、、、アン♡の散歩、と、ジャズ.サックスの発表会、つづき、と二次会。

第九回山口真文ジャズ.サックス教室発表会。『お茶の水NARU』にて、開演12時、
ピアノ清水絵里子、ベース川本悠自、ドラムス小松伸之、トリオのオープニング演奏で始まった。出演生徒25名、31曲を3ステージに分けて演奏する。ステージ分けと演奏順は技量レベルではなく入会順、、。 えっ、するとまた後ろから二番目〜?! 真文門下生になって12年、今の生徒の中では三番目の古株になってしまった。 といっても、才能とセンスに恵まれない自分としては、努力だけで皆の後を追いかけているのが現状、、。ラス前なんて、恐れ多い事。 ただそれを理由に、出番の変更は言い難い。 しかも以前、真文先生にこう言われた、、『あくまで発表会です。演奏会ではありません。上手下手ではないのです。自分の課題が見つけられて、なおかつ、楽しい会にする事が大切です、、』と。 実際ずっと最後のステージだったり、参加者の顔ぶれによっては後ろから二番目の事もあった。 ところが、別の問題がでてきた、、。孫達だ、、。この十年で、娘達は結婚し、孫が出来た。娘達は孫を連れて揃って、毎回応援に来てくれている。孫が一人、二人の頃は、先生の演奏まで聴いていきたいと最後まで付き合ってくれたのだが、、今年夏に五人目の孫が産まれ、二人の小学生は演奏に興味を示してくれるとしても、5時間もの拘束は大変な我慢を強いているわけで、、残りの幼児達にとっては、言わずもがな、である。孫達を預けて娘達だけという訳にもいかず、、というより、孫達まで来てくれる事が自分としては嬉しいわけで、、その解決策として、出番を2ステージ目へ移動させてもらった。 おかげで、全員に演奏を聴いてもらうことができた。
     8110132 孫達が贈ってくれた花束。

で、その演奏の出来はというと、、結論を言えば、、上出来だった、と納得している。上手く演奏出来た、、というのではなく、小さなミス、練習ではしたことのないドジをもしてしまったが、力み過ぎ気負い過ぎだと判っている、、自身では満足し、それなりに楽しめた演奏だったと振り返っている。 娘達も、九回聴いて来た上の孫も、上手くなって来たね、と誉めてくれた。この上ない感想をもらえた、、。
     8110123
同時に、課題もはっきりした。来年の十回発表会が記念の会になるようレッスンを受けていきたいと、想いを強くしている。
さて、この数年、新しく入会してきた仲間のレベルが上がって来ている。今回の発表会も全体レベルがはっきり向上したと実感した。古参の我がオジさんトリオとしては、肩身の狭いおもいがしないでもないのだが、、発表会レベルが上がる事は、たのしみなのだ、、。
     8110127 最後に真文先生の演奏。

二次会は、これも恒例なのだが、本八幡の『レガーロ』まで足を伸ばした。
8110128 8110120

ここは、生徒仲間の店という事もあって、会費制で、しゃべって飲んで食べて演奏して、大いに盛り上がったに違いない、、。というのは、じつは訳あって、セッションが始まる前に早退してしまったからだ、、。    
8110121 8110122
レガーロにて、、。

ぼくの写真日記 #138、、、、、アン♡の散歩、と、ジャズ.サックスの発表会、、。

良い天気です、、、!!
    8110111
今日は、、第九回のジャズサックス真文教室発表会なのです、、朝から、、いえ、夕べからソワソワ、、朝のウォーキングのかわりに、家の前の小川沿いを散歩。土手下の草刈りが我が家の前も始まったので、アン♡を走らせることに、、、
    8110112
ところが、アン♡が気になるのは、やっぱり鴨たち、、。
    8110107
ねぇ〜遊んでもいい?  とりあえず、聞いてみよう、、という事??
    8110108
ぼくの表情を、OKサインと見て取ったのか、それからは自由奔放、、、
    8110104
両岸を行ったり来たり、、大騒ぎです、、。
で、、その結果が、、これ、、
    8110110
身体中が種だらけ、、あぁ〜あ、風呂場でまた腰痛になりながら格闘です。

さて、、ジャズサックス発表会に出かけます、、報告は、後ほど、、。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »