フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #480、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #102、      走り納め、、、。

往ってきました、、今年の走り納め、、小金井公園のドックランです。
北へ約 8km 、スピードをコントロールしながらですが、
自転車 R.R. を引いて、アン♡はみごとに走りきりました。

公園の西口を入って直ぐに、梅林の中、一本だけ花を咲かせている白梅があった。
8123117
ここの梅の樹は、いつも行く公園の梅よりも樹齢が古くて細かい枝が密集している。満開になったら、さぞ見事な景色になるのだろう、、。

ドックランには、15匹程の先客がいる、、。 ミニチュアダックスやジャックラッセル等、小型犬が多い、、。 反対側の入口から三匹のミニピンが入ってくる、、。 アン♡をリードにつないだまま、ワンちゃん達の群れにゆっくりと近付いた、、。 一匹のワンちゃんが、アン♡に興味を示してくれた。 二人は挨拶の後、遊ぼうよ、のポーズ、、。 いいですか?とたずねると、、 うちのは激しいですけど、、と遠慮勝ちにおっしゃる飼主さん。 僕は、期待イッパイに答えました、、お願いします!! そして、リードから放しました、、。 しなやかな体型。 期待通りのすばやい走りです、、。体高はアン♡と同じ位、ただ体重は半分以下かもしれません。 はじめて出会った二匹のウイペット、、アン♡と写っているのが大きいリク君、1才半。そして、ひと回り小ぶりな、モカさん、2才。     
8123105 8123106

しばらくは、リク君と追いつ追われつ、走り回っていましたが、、リク君がスタミナ切れの様子、、。 走り足りないアン♡は、僕に走ろうよ催促します。 えっ、僕? ここでボール遊びが出来るのは隣りのエリアだし、といって、これを無視したのでは、飼主として男としてのメンツが、、で、走りましたぁ、、。すると飼主想いのアン♡は、僕の外側、2倍も3倍も大きな円をかいて走ります。 僕は調子に乗ってクイックターンやフェイントをかけて、アン♡の想いに応えます、、。 そのうち、元気なミニチュアダックスが参戦してついてきます。 名前は、キナコさん、3才だそうです。 好奇心旺盛なキナコさんに、しばらくはバトンタッチです。
    8123115
11時半を過ぎると、ワンちゃん達も、午前と午後の入れ替わりなのでしょう。ぽつりぽつりとエリアを出て行きます。
    8123116
見送るアン♡は、どこか寂しそう、、 でも、ひさしぶりに色々なワンちゃん達と遊べました。
      8123108
      走り納めとしては、十分だよね、、アン♡、、。 
      帰り道は、速歩で、ウォーキングです。

      明日は、、初日の出、、見に行こうね、、。

2008年12月30日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #479、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #101、      バロン君に再会、、。

風もなく、澄みわたった青空、、やわらかな陽射しがあふれている、、。
ところが、空気は突き刺すように冷たい、、。
8123002
今朝も、前半はウォーキング主体、、帰り道の途中、調節池の原っぱで、アン♡を遊ばせます。先ずは、丘をめがけボールを投げて追わせます、、。ボールは丘の中腹を勢い良くころがって向こう側へ転げ落ちて行きます。 追いかけて追いかけて、全速力で追いかけるスピードとその姿は、惚れ惚れする程、美しい、、。以前、ボルゾイの優雅な走りにみとれた事があったのですが、、いやいやどうして、アン♡も負けていません(ハハハ、、まるで親バカです。)。
8123010 8123013
ボールは、土と唾液ですぐにベトベト、、それでも、アン♡には宝物、、いや、そのうち離れた場所に陣取って、自分の物だとばかりに、かじりだすところをみると、獲物だとおもっているのか、、。僕の足元にポトリと落として、ご褒美をねだったり、もう一度投げてと催促したり、、ボールを放したので別の物に興味が移ったのかと拾おうとすると、すっと指先からかすめ取ったりなど、おもしろい行動をみせてくれます。
およそ30分、昨日からの連投で、腕が痛くなっています。 ボールを軽いテニスボールに代えようとも考えたのですが、物を運ぶ訓練には、ずっしりと重いこの硬球が良いとおもっているのです。
今朝も、ジャックラッセルのバロン君と遭遇、、。
バロン君が気付いて、チョコチョコと誘いに来てくれました。アン♡もそれに応えます。 わぁ、覚えてくれたのねぇ〜、という飼主さんの言葉より先に、、
8123014
バトル再開です、、。      
8123015 8123019

昨日今日と二人のバトルを見て、バロン君の飼主さん曰く、 あらぁ、手加減されてるみたい、、。 そう、アン♡がバロン君のペースに合わせているようにみえるのです。 あの五ヶ月目の頃、同じジャックラッセルのユウさんやサクラさんが相手の時は、とにかく全力で追い逃げぶつかっていました。それが今日は、誘い方にも余裕が感じられるのです。 アン♡も学習して賢く成長しているのでしょう、、とひそかに納得するのでした、(ほんと、親バカ、ニヤニヤ、、)。

2008年12月29日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #478、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #100、      携帯を忘れて、、、。

そのためアップする画像がありません。 
朝のウォーキングにアン♡を連れて来るようになって、百回目の記念の朝だというのに、なんという失態、、。 調節池で、真っ青な空を撮ろうとして、携帯を忘れた事に気付いた、、。 あぁ、あ、、仕方ありません、、今朝は、記念の撮影は、無し、、。 ただただ歩いて歩いて、走らせる事にします。 立ち直りも切り替えも早い、それが自分の良い所、などと言い聞かせて、再スタートです。
おぉ、今朝もカワセミが、、と横目で追いながら土手下を歩きます、、。公園の東の端で橋を渡り南地区へ、、芝生を横切り、枯れ葉の積もった林をぬけて、西の外れで隣りの自然公園へ、、苗木園をめぐり、周遊路をまわって、ケヤキの林から調節池の原っぱに出ます。 ここでウォーキングの小休止を兼ねて、アン♡をボールで遊ばせます。 
小高い丘の斜面に向かってボールを投げます。アン♡が斜面を駆け上がり、ボールを追って稜線の向こうに姿を消します。いそいで後を追います。丘の中腹から見下ろすと、反対側のふもとまで転げ落ちるようにボールを追いかけていきます、、。 追いついて、くわえると、真直ぐこっちへ駆け上がってきます。 足元でボールを放してご褒美の催促、、ところが、ボールはころころと転げ落ち、アン♡は慌てて追いかけます。結局、またふもとから駆け上がって来なければなりません。 これは、予想外のたのしい遊びになります。ご褒美は倍にしてあげよう、かな、、。いいえ、そうは甘くありません。 しかし、この斜面を使ってのボールの追いかけっこは、アン♡には大好評のようです。途中まで登って行っては、、ねぇ、こっちへ投げて、とばかりに催促するのです。 たしかに、平坦な場所で投げるよりも、その倍以上の距離を、アン♡は走る事になります。しかも、登ったリ下ったり、願ってもない運動量です。 
小休止どころか、小一時間も遊んで、そろそろ飽きる前にと、ボールをしまっているところで、、ジャックラッセルのバロン君、1才に出会いました。以前、挨拶をしたことのある元気君です。二人の気の合いそうな様子に、、遊ばせても良いですか? とたずねると、、 願っても無い事です、と飼主さん、、。 一挙に大バトルが勃発です! やはり同じレベルで遊べる相手がみつからないでいたのだそうです。 原っぱの中央へ移動して、およそ30分、二人の興奮はなかなか冷めません、、途中から間にボールを投げ入れると、取り合いもたのしそうな事、、。 飼主同士が気を遣い頃合いを見計らって離す事に、、再会を約束して別れました。 バロン君、また遊びましょう、、。 
それにしても、アン♡の旺盛な好奇心と底知れぬスタミナに脱帽です、、。
そして、さすがに満足したとみえて、
帰りの土手下では、速歩に素直についてくる従順なアン♡でした、、。

2008年12月28日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #477、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #99、      恒例の朝寝坊、、。

昨日は一日外出していて、帰宅は22時過ぎ、、 そして、今朝は、『はやく起きた朝は、、』も『がっちりマンデー 』も見逃し、目が覚めたのは、8時をとっくに過ぎていた。 最近では、怠惰な飼主に似て来たのか、アン♡までが、ぼくの起きる気配を察知するまで、隣りですやすやと寝ている有様、、。 以前のように、ねぇ、そろそろ時間です、ウォーキングに行こうよ!と起こされる事も無くなりました、、。それどころか、掛け布団を畳んでも、平然と枕に頭をのせて、もう少し居たい、とでも言いたそうな目で見上げます、、。 もちろん、、ほらほらほあ〜と追い立てますけど、(まるで小学生のころの自分のよう、、)。 今朝もそんなやりとりの後、9時にスタート。 朝日はすっかり高く昇っていますが、、風が冷たい。 土手下の土はカリカリに凍っていたり、やわらかい場所では霜柱がニョロォっと伸びています。
    8122831
今朝は、調節池の原っぱで遊ぶ事に、、コースが短くなる分、往き帰りの土手下も、ボールを追って走らせる事にしました。  
8122808 8122811
昨日は朝の散歩しか連れて出られなかったせいでしょう、、アン♡の走る事走る事、、飽きる事無くボールを追いかけます。 僕の元に運んで来たら、ボールと 交換に、ご褒美を与えます。 
8122822
(小休止のアン♡、、)
一本道の土手下と違って、原っぱでは360度あらゆる方向へ投げてやりま す。平坦な場所だけではありません。丘の中腹めがけて駆け上ったり、、下り坂を転げ落ちるボールを追いかけたり、、樹々の間に投げ込んだり、、いろいろな シチュエーションを作ってやります。
8122814 8122815

休憩をはさんで、1時間、腕が痛くなって、僕の方が先にギブアップです。
8122824
(親バカまるだし、と笑ってください、、)活動的な姿もはつらつとして良いですが、静かでおとなしいこんな様子もまた可愛いです。

帰りの土手下でも、アン♡はボールを追い続けました。
昨日は、一日家に閉じ込められて、よほどストレスがたまっていたのでしょう、、。ちょっと反省、、。

独り言 #50、、   気持ちを伝えるって、、。

どんなに神経を使っても、難しい、、。
それも、商品のクレームを伝えようとすると、、こちらの意図がどれほど正しく伝わったかなどは、まるで確証がないし、話したという納得だけで済ませるしかないようだ。

それは、近所のお気に入りの洋菓子店。
家から3,4分の所にあって、開店当初から娘家族への土産に利用させてもらって来た。生ケーキや焼き菓子の種類が増え、生チョコやパンなどの商品も増えて、、季節の新商品は、とくに楽しみにしていた。 美味しさだけでなく、洒落た店構えも相まって、繁盛の様子から評判も上々のようだ。 僕自身、たのしみにしていると言われると嬉しくて土産の定番にして来た。 昨日も、孫の誕生日会の土産に、七種類の生ケーキを調達していったのだが、、その一つに問題が起きてしまった。 ごく定番のイチゴのショートケーキ、、スポンジ生地にはさまれていたイチゴが傷んでしまっていた。それを選んだのは幼稚園児の孫娘、上に飾られていたイチゴを頬張ったあと、ひとくち口にしただけで要らない!と、食べるのをやめてしまった。不信におもった親達が代わりに食べてみると、中に入っていたイチゴがあきらかに傷んでいた。 それ一品だけだった。他の六品のケーキは、どれも大好評、、少しずつ味見をし合ったりして、盛り上がっていた矢先のこと、、いっぺんにシラケてしまった。

さて、僕としては、土産の定番を失いかねない事態になってしまった、、。
焼き菓子なら、生ケーキでも、製法が違うから心配はない、という問題ではなく、
『 「伝統・文化・由来を大切に、素材が持つ本来の おいしさを生かしたい」。
 そんな思いをこめて、職人の手でひとつひとつ丁寧に作りあげられたお菓子たち。
 厨房からできたての風味をそのままに、みなさまへ お届けします。』
これが、この店のポリシーだとするなら、、
この哲学に懐疑的になってしまった自分が悔しいのです。
残念な事に、これほどの洋菓子店は、身近にありません。 
できるなら、もう一度、この店の創造哲学に納得したくて、
店に出向いてクレームを告げた。

店の方の解答、、
『この時期、クリスマスなどもあって、大量にイチゴを仕入れました。そのなかに、イチゴどうしがくっついてしまった物があって、そうなってしまったのだと思います。まことに申し訳ありません。上の者や全員に伝えて今後注意します。』

この言葉に不満があるわけではないのですが、、どこか釈然としません。

急激に店舗が増え、製作数が増えると、時にはあり得るという事、、。
ひと店舗で念入りに作っていた時とは事情が変わる、、
いや、多様になっていると言いたいのだろうか、、。

こんな考えをする僕の方が偏屈なのかも知れないなぁ、、。

喜ばれるもの、であると同時に、、
自信とプライドを持って贈れるものを、、みつけたいのです。

2008年12月27日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #150、、、、、孫娘 Y ちゃんの誕生日、、。

朝、アン♡を連れて、小川の土手下におりると、目の前をカワセミが横切って、すぐ先の枯れ枝にとまった。 ふたりでじっとみつめる、、。 今週は毎日のようにカワセミが姿を見せる。 水面をすれすれに飛ぶので気がつきやすいこともあるが、草が枯れて無彩色になった川縁で、カワセミの鮮やかな色がいっそう目立つようになったためなのだろう、、。 ところが一方では、土手の上の遊歩道を行く人達は、カワセミが飛んでいても、気付かずに通り過ぎてしまう。 よほどのんびりと川面を眺めながらでないと気付かないのだろうか、、こんなに素敵な光景を見逃すなんて、、もったいない、、。

さて、今日は、誕生日のお呼ばれです。 
そろそろ支度をして、近所のケーキ屋さんでケーキを買って、訪問です、、。

Y 嬢からのリクエスト、、大きなケーキを切って分けるよりも、色々なケーキを食べたいということで、いつも土産に買って行くのと同じように、人数分をアラカルトで揃える事にしました。
8122706
七人分のうち三品が新作です、、。

事情があって、孫が全員揃う事は出来なかったけれど、
8122712
全部のケーキそれぞれにローソクを立て、
微笑ましくたのしいお祝いでした。

長女の家族が来られなかった事情、、それは、つい先ほど、本人から知らせて来たのですが、、予想外の喜ばしい話、、ただ、しっかり安定して落ち着くまで、そっと静かにしていたい、ということでした。 早く安心して祝えるようになれますように、、、。祈り、、(23時帰宅)。
  

2008年12月26日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #476、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #98、      アン♡の大冒険は、、。

土手下におりるとすぐにアン♡が鼻をひくひくさせ、ぴたりと止まった。 20m程先の向こう岸にいる白鷺に神経を集中している。 ゆっくり近付いて、3m程手前で、また止まる、、こうなると、鷺が逃げてしまうまで、言う事をきかない。
8122602
相手は足先が黄色い小型の白鷺、ゆっくりと歩きながら餌を狙っているようです。
そっと近付いて、アン♡が足を一歩流れに踏み込んだとたん、飛び去ってしまった。
そして、やっとアン♡の緊張が解けた、、。
と、追いかけるようにカワセミが視界を横切った、、
30m程川上へ飛んで、枯れ枝にとまった。
今度は僕の視線がカワセミを追う、、。 アン♡、今朝は上流へ行こう、、!
カワセミが誘いに来たんだよ。と勝手に決めて、カワセミを追った、、。
数10m飛んでとまる。近付くとまた数10m先へ飛んでとまる。こんな追いかけっこを繰り返して、結局は見失ってしまったが、なぜか気分が良い、、。
ただし、アン♡は走りたいのにぃ〜、と不満そうです。 前後と対岸に誰も居ないことを確かめて、放してやります。 アン♡にはほとんど初体験の景色、、
8122606
走り出すのかとおもえば、草むらにもぐり込みます。ガサゴソ枯れ草をかきわけた後、ザブザブと流れの中へ、、あげくは対岸に飛び出して駆けて行きます。 慌てて、コイ!と声をかけます。しばらくして、50mも先の草むらから姿をみせると、全速力で駆け寄って来ます。ハアハアと息をしながらこちらを見上げて、 ただいまぁ〜ご褒美くださぁい! と催促のオスワリです。
こうして管理境界線の少し先まで探検して家に戻るまで、アン♡には満足の大冒険だったようです。ところが、その結果はこれ、下半身が泥だらけになったうえに、身体中種だらけです。
8122618 8122619

とくにひどかったのが耳のまわり、楕円形で平べったい種がびっしり、、これが容易に取れません。風呂場で種と格闘するはめになりました。
そうそう、管理境界線の先は、こんな所です。
8122613
高さ2m強の堀の底に90cm幅の流れです。
驚いた事に、ここをカワセミがさかのぼっていったのです。

2008年12月25日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #475、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #97、      気が早いかな、、。

今朝のウォーキングは、小川に沿って公園の東の端でUターン、、橋を渡って対岸を戻ります。北門を出て、隣りの自然公園へ、、幼木園の区画20でひと遊び、、。
ここの隅には五本の桜が植えられています。 
ちょっと気が早いけど、桜の蕾み、、。
8122516
遊ぶ前、五本の桜の樹をバックに記念写真、、枝振りの良い桜です、、。     
8122509 8122510

アン♡を追いかけて走り回った後、今度は僕がボールを持って逃げ回ります。アン♡はボールを捕ろうと追いかけてきます、、逃げ切るのは、結構つらい、、。
8122508
そのつぎは、ボールを投げて、捕って来させます、、。
8122506 8122504
30分程、一緒に走り回りました、、。 
今朝は10時半から吉祥寺で用があります。少し早めにきりあげて戻ります。


夕方の散歩で、気になる様子を見てしまった。
8122501
ハケの湧き水がひとつにまとまった小川に、白い濁りが流れ込んでいる。
白濁の湧き水とは聞いた事が無い。何かの排水、、? 
鴨が住みついて、カワセミが飛び交う流れ、、
汚染でなければよいが、、。

2008年12月24日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #149、、、、、ウォーキングの代わりに、、。

家の前から、すぐに小川の土手下におりる。 階段の手前から、アン♡はいそげいそげとばかりに引っ張る。 風が手袋に突き刺さって、指先からひりひりと冷えてくる。リードを握る手がしびれる、、。 陽が昇って少し温かくなったら、自転車引きでホームセンターへ行くつもりで、ウォーキングの代わりに、散歩に出て来た。 8時半を過ぎても、この冷たい風、、今日は、このまま寒い一日になりそう、、。

11時過ぎ、ホームセンターへ、、
買った物は、これ、、
8122401
太さ9mm 長さ6m のロープ、、
逗子の孫への土産。 前回は、久しぶりにベーゴマで興奮させてもらったお返しに、 縄跳びはもちろん、、ロープを使った昔の遊びを二,三教えてやろうという心積りです。

さて、今日の自転車引きは、ウォーキングの代わり。往きはまっすぐホームセンターまで走ります。朝の散歩だけで不満そうだったアン♡は、走る気満々、、冷たい風を切って疾走します。 僕はといえば、長い毛糸のマフラーを首から鼻まで巻きつけて寒さ対策、、。
帰りは、公園の東の端から、いつものコースを歩いて戻ります。 もちろん速歩、、。
途中、自然公園のケヤキの林で一休み、、アン♡の水補給と記念撮影、、。
8122402
今日は少し疲れたのかな、、?  
8122403 8122404

8122406
やはり、疲れたのか、、
それとも、充実した走りで満足したのか、、
帰り着いたアン♡は、母のベットでまるくなって眠りのふちへ、、。
8122410
眠いんだもの、、、。 

2008年12月23日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #474、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #96、      昨日の罪滅し、、。

急な仕事に追われて、昨日は中途半端な散歩しかさせられなかったので、、
今朝は、十分なウォーキングにしようと、日の出前にスタート。
東の空には、もこもことした灰色の雲なのに、、
8122332
西の空は、透き通るような青空がひろがっている、、。
8122359
今ちょうど頭の上が、天気の変わり目のようだ、、。
8122339
土手下を走り抜けて、、調節池の原っぱで駆け回った、、。その後また土手下におりて、公園の東の端まで走り、、芝生をめぐって、隣りの自然公園へ、、。
草刈りが済んだ幼木園の区画4の空き地で、しめくくりにボール遊びをします。
8122344
この区画は、50m X 30m ほどの広さ、、ボールを持って来させるにはちょうど良いスペースです。(正確に言うと、ボールを投げられる距離が40m程なので、この広さで十分という訳です) ボールを追いかけ、くわえて持って来たら、ご褒美をあげます。 それでも、十回もしないうちに、飽きてしまったらしく、ボールを独り占めにして戯れだしました、、。
8122351
しかも、相当リラックスした様子、、、
8122347 8122348
ボールは土とよだれでべたべた、、
8122350
一心にかじりついて、、
8122353
遂には、さすがの硬式ボールも、縫い目をを食いちぎられる始末、、。はい、そこまで、その先は、皮ははがされ、ただのおしゃぶりになってしまいます。 ここから土手下に出て、走って帰ります、、。  どう、今朝の運動は満足かな、、。

2008年12月21日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #473、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #95、      今年最後のモミジ、、。

すっかり忘れていた、、 公園南地区の西のはずれ、、 紅葉の最後にやっと緑の葉が色付き始めていた10本ほどの楓の樹。 今年は紅葉することなく焦げ茶色に焼けて散ってしまうのだろうと、全く期待していなかった。 それが、今、鮮やかさが物足りないとはいえ、落葉した林の隅で、ひとり赤く燃えている、、。
8122132
朝日を浴びて、画像にすると、実物よりも華やかに写ります、、。
8122134 8122135
それでも、林の中では、一際美しい、、
8122122

今朝は、夜明け前に家をスタート、、公園の手前で朝日を迎えた、、。
8122107
日曜日、ワンちゃん達に会えると期待していたのだが、時間が早過ぎたのか。
8122109
まだ4匹しか集まっていなかった。 アン♡は、イングリッシュ.スプリンガー.スパニエルのリュウ君からボールを横取りすると一目散、、、
8122112
本人は、遊びに誘ったつもり、、追いかけて来ないんだもん、と不満そう。

8時過ぎに、みんなと別れて、公園を散策、、最後のモミジをみつけた。

帰り道はいつもの土手下、、嬉しい事に出会いました。
週末や休日に、公園の野球場や調節池で練習をしている野球少年達です。
いろいろなチームのユニホームを着た少年達が、南北両方の川岸で、ビニール袋を手に、ゴミ拾いのボランティアだそうです。 帰りの河原では、ゴミはきれいに掃除されていました。
8122147
その中のひとグループ。了解がもらえたので、載せさせてもらいました。
ゴミの無い河原、、気持ち良く歩きました。 ありがとう、、!!
この後の練習、、頑張って、、!!

2008年12月20日 (土曜日)

小悪魔*天使?、、ブリタニー:アンジェラ♡#38。  ひとりは可哀相、、。

アン♡の相手をして遊んでいるのを見て、ふと母が言った、、ひとりぼっちで可哀想だね。 友達でもいれば良いのにね、とも、僕の後をついて回るのを見て、言われた事もある。  最近になって、自分でも、遊び友達がほしいね、とアン♡に語りかける事がある。 ブリタニーは人好き犬好きだときいている。アン♡もまったくその通り、犬を見かければ尻尾を振って近付いて行く。関心を示してくれる人間にはだれにでも愛嬌をふりまく、、番犬には不向きだと言われる所以だ。 チワワやミニチュア.ダックスのような小型の愛玩犬なら、だれも抵抗は無いのだろう。ただ、アン♡の予想外のパワーに出会うと、まず相手をしてくれた犬より先に、飼主さんの方がたじろいでしまう。 無邪気で天真爛漫、ノーテンキ、ただただ快活な性格も、桁外れのパワーとスタミナが、遊び友達をみつける段になって大きなハードルになっている。

あるブリを飼っていらっしゃる方の日記にこんな内容があった。 雨の日の翌日、ドックランに出かけた時の事、、先に来ていた遊び友達のワンちゃんが泥だらけになって迎えてくれたそうだ。 もちろん泥だらけになって遊び回ったそうだ。 その記事を読んで、羨ましかった。そんな遊び友達に出会えたら、どんなに豊かで穏やかな性格の犬に成長するだろうなぁ、と。 そして、同じ目線で犬を見守れる飼主に出会えたら、ドックランに行くのもたのしみになるだろうなぁ、と。

アン♡をドックランに連れて行ったのは、まだ三度しか無いが、 周囲に気を遣い、タズナを張ったまま半端に遊ばせるのは、アン♡にかえってフラストレーションにならないか、、、いや、もっとオモイっきり走らせてやりたい、取っ組み合いさせてやりたい、、帰り際にこんな事を考えるのは僕の方なのだ、、。

2008年12月19日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #472、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #94、      枯葉に埋まって、、。

陽射しが温かい、、。久しぶりに公園の大きな林で遊ぶ事に、、。
一日乾燥した晴天がつづくと、
表面の枯葉は、歩く度に、カサカサと乾いた音を立てる、、。
その下に隠れた湿った落ち葉の方が、アン♡には、興味をそそられるようだ、
積もった落ち葉のなかに鼻を突っ込んでは、しきりにかき回し嗅ぎ回る、、。
やっと写したツーショット、、。
8121910
林をぬけた芝生で、ボール遊び。 今朝のアン♡はなぜか興奮気味、、。
8121918
枯れ葉の感触がよほど気に入ったらしい、、、
8121920
ボールに戯れながら、ころげまわります、、。
8121921

帰り道、土手下からの西の景色、、と、
8121901
温かい明るさの中でみつけた散り残った枯葉とススキの穂、、。
8121902 8121931

晩秋の名残り、です、、。
そういえば、今年は、、
ガマの穂の飛散は、気付かないまま終わってしまったようだ。

2008年12月18日 (木曜日)

独り言 #49、、   カンパニュラの恋。

TVドラマ『風のガーデン』が今夜最終回をむかえる。 
視聴予約をセットした。 『カンパニュラの恋』もダウンロードした。
このところ、毎週観たいと、気を惹かれるドラマはなかったのだが、、
『風のガーデン』の最終回はオンタイムで観ることにした。

倉本聰の脚本だと知って関心はあった。
それ以上に、緒形拳の遺作となった事で、観なければ、という想いがあった。
ただ、変に意固地なわたしは、故意に避けて観なかった。
なぜ?と問われたとしても、素直に答えられない、、
そう、素直に観れないから、、たかがTVドラマの一作、、
観なければそのまま忘れてしまうだろうと、、避けていた。

それなのに先日、午後の再放送で、8話か9話目の一部を観た、、。
偶然母がみていたのだ。
林の中、キャンピングカーの前、緒形拳と中井貴一の二人が並び語り合っている、
細かいカットがはさまれながらも長いシーン、、二人の演技によどみはない、、。
きっと長撮りなんだろうな、とおもいながら見入っていた、、。
そのうち、緒形拳のアップ、白いシャツの肩に赤とんぼがとまった。
偶然なのか、それとも、そこまで書き込まれ演出されたカットなのか、、
季節が、二人の心が、しみてくる、、 そして、つづきが観たくなった。

『カンパニュラの恋』 サックスで吹いてみたくなった。

宮本理江子の演出も良い、、。
緒形拳のひとこと、ひとこと、が愛おしいほどせつない。
中井貴一をすきになれそうだ。
神木隆之介を知った。
黒木メイサ への偏見が消えるかもしれない、、。

緻密な脚本、それを豊かにふくらませる演出、そして具現する才能たち、、。
最終話をたのしみにしている。

ぼくのウォーキング日記 #471、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #93、      自転車引きもいいけれど、、。

根がものぐさな僕です、、せっかく天気が回復して、外は温かそうな陽射しがあふれているのに、、布団の中でぐずぐず、、起きたのが7時半、、8時過ぎから30分散歩をしておわり、では、、アン♡は不満だよねぇ、、。 どう、ドックランにいこうかぁ? 自転車引きで、、。  ウォーキングは、本来、僕のメタボ対策である訳で、自転車引きでは意味合いが多少変わってくるんだけど、、。アン♡の運動にはいいよね、、なんて勝手な理屈をつけるのでした。
      8121805
小川の土手下で、鴨の群れをみつけて立ち止まったアン♡。
鼻をひくひくさせながら、ゆっくり忍び寄って行きます、、。

9時半に、ドックランに出かけます。

行ってきました、ドックラン、、。(12時過ぎ、帰宅。)
往きのアン♡は最高の走り、、25分で走りきりました。
公園の西口を入った所で記念撮影、、
      8121803
ところが、アン♡は、写真よりドックランへ行きたそう、落ち着きません。
ドックランでは、先客が一匹、、アイリッシュ.セッターのチェルシーさん、5才。
入口を入るとすぐに、 いらっしゃい、遊びましょう、と誘ってくれます。 もうアン♡は大喜び、尻尾を振るどころではありません、、身体をくねらせ、早くリードを外してぇ〜と騒ぎます。 チェルシーさんの飼主さんに、、いいですか? と一言、、了解をもらって放します。 追いつ追われつ、、樹々の間をぬって、走り回ります。 5才といえど、さすがセッターです、 おぉ、まだこんなに走るとは、、飼主さんが驚く程の走りです、、。そこへ、フレンチブルが入ってきました。 2才になるデオ君、、遊び好きなのにまるでスタミナは無いんですよ。と飼主さん。 いやいや、三つ巴で大ハシャギです、、。
81218068121808

そのうちチェルシーさんがぬけ、、デオ君もギブアップ、、その後は、隣りのエリアでボール遊びをする事に、、ところが、これが良かったのかどうか、、まぁ、アン♡自身は喜んでいたようですが、、そこには、東の隅に雨の名残りの水溜まりが三つ四つ、、しかもドロドロにやわらかくなった土です。 腹這いになり寝そべったり、前足で掘り返したり、、やわらかくなった土の感触を楽しむようにこね回します、、。ボールだけではありません、、 身体中が泥だらけ、、もう元のエリアに戻っても、ワンちゃん達と戯れ合える状態ではありません。 1時間程で帰る事にしました。 

帰り道は、ゆっくりペース、、少しは疲れたようです、、。
着いたら、昼寝の前に、シャワーだよ、アン♡。

2008年12月17日 (水曜日)

小悪魔*天使?、、ブリタニー:アンジェラ♡#37。  ドアを開けたぁ、、?!

天気予報よりもずっと早く、7時を過ぎた頃から雨が降り出して、
いそいでウォーキングを中断した。 
家にあがると、アン♡はまっすぐテラスに向かい、ガラス戸を開けた、、
自分で開けたぁ〜!!?  あぁ、、??!!  それ、何?! 
後足で立ちあがり、前足を手すりにかけて、体重で押すようにして、、
それ、意識して? それとも偶然足が手すりにかかっただけぇ?
それでも、アン♡は平然と開いた隙間から外に出ると、水を飲んだ。

アン♡が我が家の一員になって、もうすぐ丸五ヶ月になる。
体重は三倍になり、後足立ちするとテーブルに顔が出るまでに背も伸びた。
おかげで思わぬ事件も起きた、、。
僕は、読み書きやPCを使う時、メガネをかける。かれこれ十五年以上も前から使っている気に入りのフレームに凸レンズを入れ替えている。要するに老眼です。 その時は、携帯に届いたメールを読んだ後、テーブルの上にメガネを置いて離れた。しばらくして戻るとメガネが無い。どこかに置き忘れたか、と探していると、アン♡のハウスの前に落ちていた。 それでもまだアン♡がテーブルの上からくわえて行ったとは思っても居なかった。テーブルに足をかけることをキビシく叱って躾けていたつもりでいたので、、それは思いもよらなかったのです。 メガネをかけてみると、妙に座りが悪く変なのです。はて?と外して確かめると、鼻に固定するパットの片方がちぎられている。そこでやっと、やられたぁ!と悟ったのです。
仕事机とテーブルに足をかけることは、キビシく叱ってきました。
それでもアン♡にとっては、ふしぎな物、おいしそうな匂いがいっぱいの魅惑の場所に思えるのでしょうね。
アン♡に手が届く場所はもう一ヶ所ありました。 
台所の調理台、 朝、ヨーグルトといっしょに食べようと、バナナを一本置いたのですが、、いつの間にか、アン♡のハウスの中で皮だけになっていました。
ここも要注意場所になってしまいました。

アン♡の手が届く、正確には前足が届く、、あのガラス戸の手すり、、戸が開いたのはやっぱり、偶然? あれ以後、二度目が無いところをみると、、偶然だったのかなぁ、、。
自ら開けたと、、思いたいんだけど、、。 もう少し様子を見る事にします。
で、今も、開けて〜!と催促されて、、 開けてやっています、、。

2008年12月16日 (火曜日)

小悪魔*天使?、、ブリタニー:アンジェラ♡#36。  自転車引き、、。

陽射しがたっぷりそそいで、温かくなって、ホームセンターへ買物に出発。
アン♡には二度目のホームセンターでの買物です。
冷え込んだ朝が、まるでうそのよう。風をきって走るのも気持ち良い 陽射しです。
8121602
アン♡に無理をさせないように、スピードを抑えさせながらの走りでしたが、途中の信号で4回止まった時と、公園で水飲み休憩をした以外、往きも帰りも、見事な走りっぷりでした。 ただ、玄関を入ったとたん、ハウスに直行してバタンキュー、小1時間うずくまって寝てしまいました。 起きて来たのは、やはり喰い意地のかたまり、、おやつの時間でした。  それでも、思うのです、、家では悪戯をし、わがままもいうアン♡ですが、、外に居る間は、まったくと言える程そんな事が無いのです。 与えられた仕事を懸命に果たそうとする一途さは、愛おしくなる程です、、。親バカの思い込み、でしょうか、、?!  

今日の自転車引きは、何のトラブルも無く、大成功。 ただ、速くても遅くても、スピードに関係なく、今の自転車では、こちらが気疲れします。 やっぱりママチャリがいいかなぁ、、。

ぼくの がむしゃらジャズ.サックス受講歴(仮題)#1

ジャズ.サックスを習い始めて、、わぁ〜、、12年と9ヶ月になるのだぁ、、
一人の師、山口真文氏にここまで長く付いて来れたのは、、 
サックスを好きになれた、ということなのだろう、、。
ただ、この間、若い仲間にどんどん追い越され、置いてきぼりをくっている、、。
まぁ、努力だけでは補いきれないこともあって、仕方の無い事なのだと言いきかせ、 
このブログでもこれまで何度か、進歩の無さ、不甲斐ない自分を嘆いて来た、が、、
十一月に九回目の発表会を経験して、やっと気持ちの整理がついた、、。 
もっと自身がジャズ.サックスの演奏をたのしめるように、、
これからは、このテーマで記事をまとめることにした。

まず手始めに、今のレッスン演奏をUPすることにする、、。 
課題曲は『Day By Day 』、
先生が書き起こしてくれた譜面をリズムに乗って吹けるようになる事。 
つぎに、僕なりのテーマ演奏が出来るようになる事。 
そして加えて、アドリブ.ソロの演奏、、。
レッスンを重ねるごとに、どう進歩できるのか、、たのしみたいと考えている。

(もしお聞きになる方は、音量をかなり下げてください。エンディングのミスはご愛嬌というか、僕の演奏はこんなもんです。) 
  

ぼくのウォーキング日記 #470、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #92、      散歩と自転車引き、、。

今朝は、シーズン一番の冷え込みだったそうです、、。
8121614
針のように伸びた霜の結晶。これからは、こういう日が増えるのですね、、    
8121607 8121613

それでも、小川の土手下には、スイセンが咲いています、、。
8121609
陽が昇ると、ここは温かな日溜まりになるのです、、。

今朝のアン♡、、日の出とともに30分、散歩に出ました。
8121608 8121606

朝の家事を済ませたら、ホームセンターまで自転車引きです。ドックフードを買いに行きます。

2008年12月15日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #469、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #91、      やっと6時前にスタート、、。

5時に、すっきり目が覚めた。すぐに起きて、6時前に家を出た、、。空はまだ暗く、十七夜の立待月がまだ中空に輝いている、、。土手下でアン♡を放すと、40mも行かないうちに暗闇の中へ見えなくなってしまう。 アン♡も不安なのか、姿が見える距離で立ち止まっては、こちらを確認している。 速歩で歩いていても、身体が冷えてくる、、ジョギングすることに、、アン♡が、離れたり近付いて来たり、嬉しそうに並走してくる。 調節池を過ぎ、公園の北門まで走った。もちろん僕はゆっくりゆっくりのジョギングです。
夜明け前の公園、、。
8121510
霜がおりて真っ白な芝生、、、
8121512
西の空に輝く立待月、、、
8121514

先日最後に紅葉したイチョウの樹、、すでに散ってしまっていた。
8121516

帰路につく頃、朝日が昇った、、 
8121531 8121534

原っぱの草にも一面霜がおりて、、、
8121535
薄明かりの中、やっとアン♡を撮れた、、、
8121537 8121538
やっぱりスローシャッターになるなぁ。

今日はこれから外出します、、。

2008年12月14日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #148、、、、、ビュッフェの絵のよう、、。

夜のうちから降り始めて、冷たい雨の朝です。 それでも、アン♡は散歩に出ようよ!とせがむのですが、、小降りになったら、となだめて、、一人でスーパーに買い出しをすませました。 その際、小川にかかる橋の上から撮った一枚、、。
8121402
この景色、四季折々、このブログでも何度となく紹介してきているのですが、これからの季節は、ビュッフェの作品が好きだという事もあって、とくに気に入りの風景なのです。 どうでしょう、、ビュッフェの風景画、、そんな雰囲気ではありませんか、、。


アン♡の実家(ブリーダーのドドニーさん)で、先月ブリタニーの出産があった。八匹の子犬が元気に育っているそうだ。 生後二ヶ月間がもっとも愛くるしい時期だときく。一度は育ててみたいと希望を持っているのだが、、それ以後の事を考えると、現実には難しいだろうなぁ、、。 

2008年12月13日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #147、、、、、幼稚園のクリスマス会。

夜明け前、、アン♡を連れて、散歩、、。
    8121312
昨夜、満月が輝いていた空は、すっかり灰色の雲におおわれて、寒々しい。
土手下におりると、小川の流れすれすれに飛び去る小鳥、カワセミです。 20mほど川下の枯れ枝にとまった。 アン♡を制しながらそっと近付く、薄明りの中でも、青い羽色は鮮やかだ。3m程に近付く。何かをみつめるようにじっと動かない。といって、獲物を狙っている様子でもない。もう一歩近付こうとして、斜面に踏み出した右足をズズッとすべらせてしまった。同時に、カワセミが飛び立った、、枯れたススキの陰に見失なった。 ゆっくり歩きながら探したが、もっと川下まで飛び去ったのだろう、見つける事ができなかった。 小学校の手前で対岸に移って戻る。 アン♡には物足りないだろうが、今朝は40分程の散歩。 8時に出かける。
今日は、孫娘のひとりから幼稚園のクリスマス会に呼ばれている。 
劇と歌と合奏を披露してくれるそうだ。 
こじんまりとした講堂、 クラス毎に入れ替え、一時間の発表会だった。
8121320 8121323

劇のフィナーレ。そして、演目の最後に両親達から子供達へお返しの合唱。 これは予想外の企画、、いつの間にか子供達の声が一緒になって、心温まるしめくくりでした。 今日と明日で六クラスの発表会をそれぞれクラス毎に行うそうだ。 先生方達には慌ただしくて大変だろうと思うのですが、、大掛かりな催しとは異なり、園児と親との距離がこんなに近くて楽しめる企画も良いものだ、、そんなほのぼのとした温かい気持ちにさせてくれるクリスマス会でした、、。

2008年12月12日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #468、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #90、      これ、三文の徳、、。

6時、目が覚めた。 5時には起きられなかった。 朝の家事を、帰るまで先にのばして、6時半にスタート、、まだ日の出前だ、、。8121115
第一調節池をぬけて、公園北門の手前、、朝日が川霧に射込む、、。
8121118
林の樹々のむこうから陽がのぼる前、公園の広い芝生、、
8121120
中世フランス絵画に出てきそうな、アン♡、、
8121126
陽がのぼって、、、
8121135
朝霧のなかを走り終えた、、。
8121136
これらの景色、僕には、三文の徳になったけれど、、アン♡は走り足りなかっただろう。6時前に家を出られれば、もっと走るチャンスがあったかも、、。

2008年12月11日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #467、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #89、      どうだ、まいったかぁ、、。

毎回、ウォーキングから帰ると、アン♡は、足の汚れを拭いてもらうまで、玄関のたたきにオスワリをして待っています。 ところが今朝は、玄関に入ったとたん、ぺたりと腹這いに伏せたまま動きません。それでも、足を拭いてやると、のそのそケージの中へ、、。その後、スーパーへ買物に行くよ、と誘っても、、一瞬ちらりと見るだけで、いつもとは違って興味無さそうな素振り、、さすがのスーパーガール、アン♡嬢も今朝こそは疲れたとみえます、、ハハハハ、ハァ〜! 
今朝のアン♡は、、思うように走れない僕をいいことに(まだお尻の打ち身が痛いのです)、ひとの制止も聞かずに、あっちこっちと走り回り、ハラハラさせ通し、 極めつけは、帰り道の土手下でのこと、アン♡はザブザブと流れの中へ、、その時対岸に、ゴールデンを連れた女性が通りがかりました。 あぁ〜最悪の事態、、ゴールデンとアン♡の視線が合ってしまったのです。 気をそらさせようとしても間に合いません、、 わぁ〜い、遊び相手だぁ、とばかり、アン♡は尻尾をふりふり、向こう岸へ飛び出しました。 女性にお詫びの挨拶をして、無視するようにたのみました。 さいわい僕よりも犬の扱いに慣れた方のようで、こちらの意図を汲んでくれたようです。 それでもアン♡は、走り回っては誘います。 結局100m程つきまとって、やっとあきらめがついたようでした。 もう一度お詫びをしましたが、、 元気で可愛いですね、、と反対になぐさめられる始末、、穏やかな飼主さんで良かった、、。 そんな気持ちを知ってか知らずか、、いや全く知るはずも無く、、アン♡は始終楽しそうに走り回りました。 家に帰り着いても、アン♡の気分は弾んだままのようです、、 それなら、天気も良いし、温かいし、、いっその事このままドックランへ、行く? 行こう〜! という事になったのです。
北へ約5km、今度は自転車引きで再スタートです。 グイグイ引くアン♡、、ウォーキングの疲れなどまるで感じさせません。 スピードをコントロールしながらも、道が空いていたこともあって、20分程で無事到着です。 15匹程のワンちゃん達が遊んでいます。リードのまま中へ、、4,5匹がアン♡を囲んで歓迎の挨拶、、リードから放します、、。 アン♡は小さなワンちゃんよりも大きな方が良いらしい、、。ラブ君とボクサー君と気が合ったようです。走り追いかけ合い、戯れ合っています。 僕はずっと離れた場所で柵にもたれて見守っていました。   アン♡の行動で以前と変わったところ、、戯れ合って一息つくと、僕を捜して駆け寄って来ます。僕の横で一休み?! そしてまた遊びの群れに入って行きます。 以前は僕など眼中に無し、帰る時まで遊びに夢中だったのに、、。
一時間たっぷり?遊び回って帰ります。また同じようにグイグイ引きます。 
で、玄関でバッタリ、、やはり疲れたのでしょう、、15時までグッスリ昼寝でした。

でも、、外に居る間は、ひとつも弱音を吐きませんでした、、感激。
これもブリの資質ですか、、?!!

8121136
8121103 8121107

ドックランにて、、、                      
8121137
記念にツーショット、、      
8121141 8121142


さてさて、アン♡を自由に走らせている時に、他の犬と遭遇したことで、冷や汗をかいてしまった今朝のウォーキング。 簡単に小川を渡れると、アン♡が覚えてしまった今としては、土手下の片側を通っていれば安全とはいえなくなってしまった。安心して走らせるには、より人が通らない時間を選ぶしかないのかな、、。つまり、今よりも1時間半早めた時間帯、6時から8時半ならば、遊歩道を散歩する人はいても、土手下で犬とのニアミスはなくなる。 それには5時に起床すれば、問題解決!なのだが、、寝坊助の僕はなかなか思う通りに上手く起きられないでいる。  公園では30mのロングリードを使うにしても、四ヶ月の頃とは比較にならない行動範囲に広がっているし、 アン♡の性格と行動力を考えると、100m以上、距離に余裕があるとしても、調節池では他に人や犬がいるときには放せない、、 結局、アン♡を存分に走らせてやろうと考えると、小川の土手下をどう上手く利用出来るかにかかっている、、 とりあえず、、1時間半、早く起きればいいんです!  早起きは三文の徳、、ですかね。               

 

2008年12月10日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #466、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #88、      雨上がりの朝、、。

原っぱには、大きな水溜まりが出来ていた。 昨夜は激しい雨が降ったようだ。
雲がめまぐるしくうごいて、 天気は急速に回復している、、。
8121009
自然公園の一画で、全体を雨つゆで飾り付けた幼木をみつけた、、。
8121022
井の頭公園予約済木と書かれた名札が付いている。成長したら移植されるのだ。
あちこちの幼木に同じような名札が付いている。 ここは苗園なのです。

今朝のアン♡、土手下におりる途中から鼻をひくひくさせ、何かを見つけたようです。放したとたん、まっすぐ小川に飛び込みました。 同時に、一羽の小鳥が飛び立ちました。青く輝きながら水面すれすれに川下に飛び去って行きます。 おいおい、カワセミを狙ったのかよぉ〜〜?! 家の前にカワセミが姿を見せたのは久しぶり、、僕もじっくりながめたかったなぁ〜!  そんな僕にはおかまい無し、、アン♡は、ザブザブと流れの中を追って行きます。 鴨も慌てた様子で飛び立ちます、、アン♡はますます大はしゃぎ、、僕は土手下を追いかけます、、。 イタタ、痛ッ! 右の尻、骨盤の下の部分、、昨日転んで打った処です、、。走るとひびいて痛みます。 お〜い!アン♡、、今日はあんまり遠くまで離れるなよぉ! と言ったところで、聞き分ける訳ではありません、、しかたなくゆっくり後を追います。 しばらくして、興奮が治まったのでしょう、、アン♡が駆け戻ってきます、、。 今日もコースを短縮、、自然公園をぐるり回って戻ります、、。

近頃、ちょっと大人びたアン♡の横顔です。(自然公園にて、、)
8121018
なかなかの、、美人、、?!?!

来春がたのしみな自然公園の桜の樹々をバックに記念写真、、。
8121027 8121029

8121030 8121031

桜の頃、誕生日直前のアン♡、、どんな犬に成長しているのだろう、、。

2008年12月 9日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #465、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #87、      自転車引きに初挑戦、、。

さてさて、今朝は、いくつかの条件が重なって、、アン♡にも僕にも初体験、、自転車引きに挑戦しました。目的地は直線で5km程東、いつも行く公園の少し先にあるホームセンター。開店が9時半と知って、ウォーキングを兼ねてドックフードを買いに行くことにしたのです。 公園を抜けるまではいつものコース、、公園の東の端で国道に出て、さらに東へ1km、、家を出るときは、おそるおそるのスタートでしたが、アン♡は目的地までしっかり走り遂げました。 というより、予想以上のスピードで走りつづけるアン♡のたくましさに、すっかり感心させられました。実際はブレーキをかけ、速度をコントロールしていることも多かったのですが、、それでもぐいぐい引いて行く力強さは驚嘆です。 一転して店内では、カートに乗せて買物するのですが、 可愛い可愛いと人気者でした。 僕としては、とても良い気分、、よし、ここへの買物はアン♡と一緒に来る事にしよう、、なんて考えていました。
8120903 8120904

そして、帰り道、、アン♡も、僕も、来る時の緊張感がゆるんだ?のか! 二度転びました。 一度目は大通りで、 走っていたアン♡が急に止まった事に対応出来ず、、。往きでは、ただ真直ぐ走る事に夢中だったアン♡も、同じ道を戻る帰り道では余裕が出来たのかもしれません。イチョウ並木の枯れ葉の中に、気になる匂いを嗅ぎ付けてしまったようでした。 とっさに車体をすべらせるようにして倒したので大した事はなかったのですが、チェーンは外れ、右の尻をひどく打ってしまったようです。 その時アン♡は、、ねぇ、どうしたの、だいじょうぶ? と笑顔で尻尾を振って見ています。 泣くに泣けず、怒るに怒れず、照れ隠しに笑いながら起き上がったものの、右尻の痛い事、、。それでも緊張感がもどって、アン♡の様子に気を配りながら、少しゆっくり走らせました。 さて、二度目は、、これは、まったく僕の不注意。遊歩道の車止めを通り抜ける時、何度かは、車からおりて通ったのですが、家に着く直前、最後の車止めを乗ったまま抜けようとしてバランスを失ったのです。一度目よりも哀れな恰好で転びました。アン♡の顔が、このときは、呆れた表情に見えました。
とにかく、自転車引きの初体験は、アン♡を長い時間走り続けさせる良い経験になりました。 この自転車、R.R.でも、ちゃんと注意すれば使えそうだし、、ウォーキングの代わりに月に一,二度予定してみようと考えています。
それにしても、
まだ七ヶ月になったばかりだというのに、
途方も無いスタミナです、アン♡は、、。
(これはブリの特質でしょうか、、?) 

2008年12月 8日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #464、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #86、      枯れ葉の季節、、。

昨夜の上弦の月と金星木星はキレイだった、が、その分、今朝も冷えた。
天気はゆくりと下り坂のようだ、、。
8120840
今朝のアン♡は、土手下におりると走った。200m以上もの直線を一気に駆けて、
ゆるやかに右にカーブした先で姿を消した、、。しばらくすると、全速力で戻ってくる。嬉しくて楽しくてしかたない、そんな表情でみつめて突進してくる。そんなアン♡が可愛くてしかたない。 ひと走りすると、対岸になにかをみつけたようだ、、。
8120801
この後は、注意して見ていないと、不意に小川へ飛び込んで行く、、。この時は、中年の女性がトイプードルを連れて歩いていた。さいわいアン♡には気付いていない様子。 ノン!と声をかけて、アン♡の注意をそらした。 その後は何事も無く調節池まで駆け抜けた、、。
調節池の原っぱで、忘れ物だろう、フラフープをみつけ、遊ばせてもらう事にした。 転がすように投げると、喜んで追いかける、、。
8120811
はじめは、扱いに戸惑っていたが、、すぐに慣れて、、
8120819
この通り、、。

紅葉は終り、、この後は、木枯らしが吹くまでの、短い枯れ葉の季節、、。
自然公園の枯れ葉のなかを散策する事に、、
8120830
ここでもアン♡の本能をくすぐる匂いが、、、
8120824 8120827

8120834 8120838

スギ科のラクウショウのとげとげの落ち葉も、ケヤキの林でも興味津々、、。
落ち葉の自然公園もアン♡にはワンダーランドだったようです、、。

帰り道の土手下は、、?? もちろん、泥だらけのびしょびしょ、でした。
今年は、シャワーで、水道代もガス代も、予定以上の請求かなぁ〜〜。

2008年12月 7日 (日曜日)

独り言、、、上弦の月と、金星木星の大接近。

18時、すでに暗い夜空。
快晴の頭上真上から少し南へおりたところに、上弦の月が白く輝いている。
そこから西へ目を移すと、住宅の屋根ぎりぎりの高さに、二つの明るい星がみつかる。
暗い夜空にひときわ明るい星です。他の星のように瞬きません。太陽系の惑星です。
大きく光っているのは、金星、宵の明星。その右下に少し小さく光るのは木星。
これから一週間、月の出は日毎に東に遅れて満月に近付きます。
その間も、この二つの惑星をこうして並んで見る事が出来ます
東京では星空をたのしむ事が容易ではなくなりましたが、
大気が澄んでくるこれからの季節、太陽系の惑星が、とくに美しく輝きます。

ぼくのウォーキング日記 #463、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #85、      初霜柱、、。

快晴、無風、寒気、、放射冷却の三要素だそうだ。 
この三要素が揃って、冬が足早にやってくる、そんな明け方の冷え込みだった。
    8120711
    やわらかな土を持ち上げて、シーズン初めての霜柱、、、。

先日の強い雨と風で、紅葉も終わった、、。
    8120719
イチョウの林では、落ち葉が雨に濡れてしまったせいだろう、、
8120701
黄金色の絨毯は、ふかふかのやわらかさと豪華さが失われてしまい、、 
8120706
どこか寒々しい、、、。
8120708

公園で、今年最後に残ったイチョウの樹に出会った。
8120718
昨年最後に紅葉したイチョウはこれよりも200m西にあって、今年はいっぺんに茶色に枯れ、黄色に色付く前に散ってしまった。 このイチョウは強い風雨にも葉を散らさずに耐えている、、しっかり色付いて、有終の美を飾ってほしいものです、、。

さて、アン♡はといえば、、今朝ははなから行動パターンが違っていて、予定を大きく狂わされてしまった。 土手下で放したとたん、これまでなら、走って走って、まずは気がすむまで走って、調節池に着く頃に何かで遊びたいと気持ちが切り替わるのですが、、今朝は最初からお遊びモード全開、、一気に小川に飛び込みました。 鴨はもちろん、鷺、ハトにカラス、スズメやシジュウカラ等野鳥の群れ、あげくは野良猫まで、見つけた物はなんでも、追って追って、追いまくります、、。 とうとう公園に着く前に、泥だらけのうえに、野草の種を身体中に付けて、びしょびしょぐしゃぐしゃ、、 帰り道ならともかく、、残念ながら到底ワンちゃん達の集まりに参加出来る状態ではありません。 しかたなくいつもの芝生を大きく迂回して、公園の紅葉を確認して回って来た、、という訳です、、。 林の中でも、枯れ葉を蹴散らすように走り回り、まったく落ち着かないアン♡でした。 もちろん、帰りの土手下では、向こう岸や流れの中、いつも通りの大暴れ、、これから、寒さがきびしくなっても、平気でこんな調子なんでしょうか、、?! こっちが付いて行けるか、不安になります、、。

2008年12月 5日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #462、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #84、      枯葉、、、

今日は、晴れから雨へ、天気の変わり目、、青空に灰色の雲、慌ただしく入れ替わる、、。
8120514
季節外れの強い南風が吹いて、色付いたイチョウの葉が風に舞う、、、。
8120531
今年は、楓の見頃がなかったけれど、トウカエデの林では、強風に散り積もった落ち葉がいつも通りのうつくしいグラデーションをたのしませてくれた。
8120513
帰り道で自由に走らせるかわりに、、トウカエデの林で撮影、、   
8120520 8120523

8120525 8120535
このイチョウは茶色に焼ける事も無く
                   完璧に黄金色です。

今朝の帰り道では、アン♡はストレスをいっぺんに、おもいっきり発散するような走りで、小川の両岸を駆け回り、おかげで僕はハラハラし通し、、。同じ土手下を走っている間はいいとしても、突然流れに飛び込み、水しぶきを上げているかとおもえば、反対岸に飛び出して走り出します。さいわい、散歩する人にもワンちゃんにも出会わなかったのがなにより、、。ひとり冷や汗をかいていた僕をよそに、もしかしたら、アン♡はスリルを感じたのしむように走っていたのかもしれません、、そこまでは、ないかなぁ、、でも、アン♡の様子からは、そんな気分が伝わって来るのでした。ひとつ進歩したとおもえたのは、、コイ!の指示に素直に反応できたこと、なんだけど、、これも今日だけかも。アン♡をコントロールするのは、ますます難しくなりそう。

2008年12月 4日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #146、、、、、娘からの土産、、、。

昨日、三日、逗子で娘と逢った。 ランチデートだ。 別れ際に、駅前の魚屋でブリの切り身、うるめいわしのメザシ、しらす、を、わざわざ来てくれたんだからと、買って持たせてくれた。あれ、、いつの間にか、、立場が代わった、、?! どれも僕の好物で、、どこかこそばゆくて、でも嬉しかった。
ブリは、昨日今日、塩焼きと照り焼きにして、二切れを食べた。 しらすは、大根おろしをそえて、、。うるめいわしはお茶受けにして二刺しを食べおわった。
8120401
近所のスーパーでは、買えない美味しさだ、、。 娘に感謝!
三枚目のブリ、、ブリ大根にしようか、、。

逗子の魚佐次、、いつもお客で賑やかな、魚やだ。

ぼくのウォーキング日記 #461、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #83、      寝ても寝ても、疲れがとれない、、。

目が覚めて、すぐにテレビをつけた、、。
えっ、! 『はなまるマーケット』が始まっている。 8時半を過ぎたぁ〜。
アン♡も同じ枕にあごをのせて、寝息をたてて、、いや、ぎょろりと目が合った。
なんだ、起きていたのかぁ、、。気を遣って起こさなかった?そんな訳ないか?!
すぐに着替えて、ウォーキングの支度、、
といっても、その前にしなければいけない事もあるし、今日も昼から外出する。
コースは、調節池との往復に短縮、、その代わり、なるべく沢山走らせてあげよう。
9時を過ぎてスタート。 土手下でアン♡を放す、、一目散に駆けて行く、、
仕方なく僕もジョギング、、するとすごいスピードで戻ってくる、、2〜30m通り越してクイックターン、、また追い越して走り去って行く、、。 
かとおもえば、50m程先で立ち止まり、振り返っては、こちらを見ている、、
まだ来ないの、、遅いよう〜、、とでも言いたそう。
小走りに近付くと、、先に行くからね、、と駆出します。
そんな事を繰り返しながら、調節池へ、、、だけではありません。 
そうそうからかわれているみたいでは、こちらの面目がありません、、。
アン♡の姿が見えなくなったのを見計らって、背の高いススキの中に隠れます。
僕を見失ったアン♡は、大いに慌てて僕を捜しに戻ってくる、、と思いきや、、
ぼくの前にぴたりと止まって、、いたいた、見つけたよ、と嬉しそうです、、。
よしよし、と照れ隠しをしながら、、ご褒美をひとくちあげます。
ここでは、一枚も二枚もアン♡の方がウワテです、、。
調節池の南の広い原っぱ、、丘の上から小枝を投げて、、持ってコイ!、、
8120409
駆け下りて、駆け上って、、どう、ハードでしょう? いやいや、アン♡にはちょうど良いお遊びのようです、、。

調節池の向こう、、北にあるハケの斜面の林も、すっかり色付いています。
8120405
トウカエデの林では落葉が進み、陽射しが射込むようになりました、、。
8120407
ひと月もすると、無彩色な冬が訪れます、、。

帰り道のアン♡は、走るだけではありません。 鴨を追いかけて、小川の中にいる方が多いくらい、、もうこちらの声は届きません。 こういうとき、ワン友達に会わない事を祈ります。こんなびしょびしょで遭遇して、遊ぼうなんて寄って行ったら、それこそ嫌われちゃいます、、相手の飼主さんに、、。

アン♡は昨日三日で満七ヶ月を迎えた。今日、月に一度の健康診断に行った。
とても良い発育です。皮膚ももう問題ないようです。と先生の言葉。
そろそろ、ヒートに気をつけてあげてください。とも言われた。
もうそういうお年頃、、なんだ、、思春期、急に現実味をおびてきた、、。
今日の体重、、13.25kg。 フロントラインプラスを滴下。

2008年12月 3日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #145、、、、、思い出のイタ飯屋さん、、。

月に一度の墓参り、、そこから逗子にまわって、上の娘とランチデートの予定。
朝8時半には出かけるので、ウォーキングの代わりに、アン♡を散歩に連れ出す。
小川の土手下を800m程下って往復、アン♡には物足りない距離だろうけど、
時間をかけて遊んできた、、つもり。
8120313 8120315
やっぱり、水辺の鴨が一番の関心事、、
ただ今朝は、リードを外せないので、そぉっと近付くだけ、、追いかけるのは、またこんど、、、。

駅に向かう途中、XXXさんちの畑、手前の作物はカリフラワー、、。
    8120317

いつもの花屋さんで、墓前に供える花束を購入、、。
8120318
今日も墓前には沢山の花が供えられていた。その中に加えさせてもらった。

約束の時間、ぎりぎりに逗子駅に到着。今日目当てのランチは、小学校のママ仲間に評判だというイタ飯屋さん。店で待ち合わせる事に、、。テーブル席が20席のこじんまりした、清潔感のある白い壁が好印象の店内です。 地元の野菜と魚料理が自慢と言うお店、、ランチメニューはパスタセット。二種類のサラダ+六品のパスタ+三品のドルチェ+珈琲か紅茶、から選ぶ。ママ友の間では、サラダの食材とボリュームの豪華さ、自家製ドルチェの美味しさ、がとくに人気なのだとか、、。 魚介類のサラダ、鶏ささみのサラダ、かぼちゃスープのニョッキ、地元キノコのパスタ、前菜に一品アオリイカマスタード風味を、そしてレアチーズケーキ、栗のプリン、珈琲と紅茶を注文した。
結論から言ってしまおう、、。サラダの野菜、魚介類、は地元の穫れたてを使っているだけあって、新鮮さがきわだっていて美味しい。自家製ドルチェの味も満足。紅茶も、おっ!と思える程、しっかりした香りと味の茶葉を使っていた。  残念なのは、、パスタ、、ニョッキは、味も食感も、僕の定義から遠く外れてしまっていた。かぼちゃのスープが美味しかっただけに、あのニョッキは論外だ。キノコのパスタも味付けはそこそこ、、ただ、べたべたするばかりで、、、。サラダとドルチェを食べるだけには、行き難い、店です、、。12時から14時まで、ゆっくりはできたのですが、、その間に、お客は8人だけ、、。お客さんは正直、、かな?! 店名、写真もひかえておく事にします、、。
厨房には50代とおもわれる男性、フロアには女性が一人、二人で切り盛りしている、と、ある店を思い出した。 十年前に店じまいしてしまった行きつけのイタ飯屋さんだ。 当時週に三日、フィットネスクラブでトレーニングをしていたころ、トレーニング後の昼食に毎回、何年も通った店、、30代終りか40初めらしいオーナーシェフが、若い女性のフロアスタッフと二人で、ランチもディナーも頑張っていた。 そのシェフの料理が、ぼくのイタリア料理の判断基準となっている。今では、消息不明だが、、忘れられない味だ、、。 

2008年12月 2日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #460、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #82、      晩秋、最終章のまえに、、。

雨上がり、どんよりとした曇り空、、予報では午後には晴れると言うが、そんな様子はまるでない。べったりと厚い雲がはりついている、、。
南側の土手下を通り、調節池を東にぬけて、公園の北地区を斜めに横切って南地区に移る。今朝の最初の目当ては楓の紅葉。樹の下に着くまで、アン♡を走らせた。僕を中心に、縦長の大きな楕円を描くように、嬉しそうに、走り続けます。
8120220
楓の樹の下につないで、紅葉を撮る、、。
8120223
実際は濁ってしまった赤なのだが、曇り空の割には、写り映えがする、、。
8120226 8120230

ここはモミジの一番お気に入りのビューポイント。晩秋を華やかに彩ってくれる。
8120210

小さな林をぬけ、芝生を横切っておおきな林へ、、その奥にイチョウの林がある。
樹齢3,40年のイチョウが数十本植えられている。銀杏拾いで賑わう場所だ。
    8120238
そこから200m程離れた別の林に、樹齢60年以上と言われるイチョウが四本ある、、
    8120248
    ここの落ち葉の絨毯は、毎年じつに見事です、、。

公園の西のはずれ、、背の高いケヤキの向こうに、一本のイチョウがあります。
8120255
毎年、最後に色付くイチョウです。やっと樹全体が染まりました。 北風に吹かれて葉が舞う姿は、じつに豪華で美しい光景です、、。
そこから、さらに100m程西、、まだ緑のままの楓があります。
晩秋の最終章を華やかに色鮮やかに飾ってほしいのですが、、。
8120259
今年の紅葉は、イチョウも楓も、こころに残るあでやかさに欠けていました。

ここからは、まっすぐ北へ、土手下に向かいます。そして、一本道の土手下は何でもアリの帰り道、、鴨を追って小川をさかのぼったり、枯れたススキの群生にもぐり込んだり、、アン♡の一人舞台です。

2008年12月 1日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #459、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #81、      モンスター消費者になりたくはないけど、、。

まずは、寝坊の言い訳、、昨日は新宿に出かけた。9時過ぎに出て帰宅は14時。就寝が23時前、今朝起床が7時、しっかり8時間熟睡したことになる。ウォーキングのスタートは7時半過ぎと遅くなったけれど、おかげで体調は良い。 ただ6時前に起きるには、22時前に寝なければならなくなる、、年寄りの早寝早起きの習慣って、こうして否応無く出来上がっていくんだぁ、、。とくにこれからの寒くなれば、布団からは増々出たくなくなる、、無理が利き難くなって来た自分をストレートに実感させられる冬になりそうだ、、。クワバラくわばら、、。
アン♡はといえば、そんなことはお構いなく、 走りに行こうよ! と催促してきます。 土手下から調節池へ自由に走らせ、、原っぱでもいっぱい走らせてあげるから、今朝は、そこまでだよ。と勝手に話しかけて決めました。
8120113
1m程の、遊び道具としてはちょっと長くないかと思う程の枯れ枝をみつけ、その扱い難さがかえって気に入った様子、、投げておくれよ!と持ってきます。
8120111 8120114

端をくわえて引きずったり、、バランス良くくわえて走ったり、、ボールでは味わえない楽しさを感じ取ったようです。

さて、今日は、あるペットフード会社の相談窓口に電話をかけた。 相談ではなく、苦情を言いたかった。  アン♡には、幼犬用のドックフード、一袋1kg入りを買い、与えています。最初は一日の量が200g、今は350gに増えています。一袋を5日で消費していたのが、成長するに従って4日になり、今では3日もちません、、しかも、きちんと計って与えているのに、減り方が早過ぎます。そこではじめて気がつきました。1kg入りが、実は800g入りに変わっていたのです。1kg入りと思い込み表示を見落としていた、と言われれば、それまでの事なのですが、、。 このブランドは、最近、袋のデザインを一新しました。売り場の担当者の話では、値上げに伴うデザイン変更だということです。実際、およそ100円、値段が高くなっていました。この社会状況です、値上げも止むを得ない事と納得していましたが、実際は同時に減量していたのです。 個人的な使い勝手を言わせてもらうなら、、値上げしても分量は1kgのままがいい。 ペットフード専門会社のはずなのに、このメーカーは、どんなマーケティングリサーチを行って、値上げと減量を同時に実施したのだろう、、。疑問と不信がわいてきてしまったのです。 取り越し苦労、、考え過ぎ、、?! これって、モンスター消費者?
今回の電話で知ったこと、ペットフードにもメーカー希望小売価格と店頭価格があって、メーカー値上げ分以上に店頭価格は値上がりする。まっ、それでもまだ、店頭価格はメーカー希望小売価格より安いんだけど、、どうでも良いと言ってしまえば、たしかにささいな事、、それでも、なぜか気分はスッキリしません。 

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »