フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #483、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #105、      走りだめって出来る、、? | トップページ | ぼくの写真日記 #152、、、、、孫娘からのリクエスト、、。 »

2009年1月 6日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #151、、、、、今年最初の墓参り、、そして、、。

今朝の日の出、、我が家の前、小川の流れの正面から昇った、、。
     9010604
7時、アン♡を連れて散歩に出ると、 これまでは北岸の住宅の屋根の向こうから顔を出していた朝日が、50m程川下の橋の正面奥から昇ってきた、、。 二月に向かって、気候はいっそう寒くなって行くが、日の出は少しずつ南に移動して、季節を春へ導いてくれる、、。

今日は月に一度の墓参り、、
アン♡との散歩を済ませて、8時過ぎに家を出た。
正月も六日になると、電車はいつもの混雑に戻っている。
東京駅まで立ち通し、ちょっと辛い、、。
東海道線のダイヤが乱れ、遅れている。踏切でトラブルがあったらしい。

目的地の駅前で、花束を買う、、。
9010605
正月だからではなく、あの方の墓前は花でいっぱいだ、、。
墓石の正面に横にして供える、、。
いつもより少し長めに手を合わせて新年の挨拶をした、、。

逗子にまわって、駅前から娘宅へ連絡をする、、。
今日は体調が芳しくないらしい、、外でのランチを取りやめ、
弁当を頼まれた。 駅の近くに美味しい店があるらしい、、。
大通りから路地を10m程入ったその店は、
三十代の夫婦が営んでいる小さな小さな店だった。
韓国惣菜専門店 キムチ工房』という、、。
愛想の良い奥さんと、人の良さそうなご主人、、
一人娘だろうか、小学高学年らしい女の子が手伝っている。
カルビビビンパを三つ求めた。 オーダーしてから調理してくれる。
当然客の列が出来てしまう、、それでも静かに順番を待つ客達、、
この店の評判が理解出来る、、。

娘宅で孫君と再会、、。土産のロープを手渡し、遊び方を教える、、。
腰にロープをまわして片手だけで引き合い、相手をよろけさせる、
TVゲームなど無かった昔の小学生の遊びだ、、。
孫君は結構興味をしめして楽しんでくれたようだ、、。
その後は、ベーゴマ、そして将棋、、ひさしぶりに一緒に遊んだ。

弁当と一緒に、なつかしい味を食した。
娘達が暮れに母親の家に集まり手伝って作ったおせち料理だ。
まぁ、かつての妻の料理だが、元は義理の母の味だ、、。
今回から孫達も一緒に手伝って作ったそうだ。
義理の母の味のその元は和歌山の義祖母だと聞いている、、。
美味しい味がそうして受け継がれて行くのは嬉しい事だ、、。

« ぼくのウォーキング日記 #483、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #105、      走りだめって出来る、、? | トップページ | ぼくの写真日記 #152、、、、、孫娘からのリクエスト、、。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #483、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #105、      走りだめって出来る、、? | トップページ | ぼくの写真日記 #152、、、、、孫娘からのリクエスト、、。 »