フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #522、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #144 、      リーダーウォーク #32、、、、           '09 サクラめぐり #6 、勝手に開花宣言、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #523、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #145 、      リーダーウォーク #33、、、、           '09 サクラめぐり #7 、、。 »

2009年3月22日 (日曜日)

ちょっと独り言、 三月二十二日         間瀬寛子というジャズサックス奏者

一人のジャズテナーサックス奏者がいる、、。間瀬寛子という若い女性だ、、。
メジャーデビューはしていないが、、 人気急上昇、若手有望株、といわれ、、 ライブハウスで演奏活動をつづけている、、 いや、正確に言うと、、つづけていた。 先日、彼女は楽器を置き、演奏活動を休止せざるを得なくなった。 原因は骨が変形して行く病気だ。 これまで11年間、病と闘いながらサックスを演奏し続けてきたが、とうとう楽器を持つ事も不可能な病状に至ってしまったという。 この事態を彼女のブログで知った。 他に、間瀬寛子で検索すると、どんなに好かれ期待されていたかが判る、、。 彼女のサックスを何曲か聴いたことがある。羨ましい程の演奏、やさしく穏やかで、こころに残る憧れの歌声だった。 彼女は僕と同じ師に付いている。いわば、妹弟子ということになる。ただし、実力は雲泥の差だ。 発表会そして二次会、そこでの演奏を聴いて、隠れファンになった。  その間瀬寛子から、若さも、愛らしさも、才能さえも奪われてしまうことになりかねない状況に至っている。 残酷です。

慰めも、励ましの言葉も、気休めでしかないと痛感します。
サックスを持って戻ることを期待して、待つしかありません。 

« ぼくのウォーキング日記 #522、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #144 、      リーダーウォーク #32、、、、           '09 サクラめぐり #6 、勝手に開花宣言、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #523、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #145 、      リーダーウォーク #33、、、、           '09 サクラめぐり #7 、、。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #522、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #144 、      リーダーウォーク #32、、、、           '09 サクラめぐり #6 、勝手に開花宣言、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #523、         ブリタニー:アンジェラ♡と一緒に #145 、      リーダーウォーク #33、、、、           '09 サクラめぐり #7 、、。 »