フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #597、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #219、、   ツーショット写真、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #600、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #222、、。 »

2009年7月17日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #195、、、、、紫陽花のおわり、 のつづき、、。

去年、娘に紫陽花の鉢を贈ったことがある。美しく色が変化する西洋アジサイ、ハイドランジアの一種で、淡い色がさわやかで気に入ったのだった。 デリケートな品種らしく、手入れ法のチラシが付いていた。扱い方、性質等について発売元の園芸農園に問い合わせると、知的財産の侵害に当たるとかで、説明を断られてしまった。むやみに殖やす事も法に触れるらしい。 もともと紫陽花は日本原産の花で、江戸時代にヨーロッパに紹介され人気を得て広まったのだと知った。 そして近年、ハイドランジアとして逆輸入され、国内で新しい品種が数多く開発、発売されているのだと、、。 紫陽花が清楚でおくゆかしいのにくらべて、西洋アジサイ、ハイドランジアは豪華さが際立っているようにおもえる。 そして、「秋色あじさい」という言葉もこの時知った。 咲きはじめから何度も色を変化させ、最後にみどり色になったものをそう呼ぶのだそうだ。 
そういえば、紫陽花と言えば、梅雨の季節に小雨に濡れながら鮮やかに咲いて、夏の強い陽射しにさらされると茶色くしおれ枯れてしまう花だと思い込んでいた。 この秋色あじさいにまで保たせるには、手間がかかるのだそうだが、 その色を楽しみ、ドライフラワーにアレンジしてさらに楽しむ人も多いのだそうだ、、。 その秋色あじさいを、今年は、あちこちのお宅の庭先で見かけるし、林の木陰に自生している株でも見かける、、。去年までは気付かなかったことだ。 今年の天気、気象条件が影響しているのだろうか、、。  昨日は、その色の美しさに魅せられて載せたのだが、、 小雨の今朝、 アン♡をトイレ散歩に連れて出た間に近所のお宅の塀際でみつけた秋色あじさいも紹介しておきます、、。
9071702
9071704
先日撮っておいた、秋色あじさい、、
9071715
9071716
ところで、我が家のこの紫陽花も、秋色あじさい、と呼んで良いのだろうか。
9071701

もうひとつ、 アン♡が見つけて、あぶなくクワエテしまいそうになった、、
9071706
カタツムリ、、。 動くものには何にでも好奇心満々のアン♡です。 

« ぼくのウォーキング日記 #597、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #219、、   ツーショット写真、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #600、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #222、、。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #597、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #219、、   ツーショット写真、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #600、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #222、、。 »