フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #678、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #300、、  | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #682、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #304、、   おいおい寒くないのか、、 »

2009年12月 7日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #680、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #302、、   

今朝は、昼から外出するので、ルートも時間も短縮、、 アン♡を走らせることを主体にして、調節池を目指します。 広い原っぱで林からのぼる朝日を背にしたアン♡。
9120706
調節池の原っぱを東へ走りぬけて、、
9120708
その先の第一調節池も走り抜けて、、東の端から西へ戻ろうとした時、 一瞬立ち止まって、左に顔を向けたかとおもうと、ススキの群生の中に飛び込んだ。 そのガサッという音と同時に大きな灰色の鷺が飛び立つ。 アン♡は鷺を追って土手を駆け上がり、遊歩道を横切って小川の流れの中へ。 鷺は流れに沿って悠然と羽ばたいていきます。 追いかけて流れを駆け下るアン♡、、。 僕は懸命にアン♡を追いかけ、、土手を駆け上り、下り、土手下を走った、、 心臓が口から飛び出しそうとは、このこと、、 こんなに懸命に走ったのは、最近では記憶に無い。 200m程先、アン♡が姿を見せた。 左右に首を振って、僕を確認したのか、駆け寄ろうととして、途中で止まった。リードが何かに引っ掛かっているようだ、、。 もう走れない、ハアハアと荒い息をしながら近付いた、、。 それにしても、30mのリードの端をも見失って振り切られてしまうとは、、 アン♡の俊敏さスピード運動能力の高さはスゴイ、、 反面今更ながら自らの衰えをおもい知った、、。 アン♡をヨシヨシと抱き寄せる、、。 アン♡は舌をだらりと出して息をはずませながら、瞳がキラキラ輝いている、、。 びしょ濡れの上に、草の種を身体中に付け、、さぞ楽しかったのだろう、、 人の気も知らずに、、。 早く帰ってシャワーを浴びさせよう、、。 今回も僕の不注意から、おもわぬアン♡の冒険、でした。

さて、家を出てすぐに、黒いワンちゃんに出会った、、
9120701 9120702
フラットコーテットレトリバーのルーディさん、3才。まだまだお転婆娘なんです、という飼主さん。 ルーディさんもアン♡に好意を持ってくれたようだし、良い友達になれそうです。また会えるといいね、、。
(朝6時半を回ったばかり、光量不足で手ブレボケです、、)

« ぼくのウォーキング日記 #678、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #300、、  | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #682、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #304、、   おいおい寒くないのか、、 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #678、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #300、、  | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #682、         ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #304、、   おいおい寒くないのか、、 »