フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #871、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #493、、   | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #877、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #499、、   »

2010年11月23日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #368、 ふたつの出来事。

朝食の支度をしていると、 起きて来た弟が、『兄さん、犬、散歩に連れてゆく、、』という。 え??と聞き返した。 リード無しでも素直に付いてくるクー♠はいいとして、 力の強いアン♡は、身体の自由が利かない弟には、イザという時、御しきれないから無理だよ、と言うと、 『そう、なったら、放すよ、いいか?』と聞き返して来た。 たしかに、事故の心配が残るものの、アン♡とクー♠もちゃんと一人で帰っては来る。これまでの小脱走でわかっている。それに、弟が二匹をトイレ散歩に連れて行ってくれたら、正直助かる。 来春二月には一週間、家を空けなければいけない用があるのだ。 その間は、弟と母はショートステイ、 アン♡クー♠はドックホテルに、と考えていたのだが、、 『それまでに、自分はもっと動けるようになる。 兄さんがいなくても、母さんと二人でちゃんとやれるよ。 だから、今から犬の散歩の練習をしたい。』と言う。 この二ヶ月での弟の回復ぶりは目を見張るばかりだ、、これならショートステイではなく、ヘルパーを依頼すれば、十分やっていけそうな手応えもある。料理の手を止めて、アン♡にリードを付けて弟に託した。 「あれ? とうさんじゃないの?」とでも言っているのか、怪訝そうにこちらを見たが、二人とも弟に急かされて出て行った。 後は、アン♡を信じるだけだ、、。 門から通りに出る時、遊歩道から土手下への石段、水辺の誘惑、等々、、弟の指示にきちんと従うだろうか、 気になりながら朝食の支度をすませた。 皆の後を追う、、 遊歩道から気づかれないように土手下を探す、、 石段から100m程下流に皆の姿が見えた。 クー♠のリードを持った母、アン♡を連れた弟。 おぉ、弟のゆっくりとした歩みにアン♡が付いてゆく。 引っ張る様子も無い、、大丈夫そうだ、、しばらく見守って、ホッとして家に戻る。 テーブルに料理を並べていると、何事も無く帰って来た。 とりあえず、一回目は成功というところだ。
10110202
過日、弟用のイスで丸くなるアン♡。 
僕のイスには乗ったこともないのに。

追記。
火曜日はスーパーの安売りデイ。 もちろん買い出しにいきます、、アン♡クー♠を連れて、、です。 
10112302 10112303
入口の前で大人しく待つお二人さん。
買い物をすませて、リードを解きに近寄ると、アン♡は手提げ袋の中に鼻を突っ込んで<アタシの荷物は?>とあさります。 毎回、モヤシを買って、アン♡にくわえさせ運ばせて帰るのです。 今回もモヤシの袋を取り出して、、 はい、これだよ。と顔の前に差し出すと、パクリとくわえて歩き出します。と、ここまではいつもと変わらないアン♡だったのですが、、 この日は途中でガラリと変わってしまいました。 突然、ポトリとモヤシを落とすと拾おうとしません。 あらためてくわえさせようと鼻先に差し出すと、顔を背けて拒否します。明らかにイヤだと意思表示なのです。 何事にせよ、イヤだと意思表示したのはこれが初めての事、、 僕の方がどう対応して良いのか一瞬迷いました。 とはいえ、アン♡の思い通りにさせる訳にいきません。 そこは大通りですが、両側は植木畑で住宅はありません、、意を決して置き去りにする事にしました。 桜並木の間にあった街路灯にリードを結びつけて、振り向かずに立ち去ります。 しばらくしてアン♡の鳴き声が聞こえてきます。 無視して家に帰ります。 時間にして2分程。 台所まで鳴き声が聞こえてきます。 買い物袋を置いて、アン♡のもとへ、、。 僕の姿を見ると鳴き止み、きちんと座って見つめています。 近付いてモヤシの袋を鼻先に出します。 やはり顔を背けて拒否します。 仕方ありません無言で背を向けて置き去りにします。 鳴き声が家まで聞こえます。 もう一度アン♡のもとに戻って、同じようにモヤシを出しますが、同じように拒否します。 また、置き去りです。 家まで鳴き声が聞こえてきます。 なぜ、急に突然拒否したのだろう。 答えは何も浮かびません。 でも、何か前向きに行動しなければ解決できない。そう悩みながら、再びアン♡のもとへ、、。 リードを解いてやり直しです。 そのままスーパーへ向かい、あらためてモヤシを買い、アン♡の前に差し出す。 アン♡がくわえた。そのまま家まで帰り着いた。 イイ子ダ。ありがと。と言って、モヤシを受け取り、褒めてやる。 これが突然拒否の顛末です。  なぜ急に拒否したのか。 その前後を思い返してみると、 ひとつ、ありました、、 アン♡がモヤシの袋を落とす前、 後ろに付いて来たクー♠が並木の植え込みの横でウンチをしたのです。 すぐに戻って拾い取りワンコ袋にしまって、さぁ帰ろうと向き直った直後に、アン♡がモヤシを落としたのです。 そして、あらためて、スーパーへ行こうと歩き出した後、アン♡もウンチをしたのです。 もしかしたら、これが原因だったのかもしれません。 <アタシも用を足したいの。>と言いたくて、モヤシを放したのかもしれない。 だとしたら、ちょっと反省の余地ありです、、。 

« ぼくのウォーキング日記 #871、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #493、、   | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #877、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #499、、   »

コメント

子はかすがいならぬ 犬はかすがい(*^^)vですね☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #871、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #493、、   | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #877、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #499、、   »