フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #931、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #553、、  咲いたぁ! サクラ、、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #932、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #554、、   »

2011年3月16日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #392、    孫嬢の卒園式、そして計画停電

15時30分、突然 PCが落ちた。 隣の部屋のTVも消えた。 やるぞ、やるぞ、と言いつつ、回避されていた計画停電の不意打ちだ。 さて、どうする?! 少し早いが、陽のある明るいうちに夕飯の支度を済ませておくことにした。 
あらかじめ自宅が5つのグループのどれに属しているのか、 東京電力のHPで調べたのだが、あれは当てにしない事にした。 なぜって、不親切極まりないグループ分けなのだ。 我が家が属するXX市YY町は東京電力のHPでは2、3、4の3グループに分けられている。 1〜5丁目まであるのだが、それぞれどのグループにあてはまるかは表示されていない。 つまり、貴方の家は2、3、4のどれかのグループに属しています、、それだけなのだ。  突然電気を遮断されても、あぁこれが計画停電なのだと理解することにした。 この震災で被害に遭われた方々をおもえば、この程度の事、不平を言ってはいられない。
夕飯の支度を済ませて、アン♡クー♠をトイレ散歩に連れて出て、おもしろい光景に出会った。 通りをはさんで、明るい窓が連なる住宅と、暗くひっそりとした町並み。 向こうとこっちで様子がまるで違うのだ。  日暮れ前我が家と同じ停電側、、そして、我が家の通電と同時に停電になった通りの向こう側、陽も沈み信号も消えて、警察官が赤色灯で手信号の交差点。
11031602 11031604

さて、午前中、孫嬢の卒園式に、、。 時間に余裕を持って早めに家を出たのだが、JR駅は、改札制限をせざるを得ない程、乗客が押し寄せた一昨日の大混乱大混雑がウソのよう。運転本数は少ないようだが、まったくスムースに乗り降り出来た。 式は予定時刻通りに始まり、園長先生の挨拶ではこの震災が大きなテーマになった。 ありきたりの祝辞に終始しがちな中、活かされて居るのだと改めて強く思い、当たり前のようにこうして卒園式を行える幸せに感謝し、黙祷を捧げようとの言葉が印象的だった。  式の終り、職員先生方が一列に並び、退場する卒園児一人ひとりと握手して送り出した。 そのなかで、一人の卒園児が号泣していた。 我が孫嬢だった。 あの気の強いと思われがちな孫嬢が誰よりも繊細でやさしい一面をみせてくれた。 おもわず胸が熱くなった。 式の後の謝恩会は、とくに母親達にとって、この三年間を振り返って保育士の先生方と語り合う良い時間だと思うのだが、、中止になったそうだ。 震災を思うと同時に計画停電の影響でもあるようだ。
何度か卒園式に参列してきたが、園それぞれに個性がある。 今回の式で印象に残ったのは、 卒園児達が先生職員方を前にお礼と感謝の気持ちを、思い出のアルバムとして歌と言葉で綴って贈った合唱だった。 何回も練習して覚えたに違いない。四季を織り込んだ結構長い歌だ。 並んだ先生の中に子供達と一緒に歌っている女性が二人いる。 担任なのだろう、、片手にハンカチを持ち、目頭を押さえつつ、同じように身振りを付けながら子供達を観ている。 
君達、、良い先生に出会ったんだね、、。
11031601  

« ぼくのウォーキング日記 #931、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #553、、  咲いたぁ! サクラ、、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #932、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #554、、   »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #931、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #553、、  咲いたぁ! サクラ、、、。 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #932、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #554、、   »