フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #959、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #581、、   | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #961、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #583、、   »

2011年5月17日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #960、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #582、、  

調節池の原っぱ、 西のはずれ、 アン♡のロングリードを付け換えて帰り仕度を始めていると、ちょっとしたハプニングが起きた。 小さな男の子がよちよち一人歩き、まっすぐアン♡に近付いてくる。 小さな人差し指をアン♡に向け『ワンワン』と言っているのだろうか、 短く言葉を繰り返しながらやってくる。 2m程までに近付いた時、お母さんなのだろう、若い女性が小走りに追いついて来た。 まずは我が家の甘え上手君が二人に顔をすり寄せて、警戒心を解いてあげる。「可愛いわね、、」と頭を撫でてもらいいっそう甘え寄るクー♠。 それでも男の子の関心はアン♡のようだ。 お母さんから離れると、可愛い言葉を発しながら近付いてくる。 アン♡はじっと一歩も動かず待っている。
110517133 110517142
男の子はアン♡の直ぐ近くまで歩み寄った。といって、手を伸ばしてアン♡に触れる距離ではない、届くか届かないかお微妙な間隔を保て腰を下ろした。きっとその距離感が安心していられるのだろう。じっと二頭の犬を眺めて楽しんでいる。 どうぞ、犬好きの、いや動物好きの心優しい少年に成長してください。
さて、小川の土手下を来る間、久しぶりに <マテ!コイ!> の練習をした。 これまで、クー♠には特に訓練をした覚えはないのだけれど、ビックリ、100%完璧に従った。  一方のアン♡は、案の定、10m、20mと距離が遠くなると、不安になるのだろうか、動きはしないのだけれど、下ろしていた腰が浮いて立ち上がってしまう。まっ、呼ぶまで待っているので「ヨシ!」としよう。
11051754 11051755

さて、遊び場は東西に長い調節池の原っぱ。 西北の角から侵入。
11051756
長く伸びた野草のなかを走り抜けます。 ほらぁ、クー♠もだよ、、。
11051757
東の丘が保育園の園児達の賑やかな遊び場になっているので、
110517109
大きく迂回、東と南の林を抜けて原っぱに戻る。
110517127
ここは西南、林との境、原っぱの五分の一がきれいに草刈りされています。

« ぼくのウォーキング日記 #959、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #581、、   | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #961、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #583、、   »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #959、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #581、、   | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #961、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #583、、   »