フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくの写真日記 #440、            紫陽花花の終わりに、、  GXR、ピンチ? | トップページ | ぼくの写真日記 #442、            GXRが戻ったぁ、、、 »

2011年8月 2日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #441、            昨日の事。

まずは、昨日の事。 午後2時に、リコー銀座カメラサービスセンターへ。 事前に電話で用件を伝えていたので、電話の時と同じ技術担当の方が応対してくださった。 余談だが、接客対応がいかに大切かをあらためて再認識した。 というのも、この方と話していて、ますますリコーが好きになってしまったし、、同時に製品への信頼が何倍も大きくなったのだ。 素人の難解で要領の得ない要望質問に、噛み砕くように丁寧に解説し説明してくれる。 検査の結果、僕のGXRはとりわけ大きな問題もなく正常に作動しているとのこと。ただ原因ははっきりしないのだが、ピント合わせの時と撮影した画像とが1mm弱上下にズレが生じるらしい。 僕が日常撮影いている状況では気になる程ではないので、そう告げると、、 メーカーとしてはお客様に提供する製品として許容できないので、直させて欲しいとおっしゃる。 毎日使っているので、あまり日数がかかると困る、と告げると、 オーバーホールして再調整し、中一日、明後日の午後にはお渡し出来ます。とのこと、、 それならば、とお願いする事にした。 技術担当の方が対応してくださったおかげで、 受け取るとき、GXRの活用を伝授していただけそうだ、、そんな気分でサービスセンターを後にする事が出来た。  
サックスのレッスンまで時間に余裕があったので、昭和通りから数寄屋橋交差点まで、銀座の裏通りをぶらぶらと気ままに歩いた、、最近はほとんど来なくなったこの辺り、松坂屋の裏も、中央通りを越えたここも、、。  一度だけだったが、招かれて交詢社で食事をした事があった。ただただソワソワドキドキの会食だった。古めかしいそのビルも今は無い。 僕の行きつけと言えば、その昔、みゆき族なる若者達が一世を風靡していた頃、裏通りのビルとビルの間にはさまれ残った木造二階建て家屋をそのままレストランにしていたスイスという洋食やがあった。安くて美味しくて量があって、若者達に人気の店だった。二階にあがる階段は狭くギシギシときしみ、テーブルもイスも小学校の教室から持ってきたような設えだった。 その後、六本木の裏道にも同じように似た店ができ、キャンティでは敷居が高い若者達の格好のデートスポットになっていた。 ふと、そんな事を思い出しながら、、一人でキョロキョロ、、以来幾度も様変わりして、今では高級ブランドのショップがめじろおし、、そんな眺めに圧倒されて、僕は、まるでお上りさんだ。
写真は、数寄屋橋交差点、
ソニービルの前に展示される夏の恒例、
熱帯魚の水槽です。
11080176
裏側からiPhoneで撮ったのですが、ちょっと残念な画質です。

 

« ぼくの写真日記 #440、            紫陽花花の終わりに、、  GXR、ピンチ? | トップページ | ぼくの写真日記 #442、            GXRが戻ったぁ、、、 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくの写真日記 #440、            紫陽花花の終わりに、、  GXR、ピンチ? | トップページ | ぼくの写真日記 #442、            GXRが戻ったぁ、、、 »