フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #484、、、 大晦日。

穏やかな土曜日、、大晦日です。 午前中に新年を迎える準備を済ませる予定。
アン♡とクー♠を連れて、トイレ散歩。その足でスーパーへ今年最後の買い出しに、、  <先輩、ポーズもイイッすけど、キツイッすよぉ〜 >
11123108
<ええっ、、先週のあのこと、 大晦日に書き残すの〜〜?>
11123113
そう、やっぱり忘れないように、戒めの意味も込めて、アップするよ。
それは先週の木曜日と土曜日、 週に二度もアン♡が脱走したのです。
11122201_2 11122204_2
上22日、下24日の脱走時、、
11122407 11122423
<お騒がせしました>でも反省は無し。
たしかに、ノーリードのまま、獲物の臭いを探り追って、自由に走り回る爽快感は、鳥猟犬のアン♡にしてみれば、本能のままに解放された歓びなのだろう。 時間にして、わずか一時間程、その後は、走り疲れた疲労感と孤独感に襲われ、心細くて人の足元にすり寄り甘えるのだろうと想像する。 それは、一才の誕生日を迎える前に脱走した時、よその方に保護されたイキサツを知って理解出来た。 このところの脱走は僕が在宅時で、すぐにリードを持って後を追うので、保護され連絡を受けるという事はない。 そして、 アン♡の行動パターンが判ってきた。 脱走直後は、小川の土手下、トイレ散歩でも歩き慣れた1500m程の区間を全速で往復する。 途中途中、多分鴨が身を隠したと思われる草むらにもぐり込んでは、獲物臭いを嗅ぎ回り大興奮する。 同じ区間を往復するうちに、疲れ合せて興奮が冷めてくると、前後を確認する、、 そこで僕の姿を見つけると、安心したかのように探索をつづける。 そして、僕との距離が少しずつ狭くなり、手が届くまでに近寄り捕まえようとすると、 匂いを嗅ぎ回る遊びに僕を引込もうとするのでしょう、するりと身をかわして逃げてしまう。そして最後に、やっと自分から近付いてきて、身体に触れさせるのです。その時、好物のクッキー等を使ってアン♡の気持ちが揺らがないように手助けします。 こうして、一時間程の脱走劇が終るのですが、 多分、チャンスがあれば、きっと繰り返すに違いない、アン♡です。  そのチャンスとは、、母が玄関を出入りする時。 犬止めの柵をしっかり閉めないまま、半開きにして出て行く事がある、と判ったのです。

2011年12月30日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1091、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #713、、   

このところ、青く澄んだ空とやわらかな陽射しあふれる日が続き、日溜まりではヌクヌクと心地良いのだが、風が吹くか否かで居心地はまるで変わってしまう。今朝は、時折弱い風がそよぐものの、、背を丸める程ではない。
11123003
調節池を通り抜け、昨日遊んだ林の横を通って遊歩道を東へ、、
11123011
今朝程の風なら、周囲の樹々がさえぎってくれるだろうと、公園の東で折り返し、自然公園の幼木園の空き区画へ向かった。
11123031
まずは走り回って、寒さを吹き飛ばす、、
11123035
その後は、三人で戯れ合いです、、。
11123069
走り回るにはちょっと手狭なここも、
11123082
戯れ合うにはぴったりの日溜まりがあります、、。
11123092
< 後ろはソメイヨシノの並木。冬が冷え込む程、春は満開の桜で〜す>
111230126

2011年12月29日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1090、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #712、、   

暖かく、気持ちのよい朝です。 見てくださいこの青空。
11122992
ここは、そうです、、第三調節池予定地のひろ〜い原っぱの中央。
111229105_2
ウォーキングの後半、東にあるトウカエデの林を抜けて原っぱに入りました。 適当な隆起や段差があって、遊ぶにも変化のあるお気に入りの場所なのです。  では、トウカエデの樹々の間を走り回ったところから、、
11122940
あれ?クー♠の髪止めがとれてるね、、
11122932

11122947

11122963

11122983
クー♠が初めて見せた仕草、、これは、どんな意味、、?
11122986

111229110
枯れた草原、、やわらかな陽射しに包まれアン♡クー♠には、若草の時期とはまた違ったベスト.コンディションの遊び場です。ただし絶対条件、、風が無いこと。。でなければ、まず僕が耐えられません、、。

2011年12月28日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #484、、、

昨日午後に娘から、「 急なんだけど、ランチパーティーするから、こないか」と誘いの連絡があった。 日にちは今日、まさに急な話し。場所は三女宅だという。 勿論いく、と二つ返事でこたえた。 毎年十二月になると、孫嬢の誕生日、クリスマス会、忘年会等をかねて、娘の誰かの家に集まって夕食会を開いてきたのだが、認知症の母と脳梗塞のリハビリに励んでいる弟の世話で、以前程自由がきかない僕のために、ランチパーティーに変更してくれたようだ。 昼前に家を出て、夕食の仕度の前に帰宅する予定。 午前中も慌ただしくなる。朝食の後、洗濯をして、アン♡クー♠のトイレ散歩を済ませ、スーパーに買い出し、、これを、10時半までに済ませて11時に家を出る。 家の近くにあるお気に入りのケーキ屋さんで人数分のケーキを買い、娘宅に向かう。 残念な事に、次女の家族が都合がつかなくなり参加取り消し、、ちょっと、さびしい。 まぁ、年内チャンスを見つけて顔を見に行こう。 夫君達も仕事だったし、今回全員での集合写真を撮れなかったので、三女宅で見つけたミッキーの可愛い人形に代わりを務めてもらった。
     11122880
      次回は皆が集まれるといいな、、。

さて、トイレ散歩の様子も載せておきます。風も無く穏やかな朝、、
11122842
家の前から土手下におりると、、「わ〜〜」という可愛い歓声と共に、
近くの保育園の園児達が押し寄せ、走り去って行った。
11122801 11122802

ストレスを残さないように、小一時間かけてのトイレ散歩でした。
11122825

2011年12月27日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1089、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #711、、   

この季節、 風が無いだけで、 こんなに暖かく楽しい、、です。
11122760
雲ひとつない青空と穏やかな陽光に包まれて、、
11122716 11122741

11122753

11122723
遊び疲れて、、のんびりするのも心地良いです、、。
11122735

11122770

2011年12月26日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1088、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #710、、   

わっ〜、寒〜〜い。 青い空、イッパイの陽射しは昨日と変わらないのに、、風が、、冷たい! たいして強くなくても、サァッと吹き抜けるだけで、骨まで差し込むように冷えてくる。 こんな日はとにかく歩き続けるのが肝心。 それでも、帰り道、自然公園の空き区画で、アン♡クー♠を遊ばせていくことに、、。
11122607
この冷え込み、アン♡クー♠にはむしろベスト.コンディションのよう、、走り回った後は、気分良さそうに朝霜が融けてぬれた枯れ葉に腹這いです。
11122626
ボールを投げて待っているだけでは、僕が耐えられません。遊び時間を切り上げます。  ここからは幼木園から林を抜けて調節池の原っぱへ、、
11122651
変化のあるコースを選びます、、。  <父さん、林の中はやっぱり寒くて
11122639 11122655
早く帰りたいんでしょう、、。>
風が吹き抜ける広い原っぱから、やっと小川の土手下へ、、
11122664
ここはずっと日向で、比較的暖か、、ホッとします。

2011年12月25日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1087、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #709、、   

12月25日、クリスマス.だというのに、
まるで小春日和をおもわせる穏やかな空、、
111225100
寝坊してしまったので、、二時間遅れのウォーキングです。
11122558
暖かさのもとは、イッパイの陽射しと、風がない、こと。 
11122560
枯れた草に腰を下ろし、ボールを投げては、アン♡クー♠と戯れ合う。
11122562
ここは、自然公園の第一調節池、、 
11122514
周囲の樹々は落葉がすすんで、無彩色の冬衣装に衣替え、、
11122585
それでも、暖かかったぁ〜〜。
(追記)ところが、この暖かさは午前中だけ、午後になって灰色の雲が広がり、陽射しが遮られると、、あぁ〜、やっぱり冷え冷えとした冬です、、。

2011年12月24日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1086、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #708、、   

晴れたり、、曇ったり、、朝から落ち着かない空模様、しかも、クリスマス寒波の襲来とかで、冷える事冷える事。 今朝は、小川沿いをウォーキングです。
11122403 11122410

11122411
おぉ、対岸にセターのアデルさん。ふたり揃って鴨の群れにロックオン。
11122420 11122421
と思えば、公園に入って撮影中、
11122426
後ろからドゴアルゼンチーノの親子、、ソフィーとアンジーです。
11122428 11122429
クー♠が仕掛けて、逃げ回る、、。
さて、公園東の端からはずっと手前ですが、この橋を渡って戻ります。
11122452

11122478_2

111224109
それでも、ストレスをためないように、しっかり遊ばせました、、。
11122460
場所は、橋を渡って対岸、、泉のある小さな芝生、、
11122476 11122461

11122464
<もっと遊ぼうよ!>とアン♡は不満気、、でも、僕が冷えて、冷えて、
11122470
たまらず音を上げました、、。

2011年12月23日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1085、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #707、、   

五日ぶりの更新です。 この間いろいろありましたが、、先ずはウォーキング日記です。 今朝は、ひさしぶりのドックラン、、 世間では週末三連休の初日、
常連以外のワンちゃん達を期待しての遠出です。
11122389
入り口を入ったとたんに、クンクン挨拶の洗礼、、
11122383 11122399
嬉しくてハイテンションのアン♡、、
111223100 111223104
どこか冷めているクー♠、、
11122398
ときおり、冷たい風が吹き抜けてゆくドックランでした、、。
今朝は、家の南側を東へ流れる小川沿いではなく、、家を出てすぐにバス通りを真っ直ぐ北へ、、大きな交差点を渡ったり、、
11122312 11122325
公園ではクー♠も一緒にリード、、
11122360
とにかく人が多い!いつもの都立公園とは雰囲気がちがってます、、。
11122377 111223115
歩道は広くて舗装されてるし、、。
なにしろ、どこもかしこも、初めての臭いばかりらしくて、興奮しながら嗅ぎ回って、楽しくてしかたない、アン♡でした。 
11122332
たまには気分転換をかねて、、ここもいいよね。

午後のトイレ散歩。 陽は西に傾き、冷たい風が陽光の温もりを奪ってゆく。
111223201 111223202

111223203 111223205
石垣を駆け上がって、、

2011年12月18日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1084、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #706、、   

風も無く穏やかな朝、、 澄んだ青空には、雲ひとつ、、あったぁ〜!
高い〜空、東から西へ一直線に伸びた雲の帯、、
11121798
ゆっくり、南へ移動している、、
111217126
高層の雲の動きをのんびり眺めるのがすきなのですが、 今は、アン♡クー♠を遊ばせる事が先。 ここは調節池の原っぱへの入口、東から入って西へ、、
11121722
やわらかな陽光に包まれた日向を走って抜けていこうと考えるのですが、
111217161
アン♡は樹々の影が伸びている林との境ばかりに行きたがります。
111217152
芝には朝霜がまだびっしりと付いていて、スニーカーでも濡れてしみてくると冷たいのにもかかわらず、、
111217163
おい、、霜の付いた芝に腹這いで、、平気なの、、?
111217125
< ねぇ、、向こうにいるの、友達だと思うんだけど、、行ってもいい?>
111218128
それは、ジャック.ラッセルのゴクー君とウララさんでした。
     111218132
ともに、アン♡が散歩デビューした時からの遊び友達です。
111218144 111218147
彼らも日向よりも日陰がいいみたい。

今朝は、懐かしい犬種と知り合いになりました。
キャバリア、、ブレンハイム(茶x白)のベル君、5才。大きな目と入念に
111218167 111218168
手入れされた耳の飾り毛が見事です。
30年前、家族で初めて飼ったのがキャバリアでした。ベル君と同じブレンハイムです。ところが、二ヶ月も経たないうちに突然死んでしまい、そのとき、キャバリアは心臓の欠陥が遺伝しやすい犬種で突然死が起こりやすいのだと知ったのです。 代わりにとブリーダーさんから譲られたのが、キャバリアではルビーと呼ばれる赤茶一色の女の子でした。 チャミーと名付け、成犬になって三回の出産と育児、、僕だけでなく、娘達に貴重な経験させてくれたチャミーでしたが、最後は交通事故が元で亡くなりました。 以後25年たってようやく犬を飼う気持ちになれ、今のアン♡に出会ったのですが、、 キャバリア.キングチャールス.スパニエルは、やはり特別な思い出深い犬種です。

2011年12月17日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1083、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #705、、   

冷たい風が無いおかげで、陽射しの温もりを、昨日以上に感じます。さあ、今朝は、思いっきり走らせてあげようと、 調節池に戻ってきました。 小川の向こう側、2m程高くなっているのが、よく遊ぶ原っぱ、、。
111217123
そして、こちら側、奥が素通りばかりの第二調節池、、、
111217110
ちょっとその前に、、ここには春、全体が小さな花で真っ白になる大きなユキヤナギがあります。
111217130
さて、ここ第二調節池は、週末には少年野球の練習で賑わうのですが、
111217142
今朝はどういう訳か、真ん中に1チームだけ。東と西側が広く空いています。ここで遊んで帰ります。
11121718 11121732

11121766
あっ、あれ、れ、合体??! もう、ビックリしたよ、、。 
11121770
< クー♠ったらぁ〜> 本性丸出し、ヤンチャなクー♠でした。
11121779
<ここも、、意外に、、楽しかったね、、。>
11121795
ただただ平で、だだっ広いだけの、第二調節池ですが、ヌクヌクの陽射しの中では、楽しい遊び場になるようです。
やわらかな陽射し、風も無く、おだやかな晴天、、こんな日には、あのワクワクする爽快感を思い出す。 僕のプレイを待ち構え、はるかに伸びてゆくフェアウエイ、、。 どんなにうねり魔の口を開けていようと、ピシッとクラブフェイスの芯で捉えたボールは思い通りの弧を描いて目標に向かって飛んでゆく?! そんなゴルフをやめて10年になる。 毎週木曜日はゴルフと決め、くわえて月例会にと、ゴルフ三昧だった時期もあった。オフィシャル.ハンデ14になり、二年計画でシングルを目指す、などと熱くなっていたあの頃が懐かしい。 今日はあの方がコンペだと聞いた。 、、接待とわかっていても、負けず嫌いで、すぐに熱くなっちゃうから、、と笑っていた。 さて、どんなプレイをなさるやら。  

2011年12月16日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1082、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #704、、   

ここは公園の東の端、、奥に見える橋を渡った先で公園がおわる。 対岸に移ってそのまま小川に沿って戻るつもりが、、
11121607
飛び地のような雑木林の中にこんな彩りをみつけた、、。
     11121620
ちょっと得をした気分。 そばには、湧き水があって小川に注いでいる。
     11121612
この小さな雑木林で遊んでいこう、、と決めて、アン♡のリードを替える。
<早くボールを投げてよぉ〜>とやる気満々のクー♠、 それに引き換え、どこか様子がいつもと違うアン♡は、ボールへの関心も上の空、、
11121629
最初の一投こそ追いかけたものの、 いったんくわえたボールをポトリと放して、、<あのね〜>とでも言いたげな表情で僕をみる、、 おい、アン♡、どうしたぁ、、と声をかけると、許しが出たと勘違いしたのか、クンクン臭いを探るように、カラカラの落ち葉に鼻をこすりつけるようにしながら、湧き水があった林の奥へ、、 ひとりでボールと戯れているクー♠をよそに、、グファグファ鼻を鳴らして、林中を嗅ぎ回っている。 僕にもアン♡にも、この林の中は初めての場所、僕の興味以上に、アン♡の探究心をそそる臭いが充満しているのだろう。 まぁ、気が済むまで探検させてやろうとはおもったのだが、待っているだけでは身体が冷えてくる。 といって、クー♠が相手では運動にならない。 おい、帰るぞ! と呼び戻して、アン♡のリードを元に戻す。 片付け始めた僕の横で、短いリードでは、不満そうなアン♡。 ここの探検は暖かくなったら改めてさせてあげる、と勝手に約束して、、まっすぐ家まで帰る事にした。 

2011年12月15日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1081、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #703、、   

やわらかな陽光につつまれた明るい朝です。 ただし、、空気が冷たい、、。
昨夜からの晴天による放射冷却のせいに違いない。 双子座流星群を観たくて、午前2時に外へ出た時にも、 雲ひとつなく澄んだ星空がひろがっていたが、、頭上、真上から少し南にずれて月齢19の月が煌煌と輝いていた。 寒さを堪えながら、30分程、北の空を眺めていたが、月の明るさにまさる流れ星を観る事はできなかった。 あの時の冷え込みが明け方まで続いたのだろう。 走った後の大きく吐くアン♡とクー♠の息が白い。 今朝は調節池の原っぱで、ふたりを存分に走らせた。 
11121581    

       11121516

111215100

       11121541_2

11121535

11121552

11121588

111215111

111215125

111215130

二組のワン友に出会った。 ちょうど帰るところだったジャック.ラッセルのバロン君とゴクー君、そして彼らと一緒にいたキャバリアの二頭、10才の男の子と6才の女の子、、ごめんなさい、名前を聞いたのに忘れました。
      11121595
帰る前にちょっとだけ、一緒に遊ばせてもらいました。ありがとう。
  11121597
もう一組は、黒柴のコテツ君とミニチュア.シュナウザーの、、また、名前を忘れてる、、ごめんなさい、、。僕らが帰り仕度をしているところ、声をかけてくれました。遊ぶ時間は無かったので、仕度をしながら立ち話、、次回は遊べるといいね、、コテツ君。
そして、もうひとつ、アン♡がこんな物に興味を示した。 遊歩道を歩いていると、大きな木槌の音が響いてきます。 あっ、ここは、見事な紫陽花が沢山咲いていたお宅。建替えのようだ。家をたててるんだよ。木のいい匂いがするね。
    11121503
最近は、こうやって木槌で組み上げる新築のお宅がめっきり少なくなったようだ。ウォーキングの間、建築中の建て売り住宅を十棟程みかけるが、そのどれもが、パンパンパン、と連発銃のように釘を打ち付けて作業をしている。しかも、柱と梁や床の横木を直角の金具で固定している。出来上がってしまえば、見えない所、住むには違和感は無いのだろうが、 自分としては、できれば、しっかりした木組みの住宅に住んでみたい、、。 

2011年12月14日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #483、、、

暗いうちに小雨が降ったようだ。午前中はまた降るという予報、、冷たく湿った朝だ、、布団から出るのがおっくうになる。 アン♡もクー♠も足元でまだ丸くなっている。 とうとう6時半になってしまった。 大げさだが、意を決して起きだす。 雨はまだ降っていないが、ウォーキングに出る気がなくなる。 弟のリハビリも今日は休み、、 急ぐ理由がなくなると、とたんに怠惰なナマケ心も一緒に起き出していた。 <外へ、はやく〜>とせかすふたりをなだめて、朝食の仕度にかかる。 9時前になってトイレ散歩に連れて出る。 用を足した後もクンクンと嗅ぎ回るふたり、こんな時は、拾い喰い要注意だ。 案の定、何かを、、 あれっ、他所の犬のフンだ。きっと違うエサの臭いがするのだろうなぁ。 「ダメ!!」の一言で、今回は難を逃れたが、ちょっと気を緩めると、やられてしまう。 拾って一緒に始末しておこう。 
11121402 11121404
いつもの無邪気な顔、、
11121410_2 11121413
憎めません、、。

2011年12月13日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1080、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #702、、   秋の彩り #25

さぁ、、今朝は公園の大きな林で遊ぼう。 樹々は落葉して林の中が明るくなってるし、乾いた落ち葉が敷き詰められて、きっと気持ちいいよ、、。
111213141
北から南へ走り抜けていくと、、
11121355 11121348
イチョウの林、、です、、。
11121399 111213101

111213128

11121391 11121392

11121364
黄金色の広い絨毯を撮るのも、これがラストチャンスかも、、。
11121389_2

   林の外、最後まで残っていたイチョウの古木
      11121340_2
      とうとう落葉していた。11121336

<先輩のこの気分、今まで理解出来なかったけど、>
111213160

   111213166
   <今朝は、わかった気がしたよ、、。>
111213176
公園を抜けるまでの間、、その他のスナップも、、
111213191

111213199
公園の北門(後ろの橋を渡った左)を出る前に、リードを取り替えます。
111213208

秋の彩りシリーズは今回でおわり?! 
これからは、景色から少しずつ色が抜けて、乾いた冬へ、、。

2011年12月12日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #482、、、

朝の二時間程、東の窓ガラスを通して陽射しが差し込み、ちょうど弟のベットの上に日溜まりをつくる。 とくに、僕のウォーキングが休みの日には、鹿角をカリカリしたり、のんびり身体を丸めたり、そこはアン♡とクー♠には格好のうたたねの場所となる。 今朝も8時前、弟がリハビリのために都の障害者スポーツセンターへ出かけてベットが空くと、ふたり揃って鹿角をくわえてヌクヌクの日溜まりに陣取っていた。 僕は首からGXRを下げウインド.ブレイカーを羽織って、その横をこれ見よがしに通ってみせる。 アン♡が鹿角をくわえたまま、ん?と頭を上げた。 玄関に向かう僕を追って先回りをする、、、<トイレ散歩だぁ、、>と目を輝かせ、短いシッポを振る。 いつの間にか、クー♠も僕の足元に座って見上げている。 そうだ、出かけるぞ! そう声をかけて、首輪リードをつける。  
今朝は小川を上流へ、管理境界の橋の向こう側、児童公園まで行こう。
11121206_2 11121217

ここにも立派なイチョウがある。 毎年沢山の実をつける大きな柿の木もある。 柿の実は十個程が高い枝に残っているだけで葉も落ち、すっかり丸裸。 イチョウの樹も落葉し終わっていた。 落ち葉はしっかり清掃され、さっぱりとした敷地内、 子供達にはこの方が良いのかなぁ、、。 僕には物足りないのだが、、。

午後のトイレ散歩。 石段もホカホカの日向で、、
11121225
サックスのレッスンを受けに、出かける前に、、。

 

2011年12月11日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1079、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #701、、   秋の彩り #24

昨夜の皆既月食、、21時過ぎの欠け始めから23時の暗くオレンジ色の丸い月、そして元にもどってゆく間、、 ときどき外に出ては眺め楽しんだ。 幸い頭上には雲ひとつなく、 すっかり地球の影に入った後、星はいつにも増して多くきらめき、暗くオレンジ色に浮かび上がった月は、オリオン座の斜め上にあって、頭の真上、一番高い夜空にうかんでいた。 不気味というより以前にも観た事があったなぁ、、と懐かしく思えた。  夜が明けても、快晴の青空は変わりなく澄んでいる。 朝、日陰になる南側の土手下は、昨日と同様に霜がびっしりと残っている。 そして、 あれ? 何これ、、?
11121105 11121107
何かの白い芽が伸びている、、?
1112110911121106
立ち止まり屈んで視ると霜柱だった。

土手上の遊歩道から3m程低い小川の土手下を行く間は、左右に住宅を見上げながら歩くことになる。 それが、調節池との境の橋をくぐったとたん、いっきに180度、視界が開ける。 ここからは都立の自然公園の敷地内なのだ。 何気なく右手奥の林に視線が移った。 てっぺんに葉を少し残しただけの背の高いイチョウの樹が見える。 土手を登って、200m程、原っぱを横切る。 向こう隣りの公園まで行って、紅葉の様子を確かめるのが最初の予定だったのだが、急きょ変更。 昨日のあのイチョウの絨毯、、撮り終わっていない気がして、内心消化不良な思いがしていたのです。
11121147
ここは林を抜ける小径から外れているし、遊びに来るの人もまれ、、したがって踏み荒らされた気配がまだ無いのです。
11121167
この緑とのグラデーションを撮っておきたかったのです。
11121151
イチョウの絨毯を撮った後、東へ原っぱを駆けてぬける、、。
<ねぇ、父さん、この丘で遊ぼうよ、、いいでしょ、、>
11121189
そりゃぁ、、いいよ。 けど、ハードだぞ、、。
111211101
駆け上がったり、駆け下りたり、、ハードでも、楽しい遊び場、、。
111211100 111211102
丘の周りで走り回っていたら、、
111211109
<ウララさんとお父さんに出会ったよ。 そして、もう一頭、アタシと同じブリタニー、ブラック&ホワイトのブル君にも。まだ誕生日前だというのに、もう実猟にデビューして活躍したんだって、、すごいね。>
11121193 11121194
<やっぱり、とてもフレンドリー、、>
原っぱを西へ東へ、、遊び回った後のふたりを載せておこう、、
111211128

111211140

111211148

111211171
予定変更して、、結果的には、、ふたりは、たくさん遊べたね。。

2011年12月10日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1078、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #700、、   秋の彩り #23

昨日は今期一番の寒波が南下したという、、旭川では氷点下20度以下だったらしい。 ここ東京郊外でも今朝方は一番の冷え込みだった。
11121022
小川の土手下でもびっしりと霜がついて、、
11121044_2
やわらかな土には霜柱が、、
11121038
木材の渡し板は真っ白です。
11121010
今朝のウォーキングは公園の東端まで土手下をまっすぐ。そのまま折り返して、南地区も北地区にも回らずに自然公園へ。幼木園の空き区画でひと遊びした後、林を抜けて調節池の原っぱへ出て、そこから又土手下を通って帰る。 公園の紅葉散策は、中二日空けて明日にと考えたので、 今朝はそんなコースを予定していた。 調節池の原っぱへ出ようと、トウカエデの林の大きな隆起を登り見下ろすと、今朝散ったばかりとおもわせるイチョウの絨毯をみつけた。常緑樹の樹々に囲まれてあまり目立たなかった二本のイチョウ、、今朝は特別な存在感だ。
111210174
原っぱの常緑の芝と重なって、なんと印象的な事、、
111210179
ワンワンと明るい声が聞こえて、、ゴクー君が駆け寄ってきた、、
111210193
このふたり、相性が良いワン友なのだが、、
なぜか今朝は、ゴクー君にクー♠が絡んで走り回っていた。
そうそう、幼木園、林の中でのカットも載せておこう、、。
11121076

111210108

111210124

111210153
日が高くなると陽射しは晩秋の名残の温もりを感じさせてくれるものの、
冷え込みはすでに冬、、 季節の変わり目を感じさせる朝でした。

2011年12月 9日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #481、、、

冷たい雨の朝、、 ウォーキングは中止、、 この冷え込みで、紅葉の様子が日々変わるとおもうので、確かめにいきたかったのだが、、、 あれ、雨が雪に変わった。 
その後、ミゾレにかわり、9時半を過ぎて小降りになった。 さぁ、チャンスだと、アン♡とクー♠をトイレ散歩に連れ出す。
落ち葉を彩りに写真を撮りたいのに、アン♡、落ち着かないね。
11120904 11120908
20m先に、鴨の群れ、だぁ、、。
11120918 11120922
<こりゃダメです、あきらめましょ>
雨はあがっても、ジンジン冷えてます。そうそうに引き上げます。 

2011年12月 8日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1077、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #699、、   秋の彩り #22

灰色の厚い雲が空を被い尽くし、、天気は下り坂、、午後には雨が降り出すという、、寒い朝です。 季節は晩秋から初冬へ、、この冷え込みのおかげで、公園の林も、ハケの森も、樹々がすっかり色付いています。 木枯らしの一吹きが襲えば、一気に冬景色、、そんな季節の変わり目の一瞬を記憶に納めておきたくて、公園を歩き回っています。 雑木林の中で楓の若木が見事に紅葉して、、
11120870
林を抜ける手前、、トウカエデとイチョウの落ち葉の境、、
11120837
イチョウの絨毯が広く厚く
11120839
公園で一番広いイチョウの絨毯です。
11120858
ここも見所のひとつ、、六本のイチョウの古木が紅葉します。
11120828
二抱えもある太い幹と大きなコブが特徴です。
11120813
ここ、公園の南地区には三ヶ所、僕が気に入っているイチョウがあるのですが、それぞれ時期を微妙にずらして紅葉するのです。
11120820_2
最後に色付いたイチョウ、、そろそろ落葉始めそうです、、。
       11120871
その他にも、晩秋の景色を納めておきます、、。
11120836
ここの名物木のひとつ五本のプラタナス、と林の中、、。
11120868
北地区から一枚、、、
11120879
今朝の遊び場は、北地区の芝生、、
111208106

11120893 111208100

11120898
やっぱり、走り回った後の方が機嫌がいいね、、当たり前、、だね!

2011年12月 7日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1076、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #698、、   秋の彩り #21

昨日夕方から夜にかけて降りつづいた雨は夜明け前にすっかりやんで、快晴の朝。やわらかな朝陽が溢れているけれど、指先がかじかむ。右手にも手袋をはめた。 この朝陽なら、曇りだった昨日とは違う紅葉が撮れるかもしれない。 そんな期待をしながら公園に向かった。
途中、調節池の手前、こんな作業に出会った。小川のススキが刈られている。
11120701 11120702
帰りにここを通ると、、、
111207147
枯れ草の小火騒ぎがあって以来、刈り取られるようになった。

さて、、昨日と同じ楓の紅葉、、
11120778
朝陽をあびて、、
11120725
鮮やかに、華やか、、
11120779
苔むした桜の古木との対比も紅葉ならでは、、。
11120786
アン♡クー♠も記念撮影、、。
11120775

そして、今朝の遊び場は、、北地区の広い芝生、、
111207124

11120791

         11120793
たのしかったよぉ〜〜。
11120797
<枯れた落ち葉の感触って、、たまらないのよね〜〜>
111207107
ここは、お気に入りのひとつだね、、。 <そぉ〜で、すぅ〜!>
111207133
樹々も本格的に色付いて、ようやく秋の落ち着いた雰囲気が整いました。 

2011年12月 6日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1075、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #697、、   秋の彩り #20

どんよりとした曇り空、、ぐんと冷え込んだ朝です。 この冷え込み、昨日のイチョウのつぎに紅葉を期待をして、公園南地区の楓を観に行きます。
11120662
先週までのどす黒く濁って枯れかけていた楓の葉が
11120648
見事に美しく、よみがえっていた。
11120671
ソメイヨシノの並木の間に植えられた三本の楓です。
11120667

11120663

11120666

11120672
アン♡クー♠のスナップを撮るには大きすぎる楓でした。
11120676
アン♡クー♠、晩秋のスナップは、北地区で、、
11120603

11120605

11120612

11120617

11120634
さて、今朝もしっかり走らせ遊ばせて帰ります、、。
111206118
枯れ葉の中を走り回るふたり、ガサガサ音をさせて楽しそうです。
111206111 111206126

2011年12月 5日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1074、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #696、、   秋の彩り #19

ちょっと早いかなぁ。 待ちきれず、、載せます。 黄金色の絨毯。
11120502
公園北地区、二本のイチョウ、、
11120524

11120507

11120536

11120521
そして、南地区、大きな林のなかのイチョウ、、
11120590
やっぱり、、ちょっと早い、、
11120575
フカフカの絨毯には、落ち葉の量が物足りない、、。
11120547
ただ、樹々のシルエットは晩秋の趣、、。
11120591

さぁ、、今朝の遊び場は、この林を通り抜けた先、、
111205105
この公園で最後に落葉する大イチョウの芝生です、、。
111205110
あっ、おはよう、アモちゃんです。ここを走り抜けて一緒に遊ぼぉ〜。
111205115
クー♠と追いかけっこ、、 だいぶ慣れたようです。
111205120
五日ぶりの公園、、みんなハイテンション、でした、、。 

2011年12月 4日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #480、、、

絶好のウォーキング日和だけれど、、午前中、用があって外出するため、、トイレ散歩ですませる。 連日遊びに出られなくて、アン♡は不満増大、落ち着きが無い。 ゴメン、明日は行こうね!
11120401 11120402
おい、クー♠〜〜。

この数日の雨で、空気が洗われて、澄んでいるからでしょう、、ぬける様な青空、雲ひとつありません。 さて、、10時に池袋までいってきます。
11120411
駅への途中、大通りの道端に植えられていた紫陽花、、
11120413
十二月になって、しおれてはいるけれど、
11120414
いまだこの鮮やかさ、、
11120417
フレームで切り取ってみると、いっそう感激です、、。
11120432

池袋のメガネ屋さん、 修理上がりを受け取りにきました。
11120415 11120416

昼前に家に戻ると、<こんなによい天気なのに、外へ出ないなんてないよ>と、アン♡とクー♠が猛アピール、、。 土手下を走らせてやりました。
11120436
クー♠はノーリードで自由に、アン♡はリードを付けて僕が一緒に、
11120435 11120443
はい、、疲れましたぁ、、、。
この西から東へ流れる小川の土手下、一日中日当りが良くて、今日のように穏やかな日の日向はもうヌクヌクなのです。 そのせいでしょうか、、未だに蝶が飛び交い、イナゴに似たバッタが飛び跳ねている。
11120451
自然公園でコオロギを追いかけるのと同じで、
このバッタ、アン♡の好物のひとつでもあります。

2011年12月 3日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #479、、、

あぁ〜ぁ、、 朝から本降り、の、雨です。
11120301
せめて小降りにおさまるまで、トイレ散歩も、おあづけ、、。

午後、雨が止み、晴れ間がのぞくようになって、、やっとトイレ散歩。
11120308
<先輩、どうして午後にはウォーキングに行かないんですかね?>
          11120301_2
<午後は、いろいろ忙しいらしいわよ、、>
11120306
          <へぇ〜、そうなんでしすかぁ〜!>
          11120314
<ねぇ、アンタ、なに見つけたの?>
11120312
<クー♠は拾い食いをするって、怒ってたわよ、、。>

2011年12月 2日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #478、、、

日の出時刻が6時半を過ぎ、5時ではまだまだ暗い。おかげで皆の起床が6時前にと一時間も遅くなった。 その分、慌ただしさが増した、、。 
さむ〜〜っ。うわっ!今朝も雨だぁ〜。 こんな朝は、もう少し、布団の中でヌクヌクしていたい、、なんて、言っていられないんだ、、朝飯、作らなくちゃ。
そのうえ、アン♡もクー♠も、揃って枕元にやってきて、、<うぅ〜〜><トイレ散歩に行こうよ>とノドを鳴らして催促する。 ただ、これは皆の朝食が終るまで待たせるんだけど、、。 
10時近くなって、 お待ちどう、トイレ散歩のチャンス、 雨が途切れた。
風が冷たくて、指先が凍えそう。クー♠ひとり走り回り、やけに元気だ。
11120215

11120216 11120245

11120246

一方のアン♡は、、対岸に群れている鴨達にロックオン?
11120225
こちらもひとりじわじわと近付きます、、。
11120230 11120234
クー♠のちょっかいにも無関心、、。
11120242_2
このところ、鴨の数が増えた。それまで4〜5羽で家族単位のようにみえていた群れが10羽、20羽と大きくなり、今朝は30羽以上の大所帯だった。 僕らがゆっくり近付くと、まず左右二つに分かれ、こちらの様子をうかがってるようだ。どちらかの群れを追うようにこちらが動くと、さらに離れようと、よちよち動く、そしてまた左右二つに分かれる。 そんな事を繰り返して、残った鴨は飛び立って、元の群れの中にもどっていった。 そのうちここにも鮮やかな彩りをしたマガモの雄が姿を見せるのだろう。
 

2011年12月 1日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #477、、、

今日から師走、十二月、、小雨降る寒い朝で始まりました。 風が冷たい、、今朝は上流へ、いそいでトイレ散歩です。<あっ、上で誰か、呼んだよ。>
11120104
顔なじみのワンちゃん達も、雨が途切れたので散歩のようです、、。
さむっ、、。急いで帰るよ、、。
11120113 11120127
 

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »