フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくの写真日記 #506、、、 | トップページ | ぼくの写真日記 #508、、、 »

2012年2月15日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #507、、、

どんよりとした曇り空、、小雨がぱらぱら、、降ったり止んだり、、 ナマケ虫をくすぐり起こす。 あぁ〜、やめておこう。。 ウォーキングを中止した。

少し前に弟が出かけた。今日はいつものリハビリではなく、ハローワークへ行くと言う。 障害者職業訓練校の入学願書を提出すると同時に、就職斡旋の情報を得たいと考えているようだ。 僕としては、満足出来る結果は得られないだろうと思うのだが、弟自身で経験し納得して来る以外無いだろうと、送り出した。 おもえば、指先をかすかに動かす事しか出来きず、脳死あるいは、寝たきりの状態まま、機械にに繋がれての延命を覚悟して欲しいと医師に言われていた彼が、一人で外出するところまで、劇的な回復を見せ、よくぞここまで、と彼の努力と精神力に、心から拍手をおくっている。弟自身も自らの回復力にやればできる、と自信を取り戻し、その気持ちは「自立したい」という強い念いになって彼を動かしているようだ。 弟が望んでいる自立とは、僕や家族の世話にならず仕事を得て自活する事のようだ。 だが、世間は、冷たい。行政支援も、、冷たい。 それが僕の感じた結論だ。 弟が自立し自活するには、、一本の細い道しか残されていない。 これまで誰の世話にもならず一人で生きてきたと自負している弟にとっては、屈辱的な生き方に思えるようだ。 ただ、これからの彼の人生、、どう設計し直すのか、、その基本ポリシーから考え直す必要があるようだ。 それを受け入れられるかが当面の問題になりそうだ。

さて、9時を過ぎて雨が止んだ。アン♡クー♠をトイレ散歩に連れて出る。
12021502

12021514 12021518

12021513

« ぼくの写真日記 #506、、、 | トップページ | ぼくの写真日記 #508、、、 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくの写真日記 #506、、、 | トップページ | ぼくの写真日記 #508、、、 »