フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #1184、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #805、、   '12 紫陽花巡り #12 アナベル | トップページ | ぼくの写真日記 #554、、、'12 紫陽花巡り #14  »

2012年6月16日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #553、、、'12 紫陽花巡り #13 

気象情報の通りに、朝8時過ぎた頃から、ぽつりぽつりと小雨が降り始めた。 夕方から夜にかけて本降りになり、明日の朝まで降続くという。それまでは降ったり止んだりを繰り返すらしい。 10時半、雨足が止まった。トイレ散歩をかねて、スーパーへ買い出しに行く。ついでに、近所の紫陽花を観て来よう、、。
12061610  
土手下で用を済ませ、、
12061630
すぐに遊歩道へあがる、、
12061640
スーパーへ行く前にあそこと、あそこの紫陽花を観ていこう、、。
12061653
ひとつは、我が家の北の向かい側、二軒隣りのお宅、
12061660
塀の柵から溢れるように咲いている。
12061651

12061659
そして、もうひとつ、、スーパーの裏道、、
12061669
向かいにあるお宅の奥さんが挿し木をして育てて来たという
12061688
大きな株に育って、いくつも連なっている、、。
12061678
手毬形と額紫陽花、三種のようです。
12061687
そして、面白い事に、ピンクと青が、混ざり合って咲いています。
12061685
先に紹介した紫陽花も、ここの紫陽花も、 昨年までは気付かなかったのですが、、同じひとつの株から、単色ではなく色変わりしながら咲いています。 三年程前、 ある紫陽花専門園芸農家の方からこんな話を聞いた事があった。「紫陽花はとてもデリケートな花。ちょっとした影響で劇的な突然変異を起こしやすい植物で、そのために品種改良が盛んなのだ」と。「ただ、定着させる事が難しく、その結果パテントによって生産が保護されている」のだとか。 ハイドランジアと呼ばれる西洋アジサイの多くはそうして創出されてきた品種なのだそうだ。 余談だが、そのとき、<林の中で自生している紫陽花のなか、同じ株なのに一房だけ他と変わった花があったのですが、これはどういうことでしょう。>とたずねた。 すると、「そのようなヒントは申し上げられません。ご自分で試してみてください。」とそっけない返事だった。素人考えだが、、こんなところにも、紫陽花の品種改良のアイデアがあるのかもしれない。  もうひとつ付け加えると、花屋の店先で見た事の無い、愛らしい紫陽花を見つけて、一鉢買って帰った。それを庭に植え替えようとして、鉢に付いていた案内から生産者という園芸農家に問い合わせたところ、 お答え出来ませんので、そのまま鉢でお楽しみくださいと言われてしまった。 その品種は生産者に無断で栽培する事は禁じられています、という内容も案内に記されていた。 僕が紫陽花に興味を持ち始めたきっかけでもあります。

« ぼくのウォーキング日記 #1184、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #805、、   '12 紫陽花巡り #12 アナベル | トップページ | ぼくの写真日記 #554、、、'12 紫陽花巡り #14  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #1184、  ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #805、、   '12 紫陽花巡り #12 アナベル | トップページ | ぼくの写真日記 #554、、、'12 紫陽花巡り #14  »