フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #1254、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #875、、   | トップページ | ぼくの写真日記 #606、、、 »

2012年10月20日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1255、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #876、、  と脳梗塞 脳底動脈閉塞症。

ウォーキングから帰ると、、家には誰もいなかった。 とは言え、弟は僕がウォーキングに出る前、7時半頃、いつものようにリハビリに出かけたし、 母もこの気持ちのよい天気に誘われて、散歩に出ているのだろうと思った。 汗になったウエアを着替えていると、携帯にメールが着信した。 う?ん??!弟の娘からだ。 弟が倒れて都立多摩総合医療センターへ救急搬送された、という内容だった。アン♡とクー♠を置いて、直ぐに仕度をして出た。 季節の変わり目、気分が悪くなる事があると言っていた。リハビリの施設、障害者スポーツセンターで、気分が悪くなったのかとおもった。 病院に着く前に、またメールが届いた。救急外来の受付で待つ、という内容だった。 初めて来た大きな病院だ、、
121020093
救急外来の待合室には誰もいなかった。椅子に座り待つ事に、、15分程して弟の娘が、、おぉ、母も一緒だ。 そこで、初めて経緯を聞いた。 家からJRの駅に行く間の坂道で、弟は倒れたらしい。 そこに通りがかった人が救急車を呼んでくれた。 救急隊員が身元を調べようとした時、通りかかった別の人が、弟の顔を知っていて、「この近所のSさんの息子さんだ」と告げた。 救急車は弟を乗せて家へ、ところが、母とは話しが噛み合ず、娘の電話番号を見つけて連絡、 このセンターに搬送する事になった、という。  そして、検査の結果、 脳梗塞 脳底動脈閉塞症と診断された。 脳梗塞の再発だった。 直ぐに血栓を溶かす薬が投与された。 が、効き目が無いと言う。 カテーテルを用いた血管内治療という手法があって、都内の虎の門病院から、脳神経血管内治療科の専門医が派遣されているのだが、あいにく土曜日は不在だという。 病院間で検討の結果、弟を虎の門病院へ移送して治療する事になった。 弟の娘が救急車に同乗することに。他に医師が一人付き添って移送された。 僕は母を連れて一度帰宅。 早めの夕飯を母に取らせて、移送先の病院へ向かった。  その間、メール連絡によると、病院に着くと直ぐに検査が行なわれ、カテーテル治療が施されたようだ。 僕が着くまでに処置は済んで、弟は集中治療室に移されていた。 意識はハッキリしている。ただ言葉が話せない。 右半身にマヒが残っているようだ。 とはいえ、植物人間を覚悟して欲しいと言われた三年前、はじめて倒れた時の状態と比べると、雲泥の差と言える。 ただ、弟は言っていた、、リハビリ、最初の一年はとくにつらかった、と。そのリハビリを、また一からやり直す事になるのだろう。 あのころと同じモチベーションを弟が維持して行けるようにと願う、、。

さて、、そうとは知らず、、僕はウォーキングに出ていた。
121020049
自然公園、幼木園の空き区画のひとつ、、
121020069 121020070

121020071
121020067
ほら、油断するから、クー♠にだしぬかれるんだよ、、、。
121020072
さて、、ひと休みしたら、、帰ろう、、。  小川の水辺に真新しいススキの穂、
121020084
ここにも秋の風情、、、
121020080

 

« ぼくのウォーキング日記 #1254、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #875、、   | トップページ | ぼくの写真日記 #606、、、 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #1254、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #875、、   | トップページ | ぼくの写真日記 #606、、、 »