フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #613、、、

アン♡に起こされ、、あさのトイレ散歩に、、。 おぉ!朝焼けです。。
121031013アン♡、お前がせがむから、出て来たのに、なぜ機嫌が悪いの? あぁ、そうかぁ、後ろの川原に上がっている鴨の群れが、気になって落ち着かないんだね、、。
121031003 < あんな事、言ってるけど、とうさん、結構頑固だから、気に入った写真が撮れるまで、ここ動かないよ>< そだね、ちょっとガマンしよう、、> ってな話しかな? もしかして、、。

今日は午前中に、弟が入院している病院のソーシャルワーカーに会いに行きます。従って、ウォ−キングはやすみ。 主治医からの指示なのですが、、多分、リハビリ主体の病院へ転院の話しかなぁ、、それだけ、容態が安定したということでは、あるんだけど、、。 

2012年10月30日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1258、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #879、、  

サックスの発表会まで、あと十日。なのにまるでメドが立たない。どう腹を括ろうか等と、だらしないことを考える。 弟の入院計画について、ソーシャルワーカーから呼び出しがあった。 リハビリ主体の病院へ、転院を勧められるのだろうな、、。 いろいろな思いが、朝から、速歩の間中、頭を駆け巡る。 公園の北門を入って、写真でも撮りながら気分を切り替えようと思った。 が、あれっ? 首から下げているはずのカメラが無い。 えぇ〜〜?!途中で置き忘れ、、それは断じて無い。 となると、そうだ、充電したバッテリーを入れようと、充電器の横に置いて、、そのまま、、家に忘れて来た。 いつもは、玄関で持ち物チェックをするのに、それさえせずに家を出た。 千二百回を越えるウォーキングで、今日は唯一写真が無い、、初めての失態だぁ。  とはいえ、、北地区の広い芝生で遊ばせます。 立ち止まって、背のリュックを下ろそうとすると、すかさずクー♠が足元にやって来て、自慢のジャンプでリュックに飛びつきます。 リュックを芝に下ろしてファスナーを開き、ロングリードが入った袋を取り出します。 その間中も、鼻先で僕の手元にまとわりつき、しまいには袋の口に突っ込むように、邪魔をします。 クー♠としては、袋の中にあるボールが一刻も早く欲しいのです。 ロングリードを取り出す前に、ボールを取ってひょいと投げてやります。 嬉しそうにボールを追いかけ戯れ遊ぶクー♠。 アン♡はそんなクー♠を悔しそうに眺めます。 なにしろ歩行用の短いリードのまま、端を僕の足で押さえられて動けません。 短い間ですが、クー♠が唯一ボールを独占出来る時間なのです。 ロングリードは長さ約40m、、 丁寧に解いて、片方の端をアン♡に繋ぎます。 そこで、ようやく、< ヨシ!>の声をかけます。 すっ飛んで行くアン♡、、 ボールの争奪戦が始まります。  ガゥガゥ〜と、激しいバトルの結果、ボールをガブリくわえて逃げるアン♡に、、逃すものかと追いかけるクー♠。  アン♡にしてみれば、追いかけてくる相手がいるからこそ楽しい訳で、、半径30m程の円の中、あっちへ逃げ、こっちへ駆け抜け、、急カーブありの、クイックターンあり、フェイントかけて逃げ回ります。 一方、追いかけるクー♠も負けていません、、フェイントにはフェイントとばかり、アン♡行く手に飛び込みます。 アン♡のスピードが落ちて来ると、クー♠が付け入るチャンスです。 故意なのか、勢い余ってなのか、アン♡の横肩に体当たり、、はずみでボールをポトリ落とそうものなら、大バトルの再演です。 まぁ結局、クー♠はボールを取り返すことは出来ないのですが、走り回った後の、満足そうな表情は、ふたりともキラキラと輝いて見えます。
今朝は、そんな様子を、二週間前(10月16日)の写真でおみせします。
121016071

121016077
121016066
楽しかったかい?! 結果? 引き分け、だね。。。(二週間前の写真でした。)

2012年10月29日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #612、、、 限度額認定証?!

5時に起きる。雨上がりの朝です。 雨雲が裂けるように消えて行きます。 青空がのぞき、気持ち良い一日になりそうだ。 さっそく洗濯の用意、、。 今日は、サックスの発表会前、最後のレッスンを受ける、、あぁ、まるで自信が無い。  午前中は慌ただしくなるな。  洗濯機が回っているうちに、トイレ散歩、、。
121029020
おっ、アン♡、今朝は機嫌がいい、、?昨日の雨空がすっかり晴れて、気分も晴れた?!
           < 父さん、ボクだって眩しいんだよ、、ほんとうは、、>
121029012

                                                                                                                                                             わかったよ、、逆光、これならいいだろ、、。
121029001

弟の脳梗塞再発で、あれこれ手続きをする中で、初めて知ったことがいくつかある。 そのひとつが「限度額認定証」。 正確には弟の場合は「国民健康保険限度額適用.標準負担額減額認定証」となる。 市役所の国保担当窓口で、申請書に保険証を添えて提出すれば発行してもらえるのだが、原則は申請は本人。代理の場合は委任状が必要となる。こういうところは、お役所仕事に思えるのだが、ここからがが面白い、、それは、脳梗塞で倒れ入院中で右半身マヒで字が書けないと告げると、、それを病院で証明してもらってほしいというのです。 具体的にはどうすればいいかと尋ねると、病院のスタッフ、医師看護師等に、委任状の欄外にでも、その旨を記して、署名捺印をもらいなさい、とのことだった。 さっそく病院で事情を話すと、こちらの不安をよそに、快く応じてくれた。 多分、こんなケースはめずらしくないのだろう。 そして発行された証書を病院に提示すると、請求額は限度額に訂正され、弟の場合何十万という医療費の負担を軽減出来た。 三年前に倒れた時は、この制度を知らなかったために、月に百万近い現金が必要だったと聞いた。 もちろん、「高額医療制度」によって、何ヶ月か後に戻ってはくるのだが、支払いの度に、多額の現金を準備する必要がなくなるだけでも、助かる制度だ。

2012年10月28日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #611、、、 孫嬢達の二つの発表会、、

今日は、少し慌ただしい一日になりそうだ。 まず昼に出かけて、孫嬢のバレエの発表会を観て、 その後、時間が間に合えば、なんだけど、、別の孫嬢のチアリーディングの発表会を観る。 東京を東から西へ、行ったり来たり、、 もちろん、夕飯の仕度を済ませて出かけます。  そんな僕の気分を察してか、 朝のトイレ散歩では、アン♡が不機嫌そう、、。
121028008
わかったよ、、少し付き合うから、機嫌直せよ、、。
121028022
121028023









 

121028024_3
クー♠もおいで、、、

昼、母の昼食を済ませて出かける。 今日は、孫嬢の発表会が二つ重なっている。 ひとつは、僕の次女の末娘、幼稚園児のバレエ、、始めて二年、、振り付けをちゃんと覚えているかがポイント、、可愛らしさで拍手を受けていた。 終演後のロビーで、花束を抱えて満足そうな孫嬢。
121028014
どことなく、自分の子供の頃に似ているように思えるのは、、ジジバカというところか。
終わった時点で時間を確認、、もうひとつの発表会に、開演時には難しいとしても、孫嬢の出演時には何とか間に合いそうな予感。 まぁ、今回はジジ抜きで、観に来てくれた友達と楽しい打ち上げをしてください。 僕は急いで次の会場へ、、。 案の定、開演時には間に合わなかったが、それでも、プログラム五番目、 小学二年と幼稚園児、孫嬢二人姉妹の出演前に着くことが出来た。僕の末娘三女の子達だ。 ただ会場は満員、立ち見が溢れる大盛況。 おぉ、息子一人を連れて、先に来ていた僕の長女が席を取っていてくれた。こういう時、携帯は重宝する。立ち見の観客をやっと通り抜けて席に着く。 三才の孫君を膝に抱いて観賞です。 孫嬢達の演目は、チアリーディングです。 ただし小学二年生が8人で演じる「キッズチア」ですから、もちろん、アクロバチックな派手なスタンツはありません。それでも笑顔イッパイ、きびきびした動きの楽しいチアでした。   終演後のロビーでの親子、、
121028036
お揃いのユニホームで、仲間達と、
121028033
東京を西から東へ行ったり来たり、慌ただしくも楽しい一日でした。                                   

2012年10月27日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1257、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #878、、  

今朝も調節池の原っぱで、アン♡クー♠を遊ばせようと、自然公園の林を抜ける、、と、電子ピアノと子供達の明るい歓声が聞こえて来る、、 丘のふもとに大きな円陣ができ、親子が揃って遊びに興じている。 子供会の集まりのようだ、、
121027013
大きく迂回して、丘を越えて向こう側へ。 この原っぱを活動拠点にしている子供会がいくつかあるのは知っている。夏休みの終わりに催される「わんぱく夏祭り」は、それら子供会が連合しての開催だと聞いた。これは大きな子供会だ。
121027025
僕達はもう少し先、原っぱの西側で遊ぼう、、アン♡クー♠、急かすなよぉ、、。
121027033
今朝も、思いっきり走らせてあげるよ、、
121027039

121027041
121027044

121027047_2
121027056
原っぱの西側は、草が生え放題、、
121027064
西の端まで走り抜けて、遊び時間終了、、リードを取り替えて、帰ります。
       コスモスの残り花、風の冷たさを知らせてくれているようです。
121027012        一方、水辺のススキ、その穂が開き飛び散るのは、まだ先、、
121027008

2012年10月26日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1256、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #877、、  

一週間ぶりのウォーキングです。 今朝の青空と同じ、、さわやかな気分です。 ただし、コースは半分に短縮、、 アン♡クー♠を遊ばせるのが主体です。 自然公園の林から調節池の東側へ出て西側まで、遊びながら走り抜けます。
121026005
< 父さ〜ん、、早く、はやく〜〜!>
121026016 121026020

121026025
やっぱり、 丘に登ったね。。   何回駆け上がる??
121026028
中央を駆け抜けるスタミナ残しとけよ。。。
121026053 121026059
最近は、クー♠の方がパワフルだよ、、。
121026054 今朝は、途中で、ジャックラッセルのウララさんや、スタンダードプードルのティマさんに遇ったのに、挨拶しただけで、アン♡はひとりで走り回ってたね。 ワン友と戯れ合うより、走り回りたいなんて、よほどフラストレーションがたまってたんだね。 僕もやっと、スッキリできたけどね。  午後には病院へ行って来ます。

2012年10月25日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #610、、、

今日は、一日こんな空模様、、晴れてくるのは夕方かららしい。 僕は9時に外出する。従ってウォーキング、休み、トイレ散歩です、、。
121025025
<先輩、ヘソ曲げないで!明日は連れてってくれるって、許してあげましょ>
121025011
ありがとう。クー♠。恩に着るよ。  

9時を大分過ぎて家を出た。JRで四つ目の駅までいく。 ギリギリというより丁度良い時間かもしれない。 駅の改札を通り、ホームにあがる。 次の電車は、特別快速が通過したあと、、まだ5分間がある。 ドアの印の前で待つ。 電車を待つ5分はとても長く感じる。 左右隣りのドアの印の前にも人の列が出来た。 と、列とは離れて立つ男性がいた。 長身でサングラスをかけ、手に白く長いステッキを持っている。視覚障害者のようだ。近づいて、トントン肩を指先で叩いて声をかけた、、次の電車に乗りますか? 「はい、乗ります」静かな声が返って来た。  それなら、こっちへ。 その人の腕に手を添えて、自分が待っていた場所へゆっくり誘導した。 特快が風を切って通過して行った。 しばらくして電車が入って来た。 だいぶ人が降りるようだ、、ドアの端に移動して、降り終わるのを待つ、、 あと三人下ります、、 さぁ、どうぞ、、声をかけ、最初にその人を乗せた。どこまで行くのだろう、、奥まで入ってつり革につかまっている。 僕は10分程で降りる。ドアの横に立ち、流れて行く外の景色を眺めていた。 そして、ふと思った、、 何も意識せず声をかけていた自分、、いつからこんなになった?!  弟に付き添って車イスを押していると、理不尽を思い知らされる事がある。 そんな事の反動かなぁ、、どちらにしろ、弟の影響だ。 健常者の自己満足、余計なお世話っていうことが多いらしいけど、まっ、いいかぁ〜。 吉祥寺に着いて、降りる。 わっ、駅ビルの工事中? これまでは、改札を出て、そのまま真直ぐ行って階段を下りるだけなのに、、これは、まるで迷路だ。 あちこちウロウロしてやっと外へ、かなり大回りをして、定刻に少し遅れて待ち合わせ場所へ、、あれ?だれもいない!10分待ってみる。 誰も来ない! えぇ?日にちを間違えたかな、、、?!
家の南側を流れる小川、、よく見かける風景、、。
121025001
のんびりと集う鴨の群れ、、それを眺める、小さな子供とお母さん、
そして、流れの中で網をザブザブ、何かを採る人、 そして、
このあと、近所の園児達が歓声をあげながらやってくる。

2012年10月24日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #609、、、

ぬけるような青空、、ひやりと冷たい空気、、明るい陽射しが溢れる朝、、ただ、掛け布団を換えないと、と思わせる明け方の冷え込みだった。
今日は10時に、弟が虎の門から多摩総合医療センターへ戻って来る。 僕も9時に家を出て、立ち会う事に、、。 明日は明日で、組合の班会があり、吉祥寺まで出かける。 結局、一週間ウォーキングなしということに、、怠け癖が起きそうだ。 アン♡クー♠もフラストレーションたまってるだろうな、、。
121024001
クー♠ゴメン、、髪止め、し忘れてるね。。

総合医療センターへはJRの駅前からバスに乗る。およそ5分で着く。歩くと25分前後、家から駅までの距離とほぼ同じ、 バスとのタイミングが合えば、急いでいる時等は、時間の節約になるが、歩いて行けない距離ではない。 先日も帰り、バスの時刻表を見て、次のバスまで間が空いていたので、歩いたこともあった。 途中で思いがけない店を見つけたり、初めての道を歩くのは悪くはない。  さて、今朝は、10時前に着く、という制約がある。 駅前からバスを利用するつもりで家を出た。 駅前につづく長い坂道の手前の交差点で信号待ちをしていると、右手から来たバスが右折しようと交差点の中で止り信号待ちをしている。 あぁ、、センター行きのバスだぁ、、。 信号が変わると同時に走ってバスを追いかける。 あのバスを逃したら、20分は待たされる。 ダラダラと長い坂道、、半分程で息が切れた。 たしか、駅前で一二分は止まっている。 頑張って走る、走ってるつもり、、 停留所に止まっているバスに追いついた。 あぁ、、ドアが閉まる、、走りだす前にドアの前に、ドンドンと叩く、、おぉ、ドアが開いた。 良かった。 これまでの経験では動き出したらバスは決して止まってくれない。 ハァハァと荒い息をしながら乗り込むと、運転手に一礼をして席に座った。 バスを降りるまで、荒い息はおさまらなかったし、汗びっしょりだ。 心臓も脚力もかつてスポーツマンと自負していた程ではまるでなく、、 これって、年寄りの冷や水?! おぉ、、イヤダイヤダ。。とは言え、気をつけなければ、、。  弟が着く5分前にスタンバイ。 到着すると、新しい病室へ搬入され、看護師さん達と顔合わせ、虎の門から付き添ってくださった先生に挨拶して、退院証明書、請求書(見るのが怖い、、)書類等を受け取る。 先生同士の引き継ぎがあって、救急車と虎の門の先生は戻って行かれた。  

2012年10月23日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #608、、、

雨上がりの朝、 何層にも重なった雲、 一番下に黒雲、強い風に流されて行く。 これから午後にかけて、寒冷前線が通過して、激しい雷雨があるという。 トイレ散歩に連れて出るのは、今のうち、、。
121023006
この後、市役所に行って来るから、、留守番、頼むよ、、アン♡。
121023020
明日は、走りに連れていくから、さ。  今日で三日、トイレ散歩だけでは、物足りないのは、わかっているし、、僕もウォーキングに出たいんだけど、まだ弟の事で済ませなければならない手続きが残っているんだ。

夜、弟の娘からメールが入った。 術後の容態が安定したので、都立多摩総合医療センターに戻るという。 明日朝9時に虎の門を出て10時過ぎに着く予定、、その時刻に僕も行く事になった。 アン♡クー♠、ゴメン! ウォーキングは金曜日までお預けだぁ、、。 

2012年10月22日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #607、、、

今日は、サックスのレッスンを受ける日、、 弟の面会に行きたいし、、 出かけるには母の夕飯の仕度を済ませなければいけないし、、慌ただしい一日になるなぁ、、。 まずは、洗濯機を回している間に、アン♡クー♠のトイレ散歩を済ませて、、かかりつけ医へ母の健康診査の結果を聞きくことと、弟の再発の報告にいって来る。   トイレ散歩、、今朝は、いつもの反対側の岸辺を行く、、
121022013
<父さん、なんか落ち着かない? サックス、不安なんでしょ、、>  ははは、、アン♡はお見通しだね。。。
121022022
アン♡が見つめてるのは、、鴨の群れ、、?!!

2012年10月21日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #606、、、

目を覚ますと、とっくに7時を回っている。やはり昨日の疲れなのだろうか、、いや、それだけではない。 毎朝5時にはゴソゴソと、我が家で最初に起き出す弟が居ないのだ。 朝食の仕度をはじめても、、 そうか、今朝は一人分少なくていいのか、、。 昨日、都立多摩総合医療センターから数時間のうちに虎の門病院に転送されて、弟は今朝、ICUで目を覚ませたはず、、 10時には確認のCT画像が撮られ、症状の確認がされ、一般病室に移る事になる。弟の娘が立ち会う事になっている。 僕は多摩総合医療センターへ事後手続きにいって来る。
とその前に、アン♡とクー♠をトイレ散歩に、、、
121021007
今朝の空ようには晴れた気分になれない、、
121021012
さて、午前中に、多摩総合医療センターの手続き、済ませてしまおう、、。

2012年10月20日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1255、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #876、、  と脳梗塞 脳底動脈閉塞症。

ウォーキングから帰ると、、家には誰もいなかった。 とは言え、弟は僕がウォーキングに出る前、7時半頃、いつものようにリハビリに出かけたし、 母もこの気持ちのよい天気に誘われて、散歩に出ているのだろうと思った。 汗になったウエアを着替えていると、携帯にメールが着信した。 う?ん??!弟の娘からだ。 弟が倒れて都立多摩総合医療センターへ救急搬送された、という内容だった。アン♡とクー♠を置いて、直ぐに仕度をして出た。 季節の変わり目、気分が悪くなる事があると言っていた。リハビリの施設、障害者スポーツセンターで、気分が悪くなったのかとおもった。 病院に着く前に、またメールが届いた。救急外来の受付で待つ、という内容だった。 初めて来た大きな病院だ、、
121020093
救急外来の待合室には誰もいなかった。椅子に座り待つ事に、、15分程して弟の娘が、、おぉ、母も一緒だ。 そこで、初めて経緯を聞いた。 家からJRの駅に行く間の坂道で、弟は倒れたらしい。 そこに通りがかった人が救急車を呼んでくれた。 救急隊員が身元を調べようとした時、通りかかった別の人が、弟の顔を知っていて、「この近所のSさんの息子さんだ」と告げた。 救急車は弟を乗せて家へ、ところが、母とは話しが噛み合ず、娘の電話番号を見つけて連絡、 このセンターに搬送する事になった、という。  そして、検査の結果、 脳梗塞 脳底動脈閉塞症と診断された。 脳梗塞の再発だった。 直ぐに血栓を溶かす薬が投与された。 が、効き目が無いと言う。 カテーテルを用いた血管内治療という手法があって、都内の虎の門病院から、脳神経血管内治療科の専門医が派遣されているのだが、あいにく土曜日は不在だという。 病院間で検討の結果、弟を虎の門病院へ移送して治療する事になった。 弟の娘が救急車に同乗することに。他に医師が一人付き添って移送された。 僕は母を連れて一度帰宅。 早めの夕飯を母に取らせて、移送先の病院へ向かった。  その間、メール連絡によると、病院に着くと直ぐに検査が行なわれ、カテーテル治療が施されたようだ。 僕が着くまでに処置は済んで、弟は集中治療室に移されていた。 意識はハッキリしている。ただ言葉が話せない。 右半身にマヒが残っているようだ。 とはいえ、植物人間を覚悟して欲しいと言われた三年前、はじめて倒れた時の状態と比べると、雲泥の差と言える。 ただ、弟は言っていた、、リハビリ、最初の一年はとくにつらかった、と。そのリハビリを、また一からやり直す事になるのだろう。 あのころと同じモチベーションを弟が維持して行けるようにと願う、、。

さて、、そうとは知らず、、僕はウォーキングに出ていた。
121020049
自然公園、幼木園の空き区画のひとつ、、
121020069 121020070

121020071
121020067
ほら、油断するから、クー♠にだしぬかれるんだよ、、、。
121020072
さて、、ひと休みしたら、、帰ろう、、。  小川の水辺に真新しいススキの穂、
121020084
ここにも秋の風情、、、
121020080

 

2012年10月19日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1254、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #875、、  

気持ちのいい、、秋晴れです。  思いっきり、、遊び回ります、、。
121019020
場所は、調節池の原っぱの東側、、自然公園の林との境目、樹々の間から、、
121019023
121019018_2  









遊びの前には、僕の速歩に付き合わされて、疲れてこんな表情のふたりも、、
121019003
遊びとなれば、歩き疲れなどなんのその、、
121019013
121019024










               丘の上まで走り回って、表情一変、、。
121019062
    < でも、父さん、何度目?!これ以上、駆け上がるのは、無理だよぉ>
121019065 君達のスタミナ消耗させるには、丁度いい丘登りです、、。
121019048

コスモスの見頃は終ります、、。
121019081
人の背丈程、今年はとくに大きく育ったコスモス、、強い風と雨になぎ倒されて、新しいつぼみを咲かせる余力は乏しそう。

2012年10月18日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #605、、、昨日の眼科検査のこと、、

わぁ、、雨です。 窓を開けると、ヒヤッと冷たい空気が流れ込んできます。 夕べの激しい雨が小降りにはなったけれど、しとしと降りつづいてます。 こういう冷たい雨には濡れたくないし、 アン♡クー♠をトイレ散歩に連れて出るタイミングが難しい。
そうそう、昨日書きそびれていた眼科検査の結果を書いておこう、、。
結果は正常、、とはいえ、全く問題ないというのではなく、かろうじて許容範囲内である、ということらしい。 先生は言わなかったが、年相応という事かな。 検査は二つ、三つの器機を使った。 まず視野検査、 片目で検査器機を覗いて、丸い画面の中央にあるポイントを眺めるようにして、明かりが点灯したら合図をするように言われる。 ナースコールのようなスイッチを握って親指でカチッとクリックするのだ。 二三度テストをして要領を覚える。 これが結構疲れる検査だった。 準備と途中休憩を入れて、片目におよそ10分を要した。 しかも、点灯する明かりはほんの一瞬、明かりの強さは色々、ピカッと鋭い光から、チカッと針の先のような鈍く小さなものまで、まるで千差万別、、不意にあちこち画面全体に飛び散る。 途中から、あれっ?光ったぁ?判断しにくいくらい混乱して来る。すると検査技師さん「わざと光らせない時もありますよ、、」だって、、。 この検査の準備がまた笑える。 片目ずつなので、他方はガーゼを当てて目隠しをする。そして対象の目は、しっかり開いて、視野が確保出来るように、テープで瞼を吊り上げる。細いテープが上下、斜めにと瞼に張り付いて、、まぁ、これは僕の瞼が奥二重で、目の半分くらいまで垂れ下がって来ているのを補正するためなのだが、、吊り上げながらも、ちゃんと瞬きが出来なければイケナイと言う。 見開いたままでは、目が乾いて見え難くなるのだそうだ。 なんともデリケートな検査だった。 そうかぁ、こういう瞼のために視野が損なわれる、と眼科医が判断すると、美容整形ではなく瞼の手術できるのだ、と聞いた事がある。 とはいっても、僕の笑うと無くなってしまうこんな目でも好きだと言ってくれる人がいるので、このままで十分。  さて二つ目の検査は、これも片目ずつ。 画面中央の十印をながめている間に器機が自動的に計測しているようだ。 眼底三次元画像解析とかいうらしい。 これらの検査結果は、先生のデスク上のモニターに表示され、 こうです、ああですと、説明を受ける。 人一倍好奇心が強い僕は、これは? ここのこれは他と違ってますけど、、とか、この時とばかり質問攻めにする。 だって、あんな画像や、表、グラフ等めったに観られないですからね。 考えてみれば、五月蝿い患者かも知れません。 これも、「大丈夫ですね」という医師の言葉を聞けたからでしょうけど、、。 「年に一度検査を受けてください」と言われ、 ハイ。と素直に答える僕でした。

10時を過ぎて、雨足が途切れた、、 おい!チャンスだ、トイレ散歩にいくぞ。 声をかけると、母のベットの上で丸くなっていたアン♡が飛び起きて来た。 クー♠は、と探すと、すでに僕の足元で見上げている。 ついでにスーパーへおやつを買いに行くぞ。 仕度をして外へ、、あれ? ポツリポツリ、降ってるよ。 仕方ない、行くぞぉ〜。 川原への石段をおりて、2ワンズのトイレタイム。 アン♡の奴、オシッコしながら、ロックオンしてるよぉ。   最近、七八羽から十羽を越え、鴨の群れが目立つ。 行く手に九羽の鴨達、、ゆっくり近づくと、みんな対岸に上がってしまった。 その群れを見つめながら通り過ぎます。
121018003
< あぁ、、飛んでっちゃったぁ、、>
121018005
               なにかなぁ、、最近、そういう顔するね、、
121018008

2012年10月17日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #604、、、

今日は、一番で眼科の視野検査を受けにいきます。 なのでウォーキングはやすみ、 アン♡、クー♠をトイレ散歩に連れて出ます。
121017009
< 今日は遊びにいかないの?> うん、この後、眼科のお医者さんとこに行くから、おやすみだよ。留守番、たのむね。 < えぇ、アタシはだいじょうぶ>
121017014
あれ?クー♠は?  <ボール遊びが出来ないから、しょげてるのヨ。 > こんな会話をしながらのトイレ散歩です。 ただ、本当は、アン♡の脱走が一番の要注意なんですけど、、ね。。 

2012年10月16日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1253、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #874、、  

< 先輩〜〜、ボクにもかしてくださいよぉ〜!>
121016090
やってきました、、公園の南地区、、大きな芝生からちょっと奥まった所、、。
121016048 121016065
こじんまりした、手頃な広さの芝生です。
121016084 右へ左へ縦横無尽に走り回ります。 アン♡、油断するとクー♠に出し抜かれるよ。
121016056
               わぁ、、久しぶりのワン友、フレンチブルのアモちゃんです。
1210160981才半になったアモちゃん、最近自我に目覚めたらしく、お母さんに注文するそうです。たとえば、散歩の最中、友達に出会って立ち話、、少し長くなると、<早く終らせてぇ>とばかり、お母さんを蹴飛ばすのだそうです。 そんなアモちゃん、なぜか僕にベタベタ、クー♠が焼きもちを妬く程甘えて来ます。
さて、、
南地区の西の端まで走り抜けて、、さぁリードを換えて帰り仕度だよ、、。
121016114
南地区から北地区へ移って、、コブク(子福)桜を撮っていきます。
121016116

121016125

121016127
調節池の遊歩道、、そろそろ見頃が終るコスモスも撮っておきます、、。
121016035

121016041

121016038

2012年10月15日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #603、、、

陽が昇り、低くたれ込めていた薄い雲が、すっかり消えて、清々しい朝です、、ねぇ、アン♡。 朝のトイレ散歩にて、、。
121015008
今日は、午後、サックスのレッスンを受けに出かけます。帰宅は18時の予定。 それまでに、家事雑用をすませ、夕飯の仕度まで終らせます、、。

2012年10月14日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1252、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #873、、  自然公園のジュウガツ桜、

さて、今朝は、久しぶりに、自然公園にやって来ました。 アン♡クー♠を遊ばせる他に目的がありますが、、先ずは、アン♡クー♠のストレス発散から、、
121014021
場所は、幼木園の空き区画のひとつ、、春にはサクラに囲まれる素敵な場所です。
121014023
狭い空間を目一杯使って遊びます、、。
121014028

121014031        アン♡、、見事な、キャチ、、、
121014036<ねぇ、ねぇ〜、つぎは、なにしてあそぶの〜〜>
121014042
うん、アン♡とクー♠どっちが先に、ボールを取って、僕の所まで持って来れるか、競争だよ。 <なんだ、それなら、アタシが早いにきまってるわ、、>  うん、そうだね。 でも、時々、クー♠に出し抜かれてるじゃないか。油断大敵だぞ。 そうなのです、何回かに一度は、スキをつかれて、クー♠に横取りされるアン♡なのです。 今回もクー♠の反撃にあって、一瞬タジタジになるのでした。
それでも、、< たのしかった、ゼー、、!>のおふたりでした。
121014075
さて、、昨日一昨日の子福桜と十月桜が咲いていたのは公園の芝生の端。 今日は隣の自然公園のジュウガツザクラを観にきました。 ここでは幼木園の隅に、標本のように一本だけ、植えられていた記憶が有ります。 ウォーキングの復路、公園から自然公園に入って、周遊路を時計回りにまわりながら探します。 「ヨウキヒ」という桜と並んでいました。 幹の太さ、背丈、どちらも同じ位の大きさ、、ただヨウキヒは今はまだ寒々とした裸樹、、その隣で薄いピンクの花を咲かせているのがジュウガツザクラです。
121014001
同じジュウガツザクラでも、
121014007
公園の桜と少し趣がちがいます、、。
121014016

そして、調節池を通り抜ける帰り道、、
121014131
コスモスです、、。
121014115
小川沿いを、家まであと10分程の所まで戻ったとき、見慣れない鳥を見つけた。ずんぐりとした身体、異様に太く長いクチバシ、、獲物を狙っているのだろう、水の中でじっと動かない。なんだ、この鳥は、、?
121014142 今日は、肌寒い位の朝、、ウエアを秋用に着替えて出ました。長袖のパーカーに長ズボンです。

2012年10月13日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1251、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #872、、  ジュウガツ桜、

公園の北地区、西の端に数本の「十月桜」が植えられている。
121013009
その花を見に行く、、。
121013022

121013029

121013052

今朝の遊び場所は <ここで〜す!> ジュウガツザクラから100m程離れた芝生、
121013089
いくつかのうねりが連なってこんもり盛り上がった場所です。
121013056
かつて、グラスバンカーのうねりに守られた名物グリーン跡、、そんな場所です。
121013099 121013083

121013060

121013068
121013070121013071

121013079
さぁ、そろそろ、帰るよ、、。<えぇ〜、もっと遊びたイッスょ〜!>
121013111
<今朝のクー♠、 アタシよりテンション高かったわ、ねぇ〜。>
それでも、僕が帰る、と決めたら、そこれ遊びタイム終了です。
帰り道の遊歩道で、、、
121013124
まだまだ、勢いが衰えないコスモスです、、。

2012年10月12日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1250、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #871、、  コブク桜、そして、コスモス。

眼科と内科の先生をたずねて、帯状疱疹の様子を確認してもらい、額にカサブタが残っているものの、元の生活リズムに戻っても良いと許可を得たのが水曜日。 昨日はコースを半分にして、、 そして今朝、、ウォーキングをフルバージョンに戻しました。 
小川沿いを通って調節池を抜け、、
121012004
公園の北門を入って、北側の遊歩道を、、
121012010
東の端で折り返して、、橋を渡って北地区の芝生へ、、
121012013
そして、ここで遊んで帰ります、、。
121012023

121012033

121012072 121012071

121012067
やっぱり、こういう満足げな表情がイイ、、。
121012026
帰り、、北門の手前まで駆け抜けて、帰り仕度をする時に、、気づきました、、
121012087
「コブクザクラ、子福桜」です。 そう、もう十月も十日が過ぎ、、
121012079
今年は色々あって、うっかり忘れるところでした、、早咲きの桜の季節です。 
121012076
きっと「ジュウガツザクラ、十月桜」も咲いているはず、次は探してみよう。
北門を出て、来た時とは対岸の遊歩道を帰ります。こちら側でも、コスモスがキレイなのです。
121012099
それにしても、昨年もこの時期に見かけたこの蝶、十月も中になろうというのに、121012090
元気に飛び回っています。 温かな陽射しがあり、花が咲いていれば、蝶が舞っていても不思議ではない、、のだそうです、が、やっぱり、僕には不思議です。

からりと乾いた風に吹かれながら、、爽やかな秋のウォーキングでした。

2012年10月11日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1249、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #870、、

土手下の川原伝いに、調節池までやってくると、 どうしてもコスモスが気になる。 この時期、強い風が吹き抜けても、花びらを散らしはしない。 ただ、大きく揺れたなびいて、そろそろ終わりが近づいていると知らせている。 
121011044
風に吹かれながらも、いっせいに陽に向かって花を広げる、、。
121011033
風に舞散るサクラと違うところだ。
121011021
さて、今朝の遊び場は、、、
121011052
調節池の原っぱ、東の端、自然公園の林との境、丘の辺りです、、。
121011057

121011058

121011060

121011074
休憩は、丘の上、、周りの景色をながめながら、、
121011082
ほんとうに、陽射しもやわらかくなりました、、。
121011093_2
ほら、下を見てごらん、僕達が走り回っていた場所に、小さな子供を連れたお母さん達が集まって来ているよ。 あの子達を遊ばせるんだろうね、、 場所を交代してあげよう。
121011078
僕らは遊びながら、林沿いに南側を西へ抜けて行くよ。
イッパイ走って、戯れ合って遊んだけれど、、水風呂の要求は無かったね。

2012年10月10日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #602、、、

昨日、久しぶりのウォーキング、、気分良かったぁ〜! ルートを半分にしたハーフバージョンでしたが、気分スッキリ、、身体を動かした後の爽快感は格別です、、。と言いながら、今朝はウォーキング、休み、、眼科の検診にいってきます。
とその前に、アン♡とクー♠をトイレ散歩に、、、
121010003
我が家の前、枯れる前の草刈りが終ってます、、。 アン♡、オスワリでその表情、ひさしぶりだね、、すごく知的な女性にみえるよ。 ヤンチャ娘が別人のようです。 おいおい、クー♠、しょげるなよ。。お前は甘え上手な可愛い男の子です。皆がそう言って評判だよ。

さて、帯状疱疹で、左側の額から瞼、頬までが腫れ、用心のために眼科の検診を受けた。ちょうど先週の今日、水曜日でした。 9時、今朝は、その後の様子を診てもらうための通院です。 額に広がったカサブタを見て、「落ち着いてきましたね。」、診察機で目をのぞきながら、「角膜も異常ないです」と先生の言葉。 そう言われて、やっと安心する。 その後、ついでに、市の目の健康診査を受ける。 視力、眼圧検査、、そして、眼底検査の前に、「目薬をさしますが、しばらくは目がぼやけます。車の運転などしないですね」と看護師さんに告げられ、 良く意味がわからないまま返事をして、目薬の後30分程待った。 20分を過ぎると、、おぉ、本当だ、周囲がぼやけて見える。 薄暗い診察室で左右眼底の写真を撮る。 それがすぐに、先生の前のPCの画面に表示され、 そして、診断、、「う〜ん、白内障がありますね。中心ではなく周囲ですから、気にならないのかもしれません。」 えぇ、、白内障ですかぁ。 「血管はとてもきれいです。ただ、気になるのは、こっちの目のここ、、一度、検査した方がいいです。その後は、年に一度、定期検査を受けるといいですよ。」 先生、それ、何でしょう? 「緑内障に注意が必要です。」 はぁ?!!緑内障?!! 「差し迫った状況ではないが、発症、進行時に適切に対処出来るよう、今のうちから定期検査を受けなさい」ということのようだった。 視野検査、、日を改めて、予約する事にした。 眼科クリニックの玄関を出る。 ギョッ!世界が真っ白だぁ!! 何も見えない。ではなく、、眩しくて目を開けていられない。 そうかぁ、、あの目薬、眼底を撮るために、瞳孔を開かせる薬だったんだ。 急に明るく晴れた外に出ても、瞳孔が開いたままなのだ。 下向きで、恐る恐るうす目を開けて見る、、 ハハハ〜、冷静に観ると、おかしな世界だ、、真っ白な空間に、人の足元が、、それも陰と輪郭だけが通り過ぎて行く、、写真でもこれ程の露出オーバーは見た事がない。 すぐ目が痛くなって瞼を閉じ下を向く。 そうだ、バックに濃いサングラスを持っていた。 手探りで取り出してかけた。 ほっと一息、、それでも眩しさは残った。 眼科で受け取った検査結果の一部を内科医院に渡すよう言われていた。 ちょうど帰り道なので、内科の先生に会っていく。 おぉ、待合室に弟が、、月毎の診察と市の健康検査が終ったところだった。 先生に、眼科の審査結果を渡すとともに、額のカサブタを見せた。 普段の生活に戻っても良いか尋ねた。 九日もウォーキングを休んだので、ウズウズしてます、と告げると、 先生は笑いながらうなづいていた。 弟と二人、薬局により、弟の薬を受け取って帰った。 なんでもない話題を話しながらだが、相手のペースに合せて歩く、、これは、人の暮らしの中で、時には必要なこと、のようだ。 以前は、車イスを押してリハビリに付き合ったり、、並んで歩いて通ったりした。 最近では必要がなくなったのだが、、。  さぁ、帰ったら、すぐに昼食の仕度だ。   

2012年10月 9日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1248、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #869、、

気象情報では、午後から晴れるという予報、、でも今は、どんよりとした曇り空。
121009149
この天気、かえって僕には好都合、、帯状疱疹ヘルペスには紫外線は要注意なのだそうだ。それに、暑くも寒くもない今日の空模様の方がアン♡クー♠を遊ばせるにも都合が良いのです。
121009070
遊ばせるのは、、ここ調節池の原っぱです。
121009079 121009091

121009092
広い原っぱの中央です、、。
121009098 121009099

121009097

121009116

121009127
九日ぶりのウォーキング、、アン♡もクー♠も、やっとストレス発散出来たようです。
121009139
ここの遊歩道沿いにはコスモスのお花畑が、、満開の艶やかさです、、。
121009053
今が見頃、、、
121009039
今年はとくに見事です、、。
121009024
さて、存分に遊び回って、帰り仕度をすませると、、アン♡がどんな意思表示をするか、興味深かった。 アン♡、帰るぞ! と声をかける。 おぉ??!、、帰り道に向かって進もうとする、、クールダウンの水風呂とは逆方向だ。 さすがに今朝、この涼しさでは、水浴びは不要のようです。

2012年10月 8日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #601、、、良い天気なのに、、

今日は清々しい秋晴れ、、雨で延期になっていた孫嬢の幼稚園運動会、、もちろん応援に行くつもりでいたのです、が、この額のカサブタが余りにも生々しく、今回は自粛する事に決めました。 昨日、連絡はしたのですが、、これまで、孫達の催しに自分の都合で不参加を決めたのは初めての事、、明るくキラキラした笑顔に会えないかと思うと、少なからず、寂しいです。 ウォーキングも今日まで休む、、。  9時過ぎ、トイレ散歩に連れて出る。
121008004
枯れる前の草刈りが済み、歩きやすい、、。
121008013
石垣を駆け上がるのも、軽やかだね、、ふたりとも、、。
121008020

2012年10月 7日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #600、、、デザイン変更しました。

しとしと雨の朝です。 ときおり大粒の本降りになります。 7時半を過ぎ、弟がリハビリに出かける時間がきて、突然、玄関で呼ぶ声がした。「お、にい、さん、、」 急いで玄関へ、、 その場の状況を見て理解した。 アン♡が足元をすり抜けて、出て行ってしまったのだ。 キツネにつままれたよな顔をしてドアを開けたまま立っている母がいた。 犬止めの柵も開いたままだ。 今回は怒る気にも、怒鳴る気にもならない。 それより、どう対処するか。。 今日は日曜日だが、幸い外は雨。 川原に散歩する人も、まして水遊びに来る人も居ないだろう。 アン♡の行動を観察するチャンスにしよう、、そう考え、、母に弟をバス停まで送らせると、、リードを持ち、ポケットにクッキーをいれて、アン♡を追い探しに出るのを、5分待った。 外は雨が降りつづいている。 橋の上に立ち、上流、下流を眺めて、アン♡が来るのを待った。 しばらくして、上流から、勢い良く走って来る。橋の下をぬける。その先に石段があって、上れば自宅前だ。 アン♡の姿を見失った。そのまま下流へ走り去ったか、それとも、僕を探して家に戻ったか。 僕は家に戻ると踏んだ。 遊歩道から門の前に回った時、 開けたままにしておいた玄関から、様子をうかがっているアン♡と目が合った。 <なんだ、父さんそこにいたの、、もっと遊ぼうよ、、>とでも言いたげな表情を見せると、足元をすり抜けて、走り去ってしまった。 ただ、アン♡は脱走した後、僕を探している、あるいは、僕の居場所を確認しながら、遊び回っていると確信出来た。 僕は門を入る動作をしながら、アン♡が僕を見つけるのを待った。 50m程離れて、アンが姿を見せ、こちらを見てる。 よし今だ! 門を入り、玄関の前へ、、 振り返ると、門の前にアン♡、 目が合った、、 アン♡は、誘うように走っていった。 無視して玄関に入り様子をうかがった、、 やっぱり、足音がする、、アン♡が顔をのぞかせた、、 名前を呼ぼうと動作を起こすと、サッと顔をひっこめた。 今度は手にビスケットを持って待った、、 案の定、顔を出すアン♡、 すかさずビスケットを差し出して、アン♡、と呼ぶ、、 嬉しそうにドアを入り、柵を入ったところで、ビスケットを与えながら、柵を閉めた。 クー♠もやってきて並んで、オスワリ、、ビスケットを待っている。  ここでもう一つ考えた、、以前から思っていた事、、人のいない雨の時等、自由に遊ばせてやれたら、、それを今回してみることに、、といっても、リードフリーという訳ではなく、いつものロングリードを付けて、の話しだ。 身体中、草の種をびっしりくっつけているアン♡に、ロングリードをつけて、石段の上から川原へ放してやる。
大騒ぎの、、あと、、
121007034
どんなにイイニオイがしても、草むらに飛び込めば、当然さ、、。
121007018
いいよ、誰もいないし、勝手に走り回って。リードの後について行くよ、、
121007017
大丈夫、僕はここで見てるよ、、、
121007007
嬉々として、、でも、何を探してる??
121007023 121007024

121007025 121007029

121007032 今朝の脱走は怪我の功名、、とでもいいますか、、アン♡の行動を冷静に観察する機会になりました。 十数回の脱走の末、やっと客観的になれた、、もっと早く知るべきだったかもしれませんが。 ただ、やっかいなのは、、 種を取り除き、シャワーを浴びさせ、、身体を拭いて、、の後始末、です。

帯状疱疹ヘルペスのこと。このカサブタが自然にとれて、やっと症状が治ったと言えるのでしょう。その頃には、なんとなく腫れぼったい感じも消えているのではないかと期待しています。
121007037
そして、この連休明けから、元の生活リズムに戻そうかと考えています。ウォーキング、一週間以上怠けてますから、、、。 

さて、このブログ、デザインを変えました。といっても急な事だったので、以前と同じイメージで似たデザインにしました。 はい、言ってみれば、一新という程ではありません、、どちらかと言えば、手抜きかなぁ、、、?!!
なぜ、変えたかというと、、前も今回も、ニフティが用意したデザインの中から選んだもので、前のものは足掛け7年利用して来ました。ところが、あのデザイン及び設定システムが、1年以上も前に変更になっていて、サポート体勢も変わっていたらしく、細かいところで不具合が起きていたのです。 どうにかして改善しようとしたのですが、昨日になって、現行のシステムにそっくり変えた方が得策だと、結論なのです。

2012年10月 6日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #599、、、帯状疱疹、またそのつづき、、

帯状疱疹を発症して六日目、 抗ウイルス薬を服用して五日目、 症状を診てもらうために医院へ。 同時に、健康診査の結果も聞いてくる。 そして、今日は母も連れて行き健康診査を受けさせる。 医院までは、僕の足で10分と掛からない距離なのだが、母に合せて歩き、優に20分掛かった。 アン♡クー♠も連れていったのだが、面白いことに気づいた。 アン♡がこちらの速度に合わせて、ゆっくり歩くのです。 当然のこと、といえば、それまでなのですが、、 僕は右手で母と手をつなぎ、左でアン♡のリードを持っている、、 ウォーキングの時などは、油断するとグイグイ引こうとするアン♡が、しきりにアイコンタクトをとって、それこそのんびりと歩いている。 そういえば、弟がアン♡を連れて散歩に出た時も、引っ張らないと言っていた。 すると、引っ張ろうとするのは、僕と速歩の時だけということ?! 人を見るということか?! 飼い主としては、失格かなぁ、、??!!

母が看護師さんに身長体重等を計ってもらっている間に、 先生は僕の健康診査結果を見ながら、、「中性脂肪が高めですね。食事内容に注意して、運動することですね。」と言う。 えぇ、、?!! それ、毎日注意している事ですけど、、 それに、この三年は基準値内だったんですがぁ、、 「、、この一年、食事で変わったことは、、」  べつに、、と口ごもってしまった。が、実は、消費量がグンと増えたものがある。 玉子、マヨネーズ、ドレッシング、蜂蜜、、これ、影響あるのかなぁ、、?!  とにかく、食材に改めて気を使おう。 先生、、と言いながら、頭に巻いていたバンダナを取った。 額に広がったカサブタをを見て、、 「そうそう、こっちの方が重要でしたね」と先生、、「うん、だいぶ、落ち着きましたね。もう大丈夫でしょう、、」と続けた。 帯状疱疹は再発する事はほとんどないという。 体調を整え、体力を回復させる事が今大切だと教えられた。 明後日、孫嬢の運動会、また一日日向に居ることなならないよう、避けた方がいいかも。とも言われてしまった。  でもね、先生、ビックリしましたよ。あの薬の値段。。 「高かったですかぁ、、」と申し訳無さそうに笑っていた。  一週間後、今度は母の結果を聞きに来る。

       帰り道、念仏坂で、、
121006006 一時間程、アン♡とクー♠は医院の玄関脇で大人しく待っていた良い子達です。 まぁ、実際は、<クゥー、クゥー>と二度、心細気に吠えましたけど、、。吠えたのはアン♡です。 クー♠は孤独には強そうです。<ボクはずっと独りゲージに入れられていたもん、、>ということのようです。

2012年10月 5日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #598、、、帯状疱疹、そのつづき、、  そして、アン♡の自主トレ、、

青空が広がる爽やかなあさです。 ハイ!僕の気分も、今週でもっとも軽やかです。 月曜日朝、額と髪の生際がチリチリ、ピリピリ、痛痒かったり、違和感があって、午後にはプツプツ小さなできものが、、 はて?口の端にヘルペスが出来るときと似ていると感じていた。 夜にはできものの数も範囲も増え、火曜日の朝には全体に腫れて熱っぽくなっていた。 医師の診察を受けてヘルペスによる帯状疱疹だと知った。 この日の昼食後から抗ウイルス薬バルトレックスの服用を始める。水曜日に念のため眼科の診察も受ける。 発症して三日目の後半、午後から夜にかけて、熱を持って腫れ、傷み痒み、そして顔の左半分が歪んで見える程、最も酷い症状だった。この時は、耳の前後にリンパ節が傷みをともなって大きく膨らんでいた。 木曜日、薬の服用を始めて三日目にはいると、効き目が徐々に現れて来て、気分も落ち着いた。 具体的には、患部の広がりが止まり、熱っぽさ腫れが少しずつだが実感出来る程におさまってきた。 そして今朝、服用四日目に入り、 顔の左右を見比べると、若干腫れが残っているかな、、と感じる位までに治まって来ている。 やれやれ、初めての体験は、先の予想がつかず、不安ばかりで、やっとここまで辿り着いた、そんな感想だ。 今日一日身体を休め、明日、もう一度医師の診察を受ける。  それにしても、額の片側、黒いカサブタだらけ、、汚らしい、、と言いつつ、、 まだ、瞼と頬、その周りに腫れが残っているけれど、目には影響は無さそうだし、、こんな笑い話で締めくくれて良かった。

さっきから、アン♡がしきりに僕の様子をうかがいに来ている。 外に連れていけ、、と言う事だろう、、。 で、9時過ぎ、トイレ散歩に、、、
121005005
川原に下りると、それぞれに用を足す。 フンは拾って袋へ入れる、、とここまでは、アン♡クー♠ともに大人しく側にいる。 必要な儀式が済むと、一変した。 アン♡はグイグイと引っ張って水辺に行きたがるし、 クー♠は僕を中心に前後を走り回って落ち着かない、、 そうだ、、日曜日にウォーキングに行ったきり、今週は満足に走り回るチャンスもなかったんだ。 明日は医者に行くし、明後日は孫嬢の幼稚園の運動会だ、、まるまる八日間ウォーキングもなし、ということ、、そう気がつくと、リードの締め付けも甘くなった、、。 それにしても、アン♡は水辺が好きだ、、
121005008
今朝は大目に見よう、、、
121005012

家に戻って、僕は写真の整理をし、ブログの更新を始めた。 アン♡は僕の足元で丸くなっている。 玄関ドアの閉まる音が聞こえた、、 母が散歩に出たようだ。 アン♡が足元から離れて行った。 トイレ散歩での写真を選んでいる時、玄関でドアの音がして、母が戻ったのだろう。 写真のレイアウトを決めたところで、11時、お茶を入れようと席を立つ、、 なにげなく玄関を見て、ドキッ!! 犬止めの柵が開いたままだ。 母は、テーブルの前に座ってお茶を飲んでいる。 お母さん、、強い調子で言いかけて止めた。 5分前の事でさえ覚えていないのに問いただしたところで意味は無い、、苛立たしくなるだけだ。 アン♡!と大きな声で呼んでみる。 家の中には居ない。 首輪とリード、ポケットにビスケットを入れて外へ出る。 前回と同じ作戦で行こう。 アン♡は小川を走り回っているに違いない、僕は川原には下りずに遊歩道からアン♡を見つけて声をかける、、自分一人で心細くなったアン♡は遊歩道に駆け上がってくる、、こんな筋書きだ。 前回はこれが功を奏した。 先ず上流へ向かう、、管理境界まで800m、往復1600m、天気は良いが、幸い、水遊びをする子供連れの家族はいなかった。 というより意外な程、静かな小川だった。 上流に居ないとすると、下流?  家の前まで戻って、塀の外から家の中をのぞいた。 母はクー♠を膝にのせ、お茶を飲んでいる。 と、何かが横切った。 塀の外の僕に気づいて駆け寄ってくる。 アン♡が家の中にいたんだ。 いや、川沿いを走って来たに違いない、、身体中に草の種をくっつけている。 玄関に回ってドアを開ける。 いつものように出迎えるアン♡、、 ただ、やたらに甘えすり寄ってくる。 あぁ、この種、取らなくっちゃ、、また手間がかかる。 今回は、僕と出会う前に自分で帰ってきた。 これまでとの大きな違いは、 アン♡を追いかけ始めるまでに、時間がたっていたということ、、脱走した直後に追いかけた時、アン♡は、一緒に追いかけっこして遊んでいるかのように、僕の姿を確かめながら走っていた。 今回は僕が追って来ないと知って、僕を探しに家に戻って来た、と考えていいのかもしれない。 それで、玄関であんな表情ををしていたのだ、、<なんだ、父さん、ここにいたの? 父さんの部屋に行っても居ないし、どこに行ったのか心配したわ、、> そうでも言っているようなアン♡だった。 オイオイ、俺は、お前が居なくて心配で探しに行っていたんだぞぉ、、。 <アタシ、ちょっと自主トレしてきただけよ、、>
121005a04 121005a07

2012年10月 4日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #597、、、帯状疱疹のつづき、

今朝も台風の影響らしい、、どんよりとした曇り空、、霧雨が降っている。 帯状疱疹が治まるまでは、運動は控えて、といわれているが、 身体が動かない訳ではないので、いささかストレス気味だ。 薬を服用して三日目、そろそろ効き目が現れてくれる事をねがう。 今朝の状態を残しておこう。
121004001
自分から見て左上の部分、、額から頭部、まだチリチリとした痒み刺激があるものの、腫れはひいたように思う。 今は、まぶた、その横、に腫れが残って、顔の輪郭がいびつに膨らんでいる。 顔全体を見せればわかりやすいのだが、あまりの醜さに控える事にした。 なにせ、己がビックリする程、これまでで最悪な顔だ。 昨夜、22時頃、牛乳パック3本分のカスピ海ヨーグルトを仕込んだ。 その頃が腫れのピークだったようだ。 目が充血するようなら眼科再診に行こうと決めていたが、腫れが引いて来た事と、充血が無いので、様子を見る事にする。  カスピ海ヨーグルト、この時期の気温、熟成に最適のようだ。 テーブルの上に一晩並べておいただけで、しっかり固まっている。すぐに冷蔵庫へ移した。

9時半、アン♡クー♠をトイレ散歩に連れて出る。 ゆっくり散歩するのは三日ぶり、、さすがに興奮気味のふたり、、すぐに走り回ってのバトル勃発、、
121004008
仕掛けたのは、、クー♠、、
121004009     No.2の座を狙わんばかりの勢いです、、。
121004010
まぁ、クー♠がいくらその気になっても、僕が認めませんけどね、、。
落ち着いたところを撮ろうとしたのに、落ち着かないふたりです。
121004014
     それどころか、、アン♡は、、水浴びです、、。
121004039
帰り道の遊歩道で、この花を見つけた。 ならんで植えられていて、同じ葉の形、、てっきり単に色違いだとおもったのですが、、花びらが一重と八重、まるで違います。 このピンクの花はたしか、「芙蓉」
121004040      花びらが一重と八重、、、
121004043お恥ずかしいのですが、花の知識は皆無な僕、芙蓉に八重の花もあると初めて知りました。

2012年10月 3日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #596、、、帯状疱疹?!

曇り、、雨が降り出してもおかしく無さそうな空模様、、ウォーキングは休み、一番で眼科を受診してくる。 昨日受診した掛かり付け医は内科皮膚科の先生、曰く「これより広がるようなら眼科の先生にも診てもらいなさい」とのことだった。  子供の頃、口の端に出来たヘルペスと同じように考えていたが、今朝には額の左半分から頭部にかけて手のひら程にチクチクした傷みが広がり、手のひらを置いてみると、熱を持っていることがわかる。 最近、時々耳にするヘ「ルペスウイルスによる帯状疱疹」とはこのことか、と納得。 顔面、頭部にて来た時には合併症に注意が必要だそうだ。 転ばぬ先の杖、、眼科を受診する。 幸い、目にはまだ影響はでていないが、油断禁物、充血するようなら、すぐに来てくださいとの指示を受けた。
121003005
眼科からの帰り道、 念仏坂を通る。 片側に竹林があり、 彼岸花が咲いていた。 今年は見頃の時期が遅いようだ、、。
121003001 121003003

今日は週の中日、昼前、足りなくなった食材を買い足しに出る。 アン♡クー♠がお供だ。 カスピ海ヨーグルト用に牛乳1000ccパックを3本、そして、モヤシを1袋、これはアン♡の運び用だ。 スーパーの前で待つふたり、、出てくる僕に気づくと、ふたり同時に立ち上がった。< ねぇ、風邪が強いよ〜>
121003005_2ガードレールからリードを外す間、アン♡は買物袋のなかに顔をつっこんで、<アタシの荷物は?>とあさっている。 ほら、これ。とモヤシの袋を取り出すと、パクリくわえ、<さぁ、帰るわよ、、>と言わんばかりだ。 それより少し前、スーパーのガラスドアが開いて、僕が出て行こうとした時、一人の老婦人がふたりの前にしゃがみ込んで、しきりに撫でていた。 僕が近づき飼い主だとわかると、訴えるように話し出した。 「つい最近まで、私も犬を飼っていたのよねぇ、、でも、、私より先にいっちゃった、、新しく飼ったらって言われるんだけど、、」そして、名残惜しそうに去って行った。

2012年10月 2日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #595、、、

薄曇り、 気温が平年並みに戻ったそうだ。 昨日よりずっと過ごしやすい。 もってこいのウォーキング日和だが、 今日は午前中に法務局へ行く。 土地と建物にかけられていた抵当権を抹消手続きをする。 先日銀行から必要書類を受け取って来た。 担当者から「どちらの司法書士の先生に、、?」と聞かれたが、 勉強のために自分でやってみようとおもう、と答えた。 何か無知識の事柄で頭をイッパイにしてしまいたい、、そんな気分なのだ。  じつは、これは遺産相続に関わる一連の手続きのひとつなのです。 確かに、司法書士に依頼すれば、必要書類、煩雑な手続きを代行してくれる訳で手間は何分の一かに軽減されるのだが、自分でやってみようと決めた以上、きちんとやり遂げなければ、、。  で、法務局の相談窓口でのやりとり、、「それは、相続手続きが先ですね」と担当者、 ??? まぁ、どちらが先であっても、必要書類が揃っていれば同時進行でいい訳で、相続の書類を揃えてあらためて出直す事にした。

法務局の帰りに、掛かり付けの医者に寄って、「市の健康診査」というのを受けて来た。 年に一度、僕は毎年、秋に受けているのですが、、身長、体重、変わらず、、ただしお腹周り?cm増、、これって筋肉が落ちて脂肪が増えた、っていうこと、、まさに加齢現象、、大ショックでした。
頑張って、運動、腹筋、ウエストひねり等々、やらなければ、、、!!
そしてもうひとつ、気になることが、、
月曜の朝から、、髪の生際からオデコに、 チクチク、ヒリヒリ、、子供の頃、風邪などで高熱の後、口の脇に出来た経験はあるのですが、 オデコは、初めて。お医者さん曰く、「ヘルペスですね。体調が悪いと、どこにでも出るのですよ。ただ、場所によって、ウイルスが少し違うのです。」だそうです。 そして、これは帯状疱疹と同じなのだと教えられた。  日曜日に、運動会で日中日向に居た事で疲れたのだろう、とも言われた。 これも、また、初めての事。やっぱり年のせい?体力減退? あぁ、そう思うと、ガックリです。 しかも、、薬を処方されて、薬局に寄ると、、二種類の薬、五日分、、合せて、4700円強、、で又、ビックリ。 こんなに高い薬も初めてでした。 
今日は、初めてづくしがいろいろ、、そこで、アン♡クー♠も初めてづくしになりそうな写真をと考えてみたのですが、、 今は13時、 まぁ、夕方のトイレ散歩までに、良いアイデアが浮かんだら、の話しです。

2012年10月 1日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #594、、、台風一過と中秋の名月?、そして十六夜の月

台風17号は、昨日30日19時頃、愛知県に上陸、列島を縦断して、今日の明け方には三陸沖に抜けるという。 22時頃激しい風がゴウゴウとうなりをあげていたが、激しい雨はおさまり、小降りになっていた。 外に出て様子をみる、、黒雲が強風に流されて行く。 空の真上に昇り切る少し手前、その雲の切れ間から、満月が10秒程のぞいた。 そして、後から押し流されて来た黒雲に、またすぐ閉ざされた。 日付が変って十月一日、午前2時、 外がすっかり静かになっていた。 アン♡クー♠を連れて深夜のトイレ散歩、、。 風も雨もすっかり止み、黒雲はすべて消え去っていた。 高い空に秋のうろこ雲、、そして、空の真上から少し西に傾いて、真ん丸の月が、虫の音に包まれ、静かにか輝いている。 日付は変わったけれど、これも中秋の名月と呼んで良いのだろう。 台風の影響が気になって、ウトウトしながらも眠れずにいたら、思いがけず台風一過の夜空と、輝く月を愛でる事が出来た。 今日、連絡が取れたら、報告する事にしよう。

朝8時過ぎ、、トイレ散歩。
<父さん。。今朝は、とくに眩し過ぎます、、>
121001009
台風一過、、陽射しがストレートに降り注ぐ、、そんな朝です。。

午後にサックスのレッスンを受けるはずだった。 帰宅すると18時を回る。そこで、昼食の後、夕食用にホワイトシチューを作った。  外出の仕度をしていると、台所でゴソゴソ、、母だ、、シチューの鍋をあさっている、、 オイオイ、昼食後一時間しか経っていないのに、、 あぁ、あ〜、、カボチャ、肉など、大きな具が、きれいに無くなった。 「私は何も知らないわよ」と母。 情けないやらくやしいやら、、 仕方ない、、作り直す、、。  レッスン受ける時間が無くなった。           まるで美味しくない食事。 夕飯の後、、なんとなく虚脱感、、畳にゴロリ、、そのままウトウト、、 アン♡が起こしにきて、目が覚めた。 21時少し前、アン♡クー♠を連れて夜のトイレ散歩に、、。 夜空が明るい、、 東の高めの空に丸い月、、 あぁ、、今夜は十六夜だ。 満月に負けない輝き、 それでも右側が少しにじむように欠け始めて、どことなくひかえめに感じられるのが好きだ。 しばらく、遊歩道に立ち止まってながめていた。 「オイオイ、そう肩を落とすな。欠け始めたといえ、十六夜も良いだろう、、」 励まされた気分になった。 

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »