フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #1269、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #890、、 小春日和、、 | トップページ | ぼくの写真日記 #623、、、 »

2012年11月21日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #622、、、  

< ねぇ、ねぇ、 見て、みて、、!!>
121121008
          < ボクの跳躍、、スゴイ、、?!!>
121121006






                                                   朝のトイレ散歩での     クー♠の勇姿でした。

今朝は、ボーンボーンという置き時計の時報で目を覚ました。 三、四、五、、夢の中で時報を数えていた、、えぇっ! 七時?!! いそいで起きて、朝食の仕度。 昨夜は、23時には寝ましたが、気がゆるんだのか、とんだ朝寝坊です。 
トイレ散歩にアン♡クー♠を連れて出たのは9時過ぎ、、柔らかな陽射しがイッパイに溢れていた。 家の前から西へ、小川沿いを上流へ、管理境界までのんびり遡ります。   
桜並木の下、ちょっとスマシてポーズ、、
121121016
ほんとうは、走りたくてウズウズしているアン♡ですが、僕が許さないので、あきらめムードなのです。
<あれっ? 先輩、拾い食いしたでしょ??臭いますよ。。>
121121021
そうなんです、、せっかく良いムードのショットなのに、、この直前、僕の目を盗んでパクリ、、アン♡め、やってくれたのです。 フンをしたら、ちゃんと拾って処分する、、犬の散歩では基本マナーのひとつですが、そのままにされている事がまれに、あるのです。
川原から遊歩道へあがる石段のそばで、、懐かしいワン友に出会いました。 スムースコリーのコニーさん、もう9才になったそうです。そろそろ素敵な老婦人といった風情、、ところが、「最近は、ガンコになりました」と笑っていらっしゃる飼い主さん、、 ここへもコニーさんにひっぱられて来たのだそうです。 さんにんは、クンクンにおいを嗅ぎ合って、ご挨拶、、<わぁ、覚えてるこのニオイ>とでも言ったのでしょう、、前脚を延ばし頭を低くして遊ぼうよと誘うアン♡、、でもコニーさんはやっぱり大人、、涼しい顔で聞き流します。 そして、飼い主さんに一言<ワン!>と催促、<私は小川沿いを散歩したいの!>と、、。 今朝は温かくて良かったですね。きっとまた来てください。飼い主同士はそう挨拶してお別れです。 コニーさんの後ろ姿を見送りながら、、アン♡、お前もあんな優雅に振る舞う大人になれるかなぁ??!
(あぁ、写真、撮る暇が無かったぁ、、、)

同じブリ飼い仲間のジュリーママに「がん寿命半年病活記」というブログを教えていただいて、早速訪問してみた。 弟にも読ませたい、と思った。 そして、正直な気持ちを素直にぶつける場所があったら、弟の心にも何か変化が生まれはしないだろうか、と思うようになった。 弟の人生、、今になって思い返せば、、僕の代わりに両親に縛られ、重い荷を背負って来たのだろうと気づく。
命を締めくくる時、『楽しかったぁ、、もう少しだけでも生きたかった、、』と感じてくれたらと願う。 『あぁ、これで、逝ける、、』では悲しい、、。

午後、弟に会いに行って来た。 用件は二つ、ひとつは障害者手帳申請に添える写真が必要で、その撮影をすること。 もうひとつは、先日、長女に会った時、叔父さんに、と渡されたゼリーと落雁を食べさせたいのだ。 病室に入ると、看護婦さんが、(今は名称が変わって看護師さんでした)体温を計りに来ていた。看護師さんも介護士さんも、ここの女性スタッフは皆さん愛想が良い、笑顔が素敵だ。弟にそう話すと、顔をクシャクシャにして笑う、、両頬に深いエクボができる、あの優しい笑顔、「良く言うよ、、兄さんは、、」そう言っているようだ。 写真を撮るぞと言うと、「ヒゲを剃りたい」と言う。 倒れて一ヶ月、伸びたヒゲを剃る。 どこで剃る? あそこの洗面台! じゃ、起きて車イスに乗れよ。 起きるから手を貸せ! その位自分でしろよ。 いいから、早く手を貸せ! そんな会話にならないやり取りをしながら、結局僕の右腕につかまって起き上がった。 やっぱり、痩せて軽かった。 ヒゲも長くなって剃り難い。 長女に会った話、土産にゼリーと落雁を預かって来た話、他の娘達も心配していると話しながら剃った。 始終穏やかな笑みで聞いていた弟、、おぉ、やっぱり若くなった!とひやかすと、あの笑顔ではにかんだ。 明るい窓際に移動して写真を撮る、、おっ、パジャマのまま?これを重ねて着ちゃえ! 着ていたエンジ色のYシャツを羽織らせて、、うん、何とかなりそうだ、、撮った。 ベットに並んで腰掛け、ゼリーを食べる、、一口味見させてくれるかとおもったら、不自由な左手でスプーンを使い、全部一人で食べてしまった。 そして、落雁、10cm四方の可愛い箱に何種類も入っている。 最初だけ一粒口に入れてやる。 かむなよ、舌の上で溶かして食べろ、と念を押す。 それでも噛み砕きたくなるのだろう、、むせたら困るから、溶かして食べろよ、重ねて言う。 嬉しそうに、二個目は左手でつまんだ。 右手のリハビリはまだなのかなぁ、、ふと思った。 帰ろうとすると、呼び止めて、洗濯物を持って行けと言う。 パジャマとバスタオルかぁ。娘が来るだろ、娘に頼め。 そう言わずに、持って行け。 明後日また来いっていうことか! ニヤニヤッと笑ってうなづいた。 昔からその笑顔に負けるんだよな! 洗濯物を紙袋に入れて病院を出た。 明日は申請書を出しに、市役所に行こう。  

« ぼくのウォーキング日記 #1269、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #890、、 小春日和、、 | トップページ | ぼくの写真日記 #623、、、 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #1269、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #890、、 小春日和、、 | トップページ | ぼくの写真日記 #623、、、 »