フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくの写真日記 #628、、、早々と来年の目標をひとつ、、 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #1276、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #897、、 (勘三郎、逝く?!!) »

2012年12月 4日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #629、、、と昨日の事、、

朝から雨です、、冷たい雨です。 クー♠が、僕の足元にからみついて、しきりに催促します<早くしてよ、、ガマン出来なくなっちゃうよ、、>切羽詰まった表情です。 ちょっとまて、もうちょっと、と言いつつ、、雨足が弱まるのを見計らって、、9時過ぎ、トイレ散歩へ。 
121204001
昨日と変わらない時刻なのに、とても暗く感じるよ、、。
121204017        雨が上がるまで、まだ時間がかかるという事かな?!
121204022










               ゴメン、、早く戻ろう、、寒くて、手がかじかんで、、僕もトイレ行きたいよ。 午後には晴れるという予報だけど、、寒い一日になりそうだ。 家に戻ると、アン♡が僕の正面に立って、<ウゥ〜〜>と唸りながら、じっと見つめて訴える、、。 うん、わかった、遊ぼ!と答えると、、大喜びで左右に跳ねる。 よし!まず、戯れっこだ。 そう、小さな子に、「捕まえるぞ〜〜」と追いかける、アレです。 両手を広げ、腰を低くして、ほら、捕まえるぞ〜と、部屋のすみへ追いつめる、、左右によけながら、ジリジリと後ずさりするアン♡、、 さぁ捕まえるぞ!と手を伸ばすと、するりとかわして僕の後ろへ、、そして<ワン!>とひと声、、得意気な表情イッパイだ! こんなやり取りを繰り返して、先に飽きるのは僕。 遊びを変える。 次は宝探し。 かつて、アン♡が手元にやって来た時、 輸送用のバリケンの中にペット用の毛布が敷かれていた。 郷の母のメモに「生まれたときから使って来た臭いの染み付いた毛布です」とあった。 その毛布、使い込んでボロボロになった後、くるくると棒状に丸め、端をつないで輪っかにしてオモチャに使っている。ガブガブしたり、引っ張りっこしたり、、今でもアン♡のお気に入りだ。 隠したその輪を探してもって来るという遊び、部屋中にとどまらず、玄関、風呂場まで、家中が宝探しのジャングルです、、といっても狭い家ですけど、、。 そのうち探し出しても持ってこず、ガブガブ始めたら、取り上げてお終い。 この間、遊びは僕とアン♡の二人、、クー♠はまるで興味無さそう、、たまに僕の足元にやって来て、<どこが楽しいの?>とでも言いたそう、怪訝な目で見上げるくらいです。 さぁ、家中走り回っての大騒ぎがすむと、おだやかな静けさが戻ります。 はい、僕と母のお茶の時間です。  アン♡の話しをもうひとつ、、 僕が出かける時、アン♡クー♠に留守番をさせる時、いつの間にか定着した、ある儀式があります。 これをしないと、ご近所に迷惑がかかる事になります。 僕が出かける仕度を始めると、 アン♡はすかさず、、<一緒、留守番、どっち? 一緒よね!>てな表情で僕を観察します。 留守番だよ。の一言では納得してくれません、、こうこうだから留守番しててね、と諭さないとダメなようです。 昨日の場合は、サックスのレッスン受けて来るから留守、頼むね!と話します。 納得したアン♡はまず玄関まで見送りに来ます。僕がドアを出ると、東側の掃出しから外に出て来て塀際でもう一度僕を待っています。 僕は家の回りを半周して、塀の内側にいるアン♡に、行って来るよ、と声をかけ頭を撫でます。 ずっと以前、スーパーから戻ってから、買い忘れに気づいていそいで買い足しに出かけた事がありました。 スーパーまでは急げば2分とかかりません。小走りに家を出ると、途中で、犬の遠吠えが聞こえて来ます。あぁあ、どこの家だ、犬を泣かせて、と思いながらスーパーへ、、そして買物を済ませて帰り道、、まだ、あの遠吠えが聞こえて来るのです。 はたして、塀際で、アン♡が吠え続けていたのです。 それ以来、玄関と塀際の二度、アン♡の見送りを受け、行って来るよ、と声をかける、が定着したのです。 もちろん、玄関ドアを開けると、当然のようにアン♡が迎えてくれます。 おっと、忘れてはいけません、、最近はクー♠も一緒です。 えっ?アン♡が納得しないときはどうなるかって、、?  仕度をしながら、留守番、と一言で済ませようとすると、<なぜ?どうして一緒に行けないの?>と言わんばかり、行く手を遮るように唸りながらまとわりつきます。 納得したアン♡は、良い子で留守番しています、、のはずなのですが、、これにも、いろいろありまして、それは、また別の機会に、、。

さて、サックスのレッスンを受けて、帰宅したのは18時過ぎ、、いそいで夕飯の仕度をと台所に立つと、様子がおかしい、、ご飯は炊きあがり、シチューを温めるだけでよいはず、、なのに、シチューの鍋が洗った後のようにうつ伏せに置かれている。 お母さん!と声をかける、が、返事が無い、、。部屋を覗くとベットで寝ていた。 僕が帰るのを待てず、一人で全部食べたようだ。 帰るまで待てと言っだろ!と言うと、、「そうだった?忘れた!」それだけ。 シチューかすが付いた鍋を洗い直す。 母が出来るのは、洗う、ではなくて、濯ぐ、なのだ。 温かいご飯はある。 玉子かけご飯、と、サラダ、にしよう。。

最後に、、とびっきり、、の良い話し、でしめましょう。
サックスのレッスンスタイルが変わった。 これまでは、先生が伴奏してくださるピアノに合せてサックスを吹く、であった、が、今回は、先生と一緒に、サックスを、なのだ。 ま、僕の場合、演奏する等とはおこがましいので、吹くと書かせてもらうのだが、、あの、サックス奏者の真文と対面で奏でながらのレッスンなのだ。 この感激たるや、わかってもらえるだろうか。 先生が奏でる音に触発されて自分の楽器から音が出る! そのフレーズが理にかなっているかどうかは、全く別(僕の場合ここをハッキリと重々強調しておかなければなりません)として、音が引っ張りだされるという体験は初めてなのだ。 しかも、僕が苦手な部分をすかさずフォローしてくださったり、、上手く出来た時も間髪を入れずに「そうだ!」とひと声、、これまでにない、ワクワクしたレッスンだった。 「レッスンは、先生とのセッションを楽しむ、そういうつもりで臨めと」以前から自分に言い聞かせようとして来た。 自分がそのレベルにあがるより先に、先生の方がこの場におりて来てくれた、そんなレッスンになった。 ありがたい!!! で、いい気になって、伝えた。 「来年の目標」は、「自分らしさをみつけたい!」その手がかりを探し出す事、、と。 なんと大胆な発言、、お調子者の僕らしい。でも、実際、手にしたいと考えている。。。 (午後追記)
121204030
晴れてきたね。 14時過ぎ、午後のトイレ散歩にて、、

« ぼくの写真日記 #628、、、早々と来年の目標をひとつ、、 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #1276、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #897、、 (勘三郎、逝く?!!) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくの写真日記 #628、、、早々と来年の目標をひとつ、、 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #1276、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #897、、 (勘三郎、逝く?!!) »