フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくの写真日記 #657、、、(可哀想なんかじゃ、ない) | トップページ | ぼくの写真日記 #658、、、 車イスで電車に乗る、のつづき、、 »

2013年2月 3日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1307、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #928、、  

弟と障害者スポーツセンターに行くつもりでいたが、、 日曜日は混雑するので行かなくても良いと言う。 久しぶりにのんびりと朝食を済ませた。 まぁ、正確に言うと、寝坊して、慌ただしく仕度している僕を見かねて、弟が助け舟を出してくれた、というところなのです。 弟も、ゆっくり「サンデーモーニング」を観たかったのかもしれない。 10時のおやつと昼ご飯、両方の仕度を済ませて、ウォーキングに出掛ける。 陽が高くなると、暖かく穏やかな陽射しが溢れ、、公園や調節池はもちろん、小川の川原も家族連れや犬の散歩をする人が増える。 と簡単に書いたのだけれど、僕のウォーキングコースで、これ程の人出に遇うのは経験が無いのです。いつもだと、僕達から離れた所に一組か二組だけで、ほぼ貸し切り状態で遊べるのですが、 今回は、アン♡クー♠が走り回るには、ちょっと気を使わなければいけなそうな様子です。 そんな芝生と原っぱを避けて、幼木園の空き区画へ、、幸いここまでは誰も来ていません。いつものように遊び回ります。
130203093 130203139

130203142

130203111

130203083
130203113










130203106
直線では30m程の距離しか走れないけれど、その分スタートダッシュの回数を増やしました。 途中から、アン♡はボールをくわえて、僕の後ろの常緑樹の木陰に逃げ込みます。 この陽射しの温かさ、僕には心地よいのですが、アン♡にはもう避けたくなる程なのでしょう。
130203070
帰り道、自然公園から原っぱへ出る林の外れで、超望遠レンズを装着したカメラの放列に出会った。最近はよく見かける光景なのですが、この場所では初めて。ひとつの日溜まりを遠巻きに取り囲んでいるのです(ただし陽を背にするようにして)。 そこでは、、小鳥の群れが餌をついばんでいるようです。 その小鳥、、おお、やはり、「マヒワ」です。
130203146
少し大回りをして、離れて通り過ぎる事に、、。

« ぼくの写真日記 #657、、、(可哀想なんかじゃ、ない) | トップページ | ぼくの写真日記 #658、、、 車イスで電車に乗る、のつづき、、 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくの写真日記 #657、、、(可哀想なんかじゃ、ない) | トップページ | ぼくの写真日記 #658、、、 車イスで電車に乗る、のつづき、、 »