フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1315、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #936、、  

弟の通院リハビリから戻り、昼過ぎに家を出てウォーキング。 風も無く、暖かな午後になりそうだ。 遊ぶのは、やっぱり調節池の原っぱ。 自然公園のケヤキの樹々をぬけて、、今日は南側の林から入る。 
130228023
ほら後ろに丘が見え、、。
130228029
       トウカエデの林の向こう、、
130228048          大きなうねりを下ると原っぱです。
130228073










走りたくて、、ウズウズ、、??!
130228081
アン♡に負けないッて、、クー♠も言ってるよ。
130228085

130228092

130228094










新緑が芽吹く前の明るい林から暖かな陽射しいっぱいの原っぱへ、、
130228099
大喜びで走り回る、と思っていたら、、最後は木陰に逃げ込みます、、。この陽射し、走り回った二人には、温かさを通り過ぎて暑いくらいのようです、、。
130228121
原っぱを走り抜けたあと、、とにかく木陰で小休止、、です。
さぁ、、帰るぞ。 家まで45分、ノンストップの速歩だよ、、。

2013年2月27日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #676、、かつてフィルムカメラはニコン派、

しとしと小雨降る朝です。
<気分、悪いの? アンタ、又、草、食べたでしょ?!>
130227005_2
日の出からまだ間もない、7時前、朝のトイレ散歩にて、(上フラッシュ同調)
130227027
フラッシュを発光させないと、スローシャッターで完全手ブレです。

それからおよそ3時間後、、(フラッシュ同調)
130227039
    (この3枚は、ズームレンズを標準50mm相当にして撮っています)
130227043 いつもは、24mmの広角にして撮っているので、左右奥行き等が誇張デフォルメされてしまうのですが、これが、アン♡の正しいプロポーション、、たぶん、、。
130227063











24mmの広角といっても、このところのレンズは優れていて、かつてのような不自然さを感じさせるようなデフォルメは抑えられている。むしろ抵抗無く受入れられる画像に仕上げられるので、広角に慣れてくると、ついついその安易さに頼ってしまいがちである。なにしろ、不自由な場所でも、手を伸ばせば届く位置でアン♡とクー♠の2ショットを撮る事が出来るのです。 それが今日、50mm相当にズームをセットすると、広角のときの三倍近い距離を空けなければなりません。ただ、仕上がりを見たときの新鮮な印象は、これまた捨て難いものです。
僕が使っているカメラはリコーのGXRというコンパクトデジタルカメラ、レンズはS10という24~72mmのズームです。 デジタル一眼レフが欲しいのですが、気に入ったカメラが無くて、、その前に、ということで、やっとみつけたのがGXRです。とても満足しているのですが、使いこなすには、まだまだです。
僕は、元はカメラはニコン派でした。もちろんフィルムカメラです。 デジタルカメラの安易さに多少の抵抗を感じつつ、何年もの間、携帯電話のカメラ機能で済ませていました。デジタルカメラのクオリティが高まるに連れて、やっとフィルムカメラへの意識が薄れています。 今では、プリントアウトすることがほとんど無くなり、画面上で楽しむにはデジタルカメラでなければならなくなったからでしょう。   先日削除したブログの中に、この記事を見つけました。
1302226a2_22007年にアップした記事の一部です。懐かしくて再登場です。

2013年2月26日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1314、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #935、、  

昼過ぎ、たっぷりとした陽射しに包まれると、ヒヤリとした風も気にならなくなる。  調節池を横切る小川のぬくぬくとした土手下では、小さな子連れのお母さん達のグループが日向ぼっこだ、、 あれあれ、気の早い子供は、はだしになって浅くなった流れに入って遊んでいる。
130226054
自然公園の林を抜けてきた僕らも、原っぱで思いっきり遊んで帰ります、、。
130226067
<先輩、、まて、まて〜〜!>
130226075
<悔しかったら、、捕まえてごらん、、>
130226074
<走り回れるって、、うれしい〜〜、、>
130226090

130226099

130226103
130226101











130226114

130226115











130226121
ひさしぶりに、満足そうなアン♡でした。  
でも、、こんな事にも出会しました。  
小川沿いを歩いて調節池の手前まで来たとき、、ひさしぶりに清々しい気分、、
130226030
ちょっと走りたいね、、 この辺りを走るのって、初めてかも、、
130226037

130226039

130226042












130226045

130226056











あれ、小川の水涸れ、、こんなとこまで来ています、、。
130226048
所々で流れが途切れ、砂利がむき出しになっています。この辺り、小魚が飛び跳ねる程、魚影の濃い水辺だったのですが、、、。 北国では、記録的な大雪だというのに、ここでは広がるばかりの水涸れ、、 早く解消してほしいのですが、、。

2013年2月25日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #675、、 孫嬢の音楽会、、

朝と夕方のトイレ散歩にて、、
130225003
             日の出前の薄明かり、と、夕暮れ時、、
130225110









スローシンクロでタイミングを遅らせてフラッシュを発光させて撮ります、、。
130225124
すると、残像が写り込んで、幻想的な画像になります。
130225130
           が、ただ仕上がりの予測が全くつきません、、。
130225134










それが、楽しみでもあります。
130225142

130225143_3

  今日は、幼稚園年長さん、孫嬢の音楽会、10時開演に合せて待ち合わせです。
130225037学芸会、音楽会と、毎回区の大ホールで開催されます。 
最大の特徴は、和太鼓の演奏でしょう。
130225045_2 130225044

孫嬢と娘と僕、、
この四月からは、ピッカピカの一年生です。
130225033 130225035 130225038

小学五年生の孫嬢には、学校があって会えなかったけれど、
可愛いクッキーに添えて「また映画にいこうね」と伝言を受け取りました。
春休みに行きましょっ、、、。

2013年2月24日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #674、と、この四日間

今朝もぬけるような青空、、三人分の洗濯物を洗濯機にまかせている間にトイレ散歩です。   <父さんさぁ〜「抜けるような青空.爽やかな朝」なんて言ってますよ。きっと、ねっ先輩!>
130224012
<まぁ、いいわよ。それより、撮り終わったみたいよ。早くおりて、、>
130224013
あれやこれやと慌ただしく、、遊びに連れ出していません。
今日は午後から久しぶりにウォーキングに行こうと思ってます。
と、その前に、この四日間の事、、、

(15時追記) なんやかやと雑用が重なって、ウォーキングの機を逸してしまい、午後のトイレ散歩で、ごまかそうかな、と、小川の上流へ向かいます。
130224045
<午後、原っぱへ行く、って言ってたのにィ〜、、 でも、ここでもいいわ、、 何か、とても気になる匂いがイッパイなんだもん、、>
130224050
石垣の下、、流れが引いて、むきだしになった岸辺、、
130224071
             様々な匂いが溢れているようです、、
130224073












そのうち、どんな匂いを嗅ぎ付けたのか、、風上に向かって走りだします、、。嬉々としたその笑顔、、今朝のふてくされた表情とは別人です。
130224064_2

130224062

130224068
130224063










130224066
流れが浅くなり過ぎたこの辺りには、鴨の姿はありません。 何を追いかけたのか、、結局は不明、、風に向かって走るばかりのアン♡でした。
   一方、アン♡に惑わされる事も無く、ここでもマイペースなクー♠です。
130224082

ぼくの写真日記 、また、この四日間のつづき、、

23日(土曜)
『ぼくの写真日記  #673、』
今日は、弟に付き添って障害者スポーツセンターへ、これについては、明日あらためて記すとして、 まずは、朝のトイレ散歩にて、走るアン♡。
130223014
一方のクー♠は、のんびり、、 僕の手抜きで、毛止めも無し、、
130223018
昼食後、、混まないうちにと、スーパーへ買い出し、、。
いつも通り、おとなしく待っている二人ですが、
何?その体勢、、?
130223029
帰りは、もちろん、アン♡がモヤシをくわえて運んでくれました。
さて、夕飯の前に、、やっぱりトイレ散歩、、
130223037
なんとなくアン♡の元気がありません、、
130223053
        クー♠もとばっちり受けたか感じ、、。
130223079 気分を変えるには、、走るのが一番、、
130223085

130223088
130223095










130223093
やっぱり、僕のオキュウ、効き過ぎたかなぁ、、?!

ぼくの写真日記 と、この四日間のつづき、、

22日(金曜)
『ぼくの写真日記  #672、』
日の出前、アン♡とクー♠から<トイレ〜〜!!>攻撃、、たまらず朝食前に散歩へ、、
130222011
お昼前のトイレ散歩、、小川の対岸へ移ってみました。ちょっと景色が違います。
130222031
午後のトイレ散歩、、雲行きが怪しいです、、。
130222067
気分を変えて、少し走ろう、、
130222078
                クー♠も、おいで、、、
130222083









ぼくの写真日記 、この四日間、、       

20日(水曜)
『ぼくのウォーキング日記  #1313、           
 ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に  #934、、』
もうすぐ日の出、、朝のトイレ散歩にて、、
<静かですぅ〜〜>
130220008
午前中、銀行と、帰りにコンビニに寄って、、<入口の横で父さん待ち、、>
130220028 130220030

      午後、温かな陽射しのなかで、風に負けずウォーキング、、130220034         公園で大ハシャギ、でした、、が、、
130220064
ただ、悲しい事も、、小川の水涸れが、、乾いた底が、更に長くのびていました、、。
130220080

21日(木曜)
『ぼくの写真日記  #671』
今日は弟の通院日、、朝食の後にトイレ散歩、、
<アタシは、やっぱ、お留守番、、?>
130221012
<水、また少なくなってる、、!>
130221025
                <先輩〜〜、日向ぼっこ、しましょうヨ、、>
130221030

  

2013年2月23日 (土曜日)

お知らせします、、、                  情けない独り言、、今日まで三日の空白は、、

去る19日(火曜日)の午後に、その事態(トラブル?)が発生いたしました。  
早朝のトイレ散歩時の写真を載せた後、弟の通院の付き添いを済ませ、、夜、改めて記事を書き込もうとしたのですが、どうしてもアップ出来ません。 操作ミスを犯したのではと思い、書き直して再度試みたのですが、やはりうまくいきません。 それどころか、三度書き直した記事がその度に消えてしまうのです。 こんな初めての事態に、パニックになりそうな気持ちを抑えながら、あれこれ原因を探して、やっと突き止めました。 何の事はありません。このブログの使用可能総容量、2GBをオーバーするところだったのです。 今年で8年になるこのブログは、この数年、アップする画像の枚数が激増した結果だと思われます。 そこで、この事態にどう対処するか、、引っ越し、グレードアップ、等検討してみましたが、どれも一長一短、、このままのスタイルで続けるには、古いデーターを削除してスペースを確保する事が最良の策だとの結論に至りました。 具体的には、昨年と一昨年、二年分の内容は残し、それ以前は削除してゆくことにして、作業を進めています。ところがこの作業に手間のかかる事といったら、、ここへきて、やっと、容量30%のスペースを確保出来ました。 明日にでも、この数日のアン♡クー♠の様子等まとめてアップしようと考えています。

2013年2月19日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #669、、、 さむい〜〜!

<なんで、こんなに寒いの〜〜?
130219019
太平洋岸を前線が西から東に進んで、北から寒気を引込んでるんだって、、この後、雨か雪になるらしいよ。  あまりの冷たさの指がちぎれそう、、カメラがブレました??

2013年2月18日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #668、、、 ブリタニー.アンジェラの色、

あさのトイレ散歩、、天気はゆっくり下り坂、、昼頃から雨になるそうだ。 曇りがちの空模様だが、雨雲のような黒く怪しい雲は、今はまだ見当たらない。 用を足して落ち着いたところで、定点撮影。 時刻の違い、天気の具合、陽光の様子で、仕上がりが全て違う。 当然、アン♡.クー♠に機嫌によって、表情も違ってくるのだが、、 今朝の仕上がり具合、とくに、アン♡の被毛、ブリタニーのレバーと呼ばれる毛色が、僕の印象に最も近い発色だと感じた。
130218008
レバーという被毛、時々の光の条件で微妙に印象が変わる、とてもデリケートな色なのです。
130218009
<ねぇ、先輩、今朝の父さん、落ち着いてるね。><そうね、三人とも機嫌がいいのよ>
130218010

僕がアン♡を飼うきっかけになったサイトがあることは、以前にも紹介しました。
Flight No.0024 」というタイトルのサイトです。ライターネームKIKKIさんが愛犬サスケ君の成長と日常を色々なデータとともに記録し続けています。 このサイトに出会って、僕自身がブリタニーという犬種の魅力に興味を持ち、ブリタニー探しを始めたのです。 そして、アン♡を探し当てる事が出来た、という訳です。 そのうえ、どう接し育て、どんな躾を心がけたら良いか、多くのヒントを与えてくれたのがこのサイトです。 もっと正確に言うと、KIKKIさんという飼い主の人柄に共感して、いや、魅せられて、という方が正しいでしょう。自分に足りない部分を沢山補ってもらってきました。今日も、ひとつ紹介したい記事があります。diary 2月16日付の記事です。 愛犬との接し方についての考えです。愛犬にカミナリを落としてしまいやすい飼い主さん、ぜひ、一読ください。 もし小さなお子さんを子育て中の飼い主さんだったら、なおさらお奨めします。  ふっと忘れそうになっていた基本的な思い、気づかせてくれました。

2013年2月17日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1312、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #933、、  

ちょっと、朝寝坊、、アン♡とクー♠の<トイレ〜〜!>攻撃で否応無く起こされる。 
そして、トイレ散歩へ、、 わぁ〜〜、家の前、小川が全面氷結、、、
130217002

130217003
130217008







                              

おい、気をつけろ。ピシッと鳴ったぞ。乗れる程は厚くない。

ちょっと遅くなったけど、これから(11時過ぎ)ウォーキングです。
今朝も厳しい冷え込みでしたが、昨日のような冷たい風は無いし、日中の陽射しは穏やか、、これならば、原っぱで遊ぶのに最適、、と思ったのですが、 今日は日曜日、 家族連れが遊ぶのにも最適な日和でした。 小川沿いを公園に向かう途中で、原っぱで遊ぶ子供達を右手に見ながら、今日の遊び場候補から外しました。代わりに、小川の向こう側、ずっと狭いのですが、人はいないし、久しぶり、第一調節池で遊ぶ事に決めました。 公園から戻り、まずは、東側から、ススキの迷路を通って、といっても枯れて倒れて、みすぼらしくなっていますが、
130217029
開けたスペースへでます。
130217046

130217058_3
130217059_2

 

130217064
アン♡の決定的瞬間、、ジャンプして、、<捕ったぁ!>
130217080
ちょっと心配な状況、、です、、。
130217017
およそ100mにわたって、小川の流れが、、涸れています、、。

2013年2月16日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1311、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #932、、  (弟はパン屋さん)

<わぁ〜、 風が吹き上げて来るぅ〜〜、 冷たくて強い風ですぅ〜〜!>
130216153
8時過ぎに家を出ました。久しぶりに朝のウォーキングです。 弟のリハビリが急に中止になった代わりです。 さぁ、この冷たい風の中、、どこで遊ぼうかぁ〜? 
130216149
風が強くても、冷たくたって、お前達の遊びには、然程影響ないだろうけど、僕には大きな問題、、こんな風が吹き抜ける原っぱでは、10分ともたない。
130216157
風の影響、少しは和らぐかな、という事でやってきました、自然公園の林の囲まれた幼木園、、
130216133
狭くて、走りまわるには、制約が多い空き区画だけど、、
130216063
吹き抜ける風も何のその、、
130216066

130216075













130216113

130216127
130216128












130216060_2
やっぱり走り回るのが、、一番のストレス解消です。。

(ここからは夜追記)
さて、朝、ウォーキングの仕度をしている時、上の娘からメールが届きました。
十年来付き合いのイタ飯屋さんが店を閉める事になって、今日が最終日だとか。 一緒にランチを食べようとの誘いでした。 1時半にJRの駅で待ち合わせてその店へ、、僕も何度か訪れた事のある、なかなか美味しい店です。 聞くと、繁盛し過ぎて手が足りず、規模を小さくしてお客さんと触れ合える店にしたいとか、、うなずける話しでした。
そして、娘から僕へ、、今朝焼いたという手作りパンと、同じく手作りマーマレード、そして二日遅れのバレンタインチョコ、手作りの詰め合わせ、、
130216007_3 130216013_3 130216015_2

ほんとうは、これを渡したくて呼び出したという、ちょっと泣かせる話しでした。しかも、弟に感想を聞いてほしいとの事、、、 かつて、弟はパン屋さんでした。 特に、何種類もの食パンが美味しいと評判の手作りパン屋さんだったのです。 いつも焼きたてを届けてくれ、、 僕の娘達は、その香ばしく美味しそうで食欲を誘うパンの焼ける香りが気に入っていて、トーストがオヤツ代わりでした。 パン屋をやめる事になった時、「私はパン屋さんになりたかった。」と悔しがったのは末の娘でした。 あれからすでに十数年、 上の娘はアレルギー対策のパン作りに取り組み、「ママのパン屋」なるものを起こしたいと準備しているようだし、 末娘はイタリヤ料理の店でパン焼きをならっているようだ。 娘達の記憶の中では、弟は今でも「美味しいパンを焼く叔父さん」なのです。 

2013年2月15日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #667、、、 僕はお年寄り、、?!

太平洋側を低気圧が進んでくる。そのせいで、また西から天気が変わる。 関東沿岸では昼頃から雨、内陸では雪になるという予報だ。 まだまだ冷え込みが厳しいけれど、定期的に低気圧が通り過ぎる等、季節の変わり目の様子だ。 いつもなら、ウォーキングの帰り道に寄ってくるのだが、今日は、天気が崩れる前に、銀行.郵便局.へ行って来る。 朝食の後、トイレ散歩に連れて出る、、。 <クー♠、気分、悪いの?大丈夫?>などと気遣う?アン♡、、。
130215009
この後、クー♠は盗み食いをした雑草の葉を吐き出しました。
<父さん、今日も遊びに行くのはおやすみ、なの?> なぜ、そう思う? <だって、もう仕度する時間のはずでしょ、、?> そうかぁ、アン♡には判ってたかぁ。
130215027 このあと、時間をおいて、郵便局、銀行窓口、ATMへと用を済ませに回りました。
130215036 130215039
<ねぇ、ここにもお巡りさんがいるよ!>
そうなのです、窓口は別ですが、ATMだけのコーナーには必ず警察官がいて、チラシを配っていました。僕も一枚渡されて説明を受けました。 振り込め詐欺被害防止啓蒙活動だそうです。 市役所等と騙って医療費が戻るからとATMに誘い出す等、手口が巧妙になっているそうだ。 でも、説明をする対象はというと、皆年配者、お年寄り、、おぉ、僕はその仲間、、お巡りさんにもそう映って見えるのかぁ?!  まっ、間違いではないですけど、、ね。

2013年2月14日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #666、、、 おぉ~!! スリーシックス. 6 並びだぁ!

タイトルを入力して、初めて気が付いた、、6が三つ、、スリー7ではないけれど、これは縁起が良いかも、、 それに今日は、かの St. Valentine's day です。なにか素敵なことが起きそうな予感、、? そんなウキウキした気分になるだけでも、、よしとしましょう。 
まずは、朝のトイレ散歩の写真から、、 曇り空です。気象情報によると、日の出は6時半ごろですから、1時間過ぎて、やっと明るくなって来たところ、、このフラットなコントラストの色調、、好きなのです。
130214002

130214010

130214012

130214013
130214011










130214007

さて、今日は弟の通院日、朝8時10分前に家を出たかったのですが、僕のちょっとした油断、寝過ごしました。 言い訳します、、まず目を覚まして時計を見ると、4時半を回ったとこ、、おぉ、まだ1時間眠れる、、と思ったのが油断でした。ハッと次に目を覚ましたのは、ボーンボーンと時報が鳴ると同時です。 時刻は6時、、もう大慌て、、 朝の家事、用事を手際良く、30分短縮しなければ、、結局8時少し前に家を出ました。 JRの駅に向かう足も早くなります。 エレベーターでホームへ、、おぉ、いつもは乗り遅れる時刻の電車が入って来ます。 三つ目の駅で乗り換え、、ここでも一つ前の電車に乗車、、病院に着いたのは、なんと9時20分前、 いつもより15分も早く着いていました。  受付を済ませて、リハビリ室へ、、今日は、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、の三つ、、午前中いっぱいかかります。

午後のトイレ散歩にて、、 夏の暑い盛りには、大きな岩が隠れる程の水量で、近所の保育園の園児達の格好の水遊び場になる岩場が今はむき出し、わずかな流れで、さびしそうです。
130214046
ワァオ〜〜、僕にも届きました、、チョコです。 これまでは、孫嬢から手作りが届いたのですが、成長するに従って、友達用が増え、僕の所にまではまわってこなくなりました。 あきらめていたのですが、、サプライズの本命チョコ? しかも紅茶好きの僕に四種類の紅茶も、、これは、たしか自由が丘に本店がある専門店の茶葉です。 ここまで心遣いの出来る女性は、、ありがとう、、ハハハ、それは『秘すれば華』ということにしておきましょう。 
130214052
チョコは沖縄の黒糖を使ったちょっと珍しいチョコ。 
さて、どの茶葉から味わってみましょうか、、悩むとこです。 

2013年2月13日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #665、、、今季三度目の雪景色、、

予報通り、、夜の間に、雨そして雪に、、道路の雪は消え、小川沿いが薄らと残雪、、
130213015
空は真っ青な快晴、、 そろそろ春の匂いがしそうです、、。
130213029

130213043

130213060
130213065











今日は午前中に市役所へ、、 午後には、母の介護認定の訪問審査を受けます。
市役所の入口前でのアン♡とクー♠、、
130213068 130213071
僕が役所に入る前と出て来た時、
<あぁ、やっと出て来たぁ、、>とクー♠、、 アン♡は<アタシ、ちゃんと待ってました(だから褒めて、、)>とでも言いたそう。  はい、大げさ過ぎるくらいに褒めてやりました。

2013年2月12日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #664、、、この冬、最高の冷え込み?? 改め、                         ぼくのウォーキング日記 #1310、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #931、、  

東の空、雲が赤く燃えて、、もうすぐ、陽が昇ります、、。
130212066
<すごい、、凍ってるぅ〜〜>
130212040
手が、、手首から、ちぎれそうに、痛いよ、、。
130212046
この冬一番の冷え込み、だと思う、、 予報通り今夜はゆきかな?
130212059
今年は特に水かさが少なく、流れが緩やかなので、
130212089
幅の狭いこの辺りでも、
130212073
氷の結晶が付いたのかもしれません。
130212082

弟 Kちゃん連れて、病院に行って来るから、午前中留守番頼むね、、。

予定よりも早く帰宅出来て、、昼過ぎ、ウォーキングに出る。 アン♡クー♠の遊び場は今日も調節池の原っぱ。 丘の上から可愛い歓声が聞こえて来る。近所の保育園の園児達のようだ。大きく迂回して、遊びながら西へ、原っぱを横切る。
130212008
130212010
130212014 130212011

と、そこへ園児の一人が丘から下りてきて、予想外の飛び入り参加、、 自宅でも犬を飼っているらしく、扱いには慣れている様子、、しばらく一緒に遊びます。
130212049_2
ただ、結構なヤンチャ君、さすがのクー♠がたじたじです。
130212047_3 130212048_2
でも、呼ばれて戻って行くまで、楽しかったね。
さぁ、、原っぱを駆け抜けます、、。
130212065

130212059_2
130212050西の端、走り疲れて小休止、、?!
130212093
帰りは、ノンストップで速歩です。 
     

2013年2月11日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #663、、、 アン♡の予想?的中、

       朝のトイレ散歩、、 太陽はまだ住宅の向こう側、 寒いです。
130211008<この時間に散歩って、、やっぱり朝からKちゃんとお出かけ、、?!>
130211007 130211016
おぉ、陽がさしてきたぁ、、。
130211028 そうだよ、今日はスポーツセンターでリハビリだよ。 良い子で留守番たのむね。

さて、弟Kちゃんのリハビリに付き添いです。 
今朝もこの郵便ポストを起点に歩行練習します。 右手は全く言う事をきいてくれないらしく、途中で何度もグリップを握り直します。 指を一本ずつからめる真剣な顔。
130211029 130211034
今日は僕のちょっとしたミス、、というか、センタースケジュール表の見落とし、障害者水泳連盟の記録会があるとかで、プールが利用出来ません。 水着を着込んで出てきたのですが、更衣室も大混雑、、着替えをせずにトレーニングルームへ直行、、上着を脱いで、車イスの座席に重ねて、マシントレーニング、、 その後は、ストレッチに時間を費やす。 今日はシャワーも水着からの着替えも無いし、普段は30分の帰り仕度に10分を予定すれば良いだろうと高を括ったのが間違い、、送迎バスの発車時刻直前に弟の一言「トイレ」で、バスに乗り遅れ、、 帰りもセンターと駅間を歩く事に、、 途中で歩行練習しようか?と聞くと、「疲れていてダメ、、」との返事。 5分遅れでセンターを出ると、どこでロスが重なったやら、家に帰り着いたのは、なんと45分遅れでした。 急いで昼食の仕度、、八百屋さんへ野菜の買い出し、等々、、温かい陽射しの昼間にと考えていたウォーキングは、アン♡の懸念通り、結局時間切れ中止です。 アン♡とクー♠は、フテクサレて?弟のベットの上で並んで丸くなっています。  弟のリハビリに付き合うようになって四ヶ月、、僕のモチベーション、変化が起きているのかもしれない、、反省!

2013年2月10日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1309、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #930、、  

        雲一つありません、、 どこまでも青い空です、、。
130210028ところが、風は肌を刺すように冷たい、、今朝のトイレ散歩は草々に引きあげます。
130210014 130210019
僕の一方的な都合です、、。130210004

陽が高くなり始め、陽射しが温かくなってきた10時を過て、ウォーキングをスタートです。<ねぇ、水がこんなに少ないヨ、、> 深い時はお腹が浸かる程だったのに、、
130210132 調節池の手前でも同じような状況、、ここではススキの地下茎が露出、、。
130210126
今日は、原っぱの丘で遊んで行きます、、。
130210104

130210069

130210079

130210106











ここを登ったり下りたり、、時間が少なくても、沢山遊んだ気分になれます、、。
130210082
<はい、そうで〜〜す。>  どうだ、疲れただろう、、?!
130210122
さぁ、、最後に、西の端までひとっ走りだぞ、、。

2013年2月 9日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #662、、、              カスピ海ヨーグルトの仕込み、冬場の温度管理。

     夕飯の仕度前、 トイレ散歩、 小川沿いを、 ちょっとランニング。
130209028
130209042 130209043

130209061
130209085 130209086

130209071
<思い思いに走ったけど、意外に楽しかったわね!><一緒に走らされて、父さんは大変だったみたいですよ、、>

さて、今夜は、カスピ海ヨーグルト、一週間分の仕込みです。 
この冷える冬場の一番の課題は発酵の温度管理、、風呂の残り湯の余熱を活用する。
130209004 130209008
この何年かは失敗も無く上手くいっている。

2013年2月 8日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #661、、、

日の出前のトイレ散歩。
わぁ、クー♠、モコモコになりすぎたね、、温かくなったら短く切ってあげるからね。  
130208002
うひゃ〜〜、それにしても寒い、、 風がキリキリと刺すように冷たいよ。
130208004_2 130208010_2
なのに、アン♡はよく走る気になるよなぁ〜。
130208008
と思ったら、一目散に走る先は、我が家の玄関でした!(ギャハハハ〜〜)

障害者スポーツセンターへ弟のリハビリに付き添う。 送迎バスに乗らずに歩く。
途中、車イスから降りて歩行練習。その時の様子、、意識して歩幅を狭くしているようだ。
130208018_2
 マヒの無い左足と      マヒのある右足、         
130208019 130208021
踏み出す時の違い。

2013年2月 7日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #660、、、

昨日の雪、先月のように残ることもなく、すっかり消えた。 安心して車イスで出掛けられる。 そんな事を考えながら朝のトイレ散歩、、 あれ? アン♡、ご機嫌ナナメかぁ?
130207028
仕方ないだろ、電車に乗せられないし、病院にも入れないんだから、
もうあきらめて無理を言うなよ。良い子で留守番、たのむぞ。。
130207035               <ボクは、おとなしく待ってます、、!>
130207034  











弟の通院日、JRの駅を出て病院へ向かう途中に小さな公園がある。そこを通り抜ける間、10分程だが、歩行練習を兼ねて、弟が車イスを押して歩く。 最初は僕が提案し、今は弟が自発的に「歩く」と言う。 右半身がマヒして不自由な弟は、右足のつま先を地面にこすって歩く。 僕はそれを直せと言う、、まずは直す事を意識しろと、、。 弟は、足首が動かないので無理だ、と答える。 その歩き方、足の運び方で口論になった。 いつになく激しいやり取りだった。 「ちがう、ちがう、うごかないんだ」と弟は繰り返して言う。 こすって歩いたのでは危険が増す、動かないなりに工夫しろ、工夫する意識を持て、と僕。 これまでも何度か繰り返した平行線の議論だった。 車イスを押しての歩き始め、弟の歩幅は自分の足のサイズと同じ位、、このときは足をこすらない。 それが歩幅を広く歩こうとすると、つま先、親指をこするようになる。 弟が言うように、足首が固いし、つま先をそり返す筋肉が働かない。 そこで僕の主張、は、歩幅を小さくして膝を上げて歩を進め、このリズムを身体で覚えてから、歩幅、テンポを次の段階に進めろ。 ところが、弟は、「ちがう、ちがう、」を繰り返し、つま先をこすってでも、強引に歩幅を広くしようとする。   くやしかったら、俺が言った事やってみせろ。そんな事出来ると証明しろ。このままじゃ、いつまで経っても、一人でなんて無理だぞ、、と声を荒らげていた。  あぁ、あ、、怒鳴っちゃった。 昔からこんな二人だったように思う。 帰り、、小川沿いの遊歩道で、弟は「あるく」と言わなかった。  

2013年2月 6日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #659、、、悲しい知らせ、、

雨がミゾレに変わり、8時を過ぎて雪になった、、。
130206002
弟のリハビリは休養日、、フッと息が抜けて、ダラダラと朝を過ごしている。 久しぶりにアン♡のブリタニー兄姉ブログを訪れておどろいた。 ブログ閉鎖、最後の日記、悲しい知らせが載っていた。 りんちゃんが 1月24日に亡くなった。 昨年10月に5歳になったばかり。 短い?! うん、でも、りんちゃんには心豊かで幸せに満ちた日々であったに違いありません。すべてを優しく受けとめて慈しんでもらったんだものね。。
Photo
(りんちゃんママ、写真お借りします)ほんとにアン♡そっくり優しい眼差しです。

雪の中、トイレ散歩に連れて出た。<先輩、、なにかあったんですか〜?> 
130206010
アン♡が寂し気にみえる。
130206021
お前も、もうすぐ、5歳だね。 天国のりんちゃんに元気な姿、見せてあげようね。 

2013年2月 5日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1308、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #929、、  やっと撮れたカワセミ、、

今日の遊び場所は、ここ、、 やっぱり一番の遊び場、、調節池の原っぱです。
いつものように、自然公園の林から、原っぱの東側に入って、西の端まで遊び回ってやってきました。 後ろに少しだけ見えるのは第二調節池とその土手の上に立っている一軒家(どういう経緯か都立公園の中にポツンと残された民家です)
130205140

130205067

130205065











130205091
弟のリハビリから戻って、昼食後に出てきました。こんなに澄んだ青空なのに、130205072
天気は急速に下り坂、、今夜は大きな寒気に被われて、130205122
また大雪に見舞われるかもしれないという予報、、
今日のうちのイッパイ遊んでおこうという訳です、、。130205136

公園、原っぱ、調節池、、ここには沢山の野鳥がやってきます。 今の季節、最も見かけるのはシジュウカラ、モズ、セキレイ等、、そして、メジロやウグイスもちらほら、、それでも、バードウォッチャーの一番の関心は「マヒワの群れ」のようで、今日も林の日溜まりを遠巻きにしていました。 四季を通して目を引くのは、やはりカワセミです。運が良ければ、この小川沿いのどこででも出会う事が出来ます。もちろん、我が家の前でも。 ただし、撮影のチャンスはなかなかありません。 今日は公園に向かって流れを下って行くカワセミを見かけました。130205049 130205062

200m程後を追いながら、やっと撮る事ができました

2013年2月 4日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #658、、、 車イスで電車に乗る、のつづき、、

朝のトイレ散歩にて、、、
130204004

130204021

130204027












さて、今朝は弟に付き添って障害者スポーツセンターへ、、
車イスで電車に乗る、のつづき、、(午後追記)
8時、塀の内側で、せつなさそうに泣くアン♡の声を振り払い、後ろ髪を引かれる思いで家をでる、、なんて、ちょっとオーバーな言い方ですが、、こうして弟に付き添って出掛ける時に限って、<どうしてアタシを連れてってくれないの?>と訴えるのです。 さて、家から20分、車イスを押してJRの駅へ向かう。 トイレ散歩の時には曇っていた空はすっかり晴れ、爽やかな青空が広がっていた。温かな陽射しを背に受け、駅に着くまでにすっかり汗ばんでくる。 この駅では、改札口までスロープを上がり、駅構内に入るとホームへはエレベーターで降りる事になる。エレベーターは乗った時と反対側の扉が開く。これはとても使いやすい。 エレベーターを降りると、すでに電車が止まっていた。しかも空いている。「ここで乗っちゃおう」と弟の合図。 ただ、この位置で乗ると、降りてからエレベーターまで車両二つ分移動しなければならなくなる。 乗降客の多い駅のホームで人の流れに逆らって車イスで移動するのは結構難儀なのだが、鳴りだした発車のチャイムに押されるように、近くのドアから乗り込んだ。 二つ目の駅で降りる。 案の定、下りエスカレーターに向かって来る人の流れを押し分けるように進む。ここは高架線のホーム、、改札口へは下る。 エレベーターの前に若い女性が一人立っている。エレベーターが昇ってくるようだ。 多分間に合わない、そう読んだ、、果たして、ボタンに指先が届く所まで来た時には、一人の女性を乗せてエレベーターは動き始めていた。 すみませ〜ん!と声はかけない。 二三分待てば良いのだ。 こんな事があった、、エレベーターの前に何人かが並んでいる。車イスでその後ろについた。エレベーターには一人分の余裕しか残らなかった。 一人のご婦人が降りて譲ってくれようとした。 ただ、車イスが乗るには三人分はスペースが要る。 会釈して、どうぞお先に、と合図した。 ご婦人は申し訳無さそうに乗って行った。 他の人達は皆同じように無表情だ。 そんなことを何度も経験した今は、最初に乗るとき以外、無理をせず待つ事にしている。 だからこそ、時間には余裕を持って行動している。 ただ、障害者同士が乗り合わせた時は、こういう事が起きたことがない。 それは、自分の後ろにどんな人が並んでいるか確かめる習慣が付いているからではないかと思う。 例えば、ベビーカーを押したお母さんが三人エレベーターの前に並ぶ、、順番からすると、一人のお母さんが取り残される。 誰かが順番を譲って三人のお母さんとベビーカーを先に乗せるか、三人のお母さん共一緒に乗れるように残るかだが、、 お先にどうぞ、と声をかけると、「いいえ、ひとつ待ちますから、」と辞退して他の人を先にした。 同じような経験をした結果なのだろう。 こんな時も無表情な人が目立つ。    改札口を出ると、「あ、と、で、ある、く!」と弟。 了解、俺もそのつもりだったよ、と返事して笑った。 前回は10mともたなかったが、今回は自分で言い出したしどうなるか、、途中にある古い郵便ポストを起点にする事にした。
130204034_2 130204037
自分で言い出しただけの事はある。 難なく50mを越え、おいおい大丈夫か?と心配する僕をよそに、200mを(僕の歩測だけれど)越えてしまった。 まだ行けると言う弟に、センターに着いて疲れてたら、、と言うと、苦笑いをして車イスに座った。 帰り道の途中でも歩くと言い、車イスを押して歩いた。 そのとき、不自由な右足の使い方、動かし方で、議論になった。 ところが、最後には「動かないんだ!」の言葉が出る。 動かないから出来ない、ではなく、動く方でどうしたらバランスが取れ、どう補えるか工夫しろ、と言ってやる、が、難しい事なのだろうなぁ。 経験の無い僕には何も判らない。

2013年2月 3日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1307、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #928、、  

弟と障害者スポーツセンターに行くつもりでいたが、、 日曜日は混雑するので行かなくても良いと言う。 久しぶりにのんびりと朝食を済ませた。 まぁ、正確に言うと、寝坊して、慌ただしく仕度している僕を見かねて、弟が助け舟を出してくれた、というところなのです。 弟も、ゆっくり「サンデーモーニング」を観たかったのかもしれない。 10時のおやつと昼ご飯、両方の仕度を済ませて、ウォーキングに出掛ける。 陽が高くなると、暖かく穏やかな陽射しが溢れ、、公園や調節池はもちろん、小川の川原も家族連れや犬の散歩をする人が増える。 と簡単に書いたのだけれど、僕のウォーキングコースで、これ程の人出に遇うのは経験が無いのです。いつもだと、僕達から離れた所に一組か二組だけで、ほぼ貸し切り状態で遊べるのですが、 今回は、アン♡クー♠が走り回るには、ちょっと気を使わなければいけなそうな様子です。 そんな芝生と原っぱを避けて、幼木園の空き区画へ、、幸いここまでは誰も来ていません。いつものように遊び回ります。
130203093 130203139

130203142

130203111

130203083
130203113










130203106
直線では30m程の距離しか走れないけれど、その分スタートダッシュの回数を増やしました。 途中から、アン♡はボールをくわえて、僕の後ろの常緑樹の木陰に逃げ込みます。 この陽射しの温かさ、僕には心地よいのですが、アン♡にはもう避けたくなる程なのでしょう。
130203070
帰り道、自然公園から原っぱへ出る林の外れで、超望遠レンズを装着したカメラの放列に出会った。最近はよく見かける光景なのですが、この場所では初めて。ひとつの日溜まりを遠巻きに取り囲んでいるのです(ただし陽を背にするようにして)。 そこでは、、小鳥の群れが餌をついばんでいるようです。 その小鳥、、おお、やはり、「マヒワ」です。
130203146
少し大回りをして、離れて通り過ぎる事に、、。

2013年2月 2日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #657、、、(可哀想なんかじゃ、ない)

今朝は曇り、、道路が湿っている、、弱い雨が降っていたようだ。
朝食の後、片付けを済ませて、トイレ散歩に。 川原を走る、、
130202017

130202018

130202019












130202026

130202027

130202028












130202031
全体に光がまわり、コントラストがフラットな写真が好きだ。なのでいつもこんな雰囲気になる。ここでは意識して空の割合を減らしたフレーミングにしている。 ときには、雲の表情をも加えたいと思ったりするのだけれど、僕の技術ではなかなか難しい。 あるいは、背景をぼかして、アン♡やクー♠を浮き上がらせるように撮ってもみたいのだけれど、僕のGXRはトラブルを抱えていて、今は出来ないのが残念だ。130202025

昨日の事。リハビリのため、弟に付き添って、都立障害者スポーツセンターへ行く際、送迎バスの停留所に15分以上早く着いてしまった。 べつに家を早めに出た訳ではないのです。せいぜい5分、バスを待つ余裕を持って、と考えているだけなのです。それが、JRの電車に乗る時、いつもは混んでいて乗るのをあきらめる電車が、その時に限って(なぜ空いていたのだろう?)乗れてしまったのです。 いつも乗る電車は、その後、特急電車の通過待ちをはさんで、10分後のダイヤなのです。 そんな事で、着いてみたら余裕あり過ぎ。送迎バスに乗っている時間は、途中二度信号待ちしたとして5分程、センターに着くまで20分以上も時間があります。 ならば歩こう!と決めた。 僕の足で15分。 それに、途中で、弟の歩行練習も兼ねちゃえ!と企んだのです。 センターまで歩くぞ。途中でお前も歩け。と告げると、弟はうなずいた。 三年前、最初に脳梗塞で倒れた後、 あの頃は、往きは送迎バスを使わずに歩いていた。そして、途中で歩行練習をして、日に日に歩く距離が延びるのを楽しみにしていた。  で、今回は、スタート。 駅前から真直ぐ南へ、桜並木と広い歩道で知られた、この市のメインストリートです。 半分程来て、人通りが途切れた時、歩行練習をしました。 車イスを押して上手く歩けるか、確かめたかったのです。 歩く様子で距離も決めようと考えていましたが、、残念、それ以前の状況です。歩き初めからおぼつかない足取り。 上半身下半身、身体の左右、バランスがメチャクチャ。車イスに頼りながらも歩を進める、という状況でもありません。 危なっかしくて、10mも進まずに止めさせました。 それでも、自分は一人でも大丈夫だ、と言い張ります。 以前の写真があります。同じこの道で撮ったものです。 現状とは違って、前からの写真も、後ろ姿も、不自由な身体なりに堂々と立っています。 それに比べ、今は、、こんな状況、認めたくはないだろうけど、まだまだ単独行動は無理だ。 可哀想だけど、、。 

2013年2月 1日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #656、、、

今朝は、いつもより早く目が覚め、陽が昇る前、薄暗い中でのトイレ散歩、、 
東の空が紅に燃えている、、。
130201008
指先がちぎれそうな程の冷気、、アン♡を急かせて戻ります。
130201021











                                             午前中、弟のリハビリを済ませ、、午後にまた外出。 銀行のATMに寄ってから市役所へ、、国保の窓口と障害福祉課へ、、そして、銀行の窓口で手続きを一つ。 二時間半程かかって、JRの駅をまたいであっちへ行ったり、こっちへ来たり、、結構疲れた。 もちろん、アン♡とクー♠を連れている。 ふたりが一緒だと、良い気分転換になるのです。 
市役所の入口付近で待つふたり、、
130201025
風が吹き抜ける寒い場所でしたが、銀行の窓口で手続きをしている間も良い子でした。
130201029











                               

               さて、車イスで電車に乗ると、のつづき、、

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »