フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #1367、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #988、、   九羽のヒナ鴨 #1、、 | トップページ | ぼくの写真日記 #705、、 九羽のヒナ鴨 #3、、  »

2013年5月19日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #704、、 あぁ、今朝は、寝不足、、  九羽のヒナ鴨 #2、、

5時半、アン♡に起こされた。朝のトイレ散歩に連れて行け、というアピールだ。 今日は弟のリハビリ休養日、7時頃までゆっくりしたかったのに、、。 クー♠も一緒になっての催促に根負けした。 今朝も鴨の親子に会えれば、、と、小川の川原におりてきた。
130519002
アン♡クー♠が用を足した後、鴨の親子を探しながら下流へ、、小学校の手前で折り返す。 我が家の前を通り過ぎて上流へ、、 30m程先に親子の陰を見つけた。 餌をついばみながら流れを遡っている。 どこまで行くのだろう、、10m程の距離を保って、見失わないように後をつける。
130519012
我が家から200m程上流で、小川は大きく左へ曲がる。この弧の内側に広い川原ができ、流れの中には大小の中州が出来て、ススキやガマに被われている。 鴨の親子達は中州の向こう側に姿を消した。 先回りをして、アン♡僕クー♠と並んで待つ、、が、出てこない。 この中州に隠れ屋があるのかもしれない、、ということにして、今朝は帰るとします。
130519010
今朝は、ヒナの数を確認しにくかった。

昨夜は土曜日恒例のカスピ海ヨーグルトの仕込みをして、23時前に就寝、、朝7時頃までゆっくり眠るつもりでいたが、 「お、に、い、さん」という弟の呼び声に起こされた。 どうした? と聞くと、、 便秘がひどく、排便が出来ないので、浣腸を手伝ってくれと言う。 これまで二度、手を貸した事があるので、要領はわかっているが、、時計を見ると2時になろうとするところだ、、オイオイこんな時刻にかぁ、とブツブツ言いながらも起きた。 脳梗塞の後遺症で右半身がマヒしている弟だ、、便意をもよおしても思い通りに排便出来ない。 座薬を使ったり、飲み薬の下剤を使ったりと苦労している。 今回は、半年ぶりの緊急事態なのだろう。 粗相した時の事を考えて風呂場でする、、もちろん裸、、済んだ後に身体を洗って入浴させる、という意図もある。 そして、終ったぁ、、。 弟を湯船に浸からせながら、後始末をする。 突然、弟がトイレに行くと言う、、手を貸して風呂からトイレへ、、。 風呂のお湯が汚れている。 湯を抜き、湯船を洗う。 弟がベットに入ったのを確認、、ゆうに3時を過ぎている。 変に目が冴えているけれど、眠らなくては、と布団に、、。 いつの間にか寝入っていた、、が、 今度はアン♡に起こされた、、。  あぁ、、今朝は、、寝不足だぁ、、。 昼寝、、しよう。

昼前、11時、昼食の仕度の前に、アン♡クー♠をトイレ散歩。 川原を上流へ向かう。 そうです、あわよくば、また鴨の親子に会いたいと思っていたのです。 朝、見失った中州辺りへ、、と、 おぉ、あっさりとみつかりました 。
130519013 130519020
確かに、九羽のヒナ達です。 ヒナと親鴨を一緒に撮りたくて、そっと身をひそめてチャンスを待っていたのですが、、あぁ、鴨には申し訳なく、大変な事になりました。 最初は、小学生らしい子供二人連れの家族が近づいて来て、「あぁ、いるいる、、」と大ハシャギ。 川上からは三人連れのおば樣方、手にデジカメを持って、撮る気満々で近寄ってきます。 いつの間に、遊歩道の上からも覗き込む見物人、十人程が集まってワイワイガヤガヤ、鴨の親子に付いて回ります。 鴨はどう逃げたらいいのかと、流れを上ったり下ったり、右往左往するばかり、、。「 わぁ、可愛い、、」と、ギリギリまで近づこうとするおば樣方、、そう思うなら、もっと離れて見守ってくださいよ、、って言いたかったけど、、(はやくぅ〜、あの中州の向こう側に逃げ込んでくれ、、)と念じるばかりでした。 結局はヒナ達が水際の茂みに隠れてしまって、騒ぎはおさまったのでしたが、、あぁ、なんとだらしない、、<恐がっているから、離れましょう、>とでも言えば良かった、と自己嫌悪です。

さて、もうひとつ、、
帰りがけ、石段を上がる手前で、流れの中で何かを獲っている人。 尋ねると「シジミ」だと、ビニール袋にずっしり、、 えっ、この小川でシジミ?!  川底の砂利をかき取ってみます。 すると、それがこれ、、
130519022
黒々としたイメージとは違っていましたが、形はシジミ。 最近、川底にシジミの殻が目立つとおもってはいたのですが、、これも清流のめぐみ?
この水辺では、ヨモギの新芽を摘んでゆく人がいます。 クレソンを摘んでゆく人は、ここのは柔らかくて香りが強いのです、と教えてくれた事があった。 すぐ側に暮らしているのに、他にも知らない事がありそうだ、、。   

« ぼくのウォーキング日記 #1367、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #988、、   九羽のヒナ鴨 #1、、 | トップページ | ぼくの写真日記 #705、、 九羽のヒナ鴨 #3、、  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #1367、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #988、、   九羽のヒナ鴨 #1、、 | トップページ | ぼくの写真日記 #705、、 九羽のヒナ鴨 #3、、  »