フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1372、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #993、、   紫陽花めぐり #3

遊歩道の植え込み、、
130531256

130531262















と遊歩道沿い、あるお宅の塀際、、
130531111

130531123
130531116

さぁ、、六日ぶりのウォーキングです、、アン♡は、とくに、走りたくてウズウズ、、
130531138
            < ボクはクロベーで遊びたいですぅ〜 >
130531144















陽射しが強いので、、原っぱの東側、林の境に陣取ります、、。
130531161

130531164
アン♡のはしゃぎ様といったら、、半端じゃありません、、。130531193
            最近のクー♠はマイペース、、、

130531212












130531214

130531232
遊んだ後は、もちろん、水風呂でクールダウン、、。
<ほんと、先輩はここが好きですよねぇ〜 >
130531242_2
<これから、まだ小一時間も速歩なのに、、天気良過ぎ、暑くなりそうです、、。>
130531249_2

2013年5月30日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #711、、  紫陽花めぐり #2

しとしと小雨けむる朝、、梅雨入り発表から一夜明け、、まさに梅雨の朝です。 朝のトイレ散歩、、ちょっと横道にそれ、、裏路地へ、、
130530068
ハケの湧き水がサラサラと住宅の間を流れ、それに沿って市の遊歩道が整備されています。
130530056 流れの岸に立派な紫陽花が育っています。
130530052
    アン♡クー♠は雨具がありません。雨足を見計らってのトイレ散歩です。
130530009

2013年5月29日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #710、、  紫陽花めぐり #1

昨日、東海地方までの梅雨入りが発表された。 関東もそろそろ、で、、今朝のラジオで気象予報士が面白い言い回しをしていた、、「気象庁の予報官が躊躇しなければ、関東も梅雨入り発表でしょう。 今日は一日そんな天気です。」だそうです。 ウォーキングを断念して、朝、トイレ散歩に出ると、空は一面の雲、、といっても、灰色の厚い雲だったり、薄く白い雲だったり、所々で裂け目が出来て青空が覗いたり、、と思えば、黒雲の塊りが流れてきて、ポツポツ雨粒が落ちてきたりと、、短い時間にめまぐるしく変化する。 
川原で用を足した後、<鴨の親子、来ていないね>と、僕の気持ちを見通しているアン♡です。
130529060
そうなのです。ヒナの数が九羽から八羽に減った鴨の親子、一週間経ってパタッと姿が消えてしまった。 その後の一週間、一羽の鴨が グァ、グァと鳴きながら流れを行ったり来たり、、母鴨がヒナを探しているように見えて、心が痛かった。 今は、その鴨の姿もない。 この三月まで、多い時には三十羽を越す群れになっていた鴨が、我が家の前の流域、およそ2kmの間にはだれもいなくなった。 去年、五月から六月にかけて、親鴨の半分以上に大きく成長したヒナ達が、親の後ろに一列に並んで、流れを行き来するのを、ワンコの散歩仲間や近所の児童達皆で橋の上から見物したものだった。  今回のヒナを連れた鴨の親子、、居場所を変えたのかもしれない、、と思いたい気持ちもあるのだが、、 生まれて一週間の産毛のままのヒナが飛び立つ事は不可能な訳で、、あるとすれば、これまでのテリトリーだった流域をずっと下流へ移すこと。 ただ、それには、小学校校庭の地下トンネルを抜けなければならず、、そんな事を考えれば考える程、楽天家の僕が悲観的になってしまう。 いや、可能性は無くはない。 管理境界の上流はコンクリート、幅1m足らずのU字溝に変わってしまうけれど、そこをも遡ったかもしれない。 なにしろ、カワセミはそのずっと先の水源の池辺りから下ってくる訳だし、、。 地下トンネルを抜けてススキやガマが生い茂った下流へたどり着いているのかもしれない。  だいいち、天敵に襲われた形跡が残されていた訳でもないのだから、、。
(とすると、反省する点はひとつ、もっとそっとしておけば良かった、、。)

さて、遊歩道から住宅街へ、ちょうどスーパーの裏の路地に植えられたアジサイです。
130529040
ここには、しっかり手入れがされた株が並んでいて、、
130529030
             毎年、見事な花を咲かせています。
130529008












近所の方がこまめに世話をしているのだそうだ、、。
130529050
<これから、もっともっとキレイになるね、、>
130529053

2013年5月28日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #709、、  

我が家の前の小川、、この川原には、大勢の子供達が遊びにくる。 トイレ散歩にやってくると、近くの保育園の児童、十数人と遭遇、、。 先生に聞くと、二歳児だそうだ。 皆歩くのが楽しくてたまらないのだろう、、先生を友達を追いかけてヨチヨチと、それでもしっかりとした足取りで駆けている。  通り過ぎて行くまで、石段の上で待機、、。
130528018
さぁ、今度は僕らの番、、駆け下りるぞ、、
130528028

130528029
130528030











今日は朝、雨が降って、ウォーキングを中止したけれど、日中は曇り、、天気は下り坂、、湿った風が吹く、、
130528040

2013年5月27日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #708、、  紫陽花の季節へ、、

雨雲ではないようだが、、空に一面の雲、、 天気はゆっくり下り坂、、週の中頃からは梅雨のはしりだそうだ、、。 遊歩道のアジサイが色付いた、、 初々しい。
130527012
川原を走る、、
130527014 130527027

130527020   <あの飛び石だね、、鴨の親子を最初に見たのは、、。 きっとまた来るよね。>
130527034 トイレ散歩の範囲、我が家から上流下流へ1.5kmの間で、今朝、鴨たちの姿を一羽も見る事が出来なかった。 これまではヒナの数が減る事はあっても、見つけて一週間目の一日で、こうも短期間に全て姿を消す事はなかった、、。が、自然の掟は、僕等の思いもよらぬところにあるのだろう、、。 姿が見当たらなくなって五日目だ、、ただただ、ヒナ達の無事を願うばかり、、。朝のトイレ散歩にて、、。
一方で、これも自然の恵み、、初々しく、みずみずしいアジサイ、、
130527050

130527057














130527091

130527060

130527061















130527119

130527069

130527074
















     僕のお気に入りのアジサイはまだまだこれから、、、
130527081遊歩道の植え込みにて、、、

2013年5月26日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #707、、  

今朝のトイレ散歩にて、、
130526107

130526115
130526120










130526132

130526137















16時過ぎ、午後のトイレ散歩にて、、
<アタシと一緒に走るなんて、ビックリ、、でも、楽しい!!>
130526140
         <ボクは、後ろから、ついてくだけで、いいッス、、>
130526139














また、ひとりグァグァと鳴き、流れを行ったり来たりする鴨に出会った。  鴨の親子のこと、、気になるのだけれど、、探すのはやめよう、、。  無事ならば、最初の時のように、家の前でも出会えるだろう、、。

2013年5月25日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1371、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #992、、       

ひんやりと冷たい空気、、 曇り空の朝、、
130525016
              トイレ散歩にて、、
130525027_2












さぁ、今朝は、8時前にウォーキングスタートです、、。 涼しいくらいの陽気に、速歩は順調、、 陽射しを気にせず、原っぱで遊ぶ事にします、、。
130525037
原っぱの東側、丘の前辺りだけ、草刈りが済んでいます、、。
130525048
   まずは、ここで遊ぼう、、。 アン♡ 顔がこわいよぉ〜、、
130525043












130525050

130525049_2ひと遊びして、のんびりしているところへ、、
130525066
仲良しワン友達が集まってきました、、スタンダードプードルのティマさん、パセンジーの梅さん家族、ジャックラッセルのゴクー君と弟分のトイプー、ゴハンちゃん、、他にシェパードやラブ君など、、久しぶりに追いかけ回って、アン♡のブリッ走りは健在でした。
130525071 130525070

残念だけど、僕らは先に帰ります、、原っぱの中央を走り抜けるぞぉ〜〜!
130525073

130525078
130525079











130525101 130525100

        やっぱり小川でクールダウンです、、。
130525102
鴨の親子のこと、、昨日一昨日と二日つづけて、ヒナの姿が確認出来ません。 先導役らしい二羽の鴨がつれそっているのを見つけることはできます。そこから3~40m離れた辺りで、ときに
130525031 はグァ、グァと、声を上げながら、流れを行ったり来たりしている鴨にも出会います。 もしこれが母鴨だとしたら、水際の茂みに隠れているヒナ達に向かって、「さぁ、出ていらっしゃい」あるいは、「まだ隠れていなさい」などと声をかけているのかもしれません。 が、どちらにしても、少し離れて様子をうかがっていると、辺りの茂みからは、何の応答もありません。 これは母鴨ではないのだろう、と自分に言い聞かせてその場を立ち去ります。 一昨日から日に何度か、親子を探す度に、こんな様子に出会っています。 もしや、、と悲しい予感が、思いをよぎる事が、、。

2013年5月24日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1370、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #991、、     

      朝のトイレ散歩。 今朝も良い天気、、ただし、暑くなりそうだ。
130524008
       さぁ、今朝は少し早めにウォーキングスタートするよ、、
       <川原の日向は、逃げ場が無くて、きびしいよぉ、、>
130524004       ここからは桜並木の木陰つづくよ、、ホッとするね、、。
130524012今朝も遊び場は原っぱだけど、
130524044
              南側の林から入って、、
130524054












中央斜面の木陰に陣取ります。
130524072
ここがメインの遊び場です、、。
130524074

130524077 130524096

130524082久しぶりに原っぱの中央に出てみると、、
130524140
          一面に赤ツメクサが咲いていました、、。
130524155











130524137
これからは、今日のように暑くなると、、
130524112
           遊ぶ時間より木陰に逃げ込む方が多くなりそうです。
130524120












       今日のクールダウンもこの浅瀬になりました、、。
130524157
昨日につづいて今日も、鴨の親子に出会えませんでした、、ちょっと心配、、。

さてさて、今夜は十四夜の月、、満月になる直前の輝く月です。 20時頃には、住宅の屋根の上に現れるはず、、。

2013年5月23日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1369、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #990、、     

朝のトイレ散歩、、 鴨の親子が活動開始していれば、と期待して川原へ、、。 遠くで鴨の鳴き声がする。 先導する鴨のようだ、が、姿は見えない。
130523004先導する鴨、、、先週17日、九羽のヒナを初めて見つけた時、この家族から5m程離れて二羽の鴨がいる事に気づいていた。 その時は、そこにたまたま居る、というくらいにしか考えなかったのだが、 この家族を探しに行く度に、決まって少し離れて鴨がいて、<グァー、グァー>と声を上げる。 家族はゆっくりとその声の方向へ移動してゆく。 大体が10~20m離れ、<こっちは今安全だぞ、、>と、まるで合図をしているようだ。 僕らが近きすぎると飛び去ってしまうので、必ず居る訳ではない。 そると、母鴨はより用心深く、止まっては首を長く伸ばし、辺りをうかがうようにしながら行動する。 僕らは引き下がって距離を保つ、、。今朝はヒナを確かめる事ができなかったが、 午後のトイレ散歩の時に、また探してみよう、、。
8時前、ウォーキング、スタートです。 川原へおりて、流れに沿って進むと、どうしてもヒナの姿を探してしまう。 そういえば、先月、調節池の手前の橋の下で六羽のヒナを連れた家族を目撃したのだが、あれ以来、あの付近で出会っていない。 あの辺りは、流れの中にススキがうっそうと生い茂っていて、川原から探したところで、見つけるのは困難、、消息は全くわからない。 今年出会ったのは、この二組の家族だけ、、我が家の前を行き来する、あの家族が、とくに気にかかる、、。
さて、今朝も陽射しが強いので、 遊び場を原っぱの林沿いにする。 今回は、南側の林から原っぱに出て、西半分辺りの木陰に陣取る、、。
130523030
例によって日向を走り回って、、
130523022
                 木陰に駆け込む、、
130523016













<うわ〜ぉ〜〜、先輩を出し抜きましたぁ〜〜!!>
130523040
原っぱを抜ける前の最後の砦は、トウカエデの大きな木陰です。
130523066
そして、今日のクールダウンは、小川の浅瀬、、、
130523072 130523076
さぁ、今日は10時までに帰るぞ、、。

2013年5月22日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1368、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #989、、   九羽のヒナ鴨 #5、、

今日の鴨の親子、、ヒナの数は八羽。
だれかの命をつないで、、あるいは、迷子になって天国に昇っていったのか、、
いなくなった一羽の分も、しっかり大きくなっています。(食欲旺盛、、)
130522123

<今日は一日晴れて、暑くなるんだって、、 朝陽がまぶしい、、>
130522053 130522055
あさのトイレ散歩にて、、

10時過ぎ、ウォーキングからの帰り道、我が家の前を通り過ぎて、そのまま小川に沿って上流へ、、そうです、鴨の親子を探しに行きます。 いつもの速歩をスローダウン、ゆっくり歩きながら、生い茂った草むらの向こう、流れの中に親鴨がいないか、注意しながら進みます。親子を見つけたのは、昨日と同じ場所、管理境界の手前、、しきりに餌をついばんでいるようです。
130522093 130522114
ヒナ達は日毎に大きくなっています。行動範囲も広がっています。 親鴨の2m近くも先を泳いでいたり、一人で岸辺の泥をついばんだり、流れに乗って下りながら始終餌をついばんでいます。 でも親から1mも遅れると、見ている方としては、ちょっと心配になります。 200m程下って来た辺りで、ヒナ達が一列になって水際をついばみ始めました。 しばらくして、そのままゴソゴソと草の茂みの中へ姿を消しました。それを見守っていた親鴨も茂みの中へ、、 ここで休息をとるのでしょう。 
130522118 130522119
僕らも家に戻りましょう、、。
さてさて、話しをウォーキングに戻します。 強い陽射しの中、こんな日の遊び場は、、
130522008
ゆったり休める木陰のある所、、原っぱの東側、、
130522020
南側に丘があり、中央にコブシの枝が張り出した大きな木陰がある所、、
130522066
今年はよく利用する場所です、、。
130522068
日向の草むらで遊んで、、
130522028

130522058














木陰へ一目散、、、
130522054
そのうちに、木陰を駆け抜けて水辺へ行きたそうな素振りを見せたら、、
遊び時間終了、、クールダウンの時間です。
130522086

2013年5月21日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #706、、  アジサイが色付いて、、九羽のヒナ鴨 #4、、 

雨上がり、朝のトイレ散歩。 遊歩道の植え込み、アジサイが色付いてきた、、。
130521003川原の濡れた草むらを避けて、遊歩道を行く、、
130521007 130521017

鴨の親子には会えなかった。
空は薄い白雲に被われているけれど晴れ、、この雲もとれて青空が広がり暑くなるという、、。 二日つづけてウォーキングを休んでいるので、出かけたいのだが、身体が重く気分が乗らない。 今朝もウォーキングを休む、、。 8時、アン♡クー♠ともに弟のベットで寝そべっている。 鴨のヒナが気になって、、カメラを首にかけ、一人で散歩に出る。 案の定、塀からアン♡が顔を出した。<一人で行っちゃうの?>って言いたそうな目だ。 うん、一人、良い子で待ってて、、と頭を撫でてやる。 川原に下り、飛び石に乗って、流れを見渡す。 上下流200m程の間に鴨の姿は見えない。 上流へ行ってみる。 下流よりも植物が豊か、、。
130521019
キショウブばかりが目立つ中、違う色を見つけると、つい撮りたくなる、、。
130521046鴨の姿を探しながら川原をのんびりと、、鴨の代わりにこれを見つけた、、
130521039ヘビの抜け殻、、つまみ上げると、1m50cm程ある、、ちょっと不安が過る、、。
管理境界まで来たが、小川の流れに、鴨の家族を見つける事は無かった。 ふと立ち止まって流れを眺めた、、足元で何かが動く、、見下ろすと、そこに一羽の鴨がうずくまっている、、
130521020
あれ?! 他にも動くものが、視界に、、 あぁ〜〜、ヒナが二羽、、!!
130521022
ゆっくり、親鴨のまわりをさがすと、、 いた!! 三羽ずつ、、二ヶ所に、、
130521026 130521027
そうかぁ、岸に上がって休むんだ。それも一ヶ所ではなく、親の回りに分散して隠れるように、、でも、二たす三たす三、は八だぞ、、 わぁ、どうする? 撮った後、そっと離れる、、と、ヒナ達がいっせいに動きだし、流れの中へ、、そして親鴨が最後に、、。
130521028
            向こう岸へ、避難、、?!!
130521030













何度数えても、、八羽しかいない、、一羽足りない、、。

2013年5月20日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #705、、 九羽のヒナ鴨 #3、、 

アン♡クー♠の催促で、起きてすぐトイレ散歩に出てきたものの、、
外は小雨模様の朝、、夜半から降りつづいているようです。
130520005
              5時過ぎ、緑濃い遊歩道もまだ薄暗い、、
130520007














9時のヒナ鴨、、、流れが盛り上がった小石に乗って、羽ばたいてみせる子   
130520031
もしかして長男?  
こちらは、石段の手すりに繋がれ、鴨の家族を見送るばかりだったアン♡
130520051
<鴨の警戒心を和らげようと繋いだんですって、、落ち着いてください。先輩!>
今朝は決定的なチャンスが幾度かあったのですが、撮影距離まで近づけなくて、逃しました。 上の一枚は、偶然訪れた一瞬、でした。
この小川沿いを ウォーキングするようになって、毎年、四月の後半から六月の初めにかけて、子育てをする鴨の家族をみてきました。 多い年で四組、少ないときは二組、それらはみなもっと下流で、川幅も広く、ススキ、ガマ、アシなどが生い茂っていて、子育てにはここよりもずっと恵まれていると思える流域でした。 今回、我が家の目の前に、生まれたばかりと思えるヒナを連れた鴨が現れたのは初めてです。 しかもその数九羽とは、、 これまで出会った事があるのは四羽から六羽で、ヒナの数が九羽というのは嬉しい驚きです。 ヒナ達に出会うと、まず羽数を確かめます。 数が減っていないとホッとして見送ります。 足りない時は、ため息をついて、だれかの命をつないだんだ、と思うことにしています。 この小川の流域は自然が豊かで、ヘビ、カラスなど天敵になりそうな野生動物もたくさんいます。 そのうえ、野良猫が多い。 野鳥や鳩などの羽が散乱している跡をみかけることがあります。 犯人を見かけた事はありませんが、人の目にはつかない天敵がいるかもしれません。 鴨のヒナも自然の食物連鎖の中にいる、、実際、半分に減ってしまった家族もありました。 数が減らない家族の方が少なかった。これが自然の掟なのですから、九羽のヒナにも起きないとは限りません。 無事に成長してほしいと願う だけです。
あぁ、昼、食事中、雨音が急に激しくなった。 
今日は雨が降ったり止んだりの一日になりそうだ、、。  

2013年5月19日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #704、、 あぁ、今朝は、寝不足、、  九羽のヒナ鴨 #2、、

5時半、アン♡に起こされた。朝のトイレ散歩に連れて行け、というアピールだ。 今日は弟のリハビリ休養日、7時頃までゆっくりしたかったのに、、。 クー♠も一緒になっての催促に根負けした。 今朝も鴨の親子に会えれば、、と、小川の川原におりてきた。
130519002
アン♡クー♠が用を足した後、鴨の親子を探しながら下流へ、、小学校の手前で折り返す。 我が家の前を通り過ぎて上流へ、、 30m程先に親子の陰を見つけた。 餌をついばみながら流れを遡っている。 どこまで行くのだろう、、10m程の距離を保って、見失わないように後をつける。
130519012
我が家から200m程上流で、小川は大きく左へ曲がる。この弧の内側に広い川原ができ、流れの中には大小の中州が出来て、ススキやガマに被われている。 鴨の親子達は中州の向こう側に姿を消した。 先回りをして、アン♡僕クー♠と並んで待つ、、が、出てこない。 この中州に隠れ屋があるのかもしれない、、ということにして、今朝は帰るとします。
130519010
今朝は、ヒナの数を確認しにくかった。

昨夜は土曜日恒例のカスピ海ヨーグルトの仕込みをして、23時前に就寝、、朝7時頃までゆっくり眠るつもりでいたが、 「お、に、い、さん」という弟の呼び声に起こされた。 どうした? と聞くと、、 便秘がひどく、排便が出来ないので、浣腸を手伝ってくれと言う。 これまで二度、手を貸した事があるので、要領はわかっているが、、時計を見ると2時になろうとするところだ、、オイオイこんな時刻にかぁ、とブツブツ言いながらも起きた。 脳梗塞の後遺症で右半身がマヒしている弟だ、、便意をもよおしても思い通りに排便出来ない。 座薬を使ったり、飲み薬の下剤を使ったりと苦労している。 今回は、半年ぶりの緊急事態なのだろう。 粗相した時の事を考えて風呂場でする、、もちろん裸、、済んだ後に身体を洗って入浴させる、という意図もある。 そして、終ったぁ、、。 弟を湯船に浸からせながら、後始末をする。 突然、弟がトイレに行くと言う、、手を貸して風呂からトイレへ、、。 風呂のお湯が汚れている。 湯を抜き、湯船を洗う。 弟がベットに入ったのを確認、、ゆうに3時を過ぎている。 変に目が冴えているけれど、眠らなくては、と布団に、、。 いつの間にか寝入っていた、、が、 今度はアン♡に起こされた、、。  あぁ、、今朝は、、寝不足だぁ、、。 昼寝、、しよう。

昼前、11時、昼食の仕度の前に、アン♡クー♠をトイレ散歩。 川原を上流へ向かう。 そうです、あわよくば、また鴨の親子に会いたいと思っていたのです。 朝、見失った中州辺りへ、、と、 おぉ、あっさりとみつかりました 。
130519013 130519020
確かに、九羽のヒナ達です。 ヒナと親鴨を一緒に撮りたくて、そっと身をひそめてチャンスを待っていたのですが、、あぁ、鴨には申し訳なく、大変な事になりました。 最初は、小学生らしい子供二人連れの家族が近づいて来て、「あぁ、いるいる、、」と大ハシャギ。 川上からは三人連れのおば樣方、手にデジカメを持って、撮る気満々で近寄ってきます。 いつの間に、遊歩道の上からも覗き込む見物人、十人程が集まってワイワイガヤガヤ、鴨の親子に付いて回ります。 鴨はどう逃げたらいいのかと、流れを上ったり下ったり、右往左往するばかり、、。「 わぁ、可愛い、、」と、ギリギリまで近づこうとするおば樣方、、そう思うなら、もっと離れて見守ってくださいよ、、って言いたかったけど、、(はやくぅ〜、あの中州の向こう側に逃げ込んでくれ、、)と念じるばかりでした。 結局はヒナ達が水際の茂みに隠れてしまって、騒ぎはおさまったのでしたが、、あぁ、なんとだらしない、、<恐がっているから、離れましょう、>とでも言えば良かった、と自己嫌悪です。

さて、もうひとつ、、
帰りがけ、石段を上がる手前で、流れの中で何かを獲っている人。 尋ねると「シジミ」だと、ビニール袋にずっしり、、 えっ、この小川でシジミ?!  川底の砂利をかき取ってみます。 すると、それがこれ、、
130519022
黒々としたイメージとは違っていましたが、形はシジミ。 最近、川底にシジミの殻が目立つとおもってはいたのですが、、これも清流のめぐみ?
この水辺では、ヨモギの新芽を摘んでゆく人がいます。 クレソンを摘んでゆく人は、ここのは柔らかくて香りが強いのです、と教えてくれた事があった。 すぐ側に暮らしているのに、他にも知らない事がありそうだ、、。   

2013年5月18日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1367、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #988、、   九羽のヒナ鴨 #1、、

我が家の前で、鴨の親子を見つけて二日目。 
朝のトイレ散歩でも観る事が出来た。それは自宅の前から上下流へそれぞれ200m程の区間、、
130518153水際の草むらの根元へクチバシを差し込んで、餌をついばんでいるようだ。僕らの気配を感じたのか、川上へのぼっていった。
130518005
この区間、流れの幅は1~1.5m。この親子の行動範囲、チャンスがあったら観察してみたい。
130518154 心配事が起きた。僕から10m程離れた草むらから、野良猫が飛び出したのだ。 水際にひそんでヒナを狙っていたのだと思う。(浅瀬の鯉を狙ったり、小川沿いでは、よくあることで、)自然の摂理に委ねなければならないことではあるのですが、ヒナの無事を祈ることにします。
さぁ、8時、僕らは、ウォーキングだぞ。。。
曇りがちの空模様、、風はひんやりと気持ち良い、、。上空では大気の流れが速いのだろう、、大きく厚そうな雲の塊りがめまぐるしく流れてゆく。 さえぎられていた陽差しが戻ると、気温は一気に上がるように感じる、、。 こんな日の遊び場所は、やっぱり狭くても木陰の多い幼木園の空き区画がいい、、で、新緑眩しい自然公園をぬけて行きます。
130518034
やってきました、空き区画のひとつ。 今朝はアン♡が積極的です、、。
130518110
130518113 130518112

130518111     <ボクもハンディをもらって、クロベーを追いかけます。>
130518080ここまでは、対等の戦い、、、
130518075

130518074  <結局は、先輩に敵わないんだけど、、、>
130518076
       <まて〜〜、先輩〜〜>
130518072楽しんだ、、?
130518137
             わかってるよ、、クールダウンだ、、。
130518144  













帰り道の遊歩道でアジサイを見つけた、、もう少しで色付き始めそう、、。
130518149
            名前を知らない花をまた見つけた、、。
130518151

2013年5月17日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1366、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #987、、   わぁ!九羽だぁ〜〜!

あれ? 自宅の前、遊歩道から小川の川原へ、石段をおりる途中で、アン♡が何かにロックオンした。 水辺には雑草が生い茂って、流れの様子はよく見えないが、いつものこと、鴨だろうと、リードを短く、アン♡を制しながら、ゆっくりおりる。 やはり、鴨の頭が草の間から見えた。 ただ、鴨の様子、いつもと違う。 慎重に警戒しているように見える、、。 あぁ、もしかして、、 そっと近づく、、 おぉ!その、もしかだぁ!!  チラッと小さな姿がみえた。 ヒナだぁ! 1mと離れていない、雑草の向こう側、、鴨の動きが慌ただしく、流れを遡ってゆく。 カメラ、カメラと焦る。 3m程先、飛び石が置かれた場所で茂みが途切れる、、そこがワンチャンスだ。 で撮れた写真がこれ。  
130517043ヒナは八羽か九羽、、ちょこちょこ動いて正確に数えられない。 「ちゃんと育つといいですね」と後ろで声がした。 振り返ると土手上の遊歩道から顔なじみのワンコと飼い主さんだ。 他にも、対岸の遊歩道にも、橋の上からも、見物人が集まっていた。 通学途中の女子中学生?が二人、橋の上から「かわいい、、」と声を発しながらヒナの数を数えている。 鴨の親子は急ぎ足で流れを遡ってゆく。 流れの幅は1m程、両側から草が生い茂っていて、僕の場所からは、その陰で見えなくなっ た。 さぁ、あらためてウォーキング、スタートです。
130517050 130517053

今日の遊び場は、、原っぱの東の端、こんもりした丘です、、。
130517150

130517146 130517148

130517141
       帰りには、もちろん、水風呂でクールダウン、、です。
130517160
今日は我が三女の誕生日、、
小学と幼稚園の娘二人から
手作りのプレゼントを贈られたと、 
うるうるした表情の写メが届いた。
130517a01
『花束とバック』

午後のトイレ散歩で、また鴨の親子に出会った。今回はしっかり撮ったぞ!
130517007
場所は同じく我が家の前、、
130517010
ヒナは、やはり九羽、、
130517013
全員揃って写った写真を載せておきます。
130517017
この九羽、そろって成長してくれますように、、。一ヶ月で親の半分以上の大きさになる。 そこまでが、第一関門かな、、、?!!

2013年5月16日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #703、、 

さわやかな風です。 木陰はひんやりと心地よいのに、 陽射しはジリジリと刺すように痛い。上空に寒気が入り込んで来るらしい、、そのせいで大気は不安定に、、雷雨注意報が出ている。ウォーキングを諦めて、小川沿いを上流へトイレ散歩です。
130516002
        <こんなに良い天気なのに、遊びに行かないんスかね、、先輩>
130516012












<アタシ達は、雨くらい、平気だけど、、カメラを濡らしたくないんだって、、>
130516028 130516015
<ここの流れの幅、1mしか無いし、、。>
130516020_2       <草むらはボウボウ、、水涸れの後、すごく変わったわね、、>
130516034
130516030 130516026

130516041

2013年5月15日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1365、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #986、、     

今日は、弟のリハビリ、休養日、、 朝、時間に余裕があるのだが、いつもと同じように目が覚めた。 まずは、アン♡クー♠のトイレ散歩の催促に応えてやろう、、。
130515003 130515011

130515005小川沿いの遊歩道、散歩する人がよく通る。 犬の散歩はもちろん、、この時間は、下流にある小学校の校庭で毎朝開かれている「ラジオ体操の会」に参加する人達がグーループで通ったりする。 川原への石段を下りようとした時、夫婦らしい二人連れのこんな会話が聞こえた、、<この臭い、この花ヨ、、><うん、やっぱり、、>  あの生け垣の花の事だ。 白い花が茶色くしおれ始めている。 異臭と感じるのは僕だけではなかった。

8時半を過ぎ、遅くなったが、ウォーキングに出る。 空は明るい曇り、乾いた風が心地よい。これなら、原っぱの真ん中で走り回って遊べる、、そう考えていた。 ところが、公園を折り返す頃から空模様が大きく変わった。 雲がちぎれ始め、青空が広がり陽射しが降り注ぐ、、わぁ、日向の原っぱでは遊べないや、、。 自然公園の途中で予定変更、、
130515082
幼木園の空き区画へ寄り道します。 着いて早々に木陰で休憩のおふたりさん、、。
130515041
僕も隣りで腰を下ろして同様です。 
さぁ、遊ぶぞ〜〜!
130515016
おぉ!アン♡がクロベーを追いかけます。
130515026            得意気に運んでくるアン♡、、
130515027











ところが、あんの活躍はここまで、、<いいの、クー♠を遊ばせてあげて!>
130515025
クロベーをクー♠に譲ると、 クンクン臭いを探って、嗅ぎ回っています、、。
クー♠もひとりでハシャギ回ってます、、。
130515057
       ビックリするほどのスタミナ、、、
130515068              パワフルです、、。
130515069












クロベーを独り占めして得意気です、、。
130515056
そこへやってきました探検家のアン♡ <ねぇ、そろそろ水風呂、行かない?!>
130515062
とでも言いたそうです。 うん、そろそろ、良い時間だね、とクールダウンに向かいます。
130515084    のんびり、とクールダウンのふたりでした。 うん、暑かったぁ!!
 

2013年5月14日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1364、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #985、、     

このところ、アン♡とクー♠の遊び方の違いがハッキリしてきた。なぜかは、わからない、、アン♡がクロベーにあまり興味をしめさない。 かわりにクー♠がご執心だ。 今日も、はじめ一度くわえてみただけで、その後は、臭いを嗅ぎ回ったり、姿が隠れてしまう程の深い草むらを、ピョンピョン跳ねるように走り回っていた。
130514081
     何を追いかけているのか、それだけではつらつとしてみえる、、。
130514071 一方のクー♠は、、クロベーを独り占めにしてご満悦、、
130514066
      <投げて〜、投げて〜>としつこい程の催促です、、。
130514060   休憩も、、
130514053
           おもい、おもい、です、、。
130514037












       


      まっ、クールダウンは一緒でした、、。
130514102ちょっと嬉しい事、、今シーズン初、、子連れの鴨の家族に遭遇! 小川の水涸れが続いて、営巣できる環境が激減したのではないかと、気がかりだったのですが、、毎年、見つける場所で、今年もヒナの行列に出会いました。 ただ、突然だったので、写真が撮れなかったのが残念です。 これからは、ここを通る度に気をつけます。
130514001
鴨の家族が隠れてしまった茂み、、。


15時、午後のトイレ散歩、家の前の川原、今日の温かさで、シロツメクサが咲き乱れてます。
130514109

2013年5月13日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #702、、 昨日のつづき、、 

どんよりとした曇り空、、 ひんやりと冷たい空気がよどんでいる、、 予報では晴れて暑くなるというのだが、その気配はまだない、、。 7時を過ぎ、ウォーキングの仕度をする前に外を見ると、、あれれ、、霧雨、、遊歩道がすっかり濡れている。ウォーキングは中止、、 トイレ散歩に、、。
130513036

130513032_2













神田祭りについては、昨日の内容に付け加えました。 昨日のウォーキングの様子は今回は省略します。(11時追記)

2013年5月12日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1363、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #984、、     と、神田祭り

雨上がりの五月晴れです。 ジリジリと焼き付くような陽射し、 
130512014
                                       もうすっかり夏のよう、、
130512022











                                          



木陰に入るとホッとします、、。 
130512037
調節池に出るまでの小川沿い、ひと雨ごとに新緑が濃くなっていくようです。

さて、、ウォーキング記事の途中ですが、、 娘から写メが届いたので、ちょっと中断、、 
じつは今日は、四年ぶりに開催されている「神田祭り」のハイライト、 氏子町会の百基の神輿が宮入します。 我が町会は「錦連合」の一員、四町会がひとつになっています。 今年は午前中に宮入を果たしたようです。
130512a01 130512a03 130512a02
神田祭りでは、神輿を担ぐかけ声は「セイヤ!セイヤ!」です。 本郷通りの大通りから狭い参道に入り、山門をくぐり、境内を進みます。
130512a04 130512a05_2 神輿の上下動は小さくリズミカル、、その上、いかに水平に滑らかに真直ぐ移動させられるかが 担ぎ手の見せ所、 各町会が競い合う熱気は相当なものです。担ぎ手のテンションは、クライマックスの宮入に向けて、否が応にも上がります。 とうぜんのように、花棒.担ぎ場所の争奪は熾烈になる。 ちょっとしたゆるみ、隙間を見つけては割り込もうとするし、そうはさせじと、担ぎ手は前の人にピッタリ身体をくっつける。 ただ、担ぎのリズムに合ない者がいると、無理矢理にでも弾き出し引きずり出される。そして空いた場所に何人もが詰め掛ける。宮入や神輿振りの前はとくに激しくなる。 神田祭りには女神輿は無い。男女混合だ。しかも神田の男衆は女性に甘い、ではなく、自分の
130512a06 前に入れてやるほど優しい? そして、その優しさに甘えないのが神田祭りの女達、、ヤワな男は花棒からはじき出される。 こんな話しがあった、、娘達がまだ結婚前、どうしても三人揃って宮入をしておきたいと考えていたそうだ。 そこで、まず長女が知り合いの前に入れてもらい花棒を担いだ。つぎに、長女の前に次女が、そして二人の間に三女を入れ、三姉妹が並んで担ぎ、宮入に向かおうとした。 そこへ見慣れない男達が、娘達を押しのけ割り込もうとして、いざこざが起きかけた。 すると、長女が「アタシ達を○連合の三姉妹と知っての事でしょうね。知らなきゃ、モグリか?!」とタンカを切った。 その男達は、三人並び立った娘達の勢いにおされ、お辞儀をして逃げるように立ち去ったとか、(じつは、内心ドキドキハラハラの冷や汗ものだったと、今では、笑い話になっているが)、とっさの事とはいえ、娘の度胸にも驚きだし、娘達が戻れるよう花棒にゆとりをもたせて待っていた担ぎ手の男衆に頭が下がる。 もちろん、娘達はしっかり揃って宮入を果たしたそうだ。(また、これも後日談なのだが、親の離婚以来、常に自分たち三人が力を合わせて暮らして行かなくては、と話し合っていたという。 その結果が、いつの間にか、このアウンの呼吸を生み出していたのだろう。 僕の離婚は、上の娘が中学、下の二人が小学生の時だったが、こんな形で娘達に影響を与えていたとは思いもよらなかった。)  いかに整然と神輿の宮入を済ますか、ここで研ぎ澄まされた担ぎ手達の集中力は、その後の神輿振りで一気に解き放たれる。 場所は駿河台下交差点、、錦連合が属する神田中央連合の神輿が集まって、 まさに壮観です。そして、神輿は各町会へと散ってゆき、町内を練ってまわる、、  あぁ、血が騒ぎます、が、僕は不参加、、その分、三姉妹と孫達が揃い楽しんでくれたようだし、母の日の素敵なプレゼントにもなったことだろう。
(写真は三人の娘と六人の孫達、、)

2013年5月11日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #701、、 愛しのアンジェラ、、 

どんよりとした曇り空、、昨夜からの雨が断続的に朝まで残って、5時半に窓を開けた時には、小雨がぱらついていた。 この後昼頃から本降りの雨、、雷雨になるかもしれないという。 ウォーキングをあきらめ、スーパーへの買い出しを早めに済ませることにしよう。 とその前に、まずはアン♡クー♠のトイレ散歩だ、、。
130511027 130511015

130511030
トイレ散歩からの帰り、 川原から遊歩道へ石段を上っていると、変な臭いに気づいた。 この臭い、石段の上の遊歩道でも、、 じつは、昨日も一昨日も、同じ辺りで、、何が腐ったような、ドブ川の澱んだ泥のような臭い、、強い刺激ではないのだが、風のない時にどこからか漂ってくるように感じていた。 小川の流れが涸れてしまった間に、大きな鯉があちこちで逃遅れ、カラスや野良猫の餌食になっていた。そんな死骸が臭いの元では?と並木の植え込みの根元などを探してみたが、何もみつからない。 その上、石段の辺りを離れると、なぜか臭いは消えてしまう。 遊歩道に面した住宅の生け垣を背にして小川を眺めながら、もやもやとスッキリしない気分で立っていると、、 あれ?この臭い、、 顔を横に向けると生け垣の白い花、、
130510001 白く小さな花が密集して満開、、ほのかな香りのその奥に、えっ?!この臭い、、えも言われぬ悪臭の元が、この花の香りの奥に潜んでいた?!! 花に顔を近づけただけでは判りませんが、鼻をさらに近づけると、メシベの根元あたりから、軽やかな香りに隠れて重々しい臭いがみつかります。 試しに、、この花の、こっち側からと、向こう側からと、両方向から近づくように遊歩道を歩いてみます。 すると、案の定、生け垣の花の前、川原への石段の付近が一番臭います。遊歩道が両方向からのゆるやかな下り坂になっていて、ここ石段の前辺りが一番低い場所なのです。 花にひそんでいた重い臭いが低い場所に澱み、石段沿いに流れ降りたのでしょう。 愛らしい花に思いもよらぬ臭いが隠れていたとは(全くトホホな話し)。 いや、虫を最後にメシベに誘い込む臭いが、これなのかもしれません。 そういえば、動物の雄が放つフェロモンは、甘く香しい匂いでは、必ずしもないそうですから、、。
130510007 130510003
2m以上にも背丈を伸ばした生け垣。 この生け垣、、河川整備の区画整理で旧住人が立ち退いた跡地に現宅地との境として都が植え管理している生け垣なのです。(これ程見事に咲いたのは初めて)

雨が降りださないうちにスーパーへ買い出しに、、と思っていたのに、10時過ぎには、傘が必要な程の雨足になっていた。 降っていなければ、アン♡クー♠を連れて行くのだが、今回は留守番、、と玄関で言い聞かせてドアを出る。 家をぐるり半周まわって、塀際で、行ってくるよ!と二度目の挨拶、頭を撫でてやる。 帰り、両手に買物袋をさげ、、傘はささず濡れながら塀際に来ると、ドタドタと音をさせてアン♡クー♠が家から飛び出してくる。 両手が塞がっているので、ただいまぁ、と声だけ。 またぐるり家を半周して玄関へ、ふたりは先回りをしてドアが開くのを待っている。 荷物を置くと、<ねぇ、何買って来たの?>と、アン♡は買物袋に顔を突っ込んで物色、、。 モヤシは無いよ!とちょっときつめに言うと、物色をやめ、コソコソと隣の室へ、、クー♠は、母の膝の上へ。 品物を納め終えて、台所を出ると、 弟のベットの上にアン♡、、視線だけで僕を追っている。 なんだよぉ〜、留守番が気に入らなかったのか? 八百屋さんへ行く時には、連れて行くよ! モヤシも買うしね! と言いつつ、すかさず撮りました、、ちょっとスネ気味アン♡です、、。
130508002 130508009

130508013

2013年5月10日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1362、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #983、、     

五歳の誕生日を過ぎてからというもの、、暑さのせいもあると思うのだが、、アン♡の遊び方が変わった。 ウォーキングの前半で、僕の速歩に付き合わされて、体力の消耗が激しくなった?のかもしれない。 マイペースで付いてくるノーリードのクー♠と比べては不満を言いそうだ。
130510002
      今日のウォーキングも、公園の東端で折り返し、 
130510013               自然公園をまわって、、
130510016












幼木園の空き区画に陣取る。 ここも、広さの七割は木陰だ、、。
130510034
              アン♡を尻目に、今日もクー♠が絶好調、、
130510042











130510050
アン♡は木陰で休憩をきめこんでます、、。
130510061
アン♡の遊びスイッチが入ったのは、、
130510083
クー♠がクロベーをくわえて、同じ木陰に逃げ込んできてから、、
130510062 130510063

130510065 130510066

130510069
僕とマンツーマンでジャレ合ったあと、、さぁ、水風呂でクールダウンだぞ!と声をかけると、小川に向かって、一気に駆け出します、、(本当にわかったのかなぁ、、?)。
130510096











130510097 130510100
久しぶりふたり揃っての水浴びでした。

2013年5月 9日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1361、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #982、、     

      < よかったぁ〜、こっちの木陰つたいに行くんでしょ?!!>
130509018五日の「こどもの日」が立夏でしたから、暦の上ではもう夏、、風がひんやりさわやかでも、陽射しはジリジリと肌を刺します。 公園の北門を入って、陽当たりの良い南岸の川原ではなく、北側の土手上の遊歩道を行きます。ここの左側はハケの森、立ち入り禁止の保護樹林です。木陰が遊歩道を被っていて、歩きやすいのです。 
公園の東の端、折り返す手前にこじんまりした芝生があります。 わぁお、、ここだけきれいに草刈りが済んでいます。
130509037
回りに木陰もあるし、、よし、ここで少し遊び時間、というか休み時間にします。
130509085

130509086

130509087











日向を走り回る時間よりも、木陰でジャレ合い休む時間の方が多くなります、、。
130509078
わかってるよ、、帰り道も、極力、木陰つたいにするよ。
130509109
       ただし、水風呂でクールダウンの後、調節池を通り抜けて、
130509113        小川沿いを家に着くまでの間は日向が多いけど我慢しろよ。
と暑い陽射しの中を歩いている時、 可愛いワン友ができました。 生後四ヶ月が過ぎて念願のお散歩デビューを果たした、と嬉しそうに話してくれた飼い主さんが連れていたのは、ウエルッシュ.コーギーのパピー、、、
130509120
130509116 130509118
人見知りなし、フレンドリーなベガ君です。

2013年5月 8日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1360、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #981、、     

アン♡とクー♠の執拗な催促に、朝食の仕度を中断してトイレ散歩に。 最初はアン♡の一言、玄関に向かって<ワン!>で始まり、その後は、僕の腰めがけてクー♠がピョンピョンと何度も飛び跳ねる、、で、ついには、 わかったぁ〜!と僕が降参するはめになる。 ふたりは先に玄関にまわって、<早く〜〜>とシッポを振って待っている。  外は、おぉ〜、寒い。。 ひんやり涼しい、ではなく、背中がゾクッとする、、 カーデガンでも一枚羽織ってくれば良かったと後悔する程冷える、、。  おい、、用を足したら、走って帰るぞ、、、。
130508002

130508010_2












さわやかな陽射しに誘われて、、8時半、ウォーキング.スタートです。 陽が高くなるにつれて、風も心地良く、、 公園で折り返す頃には、リュックを背負った背は汗びっしょり、、。  さて、今日の遊び場は、、ここ、第一調節池、、東の端から土手を下って侵入します。
130508025
<ねぇ、ここ行って大丈夫?> 以前、ススキの迷路を探検しただろ、、ここがそうだよ。
130508028
       どうだい、思い出したかな、、?!
130508031            ほら、やっと出て来た、、。
130508036












さぁ、遊びながら抜けるよ、、。
130508043
<あのね、アタシしたいことがあるの! アンタ、父さんの相手、しててくれる?!!>
130508044
           <うん、いいッスよぉ〜〜! まかしといて、、>
130508051











<へへへ〜〜、、季節が変わって、いろんな匂いが充満してるのよねぇ〜〜>
130508053
       <このところ、単独行動したいらしいッス、、先輩ったら、、>
130508065












はい、例によって、ロングリードの端を木の幹に縛り付けて、その範囲ではアン♡を自由にさせます。 茂みや用水路の縁に頭をすっぽり突っ込んで、何やら嗅ぎ回っているようです。
130508070
その様子を横目で確かめながら、クー♠にクロベーを追いかけさせ遊ばせます。 あちこち嗅ぎ回った後、<アタシもクロベーで遊ぼうかな!>とクー♠にチョッカイをだす調子の良いアン♡です。 ところが、クー♠の反撃が半端ではありません。アン♡が一瞬たじろぎそうになる程攻め立てます。<先輩の勝手にはさせないッスよ!!>てな感じです。 そんな攻防を繰り返しながら、最後はふたりそろって木陰で休憩、、、
130508092
さぁ、、帰る時は一緒だよ、、
130508080
<さぁ、付いてらっしゃい、、クールダウンに行くわよ、、!>
130508106
         おやぁ〜?! そうか、クー♠の方が走り回っていたもんね!
130508108













調節池を通り過ぎる時、草刈りをしているオジさんを見かけた。
130508112
コスモスの新芽が育つようにと邪魔になる雑草を根こそぎ刈っているのです。わぁ、こんな早い時期から始めているんだ。このおかげでコスモスのお花畑を楽しめるのです、、感謝。。
そして、もうひとつ、、アジサイのツボミ、、、
130508017
つぎは、自分たちの番だと、着実に準備をはじめています。(12時追記)

2013年5月 7日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1359、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #980、、    

連日の五月晴れ、、公園北地区の広い芝生を抜ける、、。ときおり、ひんやりとした西風が吹き抜けてゆくが、、やっぱり、日差しは強い。 自然公園に入って幼木園の空き区画にまわる、、 遊び場所は、、ここにしよう、、。
130507021
さぁ、、遊ぼう、、 七割が木陰、三割が日向、そんな割合の場所だ。
130507024

130507039

130507037
130507043











130507046

130507049

130507051













<あれ? なに? この匂い、、?!> アン♡が風上に向かってしきりに鼻をヒクヒク、、!
130507035
      <ねぇ、父さん、、なんだろう、、?>
130507036_2           <やっぱり、、気になるぅ〜〜!>
130507055











しかたありません、、リードを木に繋いで、諦めるまでほっておきます。 その間、クロベーをクー♠に与えて、独り占めで遊ばせます。
130507022
アン♡が匂いを諦めたところで、遊び時間終了、、帰り仕度です。
       林を抜けて、小川の水風呂へ、、
130507060        今回も、入るだけで気が済んだようです、、。

2013年5月 6日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1358、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #979、、    

夜明けが早くなった。 今朝の日の出は 1時間前、4時40分過ぎ、だったそうだ。 外が明るくなるのに合せて? 僕の目覚めも、少しだけれど、早くなった、、。 今朝のウォーキングは いつもより30分早くスタート、、 陽射しはすでにヒリヒリと強いけれど、空気はまだひんやり冷えていて気持ちがいい。 ただ、犬には暑いくらいの陽気のはず、、特にアン♡には気をつけてやらなければ、、と思いつつ、川原の木陰伝いに公園を目指す、、。 さて、今日は、自然公園の林から原っぱの北東の角に出て、コブシの大きな木陰を起点にして遊びます。
130506010
(ふたりは日向ですが、カメラを構えている僕は、実は、コブシの木陰にいます)
130506017

130506013













日向で走り回っては、このコブシのこかげに駆け込んで休みます、、。
130506022
今朝は、クー♠が張切ってます、、?!
130506032
     アン♡よりもクー♠の方が、暑さには強いようです。   
130506034        木陰で休んでいるアン♡をしりめに、クロベーを独り占め、、!
130506046












<たまには、いいのよ、、クー♠も楽しんでる、でしょ、、!>
130506040
クー♠も満足の様子、、やすんだら、帰る仕度だよ、、。
130506048
今朝は、水浴び、二度でした(水風呂と調節池を出る手前で、、)
130506052 130506057
この後は、家に着くまでノンストップだよ。

2013年5月 5日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #700、、  孫嬢と映画デート、、

今朝は、いつもより早く起きて、カスピ海ヨーグルトの出来上がりを確認して、洗濯を始める。9時前には外出するので、ちょっと忙しい朝です。アン♡クー♠をトイレ散歩に連れて出て、、
130505001        (家の近くでも、キショウブが咲き始めた、、)
戻って朝食の仕度、昼食の用意も済ませるし、できたら夕食の準備も済ませておきたい。 帰宅が17時になるかもしれない、、さぁ、、大忙しだぁ、、。

さて、今日は、小学六年生の孫嬢と映画デートでした。 リクエストに応えて、シネマ.イクスピアリで「シュガー.ラッシュ」というディズニーアニメを観賞、、しかも、3D映像という初体験のオマケ付き、、 笑ったり涙したり、、子供向けアニメだと高を括っていたら、すっかり感動、、完全に引込まれていました。
130505003
映画の後は、お昼を食べ、 ジェラートを舐めながらウインドショッピング、、楽しい半日デートでした。

2013年5月 4日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1357、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #978、、    

まさに五月晴れ、、さわやかな朝です。 家の南側、遊歩道から小川の川原に下りて、北岸を東へ、4km下流の公園を目指します。 10分程歩くと小学校に突き当ります。ここで小川は、流れも川原も土手も遊歩道も、一旦途切れます。
Rimg0001 十数年前の整備工事で、小川は小学校の手前で姿を消し、校庭の下を真直ぐ流れます。 長さがおよそ130mのトンネルです。のぞくと小さく明るい出口が見えますが、鉄柵で閉じられて、この間は通れません。北回り、あるいは、南回りで小学校を迂回します。 そして迂回した路地から改めて川原に下ります。この時、これからの季節は、日陰が多くなる南岸に移ります。 ここから調節池まで、北岸には二ヶ所、遊歩道に上がる石段がありますが、こちら南側には川原からの出口がありません。つまり、対岸に比べ人通りがずっと少ないのです。うまくすれば、一人もすれ違う事無く調節池まで行けますから、人を気にせず遊んだり出来るのです。 以前は、この間で<マテ!コイ!>等の練習をしたものです。 調節池に出ると、右手に一番の遊び場、第三調節池予定地の原っぱが広がり、左は野球少年達が練習している第二調節池です。この間を小川は流れてゆきます。第二調節池の先は第一調節池、原っぱの先は自然公園の林です。僕達は土手を駆け上がって林に入ります。
130504005
そうです、調節池を通り抜ける間の小川の川原には日陰が無いのです。
130504009               林を抜けたら、東隣りの公園に入ります。
130504015








ここでは遊歩道を行けば、公園の東の外れまでは、小川沿いにも木陰がつづきます。
さて、今日の遊び場所、このベンチの向こう側です。
130504024
公園北地区の広い芝生、、東から西へ、だらだらと上り坂です、、。
130504039

130504028

130504053












130504070
さて、帰ろうかと、仕度を始めると、アン♡が遠くに聞こえるワンコの鳴き声に反応しました。
130504099
悲鳴に似た叫び声が聞こえてきます。 以前アン♡が脱走した時、リードが木にからまって動けなくなった時にあげた鳴き声に似ています。 大急ぎでリードを付け代え、鳴き声の方向へ、、しばらくして声は消え、、不審なワンコは見当たりませんでした。 思い過ごしだったのでしょう、、引き返して帰ります、、。
アン♡、公園を出るまで、川原を走ろうかぁ〜。。
130504109
       草ボウボウで、楽しいかも、、
130504122               調節池でも、こんな所無くなったしさ、、
130504124











                                                      そして、〆は、水風呂でクールダウン、、
130504129         おぉ、、今回は、腰までしっかり沈めてるね、、!

2013年5月 3日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1356、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #977、、    五月三日はアン♡、五歳の誕生日!!

2008年 5月 3日生れのアンジェラ(アン♡)は、今日で満五歳になりました。 この「アンジェラ」という名は、リュック ベッソン監督の作品「ANGEL-A」からとったのですが、、国際公認血統証明書に記載された正式名は『DODONY.BRITTANYS JP ANGEL』です。 はい、ともに天使なのです。 犬の五歳とは人年齢に換算すると三十代半ばだそうです。 今でもヤンチャなオテンバではありますけれど、、あの小悪魔のような妖精アン♡が、今は立派なレディ?周囲の皆さんのあたたかい見守りと、富良野の里の母の励ましに包まれて、美しく優しい<天使>?に成長してくれました(はい、親バカ、丸出しです)。 今日の誕生日、特別な事はしませんが、いつものように、思いっきり走り遊ばせて来るつもりです。 これまでと同じように見守ってくださいますよう、お願いいたします。  では、仕度して、行って来ます。

アン♡(アンジェラ)五歳の肖像、、ウォーキングにて、、
130503198

130503071

130503141
130503194












130503007

130503069














さて、今朝の遊び場は、、思いっきりハシャゲル場所と言えば、、調節池の原っぱです。 自然公園の林の斜面をくだって、、
130503045

130503076
130503083

130503078
130503121
さぁ、帰る前の仕上げは、水風呂でのクールダウン、、 皆を先導して一目散に駆け込むから、ザンブリ浸るのかと思ったのに、、アン♡、それで終わりかい?!
130503217         気がすんだのなら、それでいいけどね、、。

     片手落ちにならないよう、、クー♠の写真も載せておきます、、。
130503187
130503193

130503192

2013年5月 2日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #699、、 

5時半起床、小雨がぱらつく肌寒い朝です。8時、雨は止んでいたけれど、ウォーキングをやめる。9時、月初めの健康診断に動物病院へ、、アン♡もクー♠もこの病院がお気に入りだ。 たまには、入口で記念写真を、と座らせたが、早く中へ入りたいのか、珍しく落ち着かない。獣医さん達も看護師さん達もやさしいし、、なにしろ診察の後に「良い子でした」とご褒美がもらえると分かっているからだ。
130502010 130502011

帰りは小川沿いをのんびり <といっても、先輩の鴨ウォッチングなんですよね、実際は、>
130502014
<ジリジリと近づくと、最後には飛んで逃ちゃうんだけど、、>
130502029_2                       <他に何組もカップルがいるから、、キリが無いんですよぉ、、>
130502030










                           



<先輩、いつまでにらめっこ、ですか? 
向こう岸に上がったカップル、しゃがみ込んで、逃げる気配ないみたいですよ。>
130502045
<わぁ、いつの間にか、いい天気ですぅ。 先輩に付き合うのも、結構疲れるんですよね〜>
130502050_2











あまりの天気の良さに、昼食後、川原へ下りる石段に座り込んで、のんびり日向ぼっこ、、
130502064

130502075
130502081












アン♡はリードにつないだまま、半径3m弱の狭い行動範囲でも、それなりに遊んでくれたようです。 一方、クー♠は、撮るよ、と呼ぶと、チョコチョコ、アン♡のとなりへ、、それ以外は、ノーリードなのに、なぜが僕のとなり、、石段に座って日向ぼっこに付き合っていました。

2013年5月 1日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1355、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #976、、    

明け方雨が降ったようです。 道路が濡れて、水溜りが出来ている、、。ん?、雨、弱い霧雨が、、 ウォーキングは無理かなぁ、、 アン♡もクー♠も、さっきからこっちを見つめて、<どうするの、、?>っていう様子だし、、 まずトイレ散歩に連れてゆきます。
130501004         さぁ、ふたりとも、、走って帰るよ、、。
130501011 130501016

8時半を過ぎて、雲が薄くなって外が明るくなってきた、、。 「写真日記、、」から「ウォーキング日記、、」にタイトル変更、、です。
いつもより、ちょっと遅いスタート、、ルートを少し短縮して、、アン♡クー♠を遊ばせて帰ります。 自然公園の林から原っぱの東側に出て、、
130501027
おぉ〜、今朝は雲の動きが速い、、 陽がさしてきたぁ〜、、。
130501051

130501065           <ボクだって負けてないよ、、>
130501055 130501083
<五回に一度はチャンスあるんだぁ、、>
アン♡は、水浴びしたくて落ち着かないみたいだね。ひと休みしたら、行こう!
130501089
      おい、、それで、終わり?! いいさ、無理しなくても。。
130501103
        おぉ、、「キショウブ」だ、もう咲いてる、早いね。
130501109

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »