フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくの写真日記 #729、、 新しい『HAREKE』  | トップページ | ぼくの写真日記 #730、、  »

2013年6月29日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1382、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1003、、 

朝食の後片付けをしている最中から、アン♡はウォーキングに行く気満々、、玄関に陣取って、ウ〜ッと低く唸り、、ワン、と吠えてアピールしきりです。  ウォーキングウエアに着替え始めると、側にやってきて、<はやく、はやくぅ>と急かせます。 仕度が整って、玄関でスニーカーを履き、首輪の付いたリードを手にすると、グゥーッと僕の前に首をのばします。さぁ、首輪をはめて、スタートです。   小川の川原では、夏を前にして草刈りが始まっています。
130629001 ここで面白い事が起きました。 クー♠です。 アン♡は僕の左サイドで脚即歩行、、 クー♠はその後ろに、付かず離れず、ついてきます。 そんなクー♠を時々確かめながら速歩で進むのですが、、 あれ、急に気配がありません。 止まって振り向くと、30m程後ろで固まっている。  クー♠、コイ!と声をかけても、、<(ねぇねぇ、まってよ)ワン!>と一声吠えるばかり、もじもじして動きません。 すると今度は<ワン、ワン>と何かに向かって吠えかかります。 何?何が気になるの? と吠えてる先を見ると、そこには刈り取った草が詰められた大きなビニール袋が二つ、土手に寄せて置いてあります。 得体の知れない者、、クー♠にはそう見えるようです。 コイ!と呼ぶのですが、、よほど警戒しているのか、吠えるばかりで、そこを通り抜けられません。こんなクー♠を見るのは初めて、、次第に滑稽に思えてきましたが、、少し近づいて、もう一度、大丈夫だからおいで、と呼んでやりました。 覚悟を決めた、そんなダッシュで駆け抜けたクー♠、 足元に駆け寄ってきて、僕を見上げて、ハァハァと荒い息づかい、、クー♠にはよほど怪しく見えたのでしょう、、<怖かったぁ、、>とでも訴えているようでした。
さて、自然公園を通り抜けて、原っぱの南側、先日と同じ場所に出てきました。
130629045
            今朝は、この林との境で遊びます、、
130629048













130629054

130629074

130629085 130629103

130629110
原っぱの東から西へ、遊び抜けました、、
130629070

130629072












130629076
              最後は、小川でクールダウン、、
130629115













走り回る事、、何にも増してのストレス発散でした、、。

« ぼくの写真日記 #729、、 新しい『HAREKE』  | トップページ | ぼくの写真日記 #730、、  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくの写真日記 #729、、 新しい『HAREKE』  | トップページ | ぼくの写真日記 #730、、  »