フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #1405、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1026、、    | トップページ | ぼくの写真日記 #764、、   »

2013年8月28日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1406、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1027、、  追記.LINEに挑戦、、(うん? いじめかぁ?それって?)

真っ青な大空のキャンパスに、前衛書道家が一気に筆を走らせ描いた、、作品のお題は「 秋 」としましょう。 そんな白い雲が流れていきます。 月齢21東半分の下弦の月が西の空にまだ高く残っています。 空を見上げる余裕がもてる、、そんな朝です。  さぁ、遊び場所は、第一調節池にします。 まず東の端から斜面を下ってススキの自生地に、、ここはまるで迷路、、< 出口は?どっち?!>
130828018 130828034

ススキの迷路を抜けると「子供会の稲田」ズッシリ重たそうな穂をつけてます、、
130828044 第一調節池は東西300m程、南北は狭い所では20mありません。広くても50m程、細長くちょっといびつで、ひょうたんを横にしたような形をしています。
130828063

130828062
















(草が生え放題の中、カメラを低く構えて撮っている間に、レンズに汚れが付いたようです。見苦しいですが、ご容赦を、、)

130828068
130828066 130828052

ここの西の外れ近くに小川の水風呂があるのですが、 水量がぐんと減ってしまったので、300m程上流でクールダウンの水浴びです、、。
130828078

さてさて、、ここからは、ウォーキングとは別の話し。 十日程前から<LINE>に挑戦している。 例のごとく、娘達の影響だ。 これまでも同じスマホに乗り換えたり、グループメッセージの利用だったり、長女主導に従って来た。 ここへ来て、連絡が取りにくいよ。と言うと、「あっ、みんなLINEにしたの」とそっけない。あげくは、僕もダウンロードすることに、、。 スマホとPC、両方で使用できるように設定した。 おかげで、娘達の会話に割り込んだり、「パパは〜?」と引っ張り出されたり、、 スタンプとかいう面白く愉快なイラスト類の使い方は、まだまるで分からないでいるけれど、、以前よりも娘達と会話できるようになって、重宝している。  そんな折り、昨日午後、、「また、やられちゃった〜!」と、こんな言葉が飛び込んできた。 そして、3時間程、娘達と議論になった。 要約するとこういうことのようだ、、「我が孫嬢が提出した夏休みの自由研究の作品が、廊下に展示されたその日に壊された」「ぐしゃぐしゃにされ、写真の顔をちぎり取られたり、、」「しかもこの何年もの間、同じ事が繰り返されている」「他の生徒の作品が同時に壊されることもあるけれど、孫嬢の作品は必ず壊されてきた」  当然だが担任の対応は?という話しに、、。 ホームルームで訓示、があったようだが、 ここで明かせる内容ではないようだ。 学年主任や教頭、校長は?と問うと、、「担任が学年主任だし、、」 例えばこんな学校だという、、「子供達の足のより良い発育のために、校庭に芝生を張ります。ということで、一部に芝生を張った。子供達は楽しそうに芝生で遊んだ、、芝生がハゲた。 すると、芝がイタムので入ってはイケマセンと校長の鶴の一声、、 それ以後、当初の趣旨はどこへやら、芝生はまるで観賞用。 (芝生に関連して言えば、我が家の近くの市立小学校は去年、校庭全面を芝生に張り替えた。 朝礼で並ぶのはもちろん、休み時間に遊んだり、体育の授業でも、また休日の少年野球やサッカーでも、芝生の校庭が活用される。結果、半分以上ハゲてしまったが、この夏休みの間に補修育成されて、元のように青々している) てな具合で、上はまともに取り合ってくれない。 以前、一人のベテラン女性教諭が孫嬢を理解して味方になってくれたことがあったが、担当が違い、それ以上その女性教諭に負担をかけられないので、遠慮している。ということのようだ。  で、当の孫嬢本人はというと、 いたく傷ついて悲しんだのは当然だが、同時に、「またあの子達だから、何を言っても無駄よ」と冷めていると言う。 一人、女王様がいて、男子にも女子にも取り巻き達がいる。 かつて反発する子がいたが不登校になってしまった。再登校したときは取り巻きの一人になっていた。 で我が孫嬢は? 良く言えば「マイペースの一匹狼」悪く言えば、はっきり拒否しない代わりにイエスも言わない、優柔不断らしい。 その結果、罪をなすり付けられたり、今回の事が起きる。他に今回被害を受けた男子が一人いたそうだ。 木製の飛行機を壊された。 サイズは小さくはなったけれど、すぐに同じような飛行機を三機作ってきて飾ったという。 「ボクは負けないぞ」という意思表示だろう。 あっぱれ!と褒めてあげたい。
まるでテレビドラマさながらの話し、、学校も保護者会もあてにならないという、、ママ友はいるけれど、触れない暗黙の領域があるらしい、、 結論、、子供は強く育てる。 決していじめる側にはならない。  だれにも優しい子は必ず誰かが見ている。 お天道様はちゃんと見てるゾ!!  がんばれ、、孫嬢!!

孫達の問題に初めて向き合った気がする。 認知症の母と十年、脳梗塞後遺症の弟と四年、二人の面倒をみることに生活の比重のほとんどを掛け、娘や孫の生活には関わらずにきた。 わずかに、お祝いだ、お祭りだ、催し物だ、と賑やかな事だけに顔を出し、、きっと、娘達が気遣ってくれていたのだろう。  ここえきてLINEという便利なツールを手に、はからずも生々しい現実にぶつかって、オドオドしている父親、というより一人の年寄りのジイさんがここに居る。 かつて、大昔、「これは、絶対、パパには知られちゃダメ。さもないと、学校に怒鳴り込むから、、パパは、、」という娘達の会話を聞いてしまった事があった。 今でもその正義感は変わらないけれど、 勢いも、スタミナも、衰えてしまった。 ただ、母親としての娘、優しく気丈な孫嬢を見守っていよう。 そして、無い知恵を絞って、何か、アイデアを見つけてやりたいと思う。

« ぼくのウォーキング日記 #1405、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1026、、    | トップページ | ぼくの写真日記 #764、、   »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #1405、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1026、、    | トップページ | ぼくの写真日記 #764、、   »