フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくの写真日記 #755、、  八月は誕生日が目白押し、、 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #1399、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1020、、   南蛮キセル。 »

2013年8月13日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #756、、  朝からトラブル、、 と昨日の事、

ウォーキングの回数が少なくなっている。 このところの暑さのせいで、スタート時の天気が良過ぎたりすると、日差しの強さが気になるから「無理しないでおこう」なんて言い訳の口実にしたりする。 今朝は曇り、陽射しは雲の遮られて、ウォーキングのスタートには申し分ない。 仕度を始めようとした矢先、、たどたどしい声が聞こえた、、「お、にい、さん。 いぬが、にげ、た。」 弟が玄関に立っていた。 犬止めが半開きのまま、 ドアを開いて母が外で立っている。 状況が理解出来た。 いつもなら、弟がリハビリに出かける時、じっと見守っているアン♡が、弟と母の足元をスルリとすり抜けたのだろう。  弟にはそのままバス停へ向かわせ、 僕はリード等を持って、アン♡を探しに行く。
130813006 小川沿い、土手上の遊歩道を歩きながら、流れを見下ろして、アン♡の姿を探す。 5分程して走るアン♡の姿が視界を横切った。 すでにびしょ濡れ、 一瞬ためらっ たけれど、 アン♡! と声をかけた。 視線が合った。 嬉しそうに駆け寄ってくる。 2m程の石垣と1.5m程の斜面を駆け上る。 遊歩道の鉄柵の間から顔を出そうとする。 
130813015
鼻先にビスケットを差し出して誘う、、が、 <まだ遊びたい!>とでも言いたなそうな素振り、プイッと顔を背けて、川原へ駆け下りると、こちらを見上げて<ワン!> 一声吠えて駆け去った。
130813018
僕は追わずにその場で待った。 しばらくして戻ってきたアン♡は僕を見つけて、同じように目の前まで駆け上ってきては、また駆け下りていった。 そしてま た、しばらくして戻ってくると僕を見上げた。 僕はわざと視線を外して、その場から去る振りをした。 しばらくすると背後で<ワ〜ン>と悲し気な鳴き声が 聞こえた。 応えるように、アン♡! と呼んだ。 アン♡は駆けてくる。僕を見つけると、土手下から石垣を駆け、、いや、そこは石垣が高過ぎて登れない、、 さっきよりも悲し気に吠えた。
130813019
アン♡と声をかけながら、石垣が低くなる50m程先へ誘導する。 やっと石垣と斜面を駆け上がってくると、鉄柵の間から頭を出し、差し出したビスケットを 嬉しそうに食べる。 三個目を口にした時、下から手を伸ばして首のクサリに指をかけ確保。 鉄柵から遊歩道へゆっくり引き出して、首輪とリードを装着する。
130813024 ビスケットを食べ終わったアン♡に、 もう少し遊んでいくか! と話しかけた。 少し先の石段を下りて川原へ、、。 ここに載せた写真はその後、二人で川遊びの様子です。


さて、昨日の事。 八月は誕生日が目白押し、とサブタイトルを付けたのだが、記事は尻切れトンボになってしまった。あらためて、記しておきます。 僕の三人娘のうち二人が八月生れ、そして孫の中にも同月生れが二人、、八月生れが四人いるわけで、また夏休み中ということもあって、集まるチャンスがあったときにまとめてお祝いをする、という習慣ができあがっている。今回は、ではなく今回も、逗子の長女宅に集まっていると連絡を受け、昨日行って来たのだ。
長女宅には暑い盛りの11時半に着いた。 庭先に大きなビニールプールを作り、孫達がワイワイ騒いでいる。 汗だらけの僕を見るなり、涼しいから一緒に、と誘われ、、断るつもりで、水着を持ってこなかったヨ、と言うと、「これ使って、」と長女が海パン用意していた。 幾つかある夫君の物だという。 「どうぞ、どうぞ」という夫君に急かされて、着く早々水着に着替えた。 なぜ断ろうとしたかというと、、この十年来のトレーニング不足がたたって、ブヨブヨ体形なのだ。とくにこの二年程の変わり様は目も当てられない、、 案の定、末の娘が言った「あら、パパ、ウエストにお肉がたるんでるわよ!」と容赦ない。 自分が一番気になってるんです、と言い訳しつつ、孫達と戯れる、、。 一時間程水に浸かっていると、強い陽射しが気にならない程になった。 それにしても、逗子の浜辺に近いのに、なぜわざわざビニールプールを、、?とたずねると、前日、海水浴に行って、孫嬢がクラゲに刺されたからだと言う。 見ると、太もも、脇腹に刺された痕が生々しく残っている。 「絡み付いてきたんだから、、」と孫嬢、、さぞビックリした事だろう。 そうだ、もうお盆だし、土用波、クラゲが発生してもおかしくない時期だ、、。 夕涼みがてら浜辺の散歩、等と考えていたのだが、僕はすっかり昼寝をしていた。 それどころか、17時には帰るつもりでいたのが、、最年長、中三の孫君の部活からの帰宅を待っていたら、結局は20時になってしまった。「大人っぽくなって、変わったわよ!」と娘達が口を揃えて言うし、、久しぶりに会いたかったのだ。 その孫君、顔立ちが大人びて、声変わりをし、背も伸びた。 二人で背比べ、、もうすぐに越されてしまいそうだ。
130812059
帰り際に、孫嬢達が創作ダンスを披露してくれた。最年少の孫君の四才の誕生日祝いに考えたのだそうだ。 人前で物怖じせずイキイキと発表する今時の孫嬢達、、創造性、表現力、、素晴らしい。。
130812050
最後に、僕のお決まりショット、全員の集合写真、、前列に孫達、、後ろに我が三姉妹と夫君達、、ただし、仕事の都合で一人参加出来ず。これもまたいつもの事、、 夫君達が三人揃うのはめったにない、、残念。
130812055
さぁ、大急ぎで帰宅、、 弟母、用意しておいた食事、ちゃんと食べたか? アン♡クー♠は、おとなしくしてる?  帰ったらすぐトイレ散歩に連れて行こう。

« ぼくの写真日記 #755、、  八月は誕生日が目白押し、、 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #1399、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1020、、   南蛮キセル。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくの写真日記 #755、、  八月は誕生日が目白押し、、 | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #1399、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1020、、   南蛮キセル。 »