フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #819、、   大晦日、、

八百屋さんからの帰り道、、モヤシを一袋、口にくわえた運搬係のアン♡、、さっきからしきりに僕の顔を見上げる。 左サイドに付いて歩く時、アイコンタクトをとるのは常なのですが、今回はやたらと頻繁です。 しかも、どことなく表情が緩んで見えるのです。 まぁ、僕のひがみなのかもしれませんけど、、< 父さんも、ドジをするのね!> そんな視線を投げ掛けます。 そうだよ。わかったら、そんな顔するな。 そう言い合いながら八百屋さんの店先へ戻りました。 ははは、、買い物している間、アン♡クー♠をつないでいた支柱の横、小さなグリーンの手提げがポツンとあります。 左手にリードを持ち、アン♡にモヤシをくわえさせ、いつもより多めに買い込んだ品物を両手に下げたところで、アン♡クー♠のエチケットポシェットを忘れてしまったのです。 途中で気づいて取りに戻る事にしたのですが、その時のアン♡の反応たるや、、 なぜ?もうすぐうちなのになぜ?なぜ?なぜ?の連発、、<品物を家に持ち帰る>その任務を遂行中の意気揚々とした気分が尻切れトンボ、だったようです。 あらためて、八百屋さんからの帰り道、アイコンタクトは少なく、ただただせっせと帰るアン♡でした。
写真は、朝のトイレ散歩、、。
131231007
ほらぁ、、鴨はあきらめて、、走って帰るよ、、。
131231014              <いやぁ〜、ボクはいつもマイペースですから〜〜>
131231027_2

2013年12月30日 (月曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1442、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1063、、 今年、二度の経験、、

右側に墓地があり、長い急な石段を上ると、大きな坂の中程へでる。 JRの駅から真直ぐ南へのびるバス通りだ。 200m程上ると交差点があり、渡ると銀行がある。 お金を引き出して駅へSuica定期券の更新とチャージを弟に頼まれている。 ウォーキングの帰り道、大きく北へコースを変えて住宅街を抜け、ハケの階段を上った。 バス通りに出て直ぐに目に付いた、30m程先、誰かが、倒れている。こちら坂の下方を頭にして仰向けだ。商店街を外れているので人通りは少ない。前を歩いていたご夫婦らしい二人連れが歩み寄って話しかけた。 僕と三人で取り囲んだ。 黒いコートを着たお婆さんだ。 目眩がして倒れた、と答えている。 ご夫婦のご主人らしき方が携帯電話で救急車を呼んだ。 消防署から5分とかからない距離なので直に来てくれるだろうと考えたのだが、20分過ぎても来ない。 やっと坂の下からサイレンが聞こえて来た、、赤色灯を回転させながら上ってくる。 ハンカチを振って場所を知らせた、が、通り過ぎてしまった。搬送中の別の車両のようだった。 あらためて119番につなぐと、隣の市から向かっているという返事、、 結局何分待ったのだろう、、 救急車は坂の上からやってきた。 三人の救急隊員に保護されて、お婆さんは搬送されていった。
三ヶ月程前にも同じような事に出会った。 その時もアン♡とクー♠を連れていた。 信号の無いT字路の交差点、、 横断歩道の途中でお婆さんが突然仰向けに倒れた。 ゴツン!と後頭部を叩き付けるような鈍く嫌な音が届いてゾクッ!とした。 反対側にいた男性と二人で駆け寄った、、大丈夫?!という問いかけに、返事を返してくる、、とりあえず意識は有る、、まずは歩道へと移し寝かせる、、 救急車!と思いが過ったが、幸い、通りの向こうが病院だった。 お婆さんがしきりに何かを言っている、、その病院からの帰りで車を取りに行くところ、だと言う。 病院に駆け込んで受付へ、、ここの患者さんらしいです。前で倒れて頭を打っています。診てください、、と叫んでいた。 看護師さんが飛び出してくれた。 お婆さんを顔見知りだった。 数人の看護師さんに抱えられて病院へ入って行った。
両方のお婆さんとも、「大丈夫です、起こしてください。」と言ったように思う。 自分で起きて、服の汚れを払い、大丈夫です、、と言われたら、、どうぞ気をつけて、と言って見送っただろうとおもうが、、一人は身内の連絡先も判らないと言うし、もう一人は後頭部を激しく打つのを見てしまっている、、安心してバトンタッチできる相手に渡すまでは、じっとして動かないで、と言って対応した事がベストだと考える。  それにしても、今年二度目、、二度ある事は〜〜と言う。 まぁ、明日は大晦日だし、そうそう三度目は無いだろう、、と高を括ったが、、まさか、三度目は自分??!!  そんなことにならないよう、気を引き締めて、新年を迎えるとしましょう。 なっ、アン♡!! 
131230053
熱い盛りには、毎回のように世話になった水風呂、、たっぷりの水量、、
自然公園は、すっかり冬景色、、
131230059    

2013年12月29日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #818、、   

この冬一番の寒気が列島を包み込んで、典型的な西高東低、冬型の気圧配置、、北日本日本海側では大雪の荒れ模様だそうです、、が、ここ東京の郊外では、真っ青に澄んだ空、、ただし、キリキリと刺すように冷えた空気です。 それでも10時近くなって日が高くなると、風が無いおかげで、陽射しが温かく感じられる。  今朝のトイレ散歩でのスナップは、冬場はいつも通り過ぎてしまう場所、、、
131229015  ソメイヨシノの並木沿い、、サクラの季節以外は、あまり撮る事がありません、、。
131229030 131229032

131229024  アン♡、、後ろがつまってる。 鴨にロックオンはいい加減にして渡れよ、、!

2013年12月28日 (土曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1441、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1062、、 

今日は、のんびり日向ぼっこの写真から、、
家の前、川原への石段ではありません。 公園の北地区、、なだらかな芝の斜面、、
131228262  3~40m下ると小川、、その向こう、土手の上に北側の遊歩道、、
131228265  陽も高くなった10時頃、遊び疲れて思い思いにゴロリ寝そべっていました。
131228268 空気はきりりと冷たいけれど、おだやかな陽射し溢れる土曜日、トレーニングをするグループが目立ちます。 ここは平らな南地区とは違って、段差や大きなうねりがあったりと地形の変化に富んでいて、上ったり下ったり、足腰を鍛えるには最適なフィールドなのでしょう。

2013年12月26日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #817、、   

厚い雲と、風もなく底冷えしそうな空気に被われた朝です。 
さむい〜!なんて言っているのは僕だけ、、
131226004













アン♡もクー♠ものんびりとトイレ散歩、、。

131226019_2
            やっぱり、鴨に敏感なアン♡、、
131226016














、、?密集してないね。
131226026              <もういいわ、、帰ろう〜、、>
131226035












        


あれ? いやにあっさり帰るんだね。 集中力が途切れたのかな?!

2013年12月24日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1440、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1061、、 今回はフルウォーキング。

今朝はクー♠の横顔から、、真っ青に澄んだ空、 風が無いおかげで寒くは感じません。 それにしても、クー♠の表情は真剣そのもの、、なにしろ、僕の速歩についてくるには、ずっと早足を続けることになります。131224005そのうえ、今朝は遊び時間無しのフルのウォーキングにしました。 しかも、往きのコースでは、アン♡に<早足、駆け足>で、ジョギングに合せてもらいます。
131224008 131224013
ひたすら東へ、、小川の南側の川原です。
131224086いつもの折り返し点の200m程先まで、スピードを変えながら行きます。
131224097      景色が変わると、写真も雰囲気が変わります、、。
131224098  橋を渡って北側の川原に移り、ここからは速歩で帰ります。
131224133 途中、調節池で5分程休憩しましたが、帰り着くと汗びっしょり、、僕がシャワーを浴びている間に、アン♡クー♠は、ベットの上で丸くなっていました。 

2013年12月23日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #816、、   おぉ、ブリタニーに遭遇!! そしてもうひとつの衝撃?!   

空は青く白雲が多めだけれど、今朝も晴れ。雲の切れ間から柔らかな陽射しがこぼれる。 
131223046 131223008

ただ、明け方の冷込みが厳しく、小川の浅瀬には氷、岸辺には霜柱。
131223038131223021

今朝は、8時と9時過ぎの二度、トイレ散歩に出る事になった。クー♠がしきりに足元に戯れ付いて、外に連れて行け!とアピールする。 お前も行くか?とベットで丸くなっているアン♡に声を掛けると飛び起きて来た。 二人を連れて川原へ、、これが最初のトイレ散歩。 用を足した後、のんびりと散歩、、写真はその時撮ったもの。
131223028

131223035 3~40分の散歩から戻って写真を整理していると、、部屋のドアの前で<ワン!>と一声、、アン♡だ。 切りの良い所でドアを開ける、、 アン♡は椅子の横にやって来て、前足を机にかけ、訴えるように僕の顔をのぞき込む。 おい、どうした?と応えると、、<ウ〜>と低くうなってドアの外へ、そして、もう一声<ワン>と訴えた。 なんだ、またかぁ?外へはさっき行っただろ!と応えると、姿を消し、今度は玄関から吠える声が聞こえる。 わかったよ、今行くから、ちょっと待て、、そう言って、PCをスリープにした。 川原に来ると、アン♡は二度目のウンチ、、さっきの倍程の大量だった。 これですっかりスッキリ、というところだろう、、少し遊んで帰ろうよ!とでも言いたそうな表情だ。 よし、少し走ろう! このところ、やっと、アン♡が僕のペースで走るようになった。 以前はとにかく走りたくてグイグイリードを引っ張ってでも前へ前へ、のアン♡だった。 それが、僕の<軽いジョグ、ジョグ>に合せて、<早足、駆け足>を走り分けられるようになった。 おかげで、ウォーキングの途中では、1km位の距離でインターバルトレ.を加える事が出来るようになった。 まぁ、全速力もありなんだけれど、、せいぜい20mのスタートダッシュだけです。 今朝のようなトイレ散歩では、駆け足50m? x 4本、これで精一杯。 それでも、アン♡には、あればベター、のようです。 クー♠? こんな時のクー♠はというと、、付かず離れず、まったくのマイペース。 帰るよ!と声をかけると、一足先に石段を上がって、<早くおいでよ〜>と見下ろしています。

ここからは、午後の追記、、
わぁおおおおお〜〜〜〜、、って、、驚いたぁ!! とうとう家の近くでブリタニーさんに出会ったのです。 そう<さん>付けですから女の子、というより、9才だそうですからアン♡より年上のご婦人です。 しかも最近まで二頭飼っていらしたそうです。(もう一頭は15才で亡くなられたとか、、) 
我が家は小川沿いにある。 この小川沿いの遊歩道や川原には、大勢のワンちゃん達が散歩にやってくる。 人気の小型愛玩犬はもちろん、、ボストンテリアやイタリアングレーハウンド、日本テリアからエアデールテリア、セター、ラブラドール、ゴールデン、アフガンハウンド、グレートデンなど大型犬まで、顔見知りのワン友も多い、でも、ブリに出会うのは初めてです。 写真は?、、そう、ウカツにもカメラを持っていませんでした。 アン♡、クー♠を連れて、八百屋さんへ野菜を買いに行く途中だったのです。 名前も教えていただいたのですが、買物をしている間に、忘れてしまいました、、申し訳ないです。 ただ、最初の衝撃はしっかり覚えています。 アン♡のリードを左手に、バス通りの歩道を左寄りに歩いていると、、20m程先、立ち止まってこちらを見ているご夫婦に気づいた。 ご主人の後ろ、隠れるように犬が、、黒x白色の犬、、おぉ、あの耳、顔つき、、ブリタニー?!! そのご夫婦も同じように思いながらこちらを見ていたに違いありません。 近づいて、ブリタニーですね?!!こんな風に出会えるなんて珍しい、と声を掛け合ったのです。 奥さんの言葉「ブリタニーが大好き、、二頭飼っていたのですよ。」 ブリ飼いの先輩ご夫婦、、いろいろお話をうかがう余裕が無かったのが残念です。

そして、もう一つ、、これも、僕には衝撃。。。
買物に行った八百屋さん。 今月末で店仕舞いだそうだ。 レジの横にその旨の貼り紙があった。 もうだいぶ前に張り出していたらしい。 もう一店舗あって、そっちに集中して営業すると言う。 ただ、ここからは遠くて買物に行ける距離ではない。 あっ何が足りない、などと気軽に買いに来れる安売りの店だったのに、少なからずショックです。 大晦日まであと八日、来年の買物が寂しくなります。 でも目利きの勉強させてもらえて感謝しています。

2013年12月22日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1439、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1060、、   

朝の家事をテンポ良く進めて、なるたけ早くウォーキングに出よう、、そう考えて朝食の仕度をしながら洗濯機を回す。 そろそろ濯ぎに変わろうかというところで、「これも!」と弟がシャツを持って来た。 洗濯機を一旦止めて再スタート。 その後もなんやかやとせわしく、8時半をまわってウォーキング、スタート。 今朝も快晴の青空、、ただ川原に昨日程の霜は無く、陽射しも温かい。 洗濯物が良く乾きそうだ。
131222021 のんびりと自然公園を散策して、、
131222047

131222060
131222066













最後に、ちょっと遊んでいこう、と原っぱの丘へ、、
131222099
131222029 131222126

遊び始めてしばらくして、反対側のふもと辺りから子供の可愛いハシャギ声が聞こえてきた。振り向くと、小さな子がお父さんと一緒にヨチヨチと登ってくる。その後ろには少し離れてお母さんらしい女性、赤ちゃんを抱いて続いている。 その子、半分程登った所で振り返って何やら誇らし気、母親に呼びかけている。 穏やかな陽射しが溢れる日曜日、、僕らは、遊びながら、この小さな丘から移動しよう、、。

2013年12月21日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #815、、   冷込みの、せい、、。       

    < わぁ〜〜、川原が、真っ白だョ、、>
131221013 おぉ、そういえば、、昨夜、11時過ぎ、夜のトイレ散歩に出た時、夜空は黒く透き通るように晴れて、月も星もキレイだった。 明け方、放射冷却もあって、相当冷え込んだんだね。 
ほら、みてごらん、、木の橋にこの霜、、針のようだよ。
131221019 これは15日の写真、、冷込みの違いで、霜がこんなに変わるんだ、、。
     131215005
これからは、もっと、もっと寒くなる、、ね。。
131221025 でも、遊ぶには、この位の方が最適なんだろ、、?!
131221038 やっぱり〜〜、、
131221043 131221045

クー♠もマイペースで駆け回ってたね、、。
131221050

131221055








あぁ、あ、、橋に付いていた霜の針、僕達の足跡でメチャクチャだ。それでも、溶けていないところがみそです。それほど今も冷えてるという事。

朝食の後片付けをしている時、 上体を少し前に倒し、シンクの中へ腕をのばして、食器を洗っていた。 食器を持ち替えようとして、上体が横にずれた途端、ピシッ、と痛みがはしった。 背骨の左横側、骨盤の上10cm辺り、背骨と骨盤を包み込むように保護している筋肉の一部に過度な負担が掛かったのだろう。 ウウッ、と呻いて、両肘をシンクの縁について痛みをしのいだ。 ゆっくり呼吸し、長く息を吐きながら、そっと痛みの元を探してみる。 腰の上、背骨の左側、手のひら程の範囲に鈍痛が残っている。 腰回りが固まったように感じる。 まずいカチカチだぁ、、。 そっと、そっと歩いて畳の上に、、ゴロリ仰向けになってゆっくりやさしく深呼吸、、鈍い痛みが消えて行く、、。 ゆっくりやさしく、今度はストレッチ、、あぁ、このストレッチも、最近はサボリがちだ、、。 せっかく良い天気になったのに、ウォーキングは中止、、今日一日様子を見よう、、。

2013年12月20日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #814、、   

九月の台風以来、小川の水かさが増えたおかげで、我が家の前では50m程流れに沿って幅2mの浅瀬ができ、鴨達の格好のエサ場になった。多い時には30羽もの群れになり、穏やかな日和の午後等には、それを目当てに小さな子供を連れた母親や、のんびり散歩がてら見物する人が、川原にも遊歩道にも集ったりする。 その鴨の群れに、このところ変化が見られるようになった。数が減った?のかと見渡してみると、数羽でまとまって散らばり、あちこちに拡散している。 そして、とくに2羽で行動するカップルを多く見かけるようになった。
131220001 いくつもの家族が集まって大きな群れとして行動しながらパートナーを見つけ、カップルとして離れて行く。 そして、来春、早ければ四月のはじめに新しい家族を見る事が出来る。 もしかすると、鴨はこんなサイクルを繰り返しているのかも知れない。
昨夜からの冷たい雨が霧雨に変わり、10時を過ぎてやっとやんだ。 遠く東の空に雲の切れ間が見える。 外へ行くぞ!と声をかけると、ベットの上で丸くなっていたアン♡が飛び起きてきた。 クー♠は一足先に玄関で待ち構えている。 いつものように玄関、門を出て遊歩道から川原へ、ふたりとも大わらわ。 用を足して落ち着くと、のんびり、下流へ散歩。 300m程下ってUターン。 そこでアン♡にスイッチが入った??! クー♠にバトルを仕掛けます。 4mのリードいっぱいに使って追いかけるアン♡。 幅2m足らずの川原で、リードフリーのクー♠は上手に距離を見切ります。 ふたりの動きに合せて僕も小走りに移動する、と、結構躰が温まる、、。
131220015 131220026

バトルが一段落すると、こんな光景も、、< 先輩〜、何見つけたんです?!>
131220007     最近のクー♠は、アン♡の行動に興味津々、、そうだろ?クー♠。
131220011

2013年12月19日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #813、、   先の週末と昨日のこと、、

昨夜からの雨、雪にはならなかったものの、朝になっても降ったり止んだり、、天気が回復するのは、明日になるという。
131219004 手足が冷えて僕には難儀なこの冷え込みも、アン♡は走ったり石垣を駆け上ったり下ったり、
131219025 131219026

131219011    まるでお構い無しだ。 石垣に咲いたスイセンの花が初々しかった。
131219002 さてさて、忘れないうちに記しておこう、、
まずは土曜日から、、娘の家を訪ねた際、リビングの隅の小さな棚に飾られた懐かしい物をみつけた。もう30年以上も前、車のキーに付けていたトッポジージョの人形だ。高さ5cm程、今ならばフィギャーというのだろう、、当時、テレビで人気の人形劇の主人公だった。 娘が欲しいというのでキーを外して渡した記憶がある。 懐かしくて、手に取ってみた。 なぜか嬉しかった。 そして、元に戻した。  右は小一の孫嬢と二人でスーパーにお使いに出た帰りの写真。 アイスが食べたいというので買ったのはいいのだけれど、、お母さんに知られないように、家に着くまでに食べきってしまうはずだったのに、案の定食べきれず、玄関ドアの前で立ち往生、、さてどうする?! シングルサイズにしておけばよかったね。。
131214002131214003

そして翌日曜日、幼稚園児の孫嬢、クリスマス会の様子、劇「さるカニ合戦」のひとコマ。
13121513 13121515
お尻を赤く、シッポを付けて元気ハツラツの演技です。 今時の幼稚園ではよく見られる事のようですが、クラス全員を出演させるため、一つの役柄を数人で演じる。それがかえって、子供達それぞれの個性を引き出し、舞台が豊かになり、楽しさを倍増させているようだ。
さて昨日は、朝から歯の治療に出かけた。 JR御茶ノ水駅で下車、聖橋口を出て、お茶の水仲通りの坂を下る。 右側、日大歯科病院と日大病院の手前に、おぉ、駿台ゼミの1号館?!新しく背の高いビルが立っている。 左側にはニコライ堂があり、その先に日大歯科、そしてなぜかポツリと中大の駿河台記念館、、ここまでは見慣れた風景だが、かつて毎日通っていたこの坂道も、ここ4~5年歩いていない間に様変わりした。 最も大きく変わり驚いたのは、ずっと工事中だった三井住友海上火災のビルが完成して、大きな一区画がすっかりお洒落な?ビジネス街に変貌している、こと。 キョロキョロ左右を見渡しながら、時には立ち止まり振り返って眺めながら、まるでお上りさんか浦島太郎、、ワクワクしながら太田姫神社まで下りてきた。 あぁ、ここから先、靖国通りまでは飲食店が建ち並び、ごちゃごちゃとした雰囲気は以前のままだ、、でも、知らない店が増えている。  目指す歯科医院は靖国通りを渡ってすぐの所にある。かれこれ40年以上世話になっている。 今は二代目、息子さんが引き継いでいる。 先代は「よし、任せておきなさい」といって治療してくれた。 二代目は、事細かく説明し納得させてから治療を始める。 どちらも技術に自信をもった職人気質の歯医者さんだと思っている。 先代が亡くなって息子さんに代わったとき、「これが父の治療ですかぁ、、手堅い仕事してます。 負けないように治療させてもらいます。」と言ってくれた。 以来、通院には不便になった今も、歯の相談はこの医院。   

2013年12月17日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1438、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1059、、   (今夜は満月)

     おぉ、、今朝は、スイッチが入った、、ね。
131217055   公園の北門を入ってすぐに右折、、だらだらと芝の坂を上がってきました。
131217056  クー♠にハンディを与えて、クロベーを追いかけっこ、、
131217061        結局はアン♡の作戦勝ち、になるのだけれど、、
131217043    全力でアタックできたクー♠も満足そうです、、。
131217046       戦いすんで、カラッからに乾いた落ち葉の山でひと休み、、
131217075   今朝の遊び場は、こんな所、、そろそろ場所を空けて帰ります。
131217072 背中に園児達の賑やかな声が聞こえてきます。 近くの保育園の子供達と交代です。

2013年12月16日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #812、、

わぁ、、とうとう、というか、当然のこと、なんだけれど、12月も16日ともなれば風がヒリヒリと冷たい。 冬晴れの朝です。 5時に朝食の仕度を始めながら、この後のトイレ散歩は、陽射しが高くなるまで、出来るだけ遅くしようなどと目論んでいたのに、アン♡の催促に押し切られた形になった。 9時、川原への石段には暖かな陽射しが注いでいるものの、北風が強い。
131216037 気分を変えて今朝は久しぶりに川上へ行こう、と右へ。これが浅はかだった。というのも100m程進むと川原が途切れる。南側の対岸に移らなければならない。 遊歩道から4m程の石垣の下、、あぁ、管理境界までずっと冷たい日陰だぁ。
131216006 そんな僕の思いとは別、アン♡が生き生きして見える。 おぉ、そうかぁ、、家の前の浅瀬では姿を見せなかった鴨達、、こっちへ集まっていたようだ。 管理境界からの40m程の間は川幅が広く、流れが緩やかで、20羽以上も群れている。 もしかすると風に乗った鴨達の匂いがアン♡をここまで誘ったのかもしれない。
131216012      アン♡、鴨にロックオンはそこまで。 走りながら帰るぞ。
131216017 131216018

軽いジョグ、で、僕も少し躰を温めたい、、。

2013年12月13日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1437、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1058、、   

小川の冬仕度が始まって、、
131213098
流れの中でうっそうと茂っていたススキが、すっかり刈り取られた、、。
131213091


                                                   

原っぱの丘から望む小川の南岸、原っぱに広がっていた自生地も、すっかり刈り取りが済んで、枯れたススキの搬出作業が行なわれている。ススキの根元に南蛮キセルが咲いていたあの場所です。 越冬のために北から渡ってくる小鳥達の隠れ場所になっていたのですが、枯れたススキが燃えるという小火騒ぎが起きて消防車が出動して以来、早い時期に刈り取られるようになりました。131213073
今朝は遊び時間は無し、、というか、不要だったと言って良いのかもしれない。
131213054 ふたりとも、まるでテンションが上がらず、丘の上から原っぱの東へ歩いて行く間、それぞれ自由にのんびりとウロウロしながらついてくるだけでした。 遊びモードのスイッチが入らない事も、あるようです。 
アン♡もクー♠も6才間近、、これが歳相応なのでしょうか?!!

2013年12月11日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1436、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1057、、   

今朝の遊び場所は、ここ、、自然公園の幼木園の空き区画。 草は枯れ、周囲の落葉樹はすっかり葉を落として冬景色。 広く感じる。 
131211075 アン♡がハイテンション、遊ぶ気満々、ひとりでハシャギ回ります。
131211097 131211090

131211088 はじめは、その迫力に呆気にとられていたクー♠でしたが、、アン♡が枯れ草に腹ばいになって休んだすきに、、<今度はボクの番です〜〜>とばかり、遊びの催促です。
131211115 131211116

131211105 今朝は、それぞれ思い思いに遊び回ったアン♡クー♠でした。これからはこういう遊び方が増えるのかも、、。

2013年12月10日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #811、、 風が冷たい、、、

 朝から降りつづいていた雨が、11時を過ぎて、やんだ。 昼食の仕度の前に、アン♡クー♠をトイレ散歩に連れて出ようと、首にカメラをさげる。 すると、ベットで丸くなっていたクー♠が真っ先に飛び降りて来て戯れ付く、、< まってたんだぁ、、早く早くぅ、、>といったところ、、で、アン♡はというと、丸くなったベットの上からチラッとこちらを見るだけ。 べつに、来なくても、イイよ!と突き放すように言う。 それでもまだ動く気配はない。 動くのがおっくうになったのか、、以前なら、クー♠より先にすり寄ってくるのに、このところこんな様子がふえた。 無視して玄関へ、シューズをはき、下駄箱の横から散歩用のリードを取って、もう一度呼んでやろうと振り向く、と、すぐ後ろにアン♡、、 前足をググッと前に伸ばし、お尻を高く後ろに引き上げて背伸びの最中、、それがすむと、<さぁ、首輪を、、>と首を前に出す。 仕度を終えてドアを開ける。 真っ先に出ようとするのはアン♡。 マテ!と制して、先に出る、そして、ヨシ! 門から通りに出る前にもマテ! 左右に車の無いことを確かめて、ヨシ! 家の前の通りが大通りへの抜け道として知られてきたようで、車の通行が増えたうえ、なにしろ、制限速度20kmを守って通る車は皆無、、特に注意が必要になった。 家の回りを右へぐるりと回って遊歩道へ、そして石段を下りて川原へ、、 もうガマン限界、とばかり、アン♡までも、小走りに駆け下りて行く。 オイオイ、ベットで丸くなっていた時の白々しい目はなんだったんだ?!!なんて野暮は言わないよ。 用を足した後は、のんびりと散歩、、 左手にリードを持ち、右手は無意識のうちにポケットの中、、 あぁ、風が冷たい。頬がヒリヒリする。 秋から冬への知らせだ、、。
131210002<ねぇ、少し走ろう、、> そう言いたいんだろう?! 雨上がりで、下が濡れているから、本当に少しだぞ。 すべって転んだ失敗があります。 注意して走ります。  

2013年12月 9日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #810、、

      陽射しも無く、寒い朝です。 まぁ、これが平年並なのでしょう。
131209001 こんな寒さを吹き飛ばすには、、走るのが一番。 ということで、 ヨーイ、ドン!
131209003 131209004

131209007 3~40mのスタートダッシュを繰り返します。  途中ではこんなバトルもあり、、。
131209011 131209008

131209014       ちょうど良いストレス発散です、、。

2013年12月 8日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #809、、 昨夜の事、、

十二月に入ると、クリスマスから年の瀬、そして新年に向けての期待を込めて、
夜を彩るイルミネーションが一斉に華やかさをます。 
JRの駅前通り、昨年の今頃も、この並木を飾る電飾を撮った。 
131207053
今年も、この近くのこぢんまりしたサロンで、
小学三年と幼稚園児の孫嬢姉妹が参加するピアノの発表会が催された。
園児の孫嬢は今回初めての出演、姉と連弾を披露すると聞いていた。
131207032
お揃いの色デザインのドレスを着てピアノに向い、
妹が弾くメロディに姉が伴奏を添える、、家でもイッパイ練習したのだろう、
息もピッタリだった。 他にもそれぞれ独奏を聴かせてくれた。
開演前、手作りの可愛いプログラムを見て驚いた。
131207039
最初の「はじめの言葉」の横に園児の孫嬢の名前があった。
最年少の出演者として選ばれたらしい、、。
スポットライトの中に現れた孫嬢は、なんとにこやかな表情、、
決められた口上を自然な口調でスラスラと言い終えた。
姉の孫嬢は二度目の発表会、この一年での上達ぶりが微笑ましい。
僕のサックスに励みと刺激になった、と言ったら、大袈裟だろうか。
131207045
応援にかけつけた孫君兄弟を加えて演奏後に、、。

2013年12月 6日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1435、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1056、、   

まずは、晩秋の景色、、
 公園の北地区、小川沿いの遊歩道からの眺め、、右側は保護樹林、ハケの森。
131206069 落葉のすすんだ樹々を背景に、ちょっとおすましの2ショット、、。
131206056
今朝の遊び場所は、思い出ベンチの向こう側、広い芝生です、、。
131206075











思いっきり走り回る、かと期待したのですが、、匂いを嗅ぎ回るばかりのアン♡でした。
131206107 僕はクー♠のお相手、、
131206098
アン♡は遊ぶ気が無いんだろ、、来なくてイイよ、、ひとりで匂い探ししてな!
131206110











たまに僕とクー♠の間に割り込んで来て、クロベーを横取りします。一緒に遊びたいのかと思えば、気になる匂いを見つけたのか、ポトリ、くわえたクロベーを放して、匂い伝いにあっちへ行ったりこっちへ来たり、、 最近のアン♡は遊び方が変わってきました。

2013年12月 5日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #808、、 やっぱり、日向ぼっこ、、

今日は月一のワンコの健康診断、、のんびり散歩がてらに出かけます。
131205006
今日の担当は男の先生、、アン♡もクー♠もこの動物病院が大好き、、
名前を呼ばれると、シッポをフリフリ駆け寄ろうとします。 体重を計
って、聴診器をあてて心音を確かめ、お腹を触診、関節と筋肉の付き具
合を調べ、口の中と歯の様子を診て「今日も元気ですね」と褒めてもら
い、ご褒美をもらいます。ふたりともこのご褒美が目当てなのです。
さて、帰りは、川原で日向ぼっこしてから家に入ろう。
アン♡は、4~50m下流にいる鴨にロックオンしていたと思ったら、
いつの間にか水辺でウトウト、、
131205029
クー♠も石段で同じように、、
131205019
今日ものどかなお昼前、です。

2013年12月 4日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1434、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1055、、   

    <あぁっ、、トモダチの声がきこえる、、>
131204087 秋の終わりの風景を撮りながら、自然公園を巡り、林を出て原っぱにやってきた。この辺りで遊ばせようとロングリードに付け替えると、 アン♡が北に向かってロックオン。 原っぱの北には小川が流れている。鴨の匂いを察知したのだろうか?! 勝手に走り出さないようにリードをおさえて様子をうかがう。 子犬のようなかん高い声とそれよりも太い鳴き声が、ずっと遠くから聞こえてくる。 アン♡は、その二つの鳴き声に反応している。 しきりに僕をみる、<行ってもいい?>とでも訴えているようだ。 リードを握って、ヨシ!と応えた。 まっすぐ北へ走るアン♡ 追いかける僕、クー♠もついてくる。 あぁ、見えた!小川の向こう、第二調節池に二頭のワンコ、、ジャックラッセル、と、、トイプー? とすると、ゴクー君と弟分のゴハン君だぁ。 おいおい、アン♡、真直ぐ行くと小川だ。 そのまま小川を渡る気かぁ? 僕はヤダぞ。 左、左へ!リードを引いて合図をする。100mほど左に橋がある。渡って坂を下れば第二調節池だ。 坂を下って、リードを握っていた手を緩める。 友達ワンコに向かって一直線に走るアン♡。 大声で声をかけて挨拶をする。 「アンちゃん、久しぶり、、」と応えてくれた。 
131204089
アン♡がハイテンションで本領発揮、、つられて皆も走り回る。
131204098 アン♡とゴクー君は同じ歳、パピィの頃からのヤンチャ仲間だ。
131204095
久しぶりのワンコ仲間と走り回って満足そうなアン♡とクー♠でした。
ゴクー君ゴハン君、ありがとう。

2013年12月 1日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1433、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1054、、   

せめてもの3ショット、、
131201007 今年の紅葉は、スケールでもボリュームでも、ちょっと物足りない。 二年続けて残念賞っていうところ。 せめて鮮やかに、という期待もあえなく空振り。 気象条件が揃わなかったのだから、仕方ない、のだけれど、、。
三人そろって存在証明の記念撮影、を撮り終えて帰ろうとすると、、
131201048 アン♡、ここで遊んでいきたいのかい?  うん、いいよ! ただし、ここは人が通
るから、リードは短いままだよ。 
131201050 まぁ、僕が一緒に走れば、、いいんだ、よ、ね。。
131201054

131201053











途中で、パセンジーのウメさん家族(3頭)が通りがかって声をかけてくれました。 ハイテンションで走り回るアン♡をみて、「せっかく誘ってくれてるのに、最近は大人しくなっちゃって、、」と残念そう、、。  イチョウの葉を蹴散らすように走り回って、少し納得、のようです、、。
131201056 さぁ、ここから一時間、ノンストップ、速歩で帰ります。いつもとは別のルートにしよう。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »