フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1461、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1082、、

<ヤッホー、、>とばかり走り回るアン♡、、
140228083
               負けじとファイト満々のクー♠、、
140228085











自然公園の林をぬけて、原っぱの丘へやって来ました。 雪はすっかり消え、風は強いけれど、とても暖かな朝です。
140228035    吹き上げる風、ほんと、強いのに、少しも寒くない。四月並の気温らしいよ。
140228044      帰りは、西の端まで、もうひとっ走り、、です、、。
140228091
140228095 140228096

だれもいない原っぱで、
ジャックラッセルのウララさんに出会った。
140228020
アン♡と同じ歳、、父さんにべったりの甘えっ子さんです。

2014年2月27日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #850、、   

5時、朝食の仕度を始めた時、外は弱い霧雨。 8時過ぎには小雨に変わっていた。 予報では、日中は雨が降ったり止んだり、だという。 本降りにならないうちにとトイレ散歩。
      雨粒が大きくなって来たから、そろそろ帰るよ。
      <家まで走ってもいい?> 
140227003       いいよ。滑らないように遊歩道だよ。(滑る要注意は、、僕)

2014年2月26日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #849、、   アン♡の大切な玩具。

弟の新しい障害者手帳が届いたと連絡を受け、朝一番でまず市役所へ。 その後、遠回りして、のんびりとトイレ散歩。 ハケの上に建っている市役所から坂を下り、真直ぐ南へ下ると小川に着く。 ちょうど川原が途切れる小学校の手前だ。 温かく穏やかな陽射しに包まれ、川原でひと休み。 ただしアン♡クー♠は遊ばせてあげようと、ある遊び道具を持って来ている。
     アン♡がじっと見上げる先には、、僕が投げ上げた、、
140226006      これ、遊び用のリングです。
140226016      雨の日等、室内で遊ぶように作った遊び道具です。
140226033 140226039 140226036

140226031 <わぁ、先輩楽しそう、、>と追いかけても、これだけは決してクー♠に渡しません。 なぜなら、このリングは、アン♡が僕の元に送られて来た時、包まれていた毛布で作ってあります。 郷の母が寂しくないようにと添えてくれたパピー90日間の懐かしい匂いがしみ込んだ宝物。ビリビリに裂けた毛布を丸めて筒にしてつなげたリングなのです。  4mのリード分しか余裕はなかったけど、結構楽しかっただろう?!! 今度は長いリードで、宝探し、しよう、ね。
140226041

2014年2月25日 (火曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1460、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1081、、    

    < この場所、父さん、スキでしょう? アタシ、知ってるんだぁ。>
140225046 そうかい?! 公園の北地区、小川沿いのゆったりとした斜面。お気に入りの遊び場のひとつだよ。 風が無くて、今朝のように穏やかな日は、陽射しがヌクヌクで、走り回るだけじゃなく、
140225048       日向ぼっこにも最適な場所だからね。 
140225059 < 先輩、父さんの方、見なくても、いいんですか? カメラ構えて待ってますよ。>
< いいわよ。直射日光とフラッシュのダブルで眩しいんだから、、>
140225068 てな会話をしているかどうか、、なかなかこっちを向きません。 しびれを切らして撮った一枚です。
     午後のトイレ散歩の後、 石段の下で、のぉ~んびり、日向ぼっこ。
140225097      今日はとても温かくなりました。

2014年2月22日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #848、、   小川を、飛越、、?!! 

この寒い季節でも、、 僕には冷たくて指を浸けるのもためらうのに、、 油断するとアン♡は平気で流れにジャブジャブと入ってしまう。 だから、流れの幅が1m2~30cmの小川など障害物だと意識していないのだろうと、勝手に思い込んでいた。 まさか飛び越えるとは思ってもみなかった。
140222034   クー♠の相手をして戯れながら、ふと気づくと、アン♡が向こう岸にいる。
140222030   足が濡れていないし汚れてもいない。 流れを渡らずに飛び越えた?
   確かめる事に、、まず(ちょっと心配だったけど)僕が飛び越えて、
   同じ岸から、アン♡コイ!と声をかけて、飛び越える。 と、はたして、、
   おぉ、後について飛び越えました。 同じ場所で(ここが一番狭かったので)
   何度か繰り返し(タイミング良く写真を撮りたかったので)、、
140222032   <また飛ぶの? アタシは何度でも大丈夫だけど、父さんだいじょうぶ?>
   そうだね、年寄りの冷や水、だなんて言われないうちに終わりにしておこう。
   昼のトイレ散歩にて、、。
  ちなみに、ただ単に、コイ!と呼ぶと、冷たい流れをザブザブと渡ってきます。
   

2014年2月20日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1459、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1080、、    

固く凍った残雪の川原を、やってきました、、公園の北地区、、まだ一面に雪が残ってたり、
140220110 でも、見つけました。雪の境目、、
140220069_2
今朝の遊び場はここにします、、。
140220100














140220068

140220078












140220081

140220095











どうだい、楽しんだかな?!
140220120
午後、用事でコンビニへ。 いつも行くスーパーの先。 アン♡クー♠を連れて行く。 ふたりには通い慣れたスーパーを通り過ぎ、動物病院を越えると、、10分とかからない距離ですが、、その先はめったに通らない未知のルート。 アン♡は鼻を地面にこすりつけるようにして、臭いの探査に夢中です。クー♠はそんなアン♡の後ろにピッタリついてきます。  コンビニで用を済ませる間、歩道の柵につないでおきます。 ガラス越しに店内から様子をうかがうと、ふたりとも寝そべって落ち着いた様子。 初めての場所でもちゃんと待っています。 さて、自動ドアが開いて、僕が一歩外に出ると、 すかさず起きてこちらを見つめます。 やっぱり多少は不安があったのかなぁ、、?!
140220161
ふたりとも、とてもいいこだ。。

2014年2月19日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1458、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1079、、    

ひさしぶりの、ウォーキング、、 なに?、ちょっと物足りない、、?!
140219120そうかぁ、、そだろうなぁ、、。 時間ばかりかかって、コースも大幅に短縮しちゃったからなぁ、、。 予想以上に雪が残っていて、僕の足元が不安定だったんだ。 調節池までの小川沿いは特に、氷のように固まっていてツルツル滑った。 いつもの速歩なんてまるで不可能で、、用心しながら慎重に歩いたから、倍も時間がかかっちゃった。 でも、自然公園に変更して、空きスペース遊んだのは正解だったね。
140219046<ここで遊ぼう〜>って、急にスイッチ入ったね。
140219055 140219056
あまりの迫力に、クー♠が緊急避難してたぞ。
140219060そのあと、林を抜けて原っぱに出てからは、時間不足だったね。
Rimg0083 Rimg0084 Rimg0085

140219099凍った雪道をもっと上手く歩けると良いんだけど、、 そういえば、川原ですれ違った人、シューズにアイゼン付けてたっけ。 こんど、かんがえよう、、。

2014年2月18日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #847、、  二週つづけての大雪にアン♡のとばっちり?

今月は、もうすでに二度の大雪に見舞われている。 しかも、20年ぶりだとか、所によっては記録的な積雪だったりとか、、 高速道路では大渋滞が起き、物流に大打撃を与えたという。 一週間分の買い出しに影響があった。 スーパーの入口には <入荷不足のため、ご迷惑をおかけする商品がございます>と知らせが貼り出されていた。 たしかに、売り場では品不足が目立つ棚がある。 野菜果物にいたっては、 えっ、この品物でこの価格?と敬遠したくなった。 もちろん、代替え品をさがして買い控えた。  
とは言え、この続けての大雪だからこその経験もあった。 そのひとつがこれ、、
140214035通称<念仏坂>と呼ばれる場所の、深々と降りつづく雪と初めて見る雪景色、、
140214039 竹林とその向こう、、
140214042そして、落葉した樹々を飾る雪、、
140214087
140214103
140214061 (14日金曜日の雪模様)


日曜日から晴天がつづいて、雪解けがすすんだ。 車の通行が多い大通りでは路肩に所々で白く残るだけで、路面も乾いている。 昨日まで聞こえていたタイヤチェーンが路面を噛む音も響いてこない。 それでも、遊歩道や川原に残った雪は、固く凍りついていて、
140218008 注意して通らなければならない程、足元が悪い。
140218014 <そうかぁ、アタシ達は平気だけど、、父さんには、危なっかしいネ、、>
140218020 <こっちは陽当たりが良いから、すっかりとけてるヨ、、>
140218023 うん、明日はウォーキング、、したいなぁ。 朝のトイレ散歩にて。

アン♡の <ちょっとお出かけ>は、欲求不満のせい?
日に二三度はトイレ散歩に連れて出る。 その都度、歩き回っては来るのだけれど、 一回のウォーキングに3時間程をかけて、速歩で歩きつづけたり、遊び時間をとって走り回ったりと、その運動量に比べたら、トイレ散歩だけでは到底物足りないだろうとは理解している。 そのウォーキングが前回は四日前の13日。その前は、さらに五日前の7日。 二週つづけての大雪のせいもあるけれど、この十日間で一度だけということになる。 間が空き過ぎてウズウズしはじめているのは、僕だけではなかった。
140218033<そうよ。だから、オバアちゃんが散歩にでかけようとするチョットしたスキに、足元をすり抜けて、アタシひとりでお出かけしちゃうんだ。 最近のオバアちゃんは、アタシに気が付かないみたいだから、いとも簡単なの。 小川沿いを思う存分走り回って、気分が晴れたら、ちゃんと家にもどるから、大丈夫よ。>
140218035 140218036
アン♡の姿が無い事に気づいたのは、昼食の後、アン♡に鹿の角を与えて、自分の机で作業を始め、30分程経った頃。紅茶を入れようと、台所にむかうと、いつもなら、ベットの上で丸くなっていながらも僕の行動を目で追っていたり、おやつ欲しさに僕の後をついてくるのに、気配さえ消えて静かなのが不自然に感じた。 アン♡!と呼んでも、反応が無い。 母が、テーブルの前で椅子に座り、クー♠を膝に抱いて、お茶を飲んでいる。 アン♡を見なかった?と問うと、、「??」と怪訝な顔をする。 犬だよ。と言うと、 「犬ならここ、、」と膝のクー♠を示した。 大きい方だよ、、あれ?アン♡の存在が不確かになっている?!! それに、寒がりの母の足がはだしだ。 靴下はどうしたの?と問うと、 「外で、濡れたから脱いだ、、」と答えた。 代わりをはきな、と言うと、「どこにある?」と返事。 箪笥の引き出しから厚手のソックスを出して渡す。 「ありがとう」と応えた。 そうかぁ、犬止めの柵は閉まっているけど、母が出る時にすり抜けたに違いない。 仕度をして探しに行く。  
140218043アン♡が出てから15分か20分だろうか、、 川原に下りて、上下流、どちらに行ったとしても、そろそろ家の前を通る頃だと予測した。 石段の上から川原 を見下ろして、しばらく様子をうかがう。 川下から遊歩道を顔見知りのワンコ仲間がやってきた。 アン♡を見かけなかったか、とたずねた。 見なかった、 と返事。 すると川上か?!  あっ、200m程先、黒い点が動き走る、、おっ、アン♡だ。 おやっ、ウロウロ、キョロキョロ、、一目散に走る、というほ どではない。 そろそろひとりが寂しく心細くなっているのか?  石段を上がって、そのまま家に帰ってくれたら、と、ちょっとだけ期待しながら、並木の桜 に隠れて様子をみる。 残念、石段を通り越してしまった。 3~40m程行った所で立ち止まった。 すかさずアン♡!と声をかけた。 くるりとこちらを向 いて、すぐに駆けてくる。 石段の上で、左手にクッキーを乗せて、ツケ!と指示。 
140218054 140218051
僕の左サイドについて座ったところで、クッキーを与える。と同時に首のクサリに指をかけようとすると、クッキーだけをくわえてスルリと逃げた。 アン♡、僕と遊ぶつもり?今はそんな時間は無いから帰るぞ。と背を向けて、家に帰る。 寂しくて不安になっていたら、僕の後について家に帰ってくる。 そう賭けたのです。 果たして、玄関のドアを閉めてすぐに、ガリガリとひっかく音。 ドアを開けるとアン♡が見上げている。 ヨシ。コイ!と声をかけると、ドアの内側へ。 ヨシ、イイ子ダ。と褒めながらクッキーを与えた。  首輪とリードを付けて、もう一度外へ。 今度はクー♠も一緒に。 いつになくハイテンションのアン♡、っていうか、良い笑顔だ。 雪解けの冷たい流れの中に入って走るのにはビックリ。 そして、落ち着くまで、しばらく遊んだ。 (上、六枚の写真は、あらためて遊びに出た時のもの)   明日は、ウォーキング、行こうな!

2014年2月16日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #846、、  

気持ち良い程に晴れ渡った青空の雪景色、、
140216015<そう、天気はさわやかなんだけど、、雪が、まぶしくって、、>
140216004
            <ボクには、雪が固まってるから、助かりますぅ、、>
140216008

2014年2月15日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #845、、  雪模様、、

二週つづけての大雪になった。 朝食後、雪かきをしようと外に出る。 雪はミゾレに変わっていた。それでも、まだ変わったばかりのようで、雪の上に雨跡はついていない。 積雪は先週よりも多い。 膝下まですっぽり雪に埋もれてしまう。 横殴りに吹きつけるミゾレの中、門の前だけ、やっと済ませた。 9時前にミゾレは雨に変わり、11時には雨も止んだ。 とはいっても、今回の積雪では、クー♠をトイレ散歩にさえ連れて出られなかった。 雪にすっぽり埋もれてしまって、身動きが取れなくなるのが嫌なようで、途中から、すごすごと門の前へ戻ってしまう。 しかたなく、アン♡だけを連れて、用を足させ遊ばせた。 ならば、と昼ご飯をはさんで、家のまわりの雪かきをする。 門から右へ右へと敷地を半周して遊歩道まで、結局、午後2時過ぎまでかかってしまった。 まぁ、腰をかばいながらなので、一気にとはいかず、休み休みなのでした。 さて、頑張った甲斐があって、皆揃って午後の散歩に、、。この時には、遊歩道に人が踏みならした跡が出来ていて、クー♠も安心して通れるようになった。
140215020    ほら、ここ、、クー♠のために雪かきをしたんだぞ、、。
140215024
夜、9時過ぎに、トイレ散歩に出た。 東の空、雲の向こう側に、ほんのり丸い月が透けて見えた。 おぉ、そうだ思い出した、今夜は満月、だ。 

2014年2月14日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #844、、  また雪、です、、。 

天気はゆっくり下り坂、午後から雪が降り出す、、っていうのが昨日時点の予報でした。 ところが、朝から外は雪です、、粉雪がしっかりと降っています。はぁ〜、ウォーキング中止。
      残雪に新雪、、、、
140214027
140214001朝食の後のトイレ散歩、、 わぁ、また、雪だぁ、、。
140214002雪の中でも元気なアン♡とクー♠、、じつは寒がり、、
140214010 140214017
帰るとすぐさまベットの上で丸くなります。
そういえば、、この一週間は全部雪景色、だね。

2014年2月13日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1457、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1078、、    

朝8時、さっそうとウォーキングスタート。 雪に降られたり、慌ただしかったりと、すっかり怠けて六日ぶりです。 そのせいか、僕もアン♡クー♠も、ちょっとウキウキ気分。 小学校近くの橋の下をくぐる時、登校する児童達と交差した。 「わぁ、かわいい、、」と女の子のグループが橋の上からのぞき込んで声をかけてくれた。 こんな時には、ありがとう、と返事をする。 珍しい毛色のアン♡と、ノーリードでチョコチョコついてくるクー♠は子供達に人気なのです。 小学校をぐるりと迂回して改めて川原へ、ここからは南岸を行くのが僕のルート。 陽当たりの良い北岸に比べると雪がまだまだ残っています。
140213016
140213034

140213053









公園でも同じ。 陽当たりも人通りも良い北側と南側の違いはこの通り、、
140213111 いつもは渡って折り返す橋、を渡らずに右折、公園の南地区へ移ります。
140213140







雪のとけ具合を見て、すべって転けないよう気をつけます。 アン♡はもっと走りたいんだろうね。 帰り道、雪がとけている遊歩道を走らせてあげるから、、ここではちょっとガマン、、。

140213142
      あちこちにたたずんでいる雪だるまの名残り、、。
140213167 明日金曜日の午後から土曜日にかけて、また雪が降るという予報。 大雪になる可能性もあるとか、、さてさてどうなることか、、。

2014年2月12日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #843、、 

おぉ〜〜、今朝も、冷たい風で〜す。 残雪は昨日の半分に減っているのに、冷込みは昨日以上、、この週末にはまた雪が降りそうだという、、
140212029 五日間もウォーキングに出ていないからか、アン♡もクー♠も元気.ゲンキ、、石垣を駆け上がったり下りたり、走り回り、、
140212044 140212048

140212043        クー♠はいつでもマイペース、、。140212020           今日は、午前中に市役所へ行きます。

2014年2月11日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #842、、 

曇り空で、陽射しが遮られているところに、冷たい風が吹き抜ける、、 寒い〜〜!
140211012 と身がかじかむのは僕だけ。 家にいる時はベットの上で丸くなっているのに、
お前達は、外の寒さには強いんだから、、。
140211018

140211006

2014年2月10日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #841、、 

道路も、川原も、いっこうに雪は消えそうにない。 路面に固まった雪はツルツルとすべる。 昨日、スーパーの買い出しでは、両手に荷物をさげて帰るのに、慎重に歩いて、いつもの倍以上時間がかかった。
140210027        一方、川原では、雪が凍ったおかげで、
140210031        クー♠が埋もれる事も無く、遊びやすくなった。
140210008   ただ、アン♡が走り回るのに、付いて行けずに難儀する、、。
140210036 まあ、ふたりとも、雪を楽しんでいるようだから、良しとしよう、、。

今回の大雪は、東京では16年ぶりだとか20年ぶりだとか、40年ぶりだとの報道もある。 とにかく記録的なこの積雪、、僕の孫達には初めての経験だったに違いない。 長女は庭で雪遊びに興じる孫君兄弟の様子を伝えてくれた。 次女と三女からは、それぞれの孫嬢姉妹が、大中小の雪だるまに始まり、こんもり積み上げてソリで滑ったり、大きな穴を開けてカマクラを作ったりと、楽しんでいる様子を写真や動画で知らせてくれた。 ちょうど週末だっとこともあって、それぞれ楽しい思い出ができたようだ。 

2014年2月 9日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #840、、 20年ぶりの大雪!

   都心で27cmの積雪を観測したとか、記録的な大雪だそうだ。 
   我が家の回りではゆうに30cmを越えている。  
140209001   9時、アン♡に促されてトイレ散歩に、、
140209009      クー♠は僕の足跡を伝って懸命についてきますが、外れると、、
140209018    手つかずの雪景色は、まるで別世界のようです、、。
140209050       走り回り、遊び回るには、積もり過ぎ、、でした。
140209046       人が通って、雪が崩れた方が、遊びやすくなりそうです、、。

2014年2月 8日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #839、、 20年ぶりの積雪になる、って? 

 朝起きると、外はすっかり雪景色、、 
140208023_2   4日に降ったボタン雪とは違って、粉雪が降っている。
140208020_2  予報では、低気圧がゆっくり近づき、関東を抜けるのは明日になりそうだという。
140208031  そのため、この雪、明日の朝方まで降りつづいて大雪になる恐れがあるそうだ。

    9時にトイレ散歩、、アン♡もクー♠もはじめは興味津々、、
140208050
140208055    それでも、用を足して落ち着いたとたん、、
140208065     <ね〜、そろそろ帰ろうよ、、>といった雰囲気、、
140208070    記念撮影にも、、クー♠は冷たいのは苦手のようです。
140208066  やはり、思いっきり走り回れないと、テンションが上がらないのかもね、、。
140208033_2   よし、午後にも出られそうなら、ロングリードに付け換えよう、、な!

午後4時、粉雪が降りつづく外へ。恐る恐る石段を下りて川原におりる。上の写真と比べると、足跡が付く程度だったのに、半日でここまで積もった、ってことです。140208081アン♡の脚半分とクー♠の脚はスッポリ雪の中。小川の流れはまるでシャーベットです。
140208088
















140208089

140208092














140208093

140208095アン♡と遊び回っていて、ふと気づくと、クー♠の姿がありません。 クー♠!と呼ぶと、<ワン!>と返事が聞こえます。 川原ではなく、上の遊歩道からです。
140208102川原に積もった雪では動きが取れないと諦めて、ひとりで石段をのぼったようです。
140208104















140208105

140208106
















遊歩道に戻ると、ふたりでドツキ合い、、
140208116天気予報通りの大雪、、積もり過ぎて、クー♠は苦手のようでした。それにひきかえ、アン♡はずっとハイテンション。。
140208124予報通り明日の朝まで降りつづいたら、、ここに移り住んで初めての大雪になります。

2014年2月 7日 (金曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1456、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1077、、    

   自然公園の梅、です、、。
140207114   まだ三部咲き、、隣に植えられている赤い梅はやっとツボミが膨らみかけたところ。
140207119 今朝は、自然公園を抜けて、原っぱの丘で遊ぼうと考えていたのですが、、林の中は枯葉が敷き詰められ、走りやすいし、しかも匂いの宝庫、、
140207049     アン♡には誘惑がイッパイ。 いやが上にもテンションが上がります。
140207054    それに、明るい林を歩き回ると、、気づかなかったスペースに出会います。
140207055   空き区画程の広さは無いのですが、、
140207059       それでも、ちょっとハシャギ駆けるにはじゅうぶん。
140207108     あちこちに空きスペースをみつけて、得した気分、、
140207078
140207096   結局、原っぱへ出る前に、自然公園の中を駆け回って、遊び時間終了です。
140207090

2014年2月 6日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1455、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1076、、    

日陰には固く凍りついた雪がまだ残っています。 昼間は日差しが届いても空気は冷たく極寒の一日です、とは今日の予報。 その言葉通り、川幅が広がり流れが穏やかになる調節池の手前辺りでは、小川に氷が張り出しています。
140206028_2 そんな冷込みより、アン♡には思いっきり走るたのしさの方が先です。
140206020                    クー♠はいつも通りのマイペース、、。
140206010 140206017

今朝の遊び場は、、冷たい風を少しでも避けて、その上、陽射しをいっぱい浴びられる場所、、狭く細長い、第一調節池にしました。北側に広がるハケの森が北風を弱めてくれます。
140206050
140206062 140206058

激しく走り回るというよりも、のんびり日向ぼっこ、の方が楽しかったね、、。
140206081

2014年2月 5日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #838、、 

いつもなら朝食の後すぐにトイレ散歩に出るのだけれど、今朝は、アン♡とクー♠にそろって催促され、三度目にやっと連れてでて来た。 とっくに10時を過ぎてしまっていた。 天気は予報通りの快晴、、陽射しはタップリなのに、北風が冷たいことといったら、、これも予報通り、、 昨日午後に降った雪はほとんどが消えてしまい、残っている雪も日陰が移動するにしたがって陽射しにさらされて風前のともしび、、。 昨年一昨年の積雪後のように、雪かきやぬかるみで苦労することはないけれど、物足りなさが少しだけ残る。 いやいや、アン♡の不満気な表情はそれとは別、、走らせないことへの小さなアピールでしょう、、。
140205033ちなみに、昨日午後四時の様子。
140204015
朝食後のトイレ散歩が遅れてしまった原因は、これ、、 今朝、日の出前の東の空、
140205001画像のほぼ中央、朝陽の中に消え入る前、ポツンと星がひとつ輝いていた。 その明るさから、てっきり明けの明星(金星)だと、その時は思ったのです。 朝食の後、ふと気になって、PCで調べ始めたのがきっかけです。 今日の日付と時刻に合せた星座早見表を呼び出して、その東の空に金星が表示されていれば、明けの明星と確認できると予測したのですが、、惑星が同時に表記されている星座早見表がみつからない。 それどころか、金星を検索して、こんな記事に出会ったのです。「宵の明星と明けの明星が切り替わるとき」それは金星が地球の公転を追い越す時だというのです。今年は2月11日がその日に当たるとか。 それ以後、金星は西の空から東の空に移って「明けの明星」となる、のだそうです。今日は2月5日、一週間前、、やっぱり、金星ではないのか、、と、検索を続けて、こんなアプリをみつけた。「星座表」面白そうだし活用出来そうです。 さっそく確かめようとダウンロード、、 ところが、操作方法が判らずに四苦八苦、、 あらためて、星座早見表を検索、、 やっと見つけました。 これです。
140205ai_2
東の空、南寄りの低い位置に(金星)の表示。 この表によると、今朝見た明るい星は金星、明けの明星、ということに、、 すると、金星が地球を追い越すという2月11日との兼ね合いはどうなるのだろう。。  アン♡クー♠の催促を差し置いて、ああだこうだとPCと格闘しているうちに、トイレ散歩の時間が遅くなってしまった、という訳です。 いや、本当はウォーキングを予定したはずが、こんな事態になった。 そして、この年になっても無知な僕には、また新たな疑問が残ってしまった。 

2014年2月 4日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #837、、   

小雨けむる朝、、雨足の間隙をついて、いそいで外へ、、
140204079a 140204085a
そろって水辺の臭い探索、、
140204081_2          あまり濡れないうちに戻るよ、、
140204095          片道200m、、大急ぎのトイレ散歩でした。

昨日で孫嬢の入試が終わった。 小学六年生の彼女は中学高校一貫校を私立と公立それぞれ一校ずつ受験した。 最終合否は明後日に明らかになるという。 読書好きな孫嬢らしく小説を三冊買い込んで読みふけっていると、娘から連絡があった。「下町ロケット」「図書館戦争」の二タイトルだそうだ。 彼女は、今、プレッシャーから開放され、小説の世界を飛び回っている事だろう、、 読後感想を聞いてみたいものだ。
そして、もうひとつ。 孫達の中で一番年下、四才半の孫君が自転車に乗っている様子が送られて来た。 補助輪無し、スイスイと乗りこなしている。何の練習も無くすぐに乗れたという。まさに僕ゆずり運動神経!
1402041
僕が自転車に乗れたのは、小学一年生の時だったように思う。子供用等は無く、大人用の大きくゴツく重たい自転車だった。もちろんサドルに座ったのではペダルに足が届かない。 フレームの三角形の間に片足を入れ、自転車を向こう側に倒すようにして、立ったままでペダルをこぐ。 夏休み、親戚の家で、そうして乗った覚えがある。  孫君の子供用、というより幼児用の自転車、座ったまま地面に足がつく。 この安心感が、三輪車や補助輪を飛び越えて、バランスを体得するキーポイント、、すぐにより大きな自転車に乗りたくなるのだろうな、、。 
午後3時を過ぎて、雨が雪に変わった、、
140204102  積もりそうだ、、。 と期待していたのに、17時には止んで、とけはじめた。
  ちょっと残念、、。

2014年2月 3日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #836、、   

  朝のトイレ散歩。<ねぇ、、帰り道、走ってもいい?> うん、そうだね。後ろの橋が
  管理境界だから、あそこで向こう岸に移って折り返したら、走りながら帰るとしよう。
140203011_2    さぁ、ここから、走りながら帰るけど、、ここまで、鴨が沢山いたから、、
140203028_2    気を散らさずに走れるかなぁ〜??
140203057_2     やっぱり、、最初だけだろ〜〜、、
140203061
140203067 140203069
ほらぁ、急ブレーキかけるなよ、、
140203068      はい、遊び区間はここまで、、家まで200m、のんびり帰るぞ、、。
140203070
さて、大急ぎで出かけます。

2014年2月 2日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1454、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1075、、    

<ねぇ、、今日は、遊び時間なし、って、、ほんと??>
140202061 うん、そうだよ。昼前から雨になりそうなんだって。 それまでに、スーパーの買い出しを済ませたいから、、フルウォーキングだよ。 ほらっ、鴨に気を取られてる暇は無いぞ。
140202067  公園の西まで、往きは速歩+ジョギングだよ、、
140202087
140202098 140202100

140202111      帰りは、ノンストップ速歩、だよ。
140202128

2014年2月 1日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #835、、   玄米を発芽させて、、

年に何度か有機農法の玄米30kgが届く。 娘が友人と一緒に直接農家から入手していて、僕の分も手配してくれている。 おかげで、我が家(僕、母、弟)は玄米食だ。 といっても、残留農薬の心配があるらしく、娘から「五分か七分に精米して食べるように。玄米だけではダメよ。」と言われている。 そんな訳で、単に白米の代わりにという訳ではない。 とはいえ、これまで色々工夫しためしてみて、精米するよりも、今は玄米を発芽させ、それに二分の一の割合に雑穀を合わせて炊いている。 <白いご飯>へのこだわりが薄い事と<よりモチモチした食感>が好みだという事、と同時に、弟と母の条件に因る事が大きい。 弟は呑込みやすい状態でないと食せない。 したがって、ご飯、おかず、スープ汁等を全部一緒にミキサーにかける。 トロトロの半液状にしたものをスプーンですくって口にはこぶ。 香りや見た目はどうでも良く、美味しそうに盛りつける必要も無い。 作り手としては簡単なのだが、作り甲斐には欠ける。 そこで、玄米を発芽させる、という隠れた一手間をかけることで、ストレスのバランスをとっている(と自分に言い聞かせて、、)。 まず、一日分の玄米を容器に取り、ぬるま湯を注いで、一日置く、ただこれだけ、、。 すると、小さな芽を出し始める。全部の粒では無いが、それで良いらしい。 ただ、同時に発酵が始まり、時として、この臭いが気になるが、 良く水洗いすることで、臭いは弱められる。 残留農薬を少しでも洗い流す事にもつながっていると考えている。(が、娘には内緒、、)
 さて、、今朝のトイレ散歩にて、、
140201024   小川の水量が一段と減って、飛び石の間に底が現れつながり中州になっていた。
140201012

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »