フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #1516、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1137、、       | トップページ | ぼくの写真日記 #879、、    »

2014年6月15日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1517、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1138、、      

小川の水辺に植物がうっそうと生い茂り、鴨の子育てに環境が整ったからなのだろう、、 今朝は、小川沿い2km程の間で、三組の鴨の親子に出会った。 うち二組はどちらも親鴨の半分程までに大きく育ったヒナを連れていて、片方は四羽、、もう片方のヒナは二羽だった。 そしてもう一組の親子は六羽のヒナ、、ふ化したばかりの小さなヒナだった。   この家族に、心ならずも可哀想な事をしてしまった。  遊び時間の後、水風呂でクールダウンを済ませた帰り道での事、、 小川の狭い川原を速歩で上流に向かっていた。小川の向こう側は原っぱ、、 川原の右手は、少年野球が練習中の第二調節池につづいている。 小学低学年の男の子だろう、コーチのノックを受けている。 もちろんコーチは手加減しているようだが、男の子は転がってくるボールに怖々グラブを差し出している。 その様子がとても微笑ましくて、横を向いて眺めてしまった。 とその時、アン♡がググッとリードを引っ張って水辺の茂みに突進した。 とっさにグイッと引いて、水際ぎりぎりでアン♡を止めた。 茂みから一羽の鴨が飛び出した。 羽根をバタバタばたつかせる、、。あっ、その行動は??!! 不安がよぎった。 まさかの的中、、数羽のヒナが茂みから親鴨を追うように飛び出てきた。 数、、は、五羽。 大興奮のアン♡を引き寄せて後ずさり、水際から離れる。 ヒナたちは親の元へ、、 でも、あぁ、一羽、ヒナが向こう岸の茂みの中へ逃げ込んで、暗い陰へ隠れてしまった。 親と四羽のヒナは流れに乗って離れてゆく、、 おぉ〜い、一羽置いてゆくなよ、、心で叫んだ、、。 とっさにアン♡を連れて川下に走る、、 鴨の家族を追い抜いて10m程下って流れの中へ、、 これ以上流れてくるな!と知らせたつもり、、 ただ、親子の姿は見えない、、途中の茂みに隠れたのだろう、、。 小さなヒナが一羽だけで茂みの中、最も無防備で危険な状態、、 そうさせてしまった張本人が僕です。 心が痛む!! きっと家族と合流しますように!! 祈りながらその場を離れた。
140615103その後、出会った鴨の親子連れ。大きな二羽のヒナ。すぐに茂みの中へ隠れてしまった。
さて、今朝のアン♡とクー♠︎、、じつは、草むらを走り回るのも、嫌いじゃないんです。
140615076
140615077 140615082
あれ? 見えない??
140615087       アン♡もクー♠︎もすっぽり隠れてしまう草むらです、、。
140615089      大きな木陰で小休止、、
140615090      帰りにはもちろん、、クールダウンして、、
140615101        クー♠︎、流れに負けずに、がんばってるね!

« ぼくのウォーキング日記 #1516、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1137、、       | トップページ | ぼくの写真日記 #879、、    »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #1516、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1137、、       | トップページ | ぼくの写真日記 #879、、    »