フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1618、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1237、、     

予定よりちょっと遅くなったけれど、なんとか8時前にスタート、、。
この時間にウォーキングできるのはイイね。 仲良しに会えるチャンスがあるもんね!
150226071       ゴクー君とゴハン君、そして、ティマさんです、、。 
150226060 150226070 150226072

                        赤いボールを借りて、アン♡大ハシャギ、、。
150226067
150226069
150226066ワン友とわかれて、ハケの階段へ。
ここから上り、、
Rimg0096_2
最初の折返し、と、その上へ、、
150226079 150226078_2
さらにその上へ上へ、と、上りきった景色。
150226087 150226091

駆け上がって二往復、、僕のトレーニング、、下半身に、効いてきます。

2015年2月24日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #954、、

今朝は、どんよりとした曇り空。 ただし、暖かかった昨日の名残りだろう、キリキリとした冷え込みはなく、手袋をはずしたくなりそう、、。 とはいっても、週の後半にはまた寒気が張り出しそうだという。 本格的な春に向けて、三寒四温をくりかえしている。 小川では、飛び石が大きな姿を現した。
150224014   例年のことだけれど、これから梅雨を迎えるまでの間が、最も水位が低くなる。
150224003 150224012

2015年2月22日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1617、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1236、、     

           夕食後、6時半過ぎにスタート、、。 
           コースを短縮して原っぱの丘へ。
150222049_3         僕にはまるで変わってみえる景色なんだけれど、 
   アン♡・クー♠️は全くお構いなし、暗闇の中を走り回ってはしゃいでました。
150222067 150222059

150222079       最後にぐるりと外回り。ここは第一調節池の北側、昨年の暮れに完成した階段。
      百段程あって、ジグザグに曲がりながら、ハケ(崖)の上まで登れます。
      ここを頑張って急ぎ足で二往復、、心臓やぶりの階段でした。

ぼくの写真日記 #953、、

わぁ、冷たい雨が、降ってきた、、。まだ細くて濡れるほどではないけど、、。
150222002 150222004

150222019 150222025

2015年2月21日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #952、、

母が描く僕の顔、19枚目のスケッチ、、。 
書き始めて5分程で「疲れたぁ〜」と言って鉛筆を置いてしまった。
19
集中力が続かなくなった、、?!

2015年2月19日 (木曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1616、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1235、、     夕やみのウォーキング。

        クー♠️の頭の上、夕焼けが残る西の空に輝く、宵の明星。
150219061         夕やみ迫る東の空、、。
150219025         

ぼくの写真日記 #951、、  

       やわらかな陽射しいっぱい、、気持ちの良い朝です、、。
150219017     川辺の梅が咲きました。  上流へトイレ散歩、、。
150219004 150219005
あん♡のリードが短くて窮屈そうだったけど、
150219012 150219013

うれしそうにはしゃぐふたりでした、、。

2015年2月18日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #950、、  

       冷たい小雨降る朝です。午後には雪になるという。 
150218003昨日も雨と雪の寒い一日。  一昨日は良い天気だったけど、ウォーキングなし、、
150217015 150216066
<ストレス溜まりそう、です、、>
150216054

2015年2月15日 (日曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1615、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1234、、     夜のウォーキング。

7時過ぎに支度を始めて、30分後にスタート、、といっても、いつの朝食の後ではなく、夕食後、、19:30過ぎの事。 半月ぶりのウォーキングは、初めての夜間。 それにしても、いつの間にか、こんなに間があいてしまった。
150215027 150215043

150215048 150215046

2015年2月12日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #949、、

<ねぇ〜、、今日も、トイレ散歩で、おしまい、、?!>
150212008_2
うん、、なにかいい方法考えないと、、
今月は、まだ一度もウォーキングに出てなかったね、、。

2015年2月11日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #948、、

昨日も今日も雲ひとつなく高く晴れ渡った青空の朝です。 日の出が少しずつ早くなって、今朝は6時半過ぎ。 それでもキリキリと刺すような冷気が、朝陽の温もりをまだまだ邪魔しています。
150210005 150210008 150211006

2015年2月 8日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #947、、

小川の水量が減って、浅瀬がすっかり乾いてしまった。
150208005 150208009 150208012

雨が降ったら、きっと雪になりそう、、そう思える程冷え込んだ曇り空の朝です。

2015年2月 6日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #946、、 日向ぼっこ、、

おぉ、いた、いた。対岸の遊歩道沿い、ベンチで休んでる。
150206016
風もなく、暖かな陽だまり、、しばらく日向ぼっこ、、。
150206026 150206033

「ちょっと、一回りしてくる、、」と言って母が散歩に出て行った。
10時半を過ぎ、陽射しが温かく感じられる頃だ。
門を出たら右だよ!と声をかけ、右に曲がるのを確かめる。
川原への石段を下りて行く姿を窓越しに確認。 真っ青な空、日当たりの良い川辺をのんびり歩いてくるだろう。 ラーメン屋とは逆方向だし、20分程したら、戻ってきて石段を上がってくるだろうから、、その間に牛乳を買ってこよう。
11時を過ぎても、母が遊歩道へ上がってこない。 川原に下り、母の姿を探す。 上流下流方向どちらにも姿が見えない。 バス通りの交差点まで移動して通りの向こう、ラーメン屋のベンチを確かめる。 母は居ない。 改めて川原に下りて小川沿いを探す。 見つけた。 200m程下流、対岸の遊歩道、ベンチに座っていた。 急いで一度家に戻り、アン♡クー♠️を連れてくる。 トイレ散歩を装って声をかけるとしよう。 
「温かくて気持ちがいいよ、、」と母が言う。 しばらく揃って日向ぼっこ、、。
お昼の支度してるからね、、と伝えて先に帰る。
母お気に入りの日向を、ひとつ、見つけた。

2015年2月 5日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #945、、   

      小降りだけれど、冷たい雨が降っています。
      予報では、昼頃には雪に変わり、明日の朝まで降り続くという、、。
150205027      そんな寒い朝でも、ふたりは元気、、外に出られて大喜び、、。
150205033 150205036

10時過ぎにはミゾレ、、。
昼過ぎに動物病院で定期検診、、 ふたりとも体重増加、、 このところウォーキングに行っていないせいかも。


2015年2月 4日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #944、、   

母も一緒に、、朝の散歩、、。
150204008 150204021

150204007          ほんと、甘え上手だね、クー♠️は、、。

2015年2月 2日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #943、、   母に、、   

朝のトイレ散歩は、陽が高くなる前に出かける。 昨日の夕方からずっと家に閉じ込められ、やっと外に出られたことが嬉しいのだろう、、ヒリヒリと冷えた空気を構うことなく、アン♡は河原の草むらを嗅ぎまわる。 そんなアン♡に影響されたのか、どんな匂いなんだろうと確かめるように、クー♠️が後ろを付いてまわる。
150202002
おい、そろそろ帰ろう。 寒いよ! 僕の方が我慢できなくなった。

10時を過ぎる頃、やっと陽だまりが温かくなる。 母が外に出たがる時間だ。
さて、ひとつ試してみよう。 玄関を出て、門に向かう母の背に声をかける。
門を出たら右だよ! 「右へ行くの〜?」ひとり言のような返事が聞こえた。
そう、右だよ!  母は一度左を見て、そして右へ曲がった。 
そう!そのまま右、右へと塀沿いに進めば遊歩道に出る。そして石段を下りて陽当たりの良い川原を下流に行く。お決まり散歩コースのひとつ、、 あのラーメン屋とは反対方向だ。 開店前に迷惑をかけずにすむ。 窓越しに、石段を下りて行く母を確認してホッとする。
20分ほどして、母の居場所を確かめに川原へ、、石段から200m程下流、、日向の大きな石に腰を下ろして陽に当たっている母がいた。 大丈夫だ、また20分程で帰って来るだろう、と納得して戻る。  あれ?30分経っても帰ってこない。 探しに行く。 川原にいない。 まさか?!急いでバス通りへ、、。 あぁ、、母があのベンチに座ろうとしている。 信号が青に変わるのをジリジリしながら待って走る。 母を遊歩道へ連れ戻す。  開店前で良かったが、、詰めが、甘かった!! 

戻って、頭の体操の時間だ。 今日は計算と音読と、スケッチをしよう。
15
15枚目のスケッチ・僕の顔。   

2015年2月 1日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #942、、   母のこと、、

昼食の支度をしていると、玄関ドアの開く音がして、「ただいま、、」母の声。 おかえり、と返事をする。 あれ?母の後ろに制服姿、、警察官だ。 手招きして僕を呼ぶ。  
母は日に何度か「ちょっと一回りしてくるね」と言って散歩に出かける。この季節では「風が冷たい、、」と言って10分とかからず戻ってきたりするが、大方は30分というところ。 コースもほぼ決まっている。 弱くなった脚のせいもあってゆっくり、、小川沿いの遊歩道を上流に行ったり下流へ行ったり、、その日の気分で両岸を通り分けている。 認知症で要介護の認定を受けているが、母の散歩は徘徊に当てはまらないと考え、他人に迷惑をかけないうちはと、自由に行動させてきた。 
その母が、警察官に連れられての帰宅とは、途中で迷子になったのだろうか、と不安がよぎった。 「いえ、違います。」と警察官。 「それより、、」と警察官が続けた、、。 
その話によると、、バス通りの向こう側に「大○軒」というラーメン屋がある。 店の前は東向きの広い駐車場で南側は遊歩道、そして店の入口横にベンチが一つ、店の建物を背に、ここがなんとも日当たりの良い。 母は散歩の途中、ここで日向ぼっこをしてくるようなのだ。 しかも、ベンチに座ったその間に何度も唾を吐く。 店としては、これは見過ごせない、ということで、警察に相談したのだそうだ。 
こんなかたちで迷惑をかけているとは、うかつだった。 お客さんが途切れそうな時刻を見計らって謝りに行ってこよう。  とはいえ、「あそこに座ってはいけない」と言い聞かせても、そうさせることは不可能だし、、母の散歩に毎回付いて行くことも難しい。 さてさて、どんな対策を取れば良いやら、、。  
まずは、謝りに行ってこよう。

ラーメン屋の店長さんは、背が高くがっしりとした体育会系?
真直ぐで人当たりの良い若者だった。 

店前のベンチに座らないようにさせる手立ては、、
明日から、いくつか試してみよう、、。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »