フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #1621、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1240、、      | トップページ | ぼくの写真日記 #965、、  »

2015年3月15日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #964、、  母のこと。

昼過ぎになって、空を被い尽くしていた灰色の雲が晴れ、明るい青空が広がった。
150315011_2 昼食後、テレビを見ている母を誘って半ば強引に散歩に連れ出した。門を出て右へ!と母の後ろから声をかける。 右へ右へ、塀を回って遊歩道へ。 そして川原への石段、、 手摺りにつかまって一歩ずつ 下りる母の後につづく。 川原に下りると、ゆっくりゆっくり200m程下流へ。 そして暖かな日向で一休み、、 しばし日向ぼっこ。 のんびりした後、家に戻る。 母はまたテレビの前に座る。
 
ガチャ、ガチャガチャ、、玄関からの音に目が覚めた。母だ。時計は2時前を指している。 どこへ行くの? <ちょっと一回り>と母。時計を見て、2時前だよ。 <もう9時だよ>と母。 外見て、真っ暗だ。 <本当だ、どうしたんだろ、、>  母はしっかり着替えていた。 改めてパジャマに着替えさせると、寝るように促した。 、、えっ、これ、って、、徘徊の前ぶれ?!?!

つい最近まで、わが家では昼間はテレビをつけなかった。 することもなく、ただ座ってテレビを観るというより眺めているだけになってしまう母には、体を動かしてほしかった。 そのためには、近所を散歩して回っている方がむしろ良いのではないかと考えたからだ。 それで、散歩は自由にさせていた。 しかし、母が一人で散歩の間に、近所のラーメン屋さんに迷惑をかけていると知って、これまでの自由な散歩は制限した。 代わりに、テレビの前で座っている時間が増えた。 その分運動量が減って、夜中に目覚めてしまうのかも、、だとしたら、やはり、母には出来るだけ散歩させよう。 とはいえ、一緒に付いて行けるのは、午前中に一度、そして午後に一度だ。 それ以外で「一回りして来る、、」と言う時には、<右へ右へ>と声をかけ、川原に下りるよう誘導しよう。 もし門を出て左に行くと二軒先はすぐにバス通りで、信号を渡ると目の前がラーメン屋さんなのだ。


« ぼくのウォーキング日記 #1621、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1240、、      | トップページ | ぼくの写真日記 #965、、  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #1621、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1240、、      | トップページ | ぼくの写真日記 #965、、  »