フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #1652、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1271、、 | トップページ | ぼくの写真日記 #1031、、   <外をひとまわり、、> »

2015年10月16日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #1030、、  母との会話、、 

小雨の朝、肌寒い。今日は一日中、こんな天気らしい。 母の肌着を半袖と長袖の二枚重ねにした。 仏壇にお茶と線香を供えた後、食卓に着くと「まぁ、おいしそう、、」そして「こんなに沢山、食べきれないは、、」と言う。 これが母の食前の決まり文句だ。 食べきれない、と言いつつ、朝食をキレイに平らげた。 今朝は体調も脚の具合も良いのだろう。後片付けをしていると、外に出ようとする。 雨が降ってるよ、と伝えると、「そう、、」と言いながら出て行った。そしてすぐに「雨だった、、」と戻った。 テーブルに着いてお茶を入れる。 15分と経たず、玄関ドアが閉まる音。ドアを少し開け覗く。 母の後姿。 「雨、降ってるよ」と声をかける。 無言で門を出る母、5分と経たず戻った。「降ってたでしょ。」と言うと、「寒い」と一言。 熱めのお茶を入れた。  10時になる前、ベットで寝入ってしまった。

朝のトイレ散歩にて、、
151016003

昼食後、お茶を飲みながらラジオを聞いていた母が立ち上がって玄関へ。「外へ行くの?」 「ひとまわり、、」 「雨だよ!」 傘を持ち無言で出て行く母。 ドアを少し開けて後姿を見守る。 傘を広げ右へ曲がった。 東側の窓のカーテンを開けて、塀に沿って回ってくる母を待った。 遊歩道に向かって緩やかに傾斜している小径、雨に濡れて滑りそうだ、と気にした途端、母が尻餅をついた。 慌てて玄関にまわり、小走りに母の元へ。 後ろから抱き起こす。 左の膝を擦りむいている。 「雨の日は、滑るから、やめよう。」 「そうだね、、」 小さな擦り傷と傘の柄を折っただけで済んだ、、。  紅茶にビスケット、、少し早いが、おやつにしよう。 15時過ぎ、母が椅子から立ち上がった。 「トイレ?」問いかける。 黙って玄関へ。 「どこ、行くの?」 「ちょっとひとまわり、、」 「なぜ外へ行くの?」 「外の方が色々あるから、、」 「さっき、転んで、膝、擦りむいたんだよ!」 「そうだっけ、、」 「雨の日は、下が滑るから、やめておきな!」 「、、やめておきましょ、、」そう言ってテーブルに戻ってきた。 しばらくしてベットに横になり眠ったようだ、、。
(午後追記) 

« ぼくのウォーキング日記 #1652、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1271、、 | トップページ | ぼくの写真日記 #1031、、   <外をひとまわり、、> »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #1652、           ブリタニー.スパニエル:アンジェラ♡と一緒に #1271、、 | トップページ | ぼくの写真日記 #1031、、   <外をひとまわり、、> »