フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくのウォーキング日記 #1664、   | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #1665、、わぁ〜、雨だぁ、、 »

2016年8月16日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #1063、、 よかったぁ〜〜

朝、4時すぎに目が覚めた。 昨日一昨日とウォーキングに出なかったので、今朝は、5時にスタートしようと、張り切っていた。 朝食の下準備をしていると、母が起きてきた。 どうしたの?と聞くと、、「ちょっと、一回りしようと思って、、」と言う。 外はまだ暗いし、出られる時間になったら、起こしてあげるよ、と、母をベットに戻し寝かせた。 5時少し前、着替えを済ませ、アン♡にウォーキング用のリードをつけようとしているところで、また母が起きてきた。 どうしたの?と聞く、、「ちょっと、一回りしようと思って、、」と返事。今朝の母はもうすっかり目が覚めているようだ。 ウォーキングをあきらめ、母の散歩に付き合うことに。 パジャマのままでいいか。でも寝起きでボサボサの髪は整えよう、と椅子に座らせ、霧吹きで湿らせてブラッシングする、、頭のてっぺんにお団子を作ってまとめた。 

うん?! 家の中が、やけに静かだ。 嫌な予感。 PCの前を離れて、母のベットへ、、いない。 トイレ、いない。 玄関は、、ドアも、犬止めも開けっ放し。 昼飯の後、母はベットで横になって休んでいるとばかり、、油断したところで、やられた。 アン♡の姿もない。 いそいで探しに出る。 母はすぐに見つかった。 向こう岸の遊歩道を、ゆっくり、ゆっくりと歩いてくる。 近づくと、脚が腰が痛いと顔を歪める。 朝、100mを往復するだけでも痛がったのに、、とにかく以前のように、小川沿いを一回りしたかったのだろう。まずは連れて帰る。 そして、改めて、アン♡を探す。
朝、母の散歩に付き合って、遊歩道を往復したが、アン♡もクー♠️も用を足すだけで終わってしまった。 朝食を済ませて、母がベットで休んでいる間に、改めて散歩に連れ出す。小川沿いを上流へ、ウォーキングには程遠いが、小一時間のルートだ。 それでも二人とも、嬉しそうに走り回る。 800m程上流で、鴨の親子に出会った。四羽の仔鴨、、先月のあのヒナ達に違いない。 すっかり羽が生え代わり大きく育っている。よかったぁ、、ここまで大きくなれば、もう大丈夫だろう。
Img_7460
アン♡はすぐにでも追いかけて流れに飛び込もうと興奮しきりだ。 アン♡を制しながら、鴨の親子から離れる。 このことを、記事にしておこうと、PCの前にいる間に起きたのが、今日のアクシデントだ。  アン♡を探して、鴨の親子がいた上流へ。鴨達を追ってきているかもと予想したのだが、外れた。引き返して下流へ、と思ったのだが、照りつける日差しに汗が流れ、のどが渇く。 一度家に戻って、スポーツドリンクを持ってくることに。 喉を潤し、家を出る。 門を出て、遊歩道へ回ろうとした角で、アン♡と鉢合わせ。 一瞬目を合わせた後、すぐに背を向けて、<帰るぞ!>と声をかける。アン♡は前に回り込んで僕と目を合わせようとする。 もう一度<帰るぞ!> 無視するように平然と声をかけて進む。アン♡はしきりにこちらを見ながら、<ねぇ、怒ってない?!>とでも言いたげに、先導するように家に帰って行く。 玄関に入り、風呂場に誘導する前に、アイスクリームを一口食べさせ、 そして、シャワーで汚れを洗い流す、、。                             

     

« ぼくのウォーキング日記 #1664、   | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #1665、、わぁ〜、雨だぁ、、 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくのウォーキング日記 #1664、   | トップページ | ぼくのウォーキング日記 #1665、、わぁ〜、雨だぁ、、 »