フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

セルフフォト

  • 101
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 母と僕の写真 | トップページ | 今年の紫陽花、の?? »

2018年4月22日 (日曜日)

母の事、、(再入院と退院と、、)

母は4月5日から入院している。 今回の病院は、国分寺駅から西武多摩湖線で最初の駅・一橋で下車、徒歩3分、一橋病院という。 診療所の紹介、、 褥瘡(ジョクソウ)の治療が目的だ。 床擦れのことだ。 寝たきりになった時、注意するようにと、医師をはじめ看護士さん、介護スタッフ、ケアマネからも、顔をあわせるたびに言われて来た。 油断すると、できやすく、治癒に手のかかる症状らしい。だから、圧迫されて、少しでも赤くなった皮膚を見つけると、ぬり薬を塗ってケアしていた。 それが出来てしまった。それも在宅でケアできる程度を越えて入院治療が必要、、と訪問医療の医師と皮膚科の専門医の協議の診断結果なのだ。 もっと早く気づいていれば、簡単に治せたのですよ、、と看護師さん言われ、心に刺さる。 でも、、まさか、、ここにできるなんて、思わなかったし、、。 すると、、身体中、何処にでもできるので、気をつけましょう、、と追い打ちだ。 確かに、十円玉ほどの大きさに土手ができて、中が膿んでいる。 膿を削り取るように洗い流し薬を塗る。これを、治るまで毎日繰り返す。皮膚が改善して再生して傷を塞げば治癒したことになるが、患者の体力・栄養状態によって、2ヶ月から3ヶ月かかるそうだ。 高齢の母は、それ以上にかかるかもしれないという。褥瘡とはそれ程侮れないのだ。
で、どこに出来たか、というと、、後頭部、、頭の後、、だ。 なぜ出来た、悔やんでも、出来てしまった以上、、注意不足だった、ということ、、 ここにもできるんだと、そう注意しているしかない。 足の指から頭まで、身体中、何処にでも、できると経験した事になる。 以後、不注意は許されない。。
入院後、4日目、担当医師に呼ばれ面談、、少しでも早く治癒し退院できるように、手術をするので同意してほしいとのことだった。 幹部の傷んだ皮膚を切除き、S字に切開して縫い合わせるのだそうだ。 抜糸まで1週間から10日、その後経過をみて、順調にいけば4月中に退院できるだろう、、とのことだ。 もちろん同意し、手術は10日に行われた。 経過は順調だと聞いている。
そして20日、ソーシャルワーカーから連絡をもらった。 退院に向けての準備、在宅での傷口ケアなど、今から相談していきたいということだった。 週明けの月曜日に、面談の時間を決めた。 医師からは、まだ、退院許可が出た訳ではないが、準備を進めることになった。

« 母と僕の写真 | トップページ | 今年の紫陽花、の?? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 母と僕の写真 | トップページ | 今年の紫陽花、の?? »