フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

セルフフォト

  • 101
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年6月

2018年6月23日 (土曜日)

ぼくの写真日記#1084、、と独り言、、

今月、長女の夫くんから知らせが、二つ、届いている。
一つは、庭の木に掛けた小鳥用の巣箱に、シジュウカラのツガイが先月営巣して産卵し、今月初めにヒナがかえり、、無事に巣立った事。
20180623_160825 (この巣箱、二年ほど前、夏休みの工作として孫君が作った手作りだ。玄関わきの立ち木に掛けて、ずっとそのまま雨ざらしになっていた。それが良かったのだろう。人の匂いが消え、木に同化したように朽ちかけていたところに、シジュウカラが居着いてくれた。 親鳥の鳴き声が、玄関まわりに心地良く響いていたそうだ。 そして、5羽のヒナが生まれ、全員、無事に巣立った。)
                          もう一つは、四年ほど前、庭に植えるようにと、長女に渡した紫陽花の苗、、今年、初めて、花を咲かせたという知らせだ。
20180623_160713 (我が家の近所には、いろいろな品種の紫陽花が咲く。そんな中で、見慣れない花を咲かせる株を見つけ、花が終わった後、挿し木用に枝をもらい、10本以上根付かせ、半分を長女に渡した。庭に植えて、育ててくれていたようだったが、今年6月、初めて花を咲かせてくれた)
突然、長女が他界して、4ヶ月になろうとしている。 いまだに泣けず、涙も出ない。 心の底が冷たく凍ったままのように感じてきた。 そんな時、夫君からのこの知らせは、なぜか、長女からのメッセージに思えた。 『パパ、、何してるの! しっかりしてよ。。』 と言っているのだろう。。 ジワリ、心の底が、溶け始めたようだ。 ちなみに、僕が育てようとした苗は、全滅だった。

2018年6月10日 (日曜日)

今年の紫陽花・・続き

とは言っても、いつもと変わらず咲いている紫陽花も、、
3
同じ紫陽花でも品種によって、影響の受け方が違うのかも知れない。
2 紫陽花農園の方が、「紫陽花は面白いよ」と言っていたのはこういうことかも。。

今年の紫陽花、の??

薔薇に代わって、紫陽花の季節。近所を撮って回る。バス通りの路肩だったり、路地沿いだったり、、よそのお宅の庭先だったり、、。 で、今年、気になった事、、A01
単色ではなく、色の混ざっている株が目立つのだ、、。これは、なんの影響だろう。 以前、紫陽花専門農園の方にこんな事を聞いた、、<紫陽花は土壌は勿論、陽光・雨など自然環境の影響を受けやすい。何によって、どう変化するのか、人工的に見極めて定着させるのが紫陽花創りのポイント>なのだそうだ。 あるお宅で見つけた額紫陽花、、こんな話を聞くことができた。
Img_9050 庭先の紫陽花、この色が珍しくて、撮らせてもらったのだが、「元は白だった」そうだ。 別の場所で、白を見たことがあるが、この色は初めてだ。 とすると、今年はどんな影響を受けたのだろう、、当然、自然環境の中でという事、、。 

« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »