フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セルフフォト

  • 101
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月23日 (日曜日)

独り言、、10年目のアン♡のこと・・

北海道の犬舎から、一人空の旅、羽田空港で初対面してから10年と数ヶ月、、アン♡は僕の年齢の追いつきつつある。 と言っても毎日の散歩では、運動不足だ、と言いたげに、野川の川岸を駆け回る。。  さて、これは、10年前の記事だ、、
20181223_51102
このブログ記事を書いている机の足元で、あの時と同じ様に、僕の足首に頭を寄せて眠っている、、。 同じだね!って、、いいや!!、、今は、あの頃とは違って、大きなイビキをかいている。。 うん、、そろそろいいお婆さんといったところ、か。。

2018年12月10日 (月曜日)

独り言、、百年ほど昔の戸籍謄本・に・??

両親の出会いは、見合いの時だっと、かつて、母から聞いた。 母の実家で、父は見合い相手に会うはずだったのだが、その見合いの前に、学校から帰ってきた女学生を見かけて、一目惚れしたという。 それが母だ。 見合いより、あの娘、と、父が祖父に気持ちを伝えると、まずは娘が卒業するのを待て、と言われたらしい。 そして、女学校を卒業するのを待って結婚した。 いや、母に言わせると、結婚・さ・せ・られた、と、笑っていた。 母には複雑な思いもあったそうだが、とにかく、女学校を卒業したばかりの娘と、それまで毎月のように遊びに来るようになったひと回り以上も年の離れた中年男との夫婦ができあがった。 そのせいだろう、「父さんはいつも優しかったよ」母は、よく、そう言って笑った。 その母も、先の10月に他界し、 ささやかな遺産だが相続の手続きのため、母の死亡時から出生まで遡って戸籍を取り寄せる必要があった。 母の実家は静岡県、本籍はそこにあり、出生も同じ、、従って、一つの戸籍を取り寄せるだけで、簡単に済むと思っていたが、役所の担当者が<但し書き>を添えてくれた。 それによると、<母の出生時の戸籍は愛知県にあり、そこから現本籍地へ転籍しているので、転籍前の戸籍が必要>との事だった。 これは、僕の祖父が筆頭者・戸主となった当時の戸籍まで遡る必要が生じたという事だという。 百年近くも前の戸籍、、僕は歴史を遡るに似たときめきを感じた。 なぜ父が母の実家で見合いをする事になったのか、、父と母の実家とは、どんなつながりがあったのか、それらの事情を知る者は、僕の周囲には誰も残っていない。 ただひとつ、手掛かりが見つかった。父の本籍地も愛知県、、古い住所表記によると、、父と母、共に実家は、かつて、同郷だったのだ。 母の本籍地の役所から届いた古い戸籍謄本の写し、、それが教えてくれた。 さて、その先の戸籍に、どんな発見があるのか、、、楽しみだ。

2018年12月 2日 (日曜日)

ぼくの写真日記#1090、、 洗濯、、。

17年前に父が他界し、母が一人で暮らしていたここへ、僕が移ってきたのは13年前。 その後、一時期、数年、脳梗塞で倒れた弟が一緒に住んだ。 家事は僕の担当だから、その頃、洗濯は一日置きにしていた。 弟が他へ移り、母が寝たきりになると、洗濯は週に二度になった。 そして今は、僕一人になり、洗濯物の量がまた、減った、、。
今日は日曜日・・起きて、ワンコ散歩に行き、、洗濯機をセットして、、朝の買い出しに出る。 帰って、買った品物を整理し終え、さて洗濯物を干そうとすると、、あれ・・・? 洗濯機のスイッチを入れ忘れてたかぁ〜?? いや!!何度操作しても、、無反応。。 うん、とも・・すん、とも・・言わない。。 さては、壊れた〜?!?!!
家電にも寿命があるとしたら、、母と暮らす前からあった洗濯機です、、思うに、、優に15年以上働き続けた、ということになります。 こうなっても不思議はない。と思いつつ、、とりあえず、風呂の残り湯で、、洗濯を済ませ、干した。 一人暮らしを始めた学生時代以来、、腰にくる手洗濯でした。。(大笑い・・)

さて、買い換えはどうする。 何年か前、冷蔵庫を買い換えた時は、行き慣れた家電量販店に行って、実物を前に検討して決めた。 それが自分流のやり方だった。 今回は、ネットで検索し、下準備するのも悪くない、と考えた。 あちこちのサイトを見ると、、おぉ、、一万円台から一つ上の桁まで機種は色々だ。 今は一人暮らしに戻って、洗濯物の量は大したことはない。 するとこの辺りの機種でいいのかも、、。 ただ、風呂場で手洗濯も、さして苦にならなかった、というより、昔を思い出して懐かしくもあった。 うん、、しばらくは、、手洗濯を楽しむ事にしよう。。 まぁ、買い換えは、その後でも良いだろう。。 なぜか、ニヤニヤ、、。
20181202_121135ワンコ散歩での事、、小川沿いの桜並木、、ソメイヨシノはすっかり落葉してしまい、それ以外の桜の葉が色付き、舞い落ちている。ここの桜並木には品種は不明だけれど、何種類かの桜が植えられていて、隣同士でも、葉が赤だったり、黄色だったり、紅葉の様子が違っている。 もちろん、花の季節、花びらの色、大きさ、咲き方も、それぞれ違っているので、当然なのだろうが、、。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »