フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セルフフォト

  • 101
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

« ぼくの写真日記#1090、、 洗濯、、。 | トップページ | 独り言、、10年目のアン♡のこと・・ »

2018年12月10日 (月曜日)

独り言、、百年ほど昔の戸籍謄本・に・??

両親の出会いは、見合いの時だっと、かつて、母から聞いた。 母の実家で、父は見合い相手に会うはずだったのだが、その見合いの前に、学校から帰ってきた女学生を見かけて、一目惚れしたという。 それが母だ。 見合いより、あの娘、と、父が祖父に気持ちを伝えると、まずは娘が卒業するのを待て、と言われたらしい。 そして、女学校を卒業するのを待って結婚した。 いや、母に言わせると、結婚・さ・せ・られた、と、笑っていた。 母には複雑な思いもあったそうだが、とにかく、女学校を卒業したばかりの娘と、それまで毎月のように遊びに来るようになったひと回り以上も年の離れた中年男との夫婦ができあがった。 そのせいだろう、「父さんはいつも優しかったよ」母は、よく、そう言って笑った。 その母も、先の10月に他界し、 ささやかな遺産だが相続の手続きのため、母の死亡時から出生まで遡って戸籍を取り寄せる必要があった。 母の実家は静岡県、本籍はそこにあり、出生も同じ、、従って、一つの戸籍を取り寄せるだけで、簡単に済むと思っていたが、役所の担当者が<但し書き>を添えてくれた。 それによると、<母の出生時の戸籍は愛知県にあり、そこから現本籍地へ転籍しているので、転籍前の戸籍が必要>との事だった。 これは、僕の祖父が筆頭者・戸主となった当時の戸籍まで遡る必要が生じたという事だという。 百年近くも前の戸籍、、僕は歴史を遡るに似たときめきを感じた。 なぜ父が母の実家で見合いをする事になったのか、、父と母の実家とは、どんなつながりがあったのか、それらの事情を知る者は、僕の周囲には誰も残っていない。 ただひとつ、手掛かりが見つかった。父の本籍地も愛知県、、古い住所表記によると、、父と母、共に実家は、かつて、同郷だったのだ。 母の本籍地の役所から届いた古い戸籍謄本の写し、、それが教えてくれた。 さて、その先の戸籍に、どんな発見があるのか、、、楽しみだ。

« ぼくの写真日記#1090、、 洗濯、、。 | トップページ | 独り言、、10年目のアン♡のこと・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくの写真日記#1090、、 洗濯、、。 | トップページ | 独り言、、10年目のアン♡のこと・・ »