フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

セルフフォト

  • 10_116naru02
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

愛犬

2017年5月 8日 (月曜日)

ぼくの写真日記 #1080、、母の転院、その後、

母が転院して3週間になった。 おととい・5月6日(土)、担当医・看護師・医学療法士・ソーシャルワーカーを交えて面談を受けた。 母の容態はこの3週間で改善し、心臓、肝臓、膵臓、共に検査の数値的には異常なく、安定していると告げられた。 転院当時は、ほぼ2時間おきに必要だったタンの吸引も必要なくなった、という。 毎日2時間ほど、しっかりした姿勢で車椅子に座っていられるそうだ。 僕が見舞った時は、ベットに横になっていたが、まぶたをしっかり開き、名を呼び顔を近づけると、見つめているように思えた。ただ僕を認識しているかどうかは、不確かだった。  面談の中心話題は、胃瘻についてだ。 食事、水分の飲み込めができないため、今は、鼻から胃へ管を通し栄養剤を点滴のように流し込んでいる。 これを胃ろうにしてはどうかという、医療側からの提案である。 胃瘻とは、腹から直接胃へ管を通し栄養剤を送り込む。 鼻からの経管栄養時よりも簡易で誤飲性の肺炎の心配もなくなるそうだ。 このため増設のための手術が必要となるが、これができる病院は限られるため、手術のため短期間、転院しなければならなくなる。 増設の意思表示をすると、そのための事前検査をするという。胃カメラで胃に異常なく増設が可能かの判断をするのだそうだ。その検査をを受けることにして、10日に決まった、同日に判断が出るので、翌11日に再び面談を受けることになった。 この日までに、胃ろうの造設をするかどうか、の意思決定をしなければならない。 それは、その先の母をどうするのか、明確な意思表示も必要になる。病院か、特養ホームなどの施設か、あるいは在宅か、、判断しなければならない。。
Img_9357 小川沿いの桜並木が葉桜に変わって、ツツジが咲くと、、他の花々も咲き始める。
Img_9335 Img_9394
キショウブのほか、名前を知らない花
Img_9385 Img_9378
も多い、、。

2017年3月28日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #1076、、母の入院にともなって、、

毎週日曜日の午前中に、
歩いて5分とかからないスーパーへ、
一週間分の食材の買い出しに行く。
先週19日も、3往復して買ってきた食材の整理をして、
冷蔵庫に納め、ふと息抜きをしている間に、
母のアクシデントが起きた。
救急搬送され、入院。
一昨日の日曜日には、スーパーへは行かなかった。
母と暮らすようになって、十数年、初めてのことだ。
なぜ、って、食材が減らないのだ。
母の分の食材がそっくり残っている。 
買い出しは、二週間に一度ですむ?!! 
いや、やはり毎週日曜日にしよう。 
買う量を減らせばいい。
朝、病院から連絡が来た。病室を3Fから5Fへ移るそうだ。 
これまでは、脳卒中の集中治療室に隣接した病室だったが、
脳神経科の病室に変わるという。
単なる病室の移動なら良いのだが、看護師さんの話す様子では、
緊急性のある口調ではなかった。
今日も、午後に行く。その時に聞いてみよう。。

ご近所でも、小川沿いでも、いろいろな花が咲いている、、
Img_8502 Img_8504

母の入院で、すっかり忘れていた。 3/28・僕の誕生日だ。 LINEに、娘たちから祝いのメッセージが届いている、、。

2017年1月 1日 (日曜日)

ぼくの写真日記 #1074、、謹賀新年

2017年・平成29年・酉年・元旦  あけましておめでとうございます。
初日の出を背に、、 そして、スリーショット。
17010101 17010102

2016年12月17日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #1073、、

初霜、初氷、初霜柱、、今朝も冷えました。 小川沿いの日陰では、歩くたびにガリガリと凍った霜柱の砕ける音がします。
Img_8133 Img_8140

        そんな冷えた朝ですが、すでに水仙が咲いています。
Img_8130そんな寒い朝の散歩、、二匹のワンコは大喜びで走り回るのですが、帰るとすぐにベットへ。 アン♡は布団の中へもぐり込み、クー♠️はベットの角、布団の上に陣取ります。 さては、我が家で一番の寒がりは、アン♡かもしれません。

2016年11月26日 (土曜日)

ぼくの写真日記 #1072、、

PCに向かって作業をしていると、アン♡が膝の間に割り込むように頭を押し込んで見上げてくる。 散歩に連れて行けとか、おやつが欲しいとか、何か要求しているんだけど、目を合わせるとこちらの負け。なので、わざと知らぬふりを決め込む。 ところが今朝は、うかつにも目を合わせてしまった。 あれ? アン♡に顔を寄せてまじまじと見た。 どうした、右目のまわり、ポツポツと、アァ、白髪だぁ。 そうかぁ、お前も9歳に近づく。人年齢に換算すると少しずつ僕の歳に近づいてくるわけで、白髪が増えても不思議はないということだ。 妙に納得、、。 ウォーキングに行かなくなって、また三ヶ月が過ぎた。動き足りないんだろう、お前はよく走りたがるなぁ。うん、今日も少しだぞ。僕がついて行けるはんいで、、。
Img_8098一昨日、24日、十一月としては珍しい積雪。 25日には消えてしまった。
161124076 161125095

2016年11月22日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #1071、、

朝夕は、すっかり冷え込むようになって、、
鮮やかな赤と黄色、、小川沿いの遊歩道でも桜並木が色づき散り始めている。
Img_7981 Img_7983

161120016         < ここは、黄色だね、、>

2016年10月14日 (金曜日)

ぼくの写真日記 #1070、、

19時を過ぎ、アン♡クー♠️にせがまれ、連れて出た。 雲ひとつない空、 東45度ほどの高さに、 もう少しで満月になろうかという月が出ている。 明後日が十五夜の満月だから、十三夜だ。  ひんやりと冷える。虫の音が響く。すっかり秋の夜だ。 
         写真は15時過ぎ、午後の散歩にて。
161014634
161014651
161014660
161014663
161014671      今年は、例年になく水量が豊かだ。

2016年9月28日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #1069、、

朝、食事の支度を始めると、流し台の上の小窓を開ける。ほのかな香りが冷えた空気に乗って漂い入ってきた。香りの主はキンモクセイだ。
Img_7573 Img_7577
家の南側、遊歩道沿いに二本のキンモクセイが植えられ、3m程に育っている。長引く蒸し暑さに気づかずにいた。
朝食後、アン♡クー♠️を連れて、小川の上流へ、、11羽の鴨の群れに出会う。
Img_7579 この時期から年明けにかけて、鴨の大きな群れを見かけるようになる。幾つかの群れが、集まったり離れたりを繰り返すようだ。多い時には30羽を越えるときもある。 三月になる頃には、何組ものつがいができ、ヒナを連れた家族を見られるようになる。 それにしても、今はまだ、人への警戒心が薄い。 遊歩道では、赤と白の曼珠沙華にフヨウが咲いていた。
Img_7596 Img_7582

Img_7585

2016年9月27日 (火曜日)

ぼくの写真日記 #1068、、

「暑さ寒さも彼岸まで」日本の気候を表した慣用句だ。 ところが、今日は最高気温が29度を記録した。明日は30度を予想されている。週間予報をみると、十月に入っても29度30度の日が続くかもしてないという。 秋分の日を過ぎ、彼岸の時期も終わったというのに、北の高気圧の勢力が弱いのか、秋雨前線が北に押し上げられたままのようだ。 ただ、今日の夕焼けは、キレイだった。
16092703

2016年9月22日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #1067、、

日々の買い物は、近所のスーパーと大型のドラッグストアで間に合っている。が、こだわりの品物を買おうとするときは駅前の店舗、、イトーヨーカドー、西友、成城石井、三浦屋、、へ出向く。もちろん、徒歩で片道20分ほどかかるので、事前に問い合わせ、取り扱っているかを確認してからということになる。 今回の探し物は、海水塩「粟国の塩」。在庫があったのは三浦屋、200g入りの小袋だった。成城石井は品切れで取り寄せだという。他の二店舗は扱いが無かった。これまで使っていた「青い海」が切れてしまう代わりに、試してみたかったので、小袋でちょうどよかった。 今朝、さっそく、野菜スープの仕込みと、煮かぼちゃに使ってみた。  野菜スープは、塩をひとつまみ加えて、4時間ほど極弱火でコトコト煮込む。 2時間ほどすると美味しそうな匂いが立ち込めてくるのだが、今回は、食欲をそそる香りと言うほどではなかった。 火を止める前に味見、、あれ?! よく言えば、上品、繊細でまろやかな味、と言えばいいのか、、僕には今ひとつ物足りなさが残る。     もう一品の煮かぼちゃには、このまろやかさが最適だった。  結論、僕の野菜スープには、「青い海」が合っている。 「粟国の塩」は煮物に使おう。
Img_7566                「粟国の塩」http://www.okinawa-mineral.com/  
                       「青い海」http://www.aoiumi.co.jp/ 

より以前の記事一覧