フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セルフフォト

  • 101
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2008年12月 4日 (木曜日)

ぼくの写真日記 #146、、、、、娘からの土産、、、。

昨日、三日、逗子で娘と逢った。 ランチデートだ。 別れ際に、駅前の魚屋でブリの切り身、うるめいわしのメザシ、しらす、を、わざわざ来てくれたんだからと、買って持たせてくれた。あれ、、いつの間にか、、立場が代わった、、?! どれも僕の好物で、、どこかこそばゆくて、でも嬉しかった。
ブリは、昨日今日、塩焼きと照り焼きにして、二切れを食べた。 しらすは、大根おろしをそえて、、。うるめいわしはお茶受けにして二刺しを食べおわった。
8120401
近所のスーパーでは、買えない美味しさだ、、。 娘に感謝!
三枚目のブリ、、ブリ大根にしようか、、。

逗子の魚佐次、、いつもお客で賑やかな、魚やだ。

2008年10月 8日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #132、、、お墓参りから逗子へ、、。

午後までには止むという予報だが、夜からしとしと雨が降り続いている。
今月は遅くなったが、あの方の墓参りに行く。
できれば、月命日にお参りしたいのだが、命日後の一週間のうちに伺う事にしている。
家を出て、およそ二時間、、目的地の駅前で花束を買う。
月に一度の事だが、店の方が憶えてくれたらしい、、
深紅の薔薇を一本入れた花束を手際良くあつらえてくれた。
雨があがっていた、、。
8100802

墓参りを済ませて、、上の娘に連絡、、逗子でランチをともにする。
気に入ったイタリアンの店がある。 
8100812 8100810

店で待ち合わせた。 今日はアラカルトで前菜とパスタにした。
箸をつける前に写真をと思っていたのだが、、
いざ料理が運ばれてきたら、早々に食べ始めてしまった、、。       
8100804 8100806 8100807

したがって、前菜(小坪の地タコとアオリイカのマリネ 旬の野菜沢山添え)は
なんとか半分を、、フレッシュトマトと水牛のモッツァレラチーズのパスタと
自家製カラスミとシラスのパスタは、きれいに完食した後の様子を撮っておきました。
右は、デザートに食べた桃のババロア。 
味は満足、、パスタの歯ごたえは、僕好みの固め、、。
ただ、値段が二割安ければ、言う事ないんだけど、、
まだまだ食べてみたい料理が、大きな黒板のメニューに並んでいる店です。

2008年9月 3日 (水曜日)

ぼくの写真日記 #127、、、墓参り、そして逗子へ、、。

今日は、月初めの墓参り、あの方の墓前に花を供える。
いつものように駅前の花屋さんで、花束を作ってもらう。
    Dvc00017_3
その後、逗子へまわって、長女宅を訪れる。外食する事になった。
    Dvc00018
駅から5分程歩いた住宅街にある豪華な一軒家、一階のリビングをレストランとして開放している店だ。写真を撮る了解はいただいたが、名前の公表の確認を取り忘れてしまったので、名前はふせておきます。       
Dvc00028 Dvc00029

      娘とは久しぶりの外でのランチです、、。
      Dvc00020
四品のランチセット、、     
Dvc00021 Dvc00022
サラダと冷製トマトのペカリーニ、、
Dvc00023 Dvc00024
ピリ辛肉味噌ライスとデザート、、
Dvc00025 Dvc00026

まったく普通の住宅。ドアを入り、靴をスリッパに履き替え広いリビングへ、、
僕達が最初の客だったが、40人程の席は、すぐ満席になってしまった。僕以外はすべて女性客。高い天井、シンプルで上品にまとめられたインテリアは、客席の間もゆったりと納められていて、まさに奥様好みの空間といえるのだろう。2000円で少しおつりがくる価格も魅力だとおもう、、。ゆっくりお茶をしていたかったのだが、席待ちのお客が増えてきたので、早々に席を立った。 
もう一軒、目当てのレストランがあるのだが、別の機会に紹介することにします。

娘宅に寄って、話しのつづきをしながら、孫の帰りを待つ事にした。
先日、夏祭りの催しで、初体験にもかかわらずベーゴマ大会で優勝したという。
賞品としてベーゴマ遊び一式を贈られて、はまってしまっているのだとか、、。
僕と勝負がしたいから、帰りを待っていてほしいとのことだ。
子供の頃、道端に床を出して、近所の子供達と興じた物だが、何十年と昔の事、なんとかの杵柄といくだろうか、、孫にバカにされてはシャクだし、、気分が高揚してくる。
で、結果は、五勝五敗の引き分け、、上手く床の上にコマを投げ込めて、意外な程の上出来だった。孫は将棋も強くなったと言う。つぎに来た時には将棋で勝負といこう!

家路について、XXXさんちの畑を通る頃には、ひさしぶりの夕焼けだった。
    Dvc00031
明日は、先月産まれた五人目の孫娘の顔を見に行く、、。

2008年8月15日 (金曜日)

独り言、、カスピ海ヨーグルトと温度管理。

ずっと以前から、ヨーグルトが好きだった。シンプルな味が好きで、明治のブルガリア.ヨーグルトを食べていた。何年か前、五年以上前だとおもうのだが、長女から種を分けてもらって、カスピ海ヨーグルトなるものを知った。以来自分で育てながら、すっかりはまってしまった。今では、娘達に種分けしている。といっても、その育て方のコツのようなものを会得出来たかな?!と思えるようになったのは、つい最近なのだ。これまでは、醗酵条件をキープするために、それこそ試行錯誤の連続だった。春や秋の暮らしやすい気候の季節には、種菌の活動も活発で問題ないのだが、、冬の寒さ、夏の暑さ、には神経を使う。特に今日のような35度を越す猛暑日には温度の上がり過ぎも、菌の働きを弱めてしまう、、。過ぎたるは及ばざるがごとし、、カスピ海ヨーグルトの菌は、高くても低くても、限界温度にデリケートなのだとやっと理解した。
毎日、1ℓの牛乳をつかって、3つの容器にカスピ海ヨーグルトを作っている。
      8081551
2つ分は朝昼晩と三回に分けて食べ、残りを翌日用の3つの容器分の種にしている。
今の時期は、風通しの良いキッチンの冷蔵庫の上で作っているのだが、固まり具合が日によって微妙に違っているのが気になった。注意してみると、固まり始める時間が色々なのだ。3時間程で固まり始める日もあれば、1時間半で同じ状態になる事も、、。その状態で冷蔵庫に収納して冷やしながら熟成すると、しっかり固まる場合と、旨く行かない場合と、、これまた温まり具合によって出来あがりが、味が、違ってくる。固さも酸味も、好みは人それぞれだろうから、自分好みに仕上げれば良いのだから、作り方も千差万別、、。その中から自分の方法を見つけ出すのも、カスピ海ヨーグルト作りのたのしさ、なのかもしれない、、。
ちなみに、プリンプリンに弾力のある固さで、酸味のない味が、僕の好みです。
蜂蜜やジャムを少し加え、果物と一緒に食べるのが、今のベスト、、。
ちなみに、ロンネフェルトのハーブティー.PFIRSICH-GARTENを入れた残りの茶葉で作るジャムは、とても良く合います、、。

2006年12月 9日 (土曜日)

タフィー、Taffy、、たっふぃー、、、!

朝から、しとしと、、細かく、冷たい雨です、、。

日課のウォーキングにも出られず、、気分も沈みがち、、、

そんなところに、、コツコツッ!と、ドアをたたく音、、、

そして、『郵便で〜す、、』の声、、、

、、、届きました、、、遠く、関西のあの方から、、、

いつも、忘れた頃に届いて、、ビックリ、ワクワク、、

喜ばせてくれるのです、、。今回は、手作りタフィーです、、。
             Dvc612602_1
もともと、お子さんのオヤツにと、作りはじめたそうですが、、

いつしか、その美味しさが評判になり、、

週に数回のわずかな限定量しか作れないこともあって、、

今では、、即日完売の人気商品になっているのだそうです、、。

以前は、図々しくも、お代わりの催促をしたほどでしたが、、

今は、届けてくださるのを、、おとなしく待っている事にしているのです、、!

その「手作りタフィー」が届いたのです、、。

融けやすいこともあって、、秋冬限定の手作りタフィー、、

久しぶりに味わう、、こころのこもった、やさしい甘さです、、。

ぼくの好きな紅茶、ロンネフェルトのアールグレーのストレートに良く合います。

と言いつつも、手が止まらず、Dvc612901もう、残りは、これだけです。

ごめんなさい、、。今日は食べ過ぎました、、。

2006年7月23日 (日曜日)

紅茶、、、ロンネフェルト

RONNEFELDTにであって、
アールグレイ。レモンスカイ。にはじまり、
アイリッシュモルツ。ベストバランス。
ゴールデンダージリンアールグレイ。
ホルスタイナーグルッツェ。フィールリラックス。
などなど、、、
この茶葉の味と香り、、こくの深さにつかまると、
ちょっと逃れられなくなりそうです。
ぼくの部屋には、青い缶がふえてきました、、、!
Dvc00005_9

2006年2月15日 (水曜日)

RONNEHELDT☆!は紅茶。

美味しい紅茶!見つけた!
僕は、紅茶が好きです。
ノンシュガーでそのまま飲んだり、
レモンやミルク、ときにはロシアンティーにしたり
蜂蜜で甘くして飲んだり…
その時々の気分で楽しんでいます。
といっても、特にこだわりがあるわけでもなく、
ただ、アッサムやダージリン、アールグレイなど
茶葉は使い分けていても…
ブランドはブルックボンドとかトワイニングぐらいの、
手に入りやすいものだった。
ところが、あの日、
偶然入ったカフェで、初めての味に出合ったのです!
何気なく、メニューの一番下に書かれていた、
ロイヤルミルクティーをオーダーしました。
運ばれたティーカップに口をつけて、ひとくちふくむと…
口全体から鼻の奥へ、お茶の香りが広がったのです。
舌には、ミルクとお茶の味がバランスよく残っています。
ではなく、えてしてミルクの味に負けてしまいがちなお茶の味が、
しっかりと自己主張しているようでした!
僕はこんなバランスの良いロイヤルミルクティーは初めてでした。
その店・CAFE GOTOOで使っている茶葉は、
RONNEHELDT(ロンネフェルト)というブランド。
ロイヤルミルクティーにはアイリッシュ・モルツを使っているとのことでした。
店長に了解をえて、茶葉の缶と一緒に写真を撮らせてもらった。
新宿のヒルトンホテル内のショップ(直通03-3343-5820)で買えるそうだ。
アイリッシュ・モルツ1缶税込み 1470円だそうです。
今日は、昼からちょっと得した気分です。ニコッニコニコのぼくでした。060215_113242_m.jpg