フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セルフフォト

  • 101
    季節、折々の記念撮影、、。

  • 80201-07
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019年11月13日 (水曜日)

ぼくの写真日記#1100、、

台風19号が上陸し、各地で記録的な豪雨災害をもたらしたのが先月12日。 はや1ヶ月が過ぎた。 いまだに日常を取り戻せずにいる被災地もあるという。 大変な豪雨だった。 わが家でも、携帯がけたたましく鳴り、避難指示の緊急速報が届いて、驚いたが、 正確には隣町の番地だったりして、ホッとしたりもした。 市内で土砂災害の情報もなかったのが何よりだ。 ただ、あの豪雨の影響は今も続いている。 わが家の南側を流れる野川の水位だ。 流れの幅だけでも、わが家の前で、例年の4倍はある。

Img_6397

河岸を、日に何度も犬を連れて散歩するのが日課なのだが、いまだにフルコースを歩けていない。 わが家から上流下流それぞれ2km程の間に5カ所、流れにおおわれて通れないのだ。

Img_6390

その区間は、仕方なく土手上の舗装された道を行く。自動車が通る一般道との交差点があるし、自転車の通行も多い。 ワンコ連れの散歩には気苦労の多い土手上の道なのだ。 ただ、そのおかげ、というべきか、今日だけでも何匹も、新しいワンコとすれ違い、知り合いができた。トイプーが三匹、黒豆柴が一匹、まだ若い子達だった。

2019年10月14日 (月曜日)

ぼくの写真日記#1099、、台風19号あと、、

台風19号は稀に見る豪雨災害を東日本各地にもたらした。河川の決壊だけでも21河川24か所になるという。交通網の被害もひどく首都圏の在来線では、いまだに運転を見合わせている路線もあるという報道だ。 わが家の地域でも、12日夜、短時間だったが、恐ろしいほどの雨音を轟かせて激しい雨が降った。ここに越して来て初めての豪音、豪雨だった。 翌朝早く、窓から野川の川面を眺めると、茶色に濁った急流が川岸いっぱいに溢れていた。残念だが、撮影できなかった。 ただこの水は午前中には引いて、濁った流れも、13日午後には元に戻った。
Img_6253
とは言っても、いつもの何倍もの水カサだし、14日になっても、川幅は4倍にも広がったまま、川底の砂利はまだ見えない。
Img_6257
この流れの水源は2km程上流の湧水池、そこからの流れにハケの湧水が集まったものなので、しばらくすれば、いつもの清流に戻ってくれるだろう。(去る8月の様子)
19081601


 

2019年9月30日 (月曜日)

ぼくの写真日記#1098、、わが愛輪が帰ってきた。

もう35年以上も前になるだろうか、神田ミナミスポーツ本店で購入した。カスタムオーダーのロードバイク。 当時は靖国通り沿いに住んでいた事もあって、九段坂を登り、千鳥が渕から三宅坂、、皇居のお堀沿いを走っていた。 現在のここに移り住み、母の在宅介護をするようになって乗る機会は無くなってしまった。 その間に、メンテナンスもしたかったのだが、近所に頼りになる自転車屋もなかった。ただただ埃を被ったままだった。そんなある日、我が家の前、軽ワゴン車を停め、ハッチをあげて、パンク修理をしている・・自転車屋さん??・・に出会った。 尋ねると、自転車出張修理専門だという。。 勿論、、我が愛輪を診てもらった。すると、「二週間ほど、預からせて貰えるか?」と聞かれた。 分解点検して見積もりたいそうだ。任せる事にした。 ヒョイと持ち上げて一言「軽いですね!!」そして車に積み込んだ。 後日連絡があった、、「交換出来る部品は全て換えます。費用はxx円程です」と、、<よろしく!>と応えた。。 10日後「明日お届けします」と連絡があり、、翌日昼前、ロードバイクが帰ってきた。 さっそく、野川沿いをひと走り、、<おぉ、この乗り心地> 久しぶりに心弾んだ。。958_20190930143402

なぜ、こんな走りに徹したロードバイクを購入したか??
自転車には、子供の頃からの思い入れがある。自力で走る、という爽快感が好きだったように思う。 といっても、子供用自転車はなかった。大人用の重い自転車を、サドルに座っては足が届かないので、三角乗りと読んでいた乗り方で立ったままペダルを漕いだ。小学一年の夏だったと思う。 中学になって自分の自転車を買ってもらうと、その三年間、片道何分かかっただろう、学区外から自転車通学をしていた。自宅は北区にあったが越境入学して、小・中学校は文京区立。 学童の自転車通学は禁止されていたが、特別に許可をもらい、教師達と同じ自転車置場を使わせてもらった。 スポーツタイプの自転車ではなかったが、フラットなハンドルに変え、サドルを高くして、前かがみのポジションにして、当時としてはまだ珍しかった三段変速ギアを後づけし、荷台を前輪の上に付けた独自仕様の自慢の自転車だった。 通学途中に大きな坂道が三箇所、、登ったり降ったり、、颯爽と走った。 自転車通学を理解してくれた両親だったが、夏休みに母の実家、浜松まで自転車で行きたいと言ったら、父は頑として許してくれなかった、悔しい思い出もある。
中学卒業後は、なぜか高校、大学、社会人になっても自分用の自転車を持たなかった。 自家用の自転車といえば、結婚して長女と次女が大学附属の小学校に通学する際、途中まで自転車で通いたいというのを許可した。その時の子供用自転車が初めてだったように思う。勿論、学校には内緒だった。 
そして自転車通学の中学以来、そう、あれは、40歳を過ぎて、運動不足を痛感し、体力づくりを改めて考え始めていた頃だ。 都内にスポーツジムなる施設があちこちに新設され、会員募集が目についていた。 そんな広告に刺激されたのもあって、市ヶ谷にオープンしたあるスポーツクラブへ見学に行き、入会を決めた。 <住友不動産フィットネス・ノーチラスクラブ市ヶ谷>といった。 家の前から靖国通りを新宿に向かい、市ヶ谷駅手前のとあるビルに開設されたばかりだった。 どうせ通うなら、電車ではなく、その往復もトレーニングにしようとロードバイクの購入を決めた。それがこれ。 実は、ミナミスポーツでちょくちょく観ていたし、こんな自転車とセットにしたら、トレーニング通いも楽しくなるだろう、と考えていた。これがロードバイクを購入した動機だ。 当初は週に三、四日、一日置きを目安に通った。施設に自転車置き場は無かったが、自転車で通うのは僕だけだったし、お気に入りのロードバイク、、入口を入って広めの通路に置かせてくれた。 ところが、しばらくして、その施設が移転する事になった。 多分、予想以上に会員が集まって手狭だったからではないかと思う。 新しい施設は、同じ靖国通り沿いだが、市ヶ谷駅前を通り過ぎてかなり先、、 遠くなる、と感じて、、 同じノーチラスクラブの通いやすい他店舗を探した。 きっと健康志向でブームだったのだろう。都内にいくつもオープンしていた。 御茶ノ水駅近くの新店舗に移った。 ところが、そこも同じように閉鎖。 代わりに水道橋駅近くに新店舗がオープンした。 市ヶ谷、お茶の水の両施設にはプールが無かったが、水道橋店にはプールもある。。マシントレーニングとスタジオレッスン、そして水泳。 水道橋店はロードバイクで通う程の距離ではなくなって、もっぱら歩く。 その後、小金井市に転居するまで、水道橋店がメインになった。 そして、トレーニングを兼ねて、このロードバイクに乗ることはなくなった。 小金井に引っ越してからは、フィットネスは、六本木店に通った。 四谷駅で中央線から東京メトロ南北線に乗り換え、六本木一丁目駅で降りる。駅に直結していて便利だ。 施設もプログラムも充実していた。 書店の閉店が決まり、母の介護に専念するとともにこのフィットネスクラブも退会した。 いつからだったろうか、名称が<ノーチラスクラブ>から<エスフォルタ・esforta>に変わった。六本木店は<エスフォルタ六本木>という。 余談だが、、僕が初期の会員で優遇されていたからだと思うが、どの店舗にも自由に出入りができて、しかも月会費は現在よりずっと低料金だった。(会員証に初期会員特典云々の文字があったように思う) 今は、入会時に6万以上かかるようだ。

2019年3月20日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1677、、

  柔らかく明るい陽射しに包まれて、柳が新芽を芽吹き、、
ユキヤナギが真っ白な花を咲かせた、、。
19032001
ソメイヨシノのツボミが膨らむよう誘うように、、。

2019年3月18日 (月曜日)

ぼくの写真日記#1097、、'19年、桜ツボミ、、

東京の桜、開花予想は21日~23日。ここ23区の西の外側、我家の近所の桜並木では、ソメイヨシノのツボミが色づき、ほころぶ兆し・・・ウキウキ気分。。
032a

2019年3月13日 (水曜日)

ぼくのウォーキング日記 #1676、、'19年・桜巡り#1.

前回の桜巡りは、'15年3月20日、公園の大寒桜が満開でした。これまで、母の在宅介護で、花見もままならず、、今回は4年目という事になります。 早咲の大寒桜のツボミの様子が確認できたらと、前回より一週間早く訪れたのですが、、まさに、満開の大寒桜でした。

190313104a  この公園には三ヶ所、五本の大寒桜が植えられていますが、それぞれが見頃です。
1903131a
                 アン♡クー♠️も一緒に、、、
190313069a
             頑張って咲く若木・・

2019年3月 6日 (水曜日)

ぼくの写真日記#1096、、寒桜、、

小川沿いを散歩していて、土手上の奥に、鮮やかな薄紅色の花を咲かせた木を見つけた。 帰り道、土手に上がって、その木が見える路地へ、、。満開の寒桜だった(正確な品種は不明)。 都立公園の大寒桜('15年3月20日付のウォーキング日記で紹介した)に似ているが、半月早い。
01_2
この後、白梅と紅梅にも逢ってゆく。。
20190306_95025
今月末には、本格的な桜の季節がやってくる。 お気に入りの<シロタエ>も咲く。今年は愛でに行きたいと思う。 おぉ、、僕の誕生日もやってくる。

2019年3月 5日 (火曜日)

ぼくの写真日記#1095、、春の訪れ・枝垂れ梅、、

桃の節句が過ぎ、三月五日。 小川沿いの枝垂れ梅がうす紅色の花を咲かせ始めた。
Img_1980_2
         我が家から500m程上流に、一本だけ植えられている。
20190305_175830
           幹周りが20cmに満たない若い木、、
Img_1972
       ソメイヨシノの並木が目覚める前、ここだけ、ひときわ華やかだ。
 
 

2019年2月10日 (日曜日)

ぼくの写真日記#1094、、ちょっとだけ、雪。

昨夜、10時頃からみぞれが降り始めた。 このまま気温が下がり、雪に変わったら積もるかも、と期待半分であったが、、今朝の雪景色は・・・
19021051
         ちょっと拍子抜け、、。                  
Photo_2                ここまで楽しみたいのは、欲張りかな?    この2枚は数年前の2月8日

2019年2月 9日 (土曜日)

ぼくの写真日記#1093、、

                       おぉ〜〜っ・・・あられ(霰)、が、降ったんだ。。
19020902_2
朝、8時前、アン♡にせかされてワンコ散歩に。玄関ドアを開けた途端、冷気がなだれ込んで来た。手袋をし忘れた手がヒリヒリ、一気に骨まで凍りそう、、慌てて軍手を取りに戻った。道路は一面湿っている。夜の間に雨か? いや、道の傍に白く残っている。確かめる前に、早く川原へ走ろうと、アン♡がリードを引っ張る。 川原へ降りて確かめた。小さな氷の粒。あられだ。 そういえば、この辺りでは、昼前から夜中、日付が変わる頃まで雪の予報が出ている。 

より以前の記事一覧